番外編(ルヴァイド戦・トリス&アヤ&カシスVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様
≪レイドの部屋≫
トリス
「あれ、レイドさん
どうしたの?
むつかしい顔して
やっぱり、許可が出なかったんですか?」
レイド
「いや、許可を求めるどころの問題じゃなくなってしまった
デグレアのものらしき軍勢が、猛烈な速度でこちらに向かってきているらしい…」
トリス
「なんですって!?」
レイド
「偵察兵の報告によると指揮官らしき人物は黒いカブトの騎士だというんだが…心当たりはあるか?」
トリス
「ルヴァイドだわ!」
アヤ
「黒騎士…ルヴァイド…」
トリス
「あいつら、アメルを追ってこんなところまで来たんだ…
そこまでして…召喚兵器なんかが欲しいってワケ!?」
アヤ
「トリスさん‥」
レイド
「私はすぐに戻ってキムランたちと迎撃に出なくてはならない」
トリス
「あたしたちも行くわ!
行って、戦う!!」
レイド
「しかし…」
アヤ
「お願いできますか?
トリスさん」
レイド
「アヤ…」
アヤ
「私たちも戦います
この街の住人として
あの事件から一年
街のみんながお互いに助けあって…やっとここまでサイジェントは復興したんですもの
この街はみんなの街
だから、守るのだってみんなで力をあわせるのが当然です!
違いますか?
レイドさん」
レイド
「わかったよ…
アヤそしてトリス
君たちの力を、我々に貸してくれ」
アヤ
「ありがとうございます
レイドさん」
トリス
「ゴメンねアヤ
あたしたちのせいで」
アヤ
「気にしないでトリスさん
それよりも、今は私たちみんなで力をあわせて、デグレアを追い払いましょう!」
トリス
「ええ!」
≪街道≫
イムラン
「きぃーっ!
憎いっ、憎いっ!
あぁ、憎らしいっ!!
よりにもよって騎士団不在のこの時に敵が攻めてくるとは私の政治家生命を台無しにする気か!?
ぐぎぎぎ…っ」
キムラン
「なあ、兄貴
あんまカッカすんなよ
ほれ、副団長殿が助っ人を連れてきてくれたぜ?」
アヤ
「イムラン政務官
ご苦労さまです」
イムラン
「げ…アヤ!?」
エドス
「おいおい、いい加減ワシらを見て引きつるのはよしてくれ」
アカネ
「そうそう、失礼だよ?
オ・ジ・サ・ン」
シオン
「失礼なのは、貴女も同じですよ
アカネさん?」
アカネ
「あ、はいっ!?
気をつけますですっ!
お師匠…」
レイド
「場合が場合でしたので私の権限で支援を要請させてもらいました」
イムラン
「まあ、よかろう…この際、平民の手でも借りたいところだ
しかし、レイドよ
また見覚えのない顔が増えているようだがこいつらは、本当に役に立つのか?」
ミニス
「失礼ですわよっ!
イムラン叔父様っ!?」
イムラン
「ミ…ミニスっ!?
なんでっ、お前がっ
こんな所にっ???」
キムラン
「おいおい、兄貴
ちゃんと言っただろ?
こいつらが、ミニスと一緒に旅をしてる蒼の派閥の連中だよ」
イムラン
「あ、あの連中か!?」
ミニス
「一緒にいた、私が保証してさしあげますわ
この方たちは、すごく強いんですからっ!」
イムラン
「そうなのか…?」
トリス
「まあ、それなりには一応…」
カシス
「いいじゃない?
どうせ、いつもみたくあたしたちは別行動なんだからさ
キミたちには、迷惑かけないようにうまくやるから…ね?」
シャムロック
「それよりも、現在の状況を教えてください」
レイド
「時間は、あまり無いのでしょう?」
イムラン
「う、うむ…」
ガゼル
「げっ!?
なんだよ
あの黒いのが全部兵隊だってのかよ!?」
パッフェル
「ひゃあ…ずいぶん奮発したもんですねー
黒騎士さんも」
ルウ
「ローウェン砦の時より多いかも…」
ジンガ
「へへっ、望むところさ
俺っちとしちゃ…」
モーリン
「いいこと言うねえ?
…あたいもさっ!」
エルジン
「どう、エスガルド?」
エスガルド
「索敵完了…指揮官ラシキ人物ハ陣ノホボ中央ニ
側近ラシキ機械兵士ガツイテイルヨウダ」
ネスティ
「ゼルフィルドか…なら、間違いないな」
フォルテ
「けどよ、黒騎士の旦那をとっ捕まえて、降伏させるのはいいが
どーやって、そこまで行くってんだ?」
ケイナ
「そうよね…」
カイナ
「心配ありませんよ
ねえさま
見ていてくださいな」
モナティ
「マスターたちにお任せですのっ!」
アヤ
「いきますよ…カシス」
カシス
「おまかせっ!」
アヤ
「至源の時より生じて悠久へと響き渡るこの声を聞け!」
カシス
「護界の意味を知りその命を果たす者へと大いなる力を!
セルボルトの名の下にカシスが命じる…」
-カシスが召喚-
アヤ
「誓約者たるアヤが汝の力を望む…」
-アヤが召喚-
アヤ
「力を貸してね…」
カシス
「おいでっ!」
-カシスの召喚術-
アヤ
「いでよっ!」
-アヤの召喚術-
アメル
「すごい…っ!」
ネスティ
「あれが…誓約者の力なのか!?」
トリス
「デグレアの軍隊が一瞬で、散り散りになっちゃった…」
ガゼル
「今だっ!
突っこむぞっ!!」
ジンガ
「よっしゃああぁっ!!」
カザミネ
「拙者たちも遅れてはならんぞ!
トリス殿」
トリス
「ええ…みんな、行くわよ!!」
ゼルフィルド
「貴様タチノ仕業カ
コレハ…」
トリス
「観念なさいルヴァイド?
サイジェントの街にはこれ以上、一歩だって近づけさせないから!」
ルヴァイド
「……」
リューグ
「びびって、声も出ねえのかよ…ルヴァイド!?」
ロッカ
「待て、リューグ!
様子がおかしいぞ!?」
ルヴァイド
「コロ…コロ…コロス、ロス…ッ
ヌガアァァァァッ!!」
カイナ
「これは…!?」
ルウ
「間違いないわ
この人、悪魔にとりつかれてる!?」
トリス
「なんですって!?」
ルヴァイド
「コロスウゥゥ…ッ
めるる、ぎとすサマノタメニ…ッ
あるみねハ…コロスウゥゥゥッ!!」
<バトル VS黒の旅団>
ルヴァイド
「ガアァァァァ…ッ」
リューグ
「なんだよ…?
こんなのって…ありかよ…
俺が倒したかったのはそんな無様なテメェじゃねぇぞっ!?
ちくしょおぉ…っ」
ロッカ
「リューグ…」
ネスティ
「君が幕を引いてやれリューグ…もう、彼を元に戻す方法はない」
イオス
「殺させるものかぁっ!」
アメル
「イオスさんっ!?」
イオス
「ルヴァイド様は貴様たちなんかに殺させやしないぞ!!
この人を殺す権利は僕だけにあるんだっ!
僕だけが…この人を殺してもいいんだ…っ!!」
ゼルフィルド
「いおす…」
モナティ
「マスターっ!
なんとかできないんですのぉ!?」
アヤ
「悪魔を払うことは可能かもしれません
ですが…この傷では、多分もう助かりません…」
アメル
「だいじょうぶです!」
トリス
「アメル…まさか…!?」
アメル
「ルヴァイドさんは必ず、あたしの力で助けてみせます
だから…アヤさん お願いします!」
イオス
「おまえ…」
ゼルフィルド
「……」
アヤ
「わかりました…やってみます!」
イオス
「すまない…
本当に…っ
すまない…!」
≪広間≫
イオス
「ルヴァイド様がおかしくなられたのは本国の使者と出会ってからだった
黒の旅団の別動隊
召喚師部隊を率いる人物と…」
カザミネ
「ガレアノやキュラーの元締めでござるか」
レナード
「あいつらのボスなら悪魔ぐらい人間にとりつかせたっておかしかねえぜ」
イオス
「僕は無力だった…
あの御方の変貌を止めることもできず
ただ、遠くから見ていることしかできなかった…」
ルウ
「しかたないわよ
悪魔に関して、君は素人だったんだし」
フォルテ
「なあ、ポンコツよ?
あんたは気づいてなかったのか?」
ゼルフィルド
「我ハ、将ノ命令ニ従ウノミダ
ソレガ、破滅ニ続クモノデアロウト」
ネスティ
「機械兵士らしい思考法だな」
エスガルド
「……」
エドス
「つまり、だ
そいつが今回の攻撃を仕組んだってワケか」
ガゼル
「しかしよぉ…なんで、味方同士でんなことするんだよ?」
ルヴァイド
「味方では…っ
ない…っ!」
イオス
「ルヴァイドさまっ!?」
ゼルフィルド
「気ガツカレタカ
我ガ将ヨ…」
リプレ
「ちょっと、まだ歩いたらダメだって!」
ルヴァイド
「ぐぅ…っ!」
アメル
「ルヴァイドさんっ!」
ルヴァイド
「アレは…っ
あの男は…違うんだ…っ
レイム・メルギトスは人間ではない…
奴は悪魔だ…っ
本物の…悪魔だったんだ!!」
トリス
「なんですって!?」
トリス
「信じられない…レイムさんが黒の旅団の一員だったなんて」
イオス
「僕たちも、あの男が君たちと面識をもっていたとは知らなかった」
アメル
「しかも、悪魔だなんて
そんな…」
ルヴァイド
「奴が話したのだ…得意げにな…自分の本当の名はかん計と虚言を司る大悪魔メルギトスだと
禁忌の森に封じられた機械遺跡の力で…本来の力を取り戻し
再び、リィンバウムを我が物にするのだと!」
アヤ
「…!!」
イオス
「そんな…!
では、ルヴァイド様
我が黒の旅団は…デグレアは!?」
ルヴァイド
「利用されたのだ…イオス…
あの悪魔の都合のいいようにな!?」
エドス
「あんたたちも、被害者だったんだな…」
トリス
「許せない…こんなのって、絶対許せないよっ!」
モナティ
「あの時と同じですのぉ
マスター…
バノッサさんたちとおんなじですのぉ!?」
アヤ
「……」
カシス
「アヤ」
アヤ
「わかっていますカシス
あんな悲しい出来事はもう繰り返してはいけないんです!」
トリス
「約束するわ…ルヴァイド
デグレアの暴走はあたしたちが絶対に止めるから
だから、安心して身体を治しなさい」
ルヴァイド
「……」
シャムロック
「デグレアが、悪魔に操られていたと証明できるのは貴方だけだ
全てが終わった時きっと、その事実が必要となる…」
シオン
「それが、貴方にできる唯一の罪滅ぼしではありませんか?」
ルヴァイド
「…すまん」
リプレ
「さあ、後はみんなに任せて、貴方はベッドで休まなくちゃ…」
アヤ
「リプレさん…」
リプレ
「わかってるよ?
留守のことなら心配しないで」
フィズ
「あたしたちだっていつまでも子供じゃないんですからね」
アルバ
「オイラたちに任せてくれよ!」
ラミ
「トリスおねえちゃんたちをたすけてあげて…
…ね?」
ガゼル
「おまえら…」
ガウム
「きゅーっ!」
モナティ
「ガウムも、任せて!って言ってますの」
リプレ
「そういうこと
だから…思いっきりやっちゃいなさいっ!」
≪玄関ホール≫
ギブソン
「来てくれたか…アヤ」
ミモザ
「本当だったら、歓迎パーティーのひとつもしたいとこだけど
街の様子は…見てくれたわよね?」
エドス
「かなりの騒ぎになっているようだな」
アカネ
「まさに、ハチの巣を突っついたって感じ?」
ギブソン
「ここに至って、ついに聖王から正式な開戦の布告が出されたんだ」
フォルテ
「遅いっつーの…あのクソおやじ…」
シャムロック
「フォルテさまっ!」
レイド
「戦況は良くないのか?」
ギブソン
「ああ、ファナンまでが陥落してしまった」
モーリン
「なんだって!?」
ミニス
「そ、それじゃ…お母さまはっ!?」
ミモザ
「心配ないわよ
ファナンの人たちは徹底抗戦より、確実に逃げる道を選んだの
聖王都の軍と合流して反撃に出るためにね」
ミニス
「よかったあ…」
キムラン
「安心しな、ミニス
あの人が本気になりゃ俺たちが束になっても勝てねぇんだからよ」
モーリン
「でも、気にくわないよ
あたいたちの街がデグレアに乗っ取られちまったなんて!」
イムラン
「そのとうりだッ!!
金の派閥の総本部に辺境の野蛮人ごときが薄汚れた足のままで踏みこむとは…
憎いッ!
憎いッ!!
あ~っ、憎らしいッ!」
ギブソン
「イムラン・マーン?
貴方まで、どうしてここに…!?」
イムラン
「どうもこうもあるか
これは外交問題だッ!
我が街がこうむった損害を、デグレアに弁償させるまで…断固抗議だッ!
抗議あるのみだッ!!」
アヤ
「と、いう理由なんです
はい…」
ルウ
「それより、ねえ
ルヴァイドが言ってたことなんだけど」
ミモザ
「レイム・メルギトスのことね…」
ギブソン
「君たちが機械遺跡から書き写してきた碑文にメルギトスという名はたしかにあった
彼の言葉は、信ずるに値すると私は思う」
ネスティ
「やはり…」
アメル
「だとすればあたしたちのやるべきことはひとつです」
トリス
「機械遺跡を破壊しメルギトスの野望を打ち砕く…
二度と、こんなことを起こさせないように!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました