【夜会話】キール(ナツミVer.)

スポンサーリンク
源 翠様

第2話 その名を知る者

キール
「僕がここにいられるように、君はずいぶんと苦労してくれたみたいだな
どうしてだ?」
ナツミ
「え?」
キール
「なぜ見ず知らずの僕をそんなに簡単に信用できるんだい?親切にできるんだい?
それに、僕は君を事故に巻きこんだ召喚師の一員なんだぞ・・・
憎くは、ないのか?」
ナツミ
「自分で信じてくれって言ったのに、変なこと言うんだね
あなた、あたしの前に名乗り出てきてくれたじゃない?
黙って逃げたっていいのに、自分から出てきてくれた
それで充分に、信じる理由だから・・・みんなもきっと同じ」
キール
「だと、いいがね・・・」
まずはあたしが、彼を信じないと!全てはそれからだね!

第3話 金の派閥

キール
「・・・」
ナツミ
「どしたの?怖い顔して?」
キール
「正直、今日の一件には呆れたよ」
ナツミ
「・・・うっ」
キール
「君を無事に元の世界へ帰そうとしている僕の立場がわかっているのなら・・・
君はもう少し、自分の立場を自覚してくれ」
あーあ・・・叱られちゃった

第4話 さまよう拳

ナツミ
「ジンガの使う【ストラ】は、召喚術とは違う力なの?」
キール
「ああ、違うよ
呪文のかわりに呼吸を使うし、サモナイト石も必要無いしね
精神集中が必要なのが同じだけかな」
ナツミ
「へえ・・・」
キール
「【ストラ】は男性より女性が使う方が、強い効果を発揮するらしい
訓練次第では、ひどいケガですら一瞬で治してしまうということだ」
ナツミ
「・・・すごいなあ」
【ストラ】って便利なんだね

第5話 追憶の荒野

ナツミ
「うーん、今日は大変な一日だった?!」
キール
「「今日も」だろ?
君と一緒に暮らすようになったから、平穏に終わった日なんかないじゃないか」
ナツミ
「ええっ!?」
キール
「やれやれ
騒ぎの元凶に自覚がないとはな」
ナツミ
「あたしのせいかなあ?」
キール
「そう聞こえなかったか?」
ナツミ
「・・・・・・」
キール
「はははっ、すねるなよ
少なくとも僕は、自分がこんな日々を過ごせているのが、楽しいと思っているんだ」
はじめてかも・・・あんなふうに笑ったの

第6話 静かなる凶鬼

キール
「カノンの中に流れているのは、シルターンという世界の、鬼神の血だよ・・・」
ナツミ
「シルターン?」
キール
「召喚術で開かれる4つの世界のひとつさ
そこに住む鬼神たちはきょうじんな肉体と破壊の力をもっている」
ナツミ
「そっか、それでカノンってば、あんなすごい力を・・・」
キール
「はぐれになった鬼神がカノンの父親らしいが
召喚術を使う者として改めて考えさせられてしまうよ」
ナツミ
「・・・うん、そうだね」
召喚術を使う者としての責任、か・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

キール
「まだ、さっきのことを考えているのか?」
ナツミ
「キール?」
キール
「君は自分にできることを、精一杯やっていたと僕は思う
何もしないで、彼らを見捨てたんじゃない」
ナツミ
「でも・・・」
キール
「過ぎてしまったことを悔いたって、やり直すことはできない
大切なのはこれから先じゃないのか?」
ナツミ
「うん・・・」
わかってはいる・・・でも・・・

第8話 異界の迷子

キール
「どうやらモナティは、メイトルパに生息するレビットらしいな」
ナツミ
「???」
キール
「メイトルパというのは幻獣や亜人間の世界さ レビットは、亜人間の一種なんだよ
不思議な力がある以外は、人間と同じような暮らしをしているらしい」
ナツミ
「じゃあ、モナティにも不思議な力が!?」
キール
「今のところはなんとも言えないな
僕はメイトルパからの召喚術はあまり得意じゃないんだよ」
ナツミ
「そっか・・・」
モナティも不思議な力を持ってるのかな?

第9話 メスクルの眠り

キール
「ナツミは僕が説明する前から、忍者について知ってたようだな?」
ナツミ
「うん、あたしの世界・・・あたしの国にも忍者がいたの・・・よく知らないけど」
キール
「サプレス、シルターン
ロレイラルに、そしてメイトルパ・・・
君がいた世界はこれら4つのうちのどれでもないようだね」
ナツミ
「うん・・・」
キール
「君がどこから来たのかまだわからないけど、きっと僕が元の世界へ帰してみせるから」
ナツミ
「うん、信じてるよ!」
あたしのいた世界はどっちにあるのかな?

第10話 迷走列車

キール
「自分の行おうとしていることの結果を、ラムダはきっと理解している
犠牲を生むことの罪の重さを、背負っていく決意をもっているんだろう
僕は・・・すこしだけあの人のことがうらやましい」
ナツミ
「え?」
キール
「全てを覚悟して決断できる勇気があったなら・・・」
ナツミ
「キール?」
キール
「いや・・・なんでもない
なんでもないんだ」
キールはどうしてあんなことを言ったんだろ?

第11話 炎情の剣

ナツミ
「バノッサのあの力ってやっぱり・・・」
キール
「僕は召喚術だと思う
前にも言ったとおり、知識とサモナイト石があれば、
召喚術は誰でも使えるはずなんだ」
ナツミ
「でも、バノッサがそんなの手に入れられるわけないでしょ?
この街で召喚術が使えるのはあたしたちと、
マーン三兄弟ぐらいだっていうのに・・・」
キール
「方法はともかく、彼がああいった力を手にしたのは事実だ
気をつけた方がいい
バノッサは多分、君をまだ憎んでいる」
ナツミ
「そんな・・・」
あれは、本当に召喚術だったのかな?

第12話 蒼の派閥

キール
「あの宝玉はサプレスの悪魔たちと誓約する力を持っているようだな
それも並の力じゃない
サモナイト石を使わずに固定化させてしまうのだからな」
ナツミ
「・・・なんてモノを、バノッサは手に入れたんだか・・・」
キール
「関わり合いにならないほうがいい」
ナツミ
「え、今、なんて?」
キール
「あの黒装束たちとだけは、関わってはいけない気がするんだ」
ナツミ
「無理でしょ
あたしが嫌がっても、バノッサが・・・」
キール
「わかってるさ!だが・・・」
ナツミ
「キール?」
キール
「それでも・・・僕は・・・・・・」
キールは何を怖がってるのかな

第14話 エルゴの呼び声

ナツミ
「信じられない・・・そんなすごい力があたしにあるなんて」
キール
「僕も驚いている
君の力が誓約者に匹敵するほどとは・・・」
ナツミ
「でもね、向こうの世界では、ホントに普通の女の子だったんだよ
なんか、実感わかないんだ・・・」
キール
「事故のせいなのかもしれないな・・・」
ナツミ
「事故か・・・
でもね、今はこの力 必要になってるんだし
あたし、これはこれで良かったって思う」
キール
「・・・・・・」
あたし、このためにこの世界に呼ばれたのかもしれない・・・

第17話 守るべきもの

キール
「こんなふうにまた君と話ができるなんて思いもしなかったよ」
ナツミ
「うん、そうだね」
キール
「君に全てを知った時、どうなるのかがずっとこわかった・・・
きっと君は、僕のことを恨むだろうと思っていたんだ
でも、君は僕に優しい言葉をかけてくれた どうしてだ?
僕はずっと君に、嘘をついていたのに・・・」
ナツミ
「嘘だけじゃなかった・・・からかな?
たしかに君は、あたしに嘘をついてきたのかもしれないけど
でもさ、それ以上に仲間としてあたしたちのことを助けてくれた
だからね、あたしは君のことを信じられる」
キール
「ありがとう ナツミ
僕は・・・君と出会えて良かった
本当に・・・」
ナツミ
「あたしも同じだよ
君がいてくれたから、一人じゃなかったからこうしえ笑っていられるんだもの」
キール
「・・・覚えてるか?
二人で儀式の跡を調べに行った時、君が僕にたずねたことを
君がこの世界に呼ばれた時、助けを求める声が聞こえたって・・・」
ナツミ
「うん、覚えてる」
キール
「僕は儀式をしながら、ずっと悩み続けていた
自分のやっていることが正しいことなのか
本当に世界を滅ぼしてしまってもいいのか
答えを出せずに、僕は心の中で悲鳴をあげていたんだよ・・・助けてくれ、って」
ナツミ
「それじゃ・・・」
キール
「君が聞いたのは、僕の心の叫びかもしれない・・・
そして、君はその声に応えてくれたんだ 本当にありがとう
君が来てくれたから、僕は本当の僕に出会うことができたんだ」
ナツミ
「キール・・・」
キール
「だから、約束するよ
絶対に君を元の世界へ帰してみせるって
君がそうしてくれたように、今度は僕が君を守ってみせる!!」
ナツミ
「ありがと・・・あたしも約束する!
この先どんなことがあったっって、最後まで君を守ってみせるからね」

エンディング

そして、あたしは帰ってきた。
何もかもがそのままだった。
あたしは制服のまま、夕暮れの公園でぼんやり立ちつくしていたんだ。
夢でも見ていたっていうの?
でも、リィンバウムでの日々はあたしの心にはっきり刻まれている。
夕闇の風が吹いて、頬にひんやりとした冷たさを感じだ。
あれ・・・?あたし・・・どうして泣いてるのかな?

いつもと変わりない毎日が始まる。
ただ、あたしはちょっとだけ変わったのかも知れない。
友達とおしゃべりする時間が減って、一人でいる時間ができた。
そして、あたしは問いかける。
あたし、がんばってるかな?
あなたに恥ずかしくないように生きているかな?
心を澄ませば、またあの声が聞こえてくるような気がして。

会いたい・・・。
もう一度、あなたに会いたい!

(キーンコーンカーンコーン キーンコーンカーンコーン)

キール
「待たせてしまってすまない
だけど、これからはずっと一緒だよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました