第16話 相談イベント(トリスVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様/いがぼー様

フォルテ

フォルテ
「そいつは、お前が決めることだよ
トリス
人の考えや言葉をわざわざ借りなくてもお前の中には、お前だけの言葉が眠ってるはずだぜ?
かけ値なしの、本当の気持ちがな…」
トリス
「それはわかってるわよ
でも…」
フォルテ
「なぁに、大丈夫さ?
自分の足で歩き出してこうして、ここまでやって来た時点で
トリス
お前はとっくに自分で答えを見つけているんだぜ?」
トリス
「…!!」
フォルテ
「だから、お前はもう何があっても大丈夫だ
オレが保証してやる
さあ!
行って、そいつをぶつけてきな!!」
トリス
「…うんっ!」

ケイナ

ケイナ
「トリス
前に貴女は、私に言ってくれたよね?
失われた記憶が戻ったとしても、私は私でなにひとつ変わらない
心配することなんかないんだって…」
トリス
「…!」
ケイナ
「貴女はなにも変わってなんかいないわ
アメルも、ネスティもおんなじ…私たちにとっては大切な仲間だもの
だから、心配なんかしなくてもいいのよ」
トリス
「ケイナ…」
ケイナ
「二人とも、すごく貴女のことを気にしてつらそうだった
早く行って、安心させてあげなさい?
いいわね?」
トリス
「…ええ」

ロッカ

ロッカ
「僕たちには貴女の一族のことを責める理由なんてありませんよ」
トリス
「だけど、デグレアが村を襲った原因は召喚兵器を手に入れるためで…」
ロッカ
「そう、襲ったのはデグレアです
貴女はそれと戦ってアメルを今日まで守り抜いてくれた
感謝していますよ
今でも…」
トリス
「ロッカ…」
ロッカ
「トリスさん
貴女の先祖は、大きな過ちを犯したのかもしれません
だけどそんな理由で貴女が僕たちにしてくれたことは、無意味にはなりません!」
トリス
「…!」
ロッカ
「おそれないで…あの子に会ってあげてください
きっと、貴女のことを待っています…アメルは…」

リューグ

リューグ
「あいつな・・・泣いてやがった・・・
涙をこぼしたり、声をあげて泣いてるんじゃねえんだ
俺たちを心配させないように、心の中だけで泣いているのさ」
トリス
「・・・・・・」
リューグ
「悔しいけどな・・・お前じゃなけりゃあの涙は止められねえ
あいつは、自分のためじゃなくて、お前のために泣いているんだ」
トリス
「あたしのため・・・?」
リューグ
「お前だって、わかっているだろうが!?
あいつが・・・っ アメルが、そういう女だってのはよ・・・」
トリス
「・・・・・・」
リューグ
「止めてやってくれよ あいつの、涙を・・・
頼むから・・・
俺じゃあ・・・ダメなんだよ・・・」
トリス
「リューグ・・・」

ミニス

ミニス
「私は、召喚兵器なんてキライだわ…
あんな可哀想なことをした、調律者たちは、もっともっと大キライ…っ!」
トリス
「……」
ミニス
「でも…アナタのせいじゃないものね」
トリス
「え…?」
ミニス
「私だって、マーン家を名乗ってる貴族の一員なのよ?
一族の背負った罪を個人に重ねたって意味がないことぐらいわかってるわ
それにね…私は知ってるの
トリス
貴女は、私とおんなじ
召喚獣と友達になれる人なんだって!」
トリス
「ミニス…」
ミニス
「だから、ご先祖様と同じ間違いなんてするはずがないもの
みんなだって、それはわかってると思うよ?」

モーリン

モーリン
「まったく・・・さんざん人に心配かけといて・・・」
トリス
「ゴメン・・・」
モーリン
「あんたが過去の事をどう思ってんのかは
あたいにゃわかんないけどさ・・・
あたいにしてみりゃ過去は過去!それだけのことさ
先祖が悪人だろうが今のあんたが胸張って生きていりゃあいいんだよ」
トリス
「モーリン・・・」
モーリン
「安心しなよ
もしもあんたが人の道を踏外すようなことになったら・・・
グーで殴って あたいが引きずり戻してやるからさ?」
トリス
「う・・・そ、それは勘弁してほしいなぁ」
モーリン
「あははははっ
その様子なら、まず大丈夫みたいだね」

レナード

レナード
「俺様の世界の法律じゃ親が罪人だからってその子供にまで、罪をかぶせたりはしねえ
もっとも、世間の風当たりに関しちゃ大差はねぇけどな
お前さんが思い悩むのも、無理ねえと思うさ」
トリス
「……」
レナード
「でもな、本当にコワイのは、そういう謙虚な気持ちなんだぜ?」
トリス
「え?」
レナード
「人間は弱い生き物だ
四六時中、罪の意識にさいなまれてたらすぐぶっ壊れちまう
悩んだ挙げ句におかしな道に進んで取り返しのつかなくなっちまった連中を俺様は何人も見ている
お前さんも、そうはなりたくねえだろ?」
トリス
「それは、そうだけど
でも…」
レナード
「「テイク・イット・イージー」」
トリス
「…?」
レナード
「気楽にいこうぜ、っていう意味の言葉さ
俺様の世界のな…
キツイ時には、呪文だと思って、唱えてみるといい
それが、俺様からのアドバイスだ」
トリス
「テイク・イット・イージー…
(気楽にいこうぜ、か)」

カザミネ

カザミネ
「お主たちと似た境遇に苦しんでいた者たちを拙者は知っておる」
トリス
「え…?」
カザミネ
「その者たちは、肉親の野望の道具としてこの世に生を授かり
歪められた運命の中で居場所を求め、必死にもがいておった…」
トリス
「その人たちは…どうなったんですか?」
カザミネ
「一方は救われ
そしてもう一方は闇へと呑みこまれてしまった…」
トリス
「……」
カザミネ
「両者の運命を分かつきっかけとなったのは人のきずなだ…
差し伸べられた手にもっと早く気づくことができておればあの男も、あるいは救われたのかもしれぬ
トリス殿
どんな苦境に立たされたとしても、心だけは閉ざしてはならぬ
お主を助けたいと願う者たちは、こんなにもたくさんいるのだから」
トリス
「カザミネさん…」

シャムロック

シャムロック
「迷うことはないんだ
君がどんな人間なのか
今まで共に過ごした私たちには、ちゃんとわかっている
真実を知ったところで君という人間の価値は変わっちゃいないんだ」
トリス
「(シャムロック…)」
シャムロック
「私とて騎士である以上この手を、多くの血で汚している
きれい事だけじゃ済まない世界だって見てきたよ…
だけど、後悔だけはしていないつもりだ
幾つもの罪を重ねてもなお、そこから逃げず前へと進んでいく
それが生きることだと私は信じているから」
トリス
「(逃げずに、前へ…)」

パッフェル

パッフェル
「はあ、どうすればいいかって尋ねられましてもねえ…
結局のところはトリスさんがどうしたいかが全てじゃないんですか?」
トリス
「あたしが…?」
パッフェル
「過ぎてしまったことをやり直すなんてことはどう逆立ちしたって無理ですもの…
私も、しょっちゅうお仕事でポカしたりするんですけどー
次は絶対、同じ間違いをしないぞって、自分に言い聞かせることでがんばってるんです
なんか、次元の低いたとえ話ですけど
それで、いいんじゃないですかねー?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました