【エンディング】アメル(マグナVer.)

スポンサーリンク
氷結火獣様

エンディング

ガゼル
「なあ、本当にもう帰っちまうのかよ?」
アルバ
「そうだよ!もっと、ゆっくりしていけばいいのに・・・」
マグナ
「ありがとう でも、やっぱり俺たちは帰らないとね」
アメル
「みなさんのおかげでゆっくり休むこともできましたし・・・」
ネスティ
「なにより、傷の癒えたルヴァイドを連れて戻らなくてはならない」
マグナ
「戦争は終わったけれど まだ、その後始末はこれからなんだ
そのために、俺たちができることは、きっとたくさんあると思う
だから、帰るよ それを果たすためにね」
エドス
「そういうことなら引き止めるわけにはいかんなあ・・・」
カシス
「がんばろうねっ? お互いにさ・・・」
ネスティ
「ああ、そうだな」
レイド
「今回の件については我が騎士団からも聖王家に報告させてもらったよ
ありのままに、ね」
イオス
「ご厚恩、感謝の言葉もありません」
ルヴァイド
「世話になったな・・・本当に・・・」
リプレ
「気にしなくていいよ 困ってるときは、お互いさまなんだから」
ラミ
「げんき・・だしてね・・・?」
ルヴァイド
「ああ・・・」
マグナ
「(あとは・・・)」
ハヤト
「ほら、モナティ いつまでも泣いてたらダメだろう?」
モナティ
「にゅっく・・・ううっ、ひっく・・・」
マグナ
「モナティ、今までありがとうな?」
モナティ
「にゅっく・・・マグナさぁん
ごめんなさいですのぉ モナティ、お役にぃたてなくてぇ・・・
護衛獣にぃ・・・っなって、あげられなくてぇ・・・ううぅっ!
うにえぇぇ~んっ!!」
マグナ
「そんなことないよ?
モナティは、ちゃんと役に立ってくれたよ 俺の護衛獣として
だから、もう泣くなよ」
モナティ
「は、はい・・・っ!」
アメル
「心配しないで・・・モナティちゃん
あたしが、代わりにマグナさんの護衛獣になります!」
マグナ
「え・・・?」
モナティ
「にゅ・・・?
えええぇぇぇ~っ!?」
アメル
「あたし、サプレスの天使ですよ しかも、はぐれです
ですから、あたしマグナさんの護衛獣に立候補しちゃいます!」
モナティ
「それなら、モナティも安心ですのぉ!」
ハヤト
「ああ、なるほど・・・」
マグナ
「ちょ、ちょっと!?」
ネスティ
「いや、案外そのほうがいいのかもしれない
二重誓約の可能性は彼女にもあるんだぞ?」
マグナ
「あ・・・う・・・」
アメル
「では・・・あらためて、よろしくお願いしますね
ご主人さま?」
ずっと、ず~っと忘れないですの ね、マスター!
アメル(番外編) “サモンナイトで会おう!”

コメント

タイトルとURLをコピーしました