ゼルフィルドの遺産 ~The Generator~

スポンサーリンク
砕華友輝様
マグナ
「なんとか、倒すことができたな・・・」
ネスティ
「ああ、これでもう新たに鬼に変わる者はいなくなるだろう」
フォルテ
「それじゃ、とっととこの悪趣味な館から退散させてもらおうぜ」
ロッカ
「念には念を入れて 建物自体を焼き払ったほうがいいかもしれませんね」
リューグ
「メルギトスの野郎もこれで、帰るところをなくすってわけだ」
レオルド
「待ッテクダサイ」
レナード
「おいおい、まさか 火を放つのはよせって言うのか?」
レオルド
「ソウデハアリマセン タダ、ソノ前ニ調ベタイコトガアルノデス」
マグナ
「調べたいことって?」
レオルド
「ぜるふぃるどガ残シテクレタめもりーでぃすくニヨルト・・・
彼ガ発掘サレタ時同時ニ、ろれいらるノ技術デ造ラレタ剣ガ見ツカッタソウデス
ソノ剣ノ名ハ「じぇねれいたー」」
マグナ
「ジェネレイター・・・」
パッフェル
「なんか、名前からしてすごく高く売れそうな剣ですねー♪」
ルヴァイド
「その剣なら、俺も見たことがあるぞ」
レナード
「おいおい、マジかよ?」
ルヴァイド
「ただし、使うことはできなかった・・・
刃というものがあの剣にはついてなかったのだ」
レオルド
「ソレハ当然デス
「じぇねれいたー」ハえねるぎーヲ刃トスルイワバ、光ノ剣
ぷろてくとヲ解除セズニ、使ウコトハ不可能ナノデス
でぃすくニヨレバ「じぇねれいたー」ハれいむガ、ドコカヘ持チ去ッタトノコト
モシカスルト・・・」
シャムロック
「この屋敷のどこかに隠されている可能性がある というわけか!?」
レオルド
「「じぇねれいたー」デ切断デキナイモノハマズ存在シマセン
入手デキレバ心強イ武器トナルハズ」
フォルテ
「ゼルフィルドの遺産ってわけか・・・」
レオルド
「ぜるふぃるどハ「じぇねれいたー」ノ所有者ニ従ウ機械兵士ダッタノデス・・・
本当ナラ、貴方ニソノ剣ヲ託ソウトシテ
剣ノ所在ガ判明スルマデ、ぱすわーどヲ黙ッテイタノデス」
ルヴァイド
「そうか・・・
ゼルフィルドよ・・・」
ミニス
「ねえ、もしかしてこれがそうじゃない?」
マグナ
「これは・・・!?」
パッフェル
「な、なんなんですか?この、肉の塊みたいな周りのモノはっ!?」
ユエル
「気持ち悪いよぉ・・・」
シャムロック
「剣を守るためのワナでしょうか?」
ネスティ
「いや・・・それだけじゃない
こいつは、剣からなんらかのエネルギーを吸収しているようだ
それを利用してメルギトスは魔力に変えていたのだろうな」
レナード
「いずれにしてもこいつをどうにかしねえことには
あの剣をとることは無理ってもんだぜ?」
レオルド
「自分ガ、取リニイキマショウ」
マグナ
「レオルド?」
レオルド
「機械ノ自分ナラバ多少ノとらぶるニモ対応デキマス
オ任セクダサイ?」
マグナ
「うん・・・」
レオルド
「!!」
???
「・・・!?」
(マグナ)
「レオルドっ!?」
レオルド
「近ヅクナッ!?マグナ・・・
ドウヤラ・・・コノ生物ハ、アラユルモノカラ、えねるぎーヲ奪ウラシイ・・・
近ヅケバ・・・人間トテ、無事ニハスマナイノデス!?」
(マグナ)
「でもっ!?」
レオルド
「剣ヲ起動サセルタメノぷろてくとハ・・・解除しました・・・ッ
自分ハコノママ屋敷ヲ出て、自爆イタシマス・・・!」
ルヴァイド
「!?」
マグナ
「自爆だって!?」
レオルド
「コイツハ・・・ッ自分ノえねるぎーヲ吸イツクスマデ離レナイデショウ
コレガ、一番・・・ッ良イ方法ナノデス
あるじ殿・・・今マデ、アリガトウゴザイマシタ・・・」
マグナ
「やめろォォォォッ!!」
レオルド
「マグナッ!?
離レテクダサイッ!!コノママデハ・・・貴方マデ、コイツノ餌食ニ・・・ッ!?
ソレデハ、自分ノ使命ガ・・・ッ!?貴方ヲ、守ルトイウ最優先命令ガ・・・」
マグナ
「使命なんて、そんなの関係ないッ!!
レオルド!俺は認めないぞっ!?
お前を犠牲にしてっ!友達を犠牲にして!?こんな剣を手に入れたところで・・・
ちっとも、うれしくなんかないっ!!」
レオルド
「マグナ・・・」
マグナ
「友達っていうのはなそれだけの価値があるものなんだぞ・・・っ レオルド?」
ルヴァイド
「させるものかッ!?」
イオス
「ルヴァイドさまっ?」
ルヴァイド
「この剣ならば、斬れぬものはないのだろう!レオルド!?」
ネスティ
「そうか!?」
ルヴァイド
「ゼルフィルドと同じ真似を、貴様にさせてたまるものかァッ!!」
(ドガーーーーン)
マグナ
「レオルド・・・
よかった・・・っ」
レオルド
「マグナ・・・」
マグナ
「機械だからって!無茶ばかり・・・っ
レオルド 自爆なんて、二度と使うんじゃないぞ!?
お前はそれで満足かもしれないけど・・・
残された俺たちはずっと、悲しんでいくことになるんだ!?だから・・・っ」
レオルド
「ワカリマシタ・・・マグナ・・・
ゴメンナサイ・・・」
ルヴァイド
「ゼルフィルドがお前に託したのはその剣だけではない
その剣を託すことでお前には、自分と同じ道を進まぬようにと戒めたのだ・・・
俺は・・・そう信じている・・・」
レオルド
「・・・ハイ」
(ジェネレイターを手に入れた)

コメント

タイトルとURLをコピーしました