【夜会話】ルウ(マグナVer.)

スポンサーリンク
紫蘭様

第9話 まだ見ぬ故郷

ルウ
「ふーん・・・ 今の召喚師ってそんな風に組織に属するのが普通なんだ?」
マグナ
「俺やネスの入ってる蒼の派閥は、召喚術を純粋に学問として勉強するための機関で
ミニスのいる金の派閥ってのは、召喚術を商品として利益を得るための集まりなんだ」
ルウ
「どっちにしてもルウはあまり興味がないなあ・・・
亡くなったおばあさまから教わったんだけど
召喚師というものは世の中に関わるべき存在じゃないんだって」
マグナ
「どうして?」
ルウ
「扱う力があまりに大きすぎるから
強い力を持つ者はいつか、その力を使う誘惑に勝てなくなる
たとえ、本人が誘惑に耐えても、周りの人間がそれを放っておくはずがないもの
そうでしょう?」
マグナ
「それは・・・」
ルウ
「だから、ルウはここで一人で暮らしてる
他の誰にも迷惑をかけないためにアフラーンの一族はずっとそうしてきたの
召喚師とは本来そうあるべきものだと思うから・・・」
そうなのかもしれない・・・ だけど・・・ それで、ルウは本当にいいのか?

第10話 封印の森にて

ルウ
「森の中にいる悪魔の姿を見たのは、ルウも今日が初めてだったんだけど・・・
思っていた以上に凶暴だったわ こうして無事でいられるのが不思議なくらい」
マグナ
「うん、本当にそう思う
追い掛け回された時はもうダメかと思ったもんな・・・」
ルウ
「それなんだけどね
あの場にいた全員が悪魔に追いかけられたわけじゃないのよ」
マグナ
「え?」
ルウ
「奴らが追ったのはキミとアメル、それにネスティみたいなの」
マグナ
「偶然なんじゃないのか」
ルウ
「偶然じゃないわ! だって・・・
他のみんなを追っていた悪魔たちも、途中できびすを返して
キミたちの逃げた方角に向かったのよ・・・ それでも偶然だって言える?」
マグナ
「そんな、バカな・・・」
ルウ
「アメルが狙われたのはわかるわよ 結界を破るきっかけを作ったんだから
だけど、キミやネスティがどうして狙われたのかは ルウにもわからないの
なにか心当たりとかないの?」
心当たりだなんていきなり、そんなこと言われても・・・

第11話 処刑台の騎士

ルウ
「禁忌の森ほど恐ろしい場所はないって思っていたけど
森の外のほうがよっぽど物騒な気がしてきたわ」
マグナ
「そりゃ、いきなり戦争してる場面に出くわしたからだって・・・」
ルウ
「でもッ、あんなにたくさんの人をまとめて見たのって初めてだったのよ
街に行けば、もっとたくさんの人がいるわけでしょう?」
マグナ
「まあ、そうだけど」
ルウ
「あーっ、どうしよう? 考えただけでめまいがしそうだわ」
マグナ
「どうしようって別に普通にしてればいいんだけど・・・」
ルウ
「うーん・・・」
なんだか変な具合に緊張してるけど大丈夫かなあ??

第12話 絶望の先へと

ルウ
「ねえマグナ ネスティは前に言ってたわよね
キミたちが属している派閥ってところではヒョウイ召喚術はよく思われていないって」
マグナ
「うん、たしかに言った」
ルウ
「だとしたら やっぱりあの召喚師たちもルウと同じで
どこかにひっそりと暮らしてた召喚師ってことなのかしら?」
マグナ
「そう考えるのが自然なんだろうな
以前俺の先輩たちが『無色の派閥』って連中と戦ったんだけど
そいつらは、派閥にはまったく知られていない地下で活動する召喚師の集まりだったんだ
召喚術の力で世の中を思いどおりにしようとするためのね」
ルウ
「ルウの一族とはまったく反対の目的で隠れてたってことね」
マグナ
「キュラーたちも そういった連中と同じなんじゃないのかな」
ルウ
「いずれにしたって あの人たちのやり方は同じ召喚師として許せないなー
ううん、それ以前に人として間違ってるよ」
マグナ
「うん、そうだよな 俺もそう思う」
ルウの言うとおり あいつらをこのまま放っておくわけにはいかないな

第13話 祭りの夜

ルウ
「お祭りなんていうのは本当なら、派手にやるものじゃないわ
きちんと儀式を守って おごそかに行ってればそれでいいのに
派手なパレードや出店なんて、必要ないってルウは思うよ・・・」
マグナ
「だったら、ルウは家で留守番してるか?」
ルウ
「い、今のはあくまでルウ個人としての考えであって・・・
街のお祭りがどんなものか、見てみるのは勉強になるから・・・
それに、せっかく誘ってくれたんだもの 断るのも失礼でしょ?」
マグナ
「(やれやれ・・・素直に、行きたいって言えばいいのに・・・)」
ルウ
「うあ・・・」
マグナ
「(ふふふ、あんなこと言ってたくせにすっかり夢中になっちゃってさ)」
ルウ
「マグナ あのお店は、なに?」
マグナ
「あれは、アメを火であぶって好きな形に細工して売ってくれる屋台だよ」
ルウ
「それじゃ、こっちで人がたくさん集まってるのは???」
マグナ
「手品の大道芸かな? ほら帽子の中からウサギが出てきた」
ルウ
「すごいなあ・・・ 呪文も魔力もなしで召喚しちゃうなんて!」
マグナ
「いや・・・ そうじゃなくて・・・」
ルウ
「ふう・・・ なんだか、すごく疲れちゃったわ」
マグナ
「そりゃ、あれだけはしゃぎ回ってたら当たり前だって」
ルウ
「あ、あれは・・・ ちょっと、真剣に観察してただけよ」
マグナ
「観察ねえ・・・」
ルウ
「なな、なぁに? その疑わしげな視線は 本当だって・・・」
ルウ
「・・・きゃっ!
い、今のって いったい、なにっ!?」
マグナ
「今のが花火だよ 火薬を使ってあげているんだ
ほら、またあがるぞ?」
ルウ
「うあ・・・ キレイ・・・」
マグナ
「うん、こんなに盛大な花火は俺も初めて見るなあ・・・」
ルウ
「ルウね、キミと一緒にお祭りを見物してみて気づいたことがあるの
アフラーンの一族が森に隠れていた間にも世の中はどんどん変わってるんだって
本で知識を持ってても実際に見て、触れて確かめないと
わからないことは いっぱいあるんだって すごく思った」
マグナ
「うん、それは俺にもよくわかるよ
旅に出て、初めて知ったことって俺もたくさんあったからさ」
ルウ
「ひょっとしたら ルウの一族がしてきたことって、間違ってたのかもね」
マグナ
「・・・え?」
ルウ
「召喚師が普通の人々の暮らしに介入するのは やっぱり違うとルウは思うけど・・・
だからって、世の中と関わりを断とうとしたのは、間違ってたのかもしれないわ
だって・・・ それって、ある意味現実から逃げてるのと同じだもの」
マグナ
「ルウ・・・」
ルウ
「あ~あ! なんだか、すごく損しちゃった気分かなあ
もっと早く気づいてたら、今日みたいな楽しい事、たっくさん味わえたのにね」
マグナ
「なら、今までの分もまとめて、これから楽しめばいいさ
変に構えたりしないで興味を感じたことには素直になってさ?」
ルウ
「うん・・・ そうだね・・・」

第14話 確かな想い

ルウ
「あれからすこし考えてみたんだけど
おじいさんが結界を超えて森に入ったっていう話、心当たりが見つかったの」
マグナ
「心当たりって?」
ルウ
「最初にあった時に話したよね?
森がざわついていて誰かが出入りしてるみたいだって
ルウのおばあさまもあれと同じような体験をしたことがあるのよ
ほら、時期的に考えてみると・・・」
マグナ
「それが爺さんたちだって、可能性があるってことか!?」
ルウ
「うん、どうやって中に入ったのかは謎のままだけどね」
マグナ
「うーん・・・」
俺たちが知らない方法があるのかもしれないな・・・

第16話 縛鎖を断つもの

ルウ
「ちょっと、自信がなくなっちゃったかも」
マグナ
「なにが?」
ルウ
「あれだけ近くで暮らしてたのに、ルウたちはあの森について、結局なにも知らなかった
そう考えるとね」
マグナ
「しょうがないと思うよ あれだけ厳重に隠されていた秘密だったんだ」
ルウ
「そこなのよね・・・ また、不思議なのは」
マグナ
「え?」
ルウ
「童話とかになった話しは いったい、どうやって広まったと思う?
誰かがわざと広めたとしか、考えられないとルウは思うの」
マグナ
「当時の召喚師たちが真相を隠すために、広めたんじゃ・・・」
ルウ
「それにしては、人の興味をかき立てるようにできすぎてるよ あれは・・・
いったい、どうしてそんなことをしたのかしら???」
ルウって、結構気にすると止まらない性分だからなあ・・・

第17話 影は歌う

ルウ
「こもん召喚師って どういう意味?」
マグナ
「顧問召喚師ってのは 金の派閥の召喚師がよくやってる仕事さ
権力者たちに召喚術の腕を売り込んで様々な事業に力を貸す代わりに
政治的な地位や報酬を手に入れるんだ・・・ って、ネスが言ってた
ファミィさんもファナンに雇われている顧問召喚師なんだ」
ルウ
「ふーん・・・
じゃあ、レイムって召喚師も、金の派閥の一員なの?」
マグナ
「それは・・・ 違うんじゃないかなあ」
ルウ
「当然、キミたちのいる蒼の派閥の人間でもないんだろうし
うーん・・・ ガレアノたちといい
派閥に属していない召喚師って、結構いるのかもしれないわね」
言われてみれば、そうかもしれないな

第18話 誰がための剣

ルウ
「うーん・・・ 本当にびっくりよね」
マグナ
「まだ、ファミィさんが使った召喚術について感心してるのか?」
ルウ
「いいじゃない
おばあさまの教えしか知らないルウには他の人の召喚術を見ることは勉強になるの」
マグナ
「なるほど・・・」
ルウ
「召喚師の知識ってのは家ごとに門外不出のものなんだから
こうやって、常に探求心を持つのが大事って習わなかったの?」
マグナ
「まあ、たしかに 派閥の違う召喚師にはそんな感じだけど
蒼の派閥同士だったら今はそれほど秘密主義には徹してないぜ」
ルウ
「うそっ!?」
マグナ
「本当だってば」
ルウ
「ううーん・・・ 理解できない・・・」
昔ながらの召喚師からすれば やっぱり派閥はおかしなところだってことなのかなあ?

第19話 デグレアの闇

マグナ
「なあ、ルウ? 前々から疑問に思っていたんだけどさ」
ルウ
「ん?」
マグナ
「外の世界を勉強するのなら、俺たちについて回るよりも
ギブソン先輩たちのとこで、本を読んだりしたほうが早いんじゃないのか?」
ルウ
「わかってないなぁ?
ルウが、キミたちについて回っているのは本では得られない知識を得るためなのよ
まさか、観光気分とか思っていたんじゃないでしょうね・・・?」
マグナ
「(違ったのか!?)」
ルウ
「ま、いいけどね 別に・・・」
マグナ
「あ、あのさ! その、本では得られない知識っていうのは
たとえば、どんなものがあるのかな?」
ルウ
「そうね・・・ 一番、ルウが興味深いと思っているのは
やっぱり、人間観察をすることかしらね?
ルウはほら、生まれた時からずっと一族の中で育ってきたから
他の人の考え方とか見てるだけで、すごく面白いし、ためにもなるの」
マグナ
「へえ・・・」
ルウ
「中でも・・・ マグナ? キミを観察してるのが一番、面白いかな」
マグナ
「え? 俺っ!?」
ルウ
「うん、だって ちっとも言動が一貫してなくてバラバラなんだもん
すっごく興味あるよ?」
マグナ
「あ、あはははは・・・」
そんなに、珍妙な行動してるのかなあ・・・ 俺って???

第20話 知の略奪者

ルウ
「なんだか、大変よね 派閥に属するのって
任務っていうの? それで、行動を制限されてるみたいだし
今日だってルウたちを連れていってくれたなら
キミたちだけに苦労させなかったのに?」
マグナ
「返す言葉もないよ ホント・・・」
ルウ
「でも、見ていてわかったことがあるの
蒼の派閥の召喚師も金の派閥の召喚師も
ルウたちみたいに世間から遠ざかってた召喚師より、ずっとたくましいよね
やってることには ちょっと首をかしげることも多いけど
そこは、素直に見習うべきかなって思うもの」
マグナ
「そっか・・・」
ルウ
「でも、どうしてふたつに別れてなきゃいけないのかしらね
意見の違いなのはわかるけど・・・
エルゴの王の時代みたいに、召喚師が力をあわせてたほうが
もっと、もっと住みやすい世の中になると思うんだけどな ルウは・・・」
マグナ
「うん、俺もそう思うよ」
こういう非常時だけでなく もっと派閥同士で協力できるといいんだけどなあ・・・

第21話 メルギトスの嘲笑

ルウ
「おばあさまから聞いたことがあるわ
ルウたちが召喚術で使役してる悪魔たちは本来の力を誓約で抑えられてるって
だけどあのメルギトスたちはそうじゃない・・・」
マグナ
「自分自身の意志でこの世界にやって来て封印されていただけの悪魔だもんな」
ルウ
「でも、おかしいよね?
それだけの力があるのなら、デグレアなんか利用しなくたって
自分の力だけでリィンバウムを支配できると思うのに」
マグナ
「それは、あいつが人間の心をもてあそぶのが好きだからってことじゃないのか?」
ルウ
「うん、それもわかるわ
だけど、ルウはね もしかしたら、そこにあいつの弱点があるんじゃないかと思うの」
マグナ
「弱点・・・
ルウ、そんなことまで考えていたんだ・・・」
ルウ
「当たり前でしょう? こわがってても、奴らは攻めてくるんだもの
だったら、勝つための方法を見つけなくちゃダメじゃない?」
そうだよな・・・ こわがっていたって仕方ないもんな!

第22話 真なる罪人

ルウ
「今の状況って、まるで伝説の再来みたいだね
調律者とライルの一族 天使アルミネ・・・
それに召喚師たちが力をあわせて、大悪魔メルギトスと戦う
ルウ、ちょっとドキドキしてるよ」
マグナ
「伝説のとおり、勝てるかどうかは、ちょっと自信ないけどね」
ルウ
「マグナ・・・?」
マグナ
「俺たちの使う召喚術は昔の召喚師たちよりも劣っているだろうし
勝負を決めた召喚兵器だって、今度はない あったとしても、使う気もないし・・・
あはは、伝説の再来というには、ちょっと分が悪そうだよ?」
ルウ
「でも・・・ 新しく、手に入れた力だってあるじゃない?」
マグナ
「え?」
ルウ
「信じるって心
それぞれの都合だけで戦ってた、昔の人たちとは違って・・・
今のキミたちはちゃんと、信頼しあうことができる
それが派閥の垣根を壊し、たくさんの味方を作ったんじゃない?」
マグナ
「ルウ・・・」
ルウ
「ルウは、信じるよ キミが絶対、勝つって
だって、伝説はただ繰り返されるだけじゃなくて、変えていくものだもの!」
マグナ
「変えていくもの・・・」
ルウ
「実際、キミたちを見ていてルウもずいぶんと変わったよ
一人よりも、大勢のほうが楽しいってこと教えてくれたのは
マグナ キミだもの?」
マグナ
「ルウ・・・」
ルウ
「本当、見ていて飽きないよ? キミは・・・
このまま、一生観察していてもいいかな?」
マグナ
「一生・・・?」
ルウ
「うん、ずーっとね♪
なにもかも終わったら ルウ、あの森を出るわ
もっともっと いろんなこと知って自分を変えたいもの」
マグナ
「うん、ルウだったらきっと今より素敵に変われると思うよ」
ルウ
「ありがと・・・
その時には、色々と面倒みてよね?」
マグナ
「ああ・・・」

エンディング

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によって、リィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・
~聖地の森~
ルウ
「・・・マグナ?
まったく・・・ ぼーっとしてたら頭の中があったまってとけちゃうわよ」
マグナ
「ごめん、ごめん」
ルウ
「どうかしらねぇ? 一緒に暮らすようになってから、ずーっとそればっかりだし
たまには意表をついた行動して、観察してるルウを驚かせてほしいんだけど?」
マグナ
「あ・・・ あのなぁ・・・!?」
ルウ
「うん、そうそう! そういう顔とかキミらしくっていいよ」
マグナ
「うう・・・っ」
ルウ
「ねえ、散歩しない? 外の空気を吸ったらすこしは気分が・・・」
マグナ
「うん、そうだな・・・」
ルウ
「早いものよね・・・ あれからもう季節がふたつも巡っていったなんて・・・」
マグナ
「あの戦いで荒れ果てた街とかも今ではすっかり元に戻ったんだろう?」
ルウ
「うん、そうね 前と同じままじゃないけれど・・・ 街の人たちは、みんな普通に暮らしてるよ」
マグナ
「そっか・・・」
ルウ
「ゼラムまで買い出しに行った時にね ギブソンさんたちと会ったんだけど
キミのことすごく心配してたよ たまには顔を見せてあげなくちゃ」
マグナ
「うん、わかってるんだ 本当はこんなこといつまでもしてちゃいけないって・・・
アメルみたいに俺も、前向きになって生きないとさ
ネスにさ・・・ 叱られるもんな」
ルウ
「うん・・・ そうそう! ゼラムで思い出したわ
パッフェルさん ついに、自分のお店を出しちゃったのよ」
マグナ
「ほんとに!?」
ルウ
「地道に稼いだ貯金とバイトの経験がものをいったみたいね
ケーキの味のほうも最高だったし・・・」
マグナ
「ルウ・・・ よ・だ・れ」
ルウ
「あ・・・っ? あははは・・・っ あはははははっ!」
聞こえるかい、ネス
君のおかげで、俺たちはこうして生きているよ・・・
ネスが言っていたとおり 人間は、やっぱり嘘つきで自分勝手だけど・・・
でも、昨日とは違う よりよい明日をめざして生きているんだ
だから、俺は信じるよ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来が この世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっと この場所から、俺たちを見守っていてくれるかい?
なあ ネス・・・
ルウ
「今度は、一緒に食べに行こうね」
マグナ
「ああ・・・」
ルウ
「そろそろ戻ろうか? なんだか風、強くなってきたし」
マグナ
「なあ、ルウ・・・」
ルウ
「なぁに?」
マグナ
「俺と暮らすことにして後悔してないか?
街に出るのをやめてこの木の護人になった俺につきあって・・・
君は、本当にそれでいいのか?」
ルウ
「・・・バカね そんなこと当たり前じゃない」
ルウは、キミの側にいたいから、ここにいるんだよ
ルウ “お菓子たべたい”

コメント

タイトルとURLをコピーしました