【夜会話】フィズ(トウヤVer.)

スポンサーリンク
注射様

第1話 最初の戦い

フィズ
「お兄ちゃん、強いのね 部屋の窓から、あたし見てたのよ」
トウヤ
「ああ・・・」
フィズ
「強い男って、あたしの好みだわ頼りがいがあるもの」
トウヤ
「ははは・・・たいしたことはないよ」
ほめられたのはいいんだが・・・なぁ

第2話 その名を知る者

トウヤ
「どうしたんだ?」
フィズ
「昼間はごめんなさい
リプレ母さんすごく怒ってたわ お尻、ぶたれちゃった
・・・あたし嫌われちゃったかな」
トウヤ
「フィズは自分が悪かったこと、今はわかっているんだろう」
フィズ
「うん・・・」
トウヤ
「それなら、リプレにもその気持ちはちゃんと伝わってるはずさ
心配しなくていいから部屋に戻ってごらん きっと、リプレはもう怒ってないよ」
フィズ
「・・・うんっ!」
生意気だって思ってたけど、素直なところもあるんだな・・・

第3話 金の派閥

フィズ
「つまみ食いだなんて、お行儀悪いわよ?
リプレママが怒るのも無理ないわねぇ 朝早くから一生懸命、お弁当作ってたのに
きちんと謝っとかなきゃダメよ。お兄ちゃん」
トウヤ
「ああ・・・」
リプレには、ちゃんと謝っておこう・・・

第4話 さまよう拳

フィズ
「あーあ、どうしてここに住むことになる男は みんなガキなのかしら」
トウヤ
「おい、フィズ・・・」
フィズ
「だってそうじゃない?
ガゼルにしろ、ジンガにしろ、考える以前に行動するタイプでしょ
大人の分別ってものがない男は、ガキなのよ」
トウヤ
「(指摘が指摘だけにかばってやれないな これじゃ・・・)」
容赦ないなぁ・・・ まあ、事実だけど

第5話 追憶の荒野

フィズ
「ふふふ おにーちゃん?」
トウヤ
「な、なんだ?」
フィズ
「カシスと二人っきりでお出かけしたんだって?」
トウヤ
「あ、ああ・・・」
フィズ
「二人っきりだったんだよねえ?」
トウヤ
「そ、そうだけど・・・」
フィズ
「ふふふ・・・がんばってねー?」
トウヤ
「???」
なんだか勘違いしてないか?

第6話 静かなる凶鬼

フィズ
「決闘には、カノンって人もいたんでしょ?」
トウヤ
「ああ、フィズはカノンのことを知ってたよね」
フィズ
「うん」
トウヤ
「カノンのこと、どんな人だと思う?」
フィズ
「そうねぇ・・・あの下品な連中の中にいるのが不思議よね
あたしを捕まえた時もそんなにひどいことはしなかったし・・・」
トウヤ
「やっぱり」
フィズ
「あのバノッサとかいう親玉に脅かされてるのよ、きっと!
お兄ちゃん、あいつをやっつけてカノンさんを助けてあげてね」
トウヤ
「あ、ああ・・・」
カノンがやさしいのは、本当なんだな

第7話 戦乱の紡ぎ手

フィズ
「あー、これで安心して外に出られるわね」
トウヤ
「こわくなかった?」
フィズ
「ぜーんぜん」
トウヤ
「本当に?」
フィズ
「そりぁ  少しは、ね
ほ、本当に少しだけ!ラミみたいに泣いたりはしてないからねっ!」
強がってるけどこわかったんだろうな

第8話 異界の迷子

フィズ
「サーカス 面白かったよね?」
トウヤ
「ああ」
フィズ
「あたしはやっぱり、手品が一番良かったわ
どんな仕掛けがしてあるのか、すっごく興味がわいちゃった
・・・ねえ
お兄ちゃんの召喚術ってさ、どんな仕掛けがしてあるの?」
トウヤ
「え?」
フィズ
「ねえねえ、教えてよぉ いいでしょっ!?」
トウヤ
「・・・・・・」
サーカスは楽しかったみたいだな

第9話 メスクルの眠り

フィズ
「お兄ちゃん・・・」
トウヤ
「フィズ!?まだ寝てなくちゃダメじゃないか!!」
フィズ
「リプレママに聞いたよ お兄ちゃんたちが薬を探してくれたんだね
ありがとう」
トウヤ
「そのために、ベッドを抜け出してきたのか?」
フィズ
「えへへ・・・」
トウヤ
「わかったよ、フィズ さあ、部屋まで連れていってあげるから
今はゆっくり休んで、早く元気になるんだ」
フィズ
「うん・・・」
わざわざ、それだけのために来てくれたのか

第10話 迷走列車

フィズ
「いくらもらったの?」
トウヤ
「え?」
フィズ
「この町の偉い人を助けたんだから、それなりのお礼は出たんでしょ」
トウヤ
「何ももらってないよ 最初から期待もしてなかったし・・・」
フィズ
「ひょっとしてタダ働きだったの!?
あたしだったら絶対、そんなことしないのにバカみたい・・・」
タダ働きって言われてもね・・・

第11話 炎情の剣

フィズ
「はぁ・・・」
トウヤ
「なんだよ、フィズ?」
フィズ
「ラムダ様って・・・素敵よねぇ・・・
強いし、無口だし それにあの背中!とっても頼れそうだわ
これで部下が馬面とかハゲオヤジじゃなかったら、言うことないのになぁ・・・」
トウヤ
「・・・・・・」
ぺルゴとスタウトは眼中になし、か

第12話 蒼の派閥

フィズ
「あたし、あのミモザって女の人キライよ
いかにも年上ぶって、こびてるってカンジがしない?」
トウヤ
「こびてるのとは、違うと思うんだが・・・」
フィズ
「あーっ!なによ、ひょっとしてお兄ちゃんまでたぶらかされてんのっ!?」
トウヤ
「た、たぶっ・・・!?」
フィズ
「まったく・・・なんで男って、あの手の誘惑に弱いかなぁ」
トウヤ
「勝手に決めつけないでくれよ・・・」
やれやれ、ひどい言われようだ・・・

第14話 エルゴの呼び声

フィズ
「お城の周り、化け物でいっぱいなんでしょ
これから・・・どうなっちゃうの?」
トウヤ
「大丈夫だよ
化け物なんかにここは襲わせない 僕たちが守ってみせる」
フィズ
「お兄ちゃん・・・」
トウヤ
「だから安心してお休み」
フィズ
「う、うん・・・」
子供たちのためにもがんばらないと・・・

第17話 守るべきもの

フィズ
「結局、逃げてきちゃうんだったら、最初からついてかなければいいじゃない!?
心配して・・・馬鹿みたい・・・」
トウヤ
「ごめんよ、フィズ」
フィズ
「約束してよ!?もう絶対に、どこへも行ったりしないって!
お兄ちゃんが魔王でもあたし、そんなの気にしないから・・・」
トウヤ
「フィズ・・・」
約束は守らなきゃな?

エンディング

フィズ
「あたしとの約束守ってくれたんだね ありがとうお兄ちゃん」

コメント

タイトルとURLをコピーしました