【夜会話】ミモザ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第12話 蒼の派閥

ミモザ
「なんだか悪いわね すっかりキミたちまで巻き込んじゃって」
ハヤト
「いいんですよ バノッサが関わってる以上、いずれ無関係ではいられなかったし」
ミモザ
「ありがと、ボク 気をつかってくれて
だけど、情けないわね 私と、ギブソン、二人も召喚師が揃ってるのに
早いとこ、なんとかしなくちゃだわ・・・」
早く宝玉を取り返さないとな・・・

第14話 エルゴの呼び声

ミモザ
「しかし、まさかキミがエルゴの王になれる力の持ち主だったなんてねえ・・・」
ハヤト
「向こうの世界じゃ、俺は普通の人間だったんだけどなあ
大丈夫かな・・・本当に俺なんかで」
ミモザ
「それを見極めるために守護者の人たちがいるんでしょう?
自信を持ちなさい すくなくともキミは、エルゴのひとつに認められてるんだから
ね?」
俺の力って、一体なんなんだろう?

第17話 守るべきもの

ミモザ
「私、ギブソンのこと わかってなかった
あいつはあいつなりに考えて、キミたちのためになるように行動してたのに
それなのに、私 あいつにひどいこと言っちゃった
あははははっ これじゃ、相棒失格だよね・・・」
ハヤト
「そんなことはないよ ミモザはちゃんと、ギブソンの気持ちをわかってるはずさ
だから、こうやって後悔してるんだろう?」
ミモザ
「うん・・・」
ハヤト
「それにギブソンも、きっとわかってるよ
ミモザがミモザなりに俺たちのことを思ってくれたことをさ」
ミモザ
「ありがと・・・ ハヤト
私、きちんとあいつに謝ってくるよ」
やり方は違っていても二人とも気持ちは同じはずだよ・・・

エンディング

ミモザ
「うーん、いい気分 これもみんなキミのおかげかしらね?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました