授業会話(レックス&アリーゼVer.)

スポンサーリンク
不断様

第16話 彼が願ったこと

レックス
「今日の授業は・・・と、いいたいところなんだけどさ
実はもう、きみに教えることは、ないんだよ」
アリーゼ
「ええっ!?」
レックス
「知識も戦闘訓練も本当なら、入学して学ぶことまで、君は身につけてしまった
正直、俺も驚いている これなら、間違いなく試験は合格できるよ」
アリーゼ
「でも・・・っ!? 私はもっと、貴女から教わりたいんです!」
レックス
「ありがとう・・・
もちろん、これからも俺は君の先生として色々なことを教えていくつもりだよ
だけど、授業として行うのは、今日を最後にしたいって思う」
アリーゼ
「最後の授業・・・」
レックス
「ああそうさ
今の俺が、君に教えて上げられる最後の、そして最大のものだよ
戦闘の準備をしてついてくるんだ」
レックス
「今の君の力を全て出し切って、それを俺にぶつけるんだ」
アリーゼ
「な・・・っ!?」
レックス
「俺は防御に徹する この線から、一歩でも俺を下がらせたら君の勝ちだ
これが、俺からの卒業試験の課題だよ」
アリーゼ
「無理ですよ・・ そんな・・・
私が、先生にかなうはずなんて・・・」
レックス
「勝てない相手とでも戦わなくちゃいけないことは、誰にだってあるんだぞ!」
アリーゼ
「!!」
レックス
「だいじょうぶだよ 今の君の力だったらできないことじゃない」
アリーゼ
「先生・・・
・・・っ!
やってみます!!」
レックス
「来いっ!!」
アリーゼ
「はぁ、はぁ・・・っ」
レックス
「どうした・・・ まさか、これでもうおしまいなのか?」
アリーゼ
「うわああぁぁぁっ!!」
レックス
「・・・・・・」
アリーゼ
「ぐあ・・・っ!?」
キユピー
「キュピィーッ!!
キュピィッ!?」
アリーゼ
「ダメ・・・ なにをやっても全然、先生には通じない・・・
私の力で勝てるはずがなかったんだ・・・っ やっぱり・・・っ」
信じなかったら・・・
どんな想いだって・・・ かないっこないから・・・
アリーゼ
「!?
そうですよね・・・
勝てるって信じなきゃ絶対、勝てっこなんてないんだから!!」
キユピー
「キュピピッ!」
アリーゼ
「今の私で勝てないのなら、より強い私になればいい・・・
それくらいで・・・できなきゃ・・・
私、あの人の生徒だって、胸を張って言えなくなる!!」
キユピー
「キュピピピッ ピピィーッ!!!!」
レックス
「!?
・・・・・・
光の翼と・・・浄化の風・・・
抜剣せずにはいられなかったくらいに、圧倒的な魔力の放射だった・・・」
アリーゼ
「ははは・・・っ」
キユピー
「キュピッ!?」
レックス
「おっと!」
アリーゼ
「せん、せ・・・」
レックス
「がんばったな・・・ アリーゼ・・・
文句なしで、試験は合格だからな・・・」
アリーゼ
「よ、よか・・・っ」
レックス
「でも、今の召喚術は君の身体には、まだ負担が大きすぎる
けして、むやみに使ったらいけないよ ・・・いいね?」
アリーゼ
「うん・・・」
「エンジェルミスト」を覚えた!(※1)
「ホーリィスペル」を覚えた!
レックス
「無理しないで、今はじっとしてるんだ
帰りは俺がおぶっていってやるから・・・」
アリーゼ
「うん・・・」
※1(10~12話の授業会話で取得していなかった場合)

コメント

タイトルとURLをコピーしました