【夜会話】ジンガ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第4話 さまよう拳

ハヤト「ジンガは東から来たんだよな」ジンガ「ああ、そうさ 聖王国の王都、ゼラムから来たんだぜ」ハヤト「聖王国?」ジンガ「リィンバウムの大半を治めている国のことさ
このサイジェントの街は、聖王国の西の果てにあるんだぜ」ハヤト「あ、そうか! だから街を治めているのが領主なんだ・・・」ジンガ「へへへ、そういうこと
俺っちの旅の目的は、ここから西を支配する帝国で、強いヤツらを探して戦うことだ
そのためにも、アニキからいろいろと勉強させてもらわなきゃな」世界は広いんだなぁ

第5話 追憶の荒野

ジンガ
「その剣士って、そんなに強かったのか?」
ハヤト
「ああ、そりゃもう強いなんてもんじゃない 剣のひと振りで相手を吹っ飛ばすんだ
あれでも手加減してたみたいだし・・・」
ジンガ
「ちくしょーっ! 戦ってみたかった!!
なあ、アニキっ そいつ探しに行こう!」
ハヤト
「ええっ!?」
ジンガ
「な、いいだろっ!?」
ハヤト
「無茶言うなよ・・・」
うう、やぶ蛇だったかな

第6話 静かなる凶鬼

ジンガ
「アニキと出会ってから毎日が楽しいぜ
次から次へと強い奴が出てくるんだもんな」
ハヤト
「ってことは、まさか?」
ジンガ
「ああ、俺っちの当面の目標はカノンさ!!」
ハヤト
「おいおい・・・」
ジンガ
「力比べなら自信があるんだ へへへ、吉報を待っててくれよ?」
本当に素手で勝つ気でいるのかなあ?

第7話 戦乱の紡ぎ手

ジンガ
「アキュートって連中はとんでもないな
あのラムダって剣士は別格として、他の三人だってかなり強いぜ」
ハヤト
「わかるのか?」
ジンガ
「ガゼルがスタウトってハゲのおっさんに背後をとられたの見たろ?
ありゃ剣士や格闘家の動きじゃなかった
アニキも、気をつけたほうがいいぜ」
ただのハゲじゃないってことか・・・

第8話 異界の迷子

ジンガ
「エドスのおかげでさ、俺っちあそこで働けることになったよ!」
ハヤト
「へえ、良かったじゃないか」
ジンガ
「へへへ。これでアニキにも心配かけずにすむってもんさ」
ハヤト
「あ、ああ
それとこれとは話がまた別なんだけどなぁ・・・」
ジンガもついに働く先が見つかったか

第9話 メスクルの眠り

ジンガ
「役に立てなかったな 俺っち・・・」
ハヤト
「ストラでは病気が治せないんだろ? 仕方がないじゃないか」
ジンガ
「うん」
ハヤト
「それにジンガは、看病疲れでフラフラになってたリプレを治してくれたじゃないか」
ジンガ
「まあ、そうだけど」
ハヤト
「一人でなんでもできるんなら、誰かと一緒に暮らす必要はない
そうじゃないから、俺たちはみんなで暮らしてるんだろ?
ジンガはジンガなりにがんばってくれた 俺が保証してやるよ」
ジンガ
「へへへ・・・ ありがと、アニキ」
ジンガはジンガなりにがんばってくれたさ

第10話 迷走列車

ジンガ
「セシルって姉ちゃん、俺っちと同じ格闘家だったんだな・・・」
ハヤト
「ああ、俺も驚いたよ」
ジンガ
「あの蹴りもすごかったけど、ストラの効果がとんでもなかったぜ
多分、もともとそっちが専門だったんだろうなあ・・・」
ハヤト
「専門って?」
ジンガ
「ストラを身につけようとして格闘術を学ぶ人もいるからな
あの姉ちゃんもきっとそういうのだと思う」
まさかセシルがストラの使い手だったとは

第11話 炎情の剣

ジンガ
「惜しかったよなぁ」
ハヤト
「なにが?」
ジンガ
「仲間になっちまったらアキュートの奴らとは戦えないじゃないか」
ハヤト
「稽古の相手とかを頼んでみたらどうだ?」
ジンガ
「わかってないなぁ! 俺っちがやりたかったのは真剣勝負だぜ?
あーあ・・・ 本気で戦えるような敵が出てこないかなぁ」
冗談じゃないって まったく・・・

第12話 蒼の派閥

ジンガ
「なあ、アニキ バノッサはあれで満足なのかな?」
ハヤト
「どうしたんだ、急に」
ジンガ
「あいつは強くなったけど、それって宝玉の力のおかげだろ?
そういうのってさ なんか違う気がするんだよ、俺っち・・・」
ハヤト
「それはきっと、ジンガが力じゃなくて強さを求めてるからだよ」
ジンガ
「???」
ハヤト
「強くなるために力を求めるのと、力を求めて強くなることは、違うんじゃないかな?
うまく言えないけど、きっとジンガは、そこで引っかかってるんだと思うよ」
ジンガ
「そっか・・・」
強いことは力があることとは違うんだ

第14話 エルゴの呼び声

ジンガ
「さっきは驚いたよ まさか俺っちが俺っちと戦うなんて
おかげで弱点が見えてきたんだけどさ」
ハヤト
「ジンガって、つくづく戦うことしか考えないんだなぁ・・・」
ジンガ
「なんだよ、それ? 俺っちだって考えちゃいるってば
けどさ、考えることで手足が鈍っちまったら意味がないだろ?」
ハヤト
「・・・!!」
ジンガ
「俺っちがかんがえるよりももっとしっかり考えられる連中がここにはいるんだ・・・
だから、俺っちは戦うことに専念するんだ きっと、そうしたほうがいいって思うんだ」
ハヤト
「ジンガ・・・」
ジンガ
「へへへっ ま、考えるのがイヤだってのもあるけどさ」
ジンガは自分の役目をきちんと知っているんだな・・・

第17話 守るべきもの

ジンガ
「俺っち、アニキのこと 信じてるから!
だから、もう余計な気はつかわないでくれよ 一人で解決しようなんて思わないでくれよ」
ハヤト
「ジンガ・・・」
ジンガ
「何があろうと、俺っちはアニキの味方だから
忘れないでくれよ?」
俺はここにいてもいいんだ・・・

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
ジンガ
「さーて、もうひと暴れさせてもらうぜ アニキ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました