【夜会話】クラレット(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第2話 その名を知る者

クラレット
「本当にもうしわけありません。私のわがままで、貴方にご迷惑をかけてしまって・・・」
ハヤト
「ううん、別にたいしたことはしていないさ ここの人たちは、みんな優しいからね」
クラレット
「・・・そうですね
正直言って、本当に私が迎えてもらえるとは思ってませんでした
私は召喚師の一員ですもの・・・憎まれても仕方がないって思っていたんです・・・」
ハヤト
「・・・憎んだって、どうにもなるもんじゃないだろ?
それに君は、俺の前に名乗り出てきてくれたじゃないか
黙って逃げたっていいのに、自分から俺の前に出てきてくれた
だから、俺は君を信じようと思ってる みんなもきっと同じさ」
クラレット
「・・・はい」
まずは俺が、あの子を信じないとな・・・ 全てはそれからだ

第3話 金の派閥

クラレット
「はあ・・・」
ハヤト
「どうしたの、ため息なんかついて?」
クラレット
「貴方に呆れてるんですっ! もうっ・・・」
ハヤト
「・・・ゴメン」
クラレット
「貴方に万が一のことがあったら、私が困るってわかっていますか?
本当に、お願いですから心配させないでくださいね」
あーあ・・・叱られちまったよ

第4話 さまよう拳

ハヤト
「ジンガの使う【ストラ】は、召喚術とは違う力なのか?」
クラレット
「ええ、違いますよ
呪文のかわりに呼吸を使うし、サモナイト石も必要ないですし
精神集中が必要なのが同じくらいですね」
ハヤト
「へえ・・・」
クラレット
「【ストラ】は男性より女性が使うほうが強い効果を発揮するんです
訓練次第では、ひどいケガですら一瞬で治してしまうそうですよ」
ハヤト
「・・・すごいんだなあ」
【ストラ】って便利なんだなぁ・・・

第5話 追憶の荒野

ハヤト
「うーん、今日は大変な一日だったな」
クラレット
「「今日も」ですよね?
貴方の側で暮らすようになってから、平穏に終わった日なんかないんですもの」
ハヤト
「ええっ!?」
クラレット
「ひょっとして・・・ 騒ぎの元凶だって自覚してないんですか?」
ハヤト
「・・・俺のせい?」
クラレット
「違うんですか?」
ハヤト
「・・・・・・」
クラレット
「ふふっ、冗談ですよ
少なくとも私は、自分がこんな日々を過ごせているのが、楽しいと思ってるんですよ」
初めてだよな・・・ あんなふうに笑ったの

第6話 静かなる凶鬼

クラレット
「カノンの中に流れているのはシルターンという世界の、鬼神の血ですね・・・」
ハヤト
「シルターン?」
クラレット
「召喚術で開かれる4つの世界のひとつです
そこに住む鬼神たちはきょうじんな肉体と破壊の力をもっています」
ハヤト
「ああ、だからカノンは怪力を発揮したのか」
クラレット
「はぐれになった鬼神がカノンの父親らしいのですが
召喚師として、改めて考えさせられてしまいました」
ハヤト
「・・・そうだな」
召喚術を使う者としての責任、か・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

クラレット
「まだ、さっきのことを考えているんですね?」
ハヤト
「クラレット?」
クラレット
「貴方は頑張りました
何もしないで、彼らを見捨てたわけじゃない」
ハヤト
「でも・・・」
クラレット
「過ぎてしまったことを悔いたって、やり直すことはできません
大切なのはこれから先ではないですか?」
ハヤト
「・・・うん」
わかってはいるんだよ でも・・・

第8話 異界の迷子

クラレット
「どうやらモナティさんは、メイトルパにいるレビットみたいです」
ハヤト
「???」
クラレット
「メイトルパというのは幻獣や亜人間の世界で レビットは、亜人間の一種なんですよ
不思議な力がある以外は人間と同じような暮らしをしているらしいですね」
ハヤト
「じゃあ、モナティにも不思議な力が!?」
クラレット
「今のところはなんとも言えません
メイトルパからの召喚術は、私、あまり得意じゃないんです」
ハヤト
「そっか・・・」
モナティも不思議な力を持っているのかな?

第9話 メスクルの眠り

クラレット
「ハヤトは私が説明する前から忍者について知っていたみたいですね?」
ハヤト
「俺のいた世界にも、昔は忍者がいたからね よくは、知らないけど」
クラレット
「サプレス、シルターン ロレイラルに、そしてメイトルパ・・・
貴方のいた世界はこの4つのうちのどれでもないみたいですね」
ハヤト
「うん・・・」
クラレット
「心配しないでください 貴方がいた世界を見つけてきっと私が帰してさしあげますから」
ハヤト
「うん、信じてるさ」
俺のいた世界はどこにあるんだろう?

第10話 迷走列車

クラレット
「自分の行おうとしていることの結果を、ラムダはきっと理解しています
犠牲を生むことの罪の重さを、背負っていく決意をもっているのでしょう
私は・・・ すこしだけあの人のことがうらやましいかもしれません」
ハヤト
「え?」
クラレット
「全てを覚悟して決断できる勇気があったなら・・・」
ハヤト
「クラレット?」
クラレット
「いえ・・・ なんでもないんです
・・・・・・」
クラレットはどうしてあんなことを言ったんだろう?

第11話 炎情の剣

ハヤト
「バノッサの使ったのはやっぱり・・・」
クラレット
「ええ、召喚術だとわたしは思います
前にも言ったとおり、知識とサモナイト石があれば、召喚術は誰でも使えるんです」
ハヤト
「だとしたら、バノッサはどうやってそれを手に入れたんだ?
この街で召喚術が使えるのは俺と君、あとはマーン三兄弟ぐらいだっていうのに・・・」
クラレット
「それはわかりませんが彼が強い力を手にしたことはたしかです
気をつけてください 彼は多分、貴方のことをまだ憎んでいます」
ハヤト
「そんな・・・」
あれは本当に召喚術だったんだろうか?

第12話 蒼の派閥

クラレット
「あの宝玉はサプレスの悪魔たちと誓約する力を持っているようです
サモナイト石も使わずに固定化させてしまうのですから」
ハヤト
「そんな物を、バノッサは手に入れてしまったのか」
クラレット
「関わらないほうがいいと、わたしは思います」
ハヤト
「え?」
クラレット
「あの黒装束たちとだけは、関わってはいけない気がするんです」
ハヤト
「それは無理だよ 俺が望まなくたって、バノッサが・・・」
クラレット
「わかっています! でも・・・」
ハヤト
「クラレット?」
クラレット
「ダメなんです・・・ 絶対・・・・・・」
クラレットは何を怖れてるんだ?

第14話 エルゴの呼び声

ハヤト
「信じられないよ 俺の力がそんな大層なものだったなんて」
クラレット
「私も驚いています 貴方の力が誓約者に匹敵しているなんて・・・」
ハヤト
「でも、変だよな 向こうにいた時は、別に普通だったのにさ
俺の力だって言われても、なんかピンとこないよ」
クラレット
「事故のせいかもしれませんね・・・」
ハヤト
「あ、でもさ! 今となってはこの力が必要になってるんだし
結果的には良かったと思ってるよ、俺はさ」
クラレット
「・・・・・・」
俺がここに呼ばれたのはこのためだったのかもな・・・

第17話 守るべきもの(好感度・通常)

クラレット
「こんなふうにまた、あなたと話ができるなんて思ってもいませんでした」
ハヤト
「そうだな・・・」
クラレット
「私・・・あなたが全てを知ってどうなるのかがずっとこわかった・・・
きっとあなたは、私を恨むだろうと思っていました
でも、あなたは優しい言葉をかけてくれました
何故・・・ですか?
私は、ずっと嘘をついていたのに・・・」
ハヤト
「嘘だけじゃなかったからだよ
たしかに君は、俺たちに嘘をついてきたのかもしれない
だけど君は、それとは別に、俺たちを仲間として助けてくれたじゃないか?
きっかけは嘘だったとしても、君は俺たちにくれた優しさは本当のものだと俺は思う
だから、俺は、君のことを信じられるんだ」
クラレット
「ありがとう ハヤト
私・・・あなたに会えて・・・本当に・・・良かった」

第17話 守るべきもの(好感度・大)

クラレット
「こんなふうにまた、あなたと話ができるなんて思ってもいませんでした」
ハヤト
「そうだな・・・」
クラレット
「私・・・あなたが全てを知ってどうなるのかがずっとこわかった・・・
きっとあなたは、私を恨むだろうと思っていました
でも、あなたは優しい言葉をかけてくれました
何故・・・ですか?
私は、ずっと嘘をついていたのに・・・」
ハヤト
「嘘だけじゃなかったからだよ
たしかに君は、俺たちに嘘をついてきたのかもしれない
だけど君は、それとは別に、俺たちを仲間として助けてくれたじゃないか?
きっかけは嘘だったとしても、君は俺たちにくれた優しさは本当のものだと俺は思う
だから、俺は、君のことを信じられるんだ」
クラレット
「ありがとう ハヤト
私・・・あなたに会えて・・・本当に・・・良かった」
ハヤト
「感謝するのは俺のほうだって!
君と出会わなかったら俺はきっと、この力の重みに耐えられなかったはずだよ」
クラレット
「覚えて・・・いますか
2人で儀式の跡を調べに行った時、たずねたことを
あなたがこの世界に呼ばれたとき、助けを求める声がした そう言いましたよね」
ハヤト
「ああ、覚えてるよ」
クラレット
「私は儀式をしながら、ずっと悩み続けていました
自分のやっていることが正しいことなのか 本当に世界を滅ぼしてしまってもいいのか
答えを出せずに心の中で悲鳴をあげていたんです・・・
助けてほしい、って」
ハヤト
「それじゃ・・・」
クラレット
「きっと、あれは、私の心の叫びだったのかも ・・・そう思います
あなたはその声に応えてくれた・・・
本当にありがとう あなたがいたから私は本当の私を知ることができました」
ハヤト
「クラレット・・・」
クラレット
「だから、約束します 絶対にあなたをもとの世界に帰すと
今度は、わたしがあなたをまもる番です ・・・あなたがわたしを助けてくれたように」
ハヤト
「俺も、約束するよ
何があっても絶対に、俺は君のことを守ってみせるって!!」

エンディング(好感度・通常)

そして、俺は帰ってきたんだ。
何もかもがそのままだった。 俺は制服のまま、夕暮れの公園でぼんやり立ちつくしていたんだ。
夢でも見たっていうのか? でも、リィンバウムでの日々は俺の心にはっきり刻まれている。
夕闇に風が吹いて、頬にひんやりとした冷たさを感じた。
あれ・・・? 俺、どうして泣いているんだ?
いつもと変わりない毎日が始まる。 ただ、俺はちょっとだけ変わったのかもしれない。
こうやって一人で、いろいろなことを考える時間が増えた。 そして、俺は問いかける。
なあ、俺、がんばってるかな? お前に胸を張って言えるぐらいがんばって生きてるかな?
心を澄ませば、またあの声が聞こえてくるような気がする。
会いたい・・・。
もう一度、お前に会いたい!
クラレット
「嬉しいです あなたとまた出会えて、お話ができて・・・顔が見られて・・・」

エンディング(好感度・大)

そして、俺は帰ってきたんだ。
何もかもがそのままだった。 俺は制服のまま、夕暮れの公園でぼんやり立ちつくしていたんだ。
夢でも見たっていうのか? でも、リィンバウムでの日々は俺の心にはっきり刻まれている。
夕闇に風が吹いて、頬にひんやりとした冷たさを感じた。
あれ・・・? 俺、どうして泣いているんだ?
いつもと変わりない毎日が始まる。 ただ、俺はちょっとだけ変わったのかもしれない。
こうやって一人で、いろいろなことを考える時間が増えた。 そして、俺は問いかける。
なあ、俺、がんばってるかな? お前に胸を張って言えるぐらいがんばって生きてるかな?
心を澄ませば、またあの声が聞こえてくるような気がする。
会いたい・・・。
もう一度、お前に会いたい!
クラレット
「もう一度、約束してください 何があってもこれからは、ずっと一緒だって」

コメント

タイトルとURLをコピーしました