魔王覚醒 ~Who are You?~

スポンサーリンク
藍空れぃん。様
???
「何をてこずってんだよ
じれってえ…」
アヤ
「…この声はいったい…?」
???
「なんだ、はねえだろう
俺はずっと、お前の中にいたんだぜ?
もっともお前たちは、見かけの力だけに目を奪われて…
俺の意識がお前と同化していたことに、気がついてないようだがな」
アヤ
「まさか、あなた…」
???
「ああ、そうさ
俺は…おまえらの言う…
魔王さ!!」
最終話 魔王覚醒 ~Who are You?~
ガゼル
「な、なんだっ!?
何が起こったんだよ!」
レイド
「あれだけいた悪魔が一瞬で…」
魔王アヤ
「……」
エドス
「アヤ
もしかして、お前さんがやったのか?」
魔王アヤ
「フフフフ…」
モナティ
「ま、ますたー?」
魔王アヤ
「フッ、フハハハハッ!
アーッハッハッハ!!」
アカネ
「ちょっとどうしちゃったのよ!」
ソル
「近づくな!」
ガゼル
「な、なんだよ…」
ソル
「そこにいるのはもう、アヤじゃないって言ってるんだ!
そいつは…サプレスの魔王だっ!」
魔王アヤ
「ハハハハッ
さすがは俺を呼びつけようとした召喚師だけはあるな?
ご名答だ
お前の言うとおり、俺は魔王だ
中途半端な儀式のせいで、この生き物の中に取り込まれちまってたワケだが…
ようやく、表に出てくることができたぜ!」
エドス
「なんだと…」
レイド
「アヤはどうなったんだ!?」
魔王アヤ
「どうもなりゃしねえよ
俺が出てくるのに邪魔だったから、取り込ませてもらっただけさ」
ガゼル
「ふざけるなッ!!
今すぐ元に戻しやがれ
さもないと…」
魔王アヤ
「おいおい、いいのか
中身は俺でも、身体はこいつの物なんだぜ?」
ガゼル
「ぐっ…」
ソル
「魔王…いったい何を考えて‥いや、企んでる?」
魔王アヤ
「企む?
おいおい、お前らこそ何を勘違いしてるんだ」
カザミネ
「とぼけるな!
お主はこの世界を滅ぼすために召喚されたのでござろう」
魔王アヤ
「ああ、まあな
けどよ、そいつは俺を呼んだヤツの望みだ
俺の望みじゃねえ」
ガゼル
「え?」
魔王アヤ
「お前らがどう思うかは勝手だがな、俺は元の世界に帰れりゃそれでいいんだよ
俺たち呼ばれる方からしてみれば、お前らの召喚術は呪いだぜ
呼び出したヤツの命令を聞かない限り、元の世界には帰れねえ
だから世界を滅ぼせと言われりゃ滅ぼすんだ
胸くそ悪い話だがな…
もっとも腹いせって側面がないわけでもない」
レイド
「そうなのか…?」
ソル
「…確かに召喚術の仕組みはそういうことだ…」
魔王アヤ
「クククク…まあ、たしかにここは壊しがいのありそうな世界だがな…」
ガゼル
「そんなことはどうでもいいんだよ!
おい、魔王っ!
だったらさっさとお前の世界に帰れよ!?」
魔王アヤ
「吠えるな、小僧
そうはいかないこともあるんだよ
さっきも言ったとおり中途半端な儀式のせいで、俺は一部だけ召喚されちまった
帰るためには、残りの力を取り戻さなくちゃならねえ
そこで、お前らの出番だってワケになるのさ」
レイド
「私たちにお前の復活を手伝えと言うのか!?」
魔王アヤ
「嫌か?
そうすれば、とっととこいつの身体から出ていくこともできる」
カザミネ
「ぬうううっ
人質のつもりか…」
魔王アヤ
「何とでも言え
だがな、そうしないとこいつは一生このままだぜ?
ククク…」
ソル
「…いいだろう」
ガゼル
「おいっ!
ソル!?」
ソル
「このままここで悩んでいても、時間が過ぎていくだけだ
今は魔王の言葉を信じるしかない…くやしいけどな!」
ガゼル
「……」
魔王アヤ
「そもそも、俺がこうなったのは、お前が儀式をしくじったせいなんだ
責任をとってもらうのは当然だな」
ソル
「…くそっ
で、オレたちは何をすればいい!?」
魔王アヤ
「なぁに、簡単なことだ
今そこで行われている儀式を利用するのよ
あいつらが呼ぼうとしてるのは、残った俺の力なんだ
そいつを手に入れさえすれば、俺は本来の力を取り戻せるのさ」
ガゼル
「あいつらの儀式を邪魔すればいいのかよ」
魔王アヤ
「そういうことだ
さあ、わかったら俺について来やがれ!」
バノッサ
「おオおオぉォぉッ!!」
カノン
「もうやめてくださいバノッサさん!」
-オルドレイクの召喚術-
カノン
「うああっ!?」
オルドレイク
「儀式の邪魔は許さんぞカノン…
それにもう、バノッサの意識はとっくに魔王に食われている
お前が何を言ったところで手遅れなのだ!」
カノン
「そんな…それじゃあなたは、バノッサさんをだましていたんですか!?」
オルドレイク
「だましてなどおらん
約束どおり、この男は次の世界の王となる
ワシに操られるかいらいの王としてだがな
フハハハハハハハ!!」
魔王アヤ
「そいつは無理だな!」
オルドレイク
「むっ!?」
魔王アヤ
「その力はもともと俺のもんなんだ
返してもらうぜ?」
カノン
「アヤさん?」
オルドレイク
「この邪気…貴様、出来損ないではなかったのか!?」
ソル
「父上…この人が、貴方の求めていた魔王です
貴方が今、呼ぼうとしているのは彼の抜け殻
意志をもたないただの力の塊です」
オルドレイク
「戯言を言うな!」
魔王アヤ
「そう思いたければ勝手にそう思うがいいさ
だがな、言っておくが、俺じゃなければ、その力は制御できねえんだ
ほれ、見ろよ
そいつの身体はもう、限界に来てるぜ?」
バノッサ
「ぐァあァぁッ!?
がっ、がアぁァッ!!」
エドス
「バノッサの身体が歪んでいく…」
カノン
「バノッサさん!?」
魔王アヤ
「ハハハハ…身の程知らずとはこのことだな」
オルドレイク
「馬鹿な…それでは、儀式はまた失敗だと言うのか!?」
魔王アヤ
「何度やったところで、同じことなんだよ
人間ごときに俺の力が支配できるものか!!」
オルドレイク
「そんな…そんなあぁ…」
バノッサ
「グアアアァァァッ!!」
ソル
「な、なんだっ!?」
魔王アヤ
「ヘヘヘ…どうやら本格的に力の暴走が始まったな」
バノッサ
「ウオォォォォッ!!」
魔王アヤ
「さあ、返してもらうぜ
俺の本当の力を!!」
-バトル-
魔王アヤ
「チッ、手こずらせやがって…」
バノッサ
「オオオォォ‥‥」
魔王アヤ
「お前の持ち主は俺だ!
さあ、あるべき居場所へ戻りやがれッ!!」
バノッサ
「ギャャァァァッ!!」
魔王アヤ
「アハハハハハ!
力さえ戻れば、こんな世界に用はねえぜ!!
あばよ、人間ども!」
レイド
「約束が違うぞ、魔王!」
ガゼル
「アヤの身体を返しやがれ!!」
魔王アヤ
「嫌だね」
ソル
「なんだと!」
魔王アヤ
「吠えるなよニンゲン
まあ、気が向いたら返してやらんこともないがな!
アーッハッハッハ!!」
オルドレイク
「我が悲願が…新しい世界がぁ…
ふは、ははは…ひゃははははっ!?」
ソル
「父上…」
レイド
「結局、私たちは魔王のいいようにもてあそばれてしまったのか」
ガゼル
「ちきしょうっ!」
バノッサ
「う…っ」
カノン
「バノッサさん!?」
エドス
「お前、大丈夫なのか!?」
バノッサ
「生きては、いるぜ
だがよォ…何もかも、あの野郎に持っていかれちまった
憎しみも、恨みも空っぽにされちまった」
エドス
「バノッサ…」
バノッサ
「戻ってこい!
はぐれ野郎ッ!!
戻ってこいよ…俺様はまだ、手前ェに用があるんだ…」
-EDへ-

コメント