【夜会話】エドス(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第1話 最初の戦い

エドス
「眠れんのか?」
ハヤト
「ええ・・・」
エドス
「ひょっとしてお前さん さっきの戦いのことを考えてないか?」
ハヤト
「!?」
エドス
「奴らに怪我をさせちまったことを悔やんでるんだろう?」
ハヤト
「・・・俺、甘いんですかね?」
エドス
「そんなことはない そういう気持ちを持ち続けるってのは大切だとワシは思う
ただな・・・ 気持ちに負けちまったらいかんぞ」
ハヤト
「気持ちに、負ける?」
エドス
「罪悪感に押しつぶされて、殺されちまうのは本末転倒だからな
すまないという気持ちを忘れず、勝負に妥協はしないってことだ」
ハヤト
「・・・難しいな」
エドス
「お前さんならできる ワシはそう信じとるよ」
まいったよな 俺が思ってたことを、見抜かれてたなんてね

第2話 その名を知る者

エドス
「しかしまあ、これだけ短い間に同居人が2人も増えるとはなあ」
ハヤト
「・・・すみません」
エドス
「ん? お前さんが謝る必要はないだろうに
むしろワシは楽しいぞ 働きがいも出てくるってもんだ」
ハヤト
「はあ・・・」
エドスって身体だけじゃなくて気持ちも大きいんだな・・・

第3話 金の派閥

エドス
「ところで、貴族の料理の味はどうだった?」
ハヤト
「うーん よくわかんないけど、豪華ではあったかなあ」
エドス
「むう・・・ ワシも食いたかった」
ハヤト
「へ?」
エドス
「そういう楽しそうな話には、これからはワシも誘ってくれよ」
ハヤト
「う、うん・・・」
エドスも誘ってやればよかったかな?

第4話 さまよう拳

エドス
「よう、アニキ!」
ハヤト
「や、やめてくれよ」
エドス
「ハハハ、照れるなよ ジンガはお前さんから真剣に学ぼうと思ってるんだぞ」
ハヤト
「俺に学んだって、何の役にも立たないよ」
エドス
「ワシはそうは思わんぞ
価値観の違う人間の側にいると、それだけで自分の考え方に影響を受けるもんさ
現にお前さんがやって来て、ワシも他の連中もずいぶんと影響されとるしな」
ハヤト
「そんなものかなあ」
エドス
「特別なことをしなくても、そこにいるだけで人は人を変えられる
だからこそ、ワシらはこうやって一緒に生活しとるのかもしれんな」
買いかぶりだすぎだって思うけど・・・

第5話 追憶の荒野

エドス
「クラレット 変わってきたな」
ハヤト
「え?」
エドス
「角が取れたというか、無理をしなくなったというか・・・
うまく言えんが、いいことだとは思うぞ」
ハヤト
「そっか・・・」
エドス
「お前さんのおかげかな」
エドス、心配してくれたんだ・・・

第6話 静かなる凶鬼

ハヤト
「勘違いかもしれないけど、エドスはバノッサについて、他のみんなより詳しいよな」
エドス
「まあ・・・あいつとは随分と長くつきあってきたからな」
ハヤト
「え?」
エドス
「ワシは元々、北スラムの出身なのさ
バノッサとはガキの頃からのつきあいだ」
ハヤト
「そうだったんだ」
エドス
「もっとも、あいつが家を飛び出すまでの話さ
次に出会ったときには、アイツはゴロツキを集めてオプテュスを作っとった・・・
今のアイツはワシの知っていたバノッサとは違う
ははは、月日ってのは本当に人間を変えちまうもんなんだなぁ」
ハヤト
「エドス・・・」
エドスとバノッサにはそんなつながりがあったのか・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

エドス
「ずっと気になっとたんだがな どうしてレイドは騎士を辞めたんだろう?」
ハヤト
「それは、ラムダが騎士を辞めさせられたからじゃ・・・」
エドス
「なら、どうしてレイドはここにおるんだ?
そこまでラムダのことを尊敬していたなら、彼の後を追うのが自然じゃないか?」
ハヤト
「・・・!!」
エドス
「あの二人には、ワシらの知らない事情があるような気がする
それがどんなものなのかは、わからんがな」
言われてみれば、確かに不自然だ・・・

第8話 異界の迷子

エドス
「ジンガだがな、正式にワシらの仕事場で働くことになったよ」
ハヤト
「決まったんだ?」
エドス
「ああ、文句なしさ
でっかい石でも平気で運んじまうからな 大助かりだよ」
これでジンガのことは一安心だな

第9話 メスクルの眠り

エドス
「いくら強い力を持った召喚師でも、病気には勝てんのだよなぁ
今回のことで、ワシは思ったよ
どれだけ力を持とうと人間は人間でしかないってことをな」
ハヤト
「エドス・・・」
エドス
「そのことを忘れていると、いつか手痛い目にあうかもしれんな」
人間は人間でしかないか・・・

第10話 迷走列車

エドス
「なるほどな レイドはそれを気にしていたのか
レイドを思ってしたことが、あいつを逆に苦しめてしまったんだな」
ハヤト
「できればこれ以上、俺はあの二人には戦ってほしくないよ」
エドス
「ああ、そうだな ワシもそう思うよ
親しい者同士が争うのは、とても悲しいことだからな・・・」
なんとか、二人を止められないだろうか?

第11話 炎情の剣

エドス
「まさかバノッサが、あんな所に現れるとは思わんかったよ」
ハヤト
「うん」
エドス
「乱暴な奴だったがな、まさかここまでのことをするとは・・・
すまんな ハヤト」
ハヤト
「エドスが謝ることじゃないって!」
エドス
「ああ、ワシが謝っても意味がないさ
バノッサ・・・ 一体なにがお前さんをそこまで・・・?」
ハヤト
「エドス・・・」
バノッサになにが起きたんだろう・・・

第12話 蒼の派閥

エドス
「あんな連中と組むほどバノッサが力を欲しがっていたなんて」
ハヤト
「エドス・・・」
エドス
「あいつは力に目がくらんで忘れとるんだ
強すぎる力は、自分の身を滅ぼしかねないという恐ろしさを!」
ハヤト
「わかる気がするよ」
エドス
「止めなくちゃならん
ワシはもうこれ以上、バノッサに過ちを犯させたくない・・・」
バノッサを止めよう! エドスのためにも

第14話 エルゴの呼び声

エドス
「バノッサのやってることは、この世界まで危険にしてるんだな」
ハヤト
「うん・・・ だけど、あいつはそれを知っててやってるんじゃないんだ
バノッサのせいだとは思ってないよ」
エドス
「そうか・・・」
ハヤト
「止めてやらなくちゃな 一日も早く、俺たちで」
エドス
「ああ、そうだな」
バノッサを止めることも考えないとな

第17話 守るべきもの

エドス
「お前さんもギブソンもワシらのことを考えてくれていたのに
結局、ワシらが台無しにしてしまったなあ」
ハヤト
「そんなことないさ
あの時、俺はわからなくなりかけていたんだ 自分が、本当にここにいていいのか、って
だから・・・ エドスたちが来てくれて、俺はうれしかった
ここにいてもいいんだって、教えてもらったような気がしたんだ」
エドス
「迷う必要なんてないさ
お前さんがここにいたいのなら、いつまでもいてくれればいい
それにな・・・ ワシはお前さんにここにいてほしいんだ
そのためなら、どんな苦労も気にならんさ」
ハヤト
「エドス・・・」
俺はここにいてもいいんだ・・・

エンディング

エドス
「誰がなんと言おうとお前さんの居場所はここさ これからもよろしくな」

コメント

タイトルとURLをコピーしました