【夜会話】リプレ(アヤVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様/不断様

第1話 最初の戦い

リプレ
「あら、眠れないの?」
アヤ
「はい…」
リプレ
「無理もないわね
今日はすごくいろんなことがいっぺんに起きたんだもの
…ごめんね」
アヤ
「え?」
リプレ
「なんだか、貴方に無理言った気がして
早く、元の世界に帰りたいはずなのに…」
アヤ
「でも、正直言って方法がわからないですから…
あてもなく一人でそれを探すのかと思うと寒気がします
だから、みなさんがここにいて欲しいって言ってくれて、すごく救われました…」
リプレ
「ほんとに?」
アヤ
「本当です…」
リプレ
「…よかったぁ!」
アヤ
「そんなわけだから面倒かけますけどよろしくお願いします」
リプレ
「ふふっ、こちらこそ」
あんなに喜んでくれるなんて照れてしまいます…

第2話 その名を知る者

アヤ
「今日は大変でしたね」
リプレ
「うん
でも、それはお互いさまでしょ?
レイドから聞いたわよ
バノッサのこととか、あの召喚師さんの話だとか…」
アヤ
「また、迷惑をかけてしまいますね」
リプレ
「それもお互いさまだわ
留守は任せて、なんて偉そうに言ったくせにフィズの面倒も見られなかったもの…
…なーんて、過ぎたことクヨクヨしてても仕方がないわね
できること、一生懸命やっていきましょ!」
アヤ
「ええ、お互いに」
なんのかんのいってもリプレさんには迷惑ばっかりかけてるなあ…

第3話 金の派閥

アヤ
「あ・・・」
リプレ
「・・・ぷっ」
アヤ
「すみません・・・」
リプレ
「ふふっ きちんと反省してるみたいね?」
アヤ
「身に染みて反省してるんですよ、これでも」
リプレ
「なら、許してあげる・・・ はい」
アヤ
「クッキー・・・?」
リプレ
「お腹がすいて眠れないんでしょ?
明日の朝までは、それで我慢しなさいね」
アヤ
「あ・・・ ありがとうリプレさん」
ありがとう、リプレさん

第4話 さまよう拳

リプレ
「男の人の考え方って、時々わかんなくなるわ」
アヤ
「え?」
リプレ
「意地とか誇りとか 男の人ってそういうの大事にするじゃない?
そのせいで傷つくこともあるのに・・・」
アヤ
「そうですね・・・」
リプレ
「ぶつかって、傷ついて そのくせ、一度相手のことを認めたらすぐにわかりあえちゃう
なんで、そんなことができちゃうの?」
アヤ
「なんででしょうね? やっぱり・・・」
リプレ
「男だから、なのかな?」
アヤ
「でしょうね・・・」
リプレ
「ちょっとだけうらやましいかも」
うーん、わたしにもわからないから・・・

第5話 追憶の荒野

リプレ
「朝から二人っきりでどこへ行ってたの?」
アヤ
「はい、例の穴を調べに行っていましたけど?」
リプレ
「ふうん・・・
声ぐらいかけてくれてもいいじゃない・・・」
アヤ
「え?」
リプレ
「べーつーに! なんでもないですよぉだ」
アヤ
「???」
あれはやっぱり、すねてるんでしょうか?

第6話 静かなる凶鬼

リプレ
「いきなり決闘だなんて聞いたときには、どうしようかと思ったわよ?
みんな無事だったからよかったけど・・・
ああ、これからは私もついていこうかな」
アヤ
「・・・それはやめておいた方がいいと思います・・・」
リプレ
「私が女の子だから?
それとも役に立たないからなの!?」
アヤ
「あの、それは・・・」
リプレ
「・・・いいの
無茶を言ってるって、わかってるから
でもね 私、くやしいんだよ
ソル/キール/カシス/クラレットみたいな力があれば、貴方たちを助けてあげられるのに・・・」
アヤ
「それじゃ、困ります」
リプレ
「どうして!?」
アヤ
「わたしたちはリプレさんが待っていてくれるから安心して外にでられるんです
安心して帰れる場所があるから、つらい時にも頑張れるって」
リプレ
「・・・・・・」
アヤ
「わかってください」
リプレ
「・・・うん」
リプレさんがあんなことを思っていたなんて・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

アヤ
「リプレさんは、今の暮らしをどう思っているんですか?」
リプレ
「そうね・・・ 確かに貧乏は辛いし、不満ならあるけど
でも、だからって不幸だとは思ってないわよ
どんな暮らしにだって幸せは絶対あるって私は思うよ
それを見つけられないことが不幸ってものなんじゃないのかな」
リプレさんは強いな・・・

第8話 異界の迷子

リプレ
「迷子だよね モナティもガウムも そして貴方も・・・
知らない世界で途方に暮れてる迷子」
アヤ
「・・・」
リプレ
「いいんだよ?
心配しなくても ずっとここにてもいいんだよ」
アヤ
「リプレさん・・・」
迷子、か・・・

第9話 メスクルの眠り

アヤ
「みんな、元気になって良かったですね
リプレさんががんばって看病してくれたからですね きっと・・・」
リプレ
「ううん・・・ みんなのおかげよ
私だけだったらきっと何もできずに泣いてただけだと思うもの
ちょっと疲れちゃったかな・・・ 悪いけど、先に寝るね」
アヤ
「ええ、おやすみなさい リプレさん」
リプレさん 本当に必死だったから・・・

第10話 迷走列車

リプレ
「貴方たちが、この街を救ってくれたってこと みんな気がつきもしないんだろうね」
アヤ
「リプレさん、わたし 別に街を救おうとしたわけじゃないんです
わたしは、ただレイドさんの心に傷が残るのが嫌だったから・・・」
リプレ
「うん、わかってるけどね・・・
なんだかちょっと 私は不満だよ
こんなにがんばってる貴方たちのこと、誰も知らないなんて・・・」
アヤ
「リプレさん・・・」
街を救ったんなんて そんなふうには思えません・・・

第11話 炎情の剣

リプレ
「それで、アキュートの人たちもここで一緒に暮らすの?」
アヤ
「ちがいますよ。酒場があるから、あちらで生活するらしいです」
リプレ
「でもよかったわ これでもう、貴方たちが戦う必要はなくなったんだもの」
アヤ
「だと、いいですね」
本当に、これで終わりなんでしょうか?

第12話 蒼の派閥

リプレ
「ミモザさんから聞いたんだけど、召喚師の人たちはみんな名字をもってるんだって」
アヤ
「なんか意味があるんでしょうか?」
リプレ
「うん、なんでも召喚師同士の身分証明のようなものになるみたい
その人がどこの生まれで、どんな系統の術が使えるのとか」
アヤ
「わたし・・・ソル/キール/カシス/クラレットさんの名字聞いてません」
リプレ
「あ、私も・・・
私たちは召喚師じゃないから、名乗らなかったのかしらね」
ソル/キール/カシス/クラレットさんの名字って ・・・そう言えば知りませんね・・・

第14話 エルゴの呼び声

リプレ
「ねえ、どうして貴方たちが戦わなくちゃならないの?
貴方たちだけ戦って、傷ついて・・・そんなの、やっぱりおかしいよ!?」
アヤ
「リプレさん?」
リプレ
「わかってるよ 貴方じゃなくちゃダメだってことは・・・
でもね!? 貴方がこの世界に来たのは事故なんだよ?
不思議な力が使えるのも、たまたまじゃない
ただそれだけなのに、どうしてなの!?」
アヤ
「・・・・・・」
リプレ
「こわいのよ! みんなの帰りを待っているのが・・・!!
私の手の届かない場所へ行ってしまいそうでこわいのよ・・・」
アヤ
「リプレさん・・・」
それでも、わたしは・・・

第17話 守るべきもの(好感度・通常)

リプレ
「戦いに行くんでしょう 魔王の復活を止めるために・・・」
アヤ
「・・・はい」
リプレ
「わかってたよ 貴方なら、絶対にそうするだろうって」
アヤ
「リプレさん・・・」
リプレ
「約束して・・・
絶対に帰って来るって約束して!」
アヤ
「はい 約束します 絶対に私、またここに帰ってきます
大切なお友達を悲しませたりしないように、がんばりますから
私を・・・信じてください・・・」

エンディング(好感度・通常/大 共通)

リプレ
「お帰りなさい!」
リプレ
「帰ってきてくれるって信じてた だって、約束したんだもの!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました