【夜会話】レイド(トウヤVer.)

スポンサーリンク
さと様

第1話 最初の戦い

トウヤ
「ああ…すごく大きな月ですね」
レイド
「君の世界の月は、これとは違うのかい?」
トウヤ
「僕の世界の空はすごく汚れてて、あまり月の光が届かないんです」
レイド
「月の光は、魔法の力の源だったって話がある
降り注ぐ月光を浴びることで、世界の全ては活力を得ているそうだ
ある召喚師の言葉の受け売りだがね」
トウヤ
「召喚師、か…
確か、この街にもいるんですよね?」
レイド
「ああ
領主様の相談役として三人の召喚師がいるよ
この街が今の姿になったのは、彼らの力によるところが大きい
…いい意味でも、悪い意味でもね」
三人の召喚師か… なんだか複雑な事情があるようだな

第2話 その名を知る者

レイド
「君にとっては、あまり嬉しくない結果になってしまったな」
トウヤ
「何もわからないよりはましですよ
それにまだ、僕はあきらめていませんし
カシスも一緒に、帰る方法を探してくれるそうです」
レイド
「あの人はわたしの知っている召喚師たちとは違うみたいだな」
トウヤ
「どう違うんですか?」
レイド
「城にいる召喚師たちは自分たちの利益のためだけに動いている最低な連中だったよ
私はずっと、召喚師はそんな利己主義者ばかりだと思いこんでいたんだが…
考えを改めておく必要があるのかもしれんな」
召喚師にも、いろいろいるようだな…

第3話 金の派閥

トウヤ
「あのイムランって人がレイドさんが今まで話してくれていたお城の召喚師なんですよね」
レイド
「ああ、金の派閥に属する召喚師…マーン三兄弟の長男だ
彼の知恵と召喚術の力で、サイジェントの街はここまで大きくなったと言ってもいい」
トウヤ
「あまり、そうは見えませんでしたけどね」
レイド
「ははは、見た目と能力とは別物だよ
能力と人間性も、別物だしね…」
トウヤ
「あの人、レイドさんを露骨に敵視していたように見えましたけど」
レイド
「それはきっと、私が彼らのことを嫌っているからだろう
彼らとは、いろいろとあったからね…」
レイドさんがそこまで嫌うなんてよほどの事情なんだろうな

第4話 さまよう拳

レイド
「ジンガを見ていると、懐かしい気分になるよ
私も見習いだった頃は彼のようにがむしゃらだったからね」
トウヤ
「レイドさんが!?」
レイド
「おいおい、驚くことはないだろう」
トウヤ
「でも、なんか想像できないですよ
今のレイドさんは落ち着いていて、無茶とは無縁に見えますから」
レイド
「余計に年を重ねていることが、そう見せているだけだよ
心はいつも迷ってるし感情に振り回されたりもしている
理想に向かって迷わずに進もうとする彼が、うらやましいくらいさ」
レイドさんにも、そういう時期があったのか

第5話 追憶の荒野

レイド
「そんなことがあったのか…」
トウヤ
「レイドさんだけには、話しておこうと思って」
レイド
「秘密を作ることで一番苦しんでいるのはカシスなのかもしれないな
…わかった
君がそう決めたなら、そうするといい
他のみんなには、私がそれとなく話しておくことにするよ」
レイドさんの言うとおりなのかもしれないな

第6話 静かなる凶鬼

レイド
「君は私たちとバノッサの争いを、自分の責任だと思っているんじゃないのか?」
トウヤ
「…はい」
レイド
「だったら、それは君の勘違いだよ
争うことを避けようとはしてきたが、いずれ彼らとこうなることは確実だったんだ
むしろ君がいたことで結果的に最悪の事態は回避されたんだよ」
トウヤ
「どういうことです?」
レイド
「今のバノッサは縄張りの拡大よりも、召喚術を手に入れることに目を奪われている
君が標的になったことで、子供たちやリプレが狙われにくくなってきたんだよ」
トウヤ
「ああ、なるほど…」
レイド
「君にとって災難かもしれないが、私たちも全力をつくす
もう少しだけ、耐えてくれないか」
なんだか、複雑な気分だな

第7話 戦乱の紡ぎ手

レイド
「すまないな
私の問題に君たちまで巻き込んでしまって」
トウヤ
「そんな…仲間の問題はみんなの問題じゃ…」
レイド
「ラムダ先輩を変えてしまったのは、私の責任なんだよ」
トウヤ
「え?」
レイド
「これは私が、ずっと昔に犯した罪の報いだ
私だけが受けるべき、報いなんだ!」
トウヤ
「レイドさん…」
レイドの罪とはなんのことなんだろう?

第8話 異界の迷子

トウヤ
「モナティに本当のことを教えようとした時に思ったんです…
それが正しくても、相手が望んでないことを一方的に押しつけていいものか、って
アキュートのやろうとしていることは、僕がモナティにしようとしたことと同じです」
レイド
「…そうだな 私もそう思うよ」
ラムダたちはやっぱりまちがってる…

第9話 メスクルの眠り

トウヤ
「イリアスさんはわざと僕たちに負けてくれた気がするんです」
レイド
「ああ あいつなりに、考えてくれたんだろうな
だがこれで、騎士団はまた召喚師たちに失敗を責められるだろう」
トウヤ
「そんな…」
レイド
「私は、何をしているんだろうか?
ラムダの跡も継げず、必死に踏みとどまっているイリアスにすら、何もしてやれない
私は、私は…!!」
レイドは自分のことを責めすぎてるよ…

第10話 迷走列車

レイド
「本当は、私にもわかっているんだよ
犠牲を払わなければ現実を変えることはできないのだろう
けれど、私はそれでも犠牲を認めたくはないんだ
甘い、だろうか?」
トウヤ
「そうかもしれません
でも…僕はレイドの考えを信じたいよ
どうせ幸せになるのなら、みんな一緒のほうがいいですから」
レイド
「ああ…」
レイドは過去をふっきったようだな

第11話 炎情の剣

レイド
「君が正してくれなかったら、私はまた同じ過ちを繰り返してしまうところだった
本当にありがとう」
トウヤ
「お礼を言われるようなことはしてないよ」
レイド
「私もラムダ先輩も結局は騎士道に逃げていただけだったのかもしれない
自己犠牲という言葉に酔って、周りのことが見えなくなっていた
フフフ、もう騎士ではないというのにな」
トウヤ
「そんなことないさ
レイドも、ラムダも、立派な騎士だって僕は思ってる
ただ、優しすぎたんだ
全てを大事に思ってたから、優しさが空回りしてしまった…それだけのことさ」
レイド
「トウヤ…」
レイドは今だって、立派な騎士だよ…

第12話 蒼の派閥

レイド
「…気になるな
どうして黒装束たちは自分たちで宝玉を使わなかったんだろう?」
トウヤ
「そういえば…」
レイド
「使えない事情でもあるのか、それとも…
いずれにしろ、二人の口からきちんと説明をしてもらわないとな」
たしかにおかしいな それは…

第14話 エルゴの呼び声

レイド
「誓約者にエルゴか
正直、私には理解できない次元の話だよ」
トウヤ
「それは僕も同じさ
でも、現実は現実として受け止めないとね」
レイド
「…すまんな
戸惑っているのは私より君のほうなのに
この街を守ることも、この世界を守ることも同じことのはずだ
そう思って私は君についていくよ」
トウヤ
「よろしく頼むよ レイド」
みんな戸惑うのも無理はないな

第17話 守るべきもの

トウヤ
「今でも信じられないよ
まさか、レイドまでがあんな無茶をするなんて…」
レイド
「ああ、自分でも驚いているんだ
たしかに常識で考えればあんなことをしたのは無茶だった
だけど、あの時の私は何もしないで後悔することのほうが怖かったんだよ
このまま、君を失ってしまうことのほうがね」
トウヤ
「レイド…」
レイド
「自分の気持ちに正直でいることの大切さを、君は私に示してくれた
それを私は忘れないでいたいと思っている
だから…
私は君を守ろう
自分が本当に大切だと思う者たちのためにこの剣を振るおう」
僕のために随分な無茶をしてくれたんだ

エンディング

あれからもう、どれくらいたったのだろうか? いくつもの問題や戦いを越えて
僕はまだ、答えを出せずにいる。
でも、あきらめたりはしない。 僕は一人じゃないのだから。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
誓約者として、僕が導いていく未来の形を…。
レイド
「君なら、最高の答えが見つけられる 私はそう信じているよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました