【夜会話】フレイズ(アティVer.)

スポンサーリンク
スターライト様

第12話 黄昏、来たりて

フレイズ
「まるで、悪魔のような所行ですね
世代を経た今でも 彼らは、やはりなにも変わらない・・・」
アティ
「返す言葉もありません 本当に・・・」
フレイズ
「貴方が気にすることではありませんよ
しかし、気になるのは どうやって、彼らがこの島に来たのかということです」
アティ
「イスラが、手引きをしたからじゃないんですか?」
フレイズ
「ですが、それだけでは 結界が消滅したことの説明がつきません」
アティ
「たしかに・・・」
フレイズ
「封印の剣は、本来2本でひとつのものです
そのひとつ、碧の賢帝は貴方に継承されました ですが・・・
紅の暴君は・・・ 未だ、行方がしれない」
アティ
「・・・まさか!?」
フレイズ
「碧の賢帝の力でできることは 当然、紅の暴君にもできる
そう考えれば、つじつまが色々とあってくるのです」
アティ
「だけど、もう一本の剣は嵐のせいで、海に・・・
・・・!?
沈んだとは・・・ 限らないんじゃ・・・
私が、剣に喚ばれた時と同じように・・・
もし、誰かが・・・ 導かれていたなら・・・」
フレイズ
「どうやら、余計な心配事を与えてしまったようですね すみません・・・」
アティ
「あ、いえ・・・」
フレイズ
「やはり、私の心も平静ではないのかもしれません
無色の派閥が、またこの島にやってきたことが 正直、おそろしい・・・」
アティ
「フレイズさん・・・」
フレイズ
「私も全力を尽くしてファリエルさまをお守りしますが
もしもの時は どうか、よろしくお願いいたします」
フレイズさんがこんなこと言うなんて・・・

第13話 断罪の剣

フレイズ
「感じていた胸騒ぎが・・・ 当たってしまいました・・・」
アティ
「・・・・・・」
フレイズ
「たしかに、疑問を感じてはいたのです・・・
剣のみを手に入れても 使いこなせる者が存在せねばなんの意味もない
にも関わらず、敵は貴方を排除して、剣だけを獲得しようとしていたのですから」
アティ
「全ては、イスラが使い手として存在していたから・・・」
フレイズ
「立ち回り方次第では 和平の取引にももちこむことも可能だったでしょうが
これでは、もう本当に交渉のしようもない」
アティ
「ですね・・・」
フレイズ
「それにしても不可解なのはイスラの挙動ですよ
剣を手にしながら、どうして彼は今まで、それを用いてこなかったのでしょう?」
アティ
「それは、派閥の仲間の到着を待って・・・」
フレイズ
「遺跡の確保が目的なら、わざわざ戦わずとも、いくらでも機会はあったはずです
まして、彼は最初からあの剣を手にして、この島に乗り込んでいるのですよ
策士を気取っている人間のやり方としては どうにもズサンすぎる」
アティ
「言われてみればたしかに・・・」
フレイズ
「用心してください アティ
彼の目的は、もっと別のところにあるのかもしれない」
だとしたら、いったいイスラの目的ってなんなんだろう?

第15話 ひとつの答え

フレイズ
「まずは、今日の勝利 おめでとうございます
無色の者たちも、これでおいそれと、貴方を敵には回せないでしょう」
アティ
「ありがとう、フレイズさん
でも、勝てたのは私一人の力じゃないよ
みんなが力を貸してくれたから、支えてくれたから勝つことができたんです」
フレイズ
「確かにそのとおりです ですが・・・
みんながそうしたいと願ったのは、貴方という人間を信じたからこそ
ですから、やはり この勝利は、貴方が自分でつかんだものなんですよ」
アティ
「あ、あははは・・・ やめようよ? なんだか、こそばゆくなるし・・・」
フレイズ
「ははは・・
あとは、イスラの手から紅の暴君キルスレスを取り戻すだけですね?」
アティ
「そうですね・・・」
フレイズ
「封印の剣は、使い手の心を具現する刃・・・
継承した者を倒さない限り完全に活動を止めることはできない」
アティ
「正直に言えば、荷が重いです
イスラを説得することができたら、一番いい解決方法になるんだろうけど」
フレイズ
「できますよ、きっと」
アティ
「え・・・」
フレイズ
「気休めではありません 天使である私にはわかるのです
貴方の剣、ウィスタリアスには、それを為すだけの力が秘められていることがね」
アティ
「フレイズさん・・・」
フレイズ
「砕かれたはずの心を より強いものに変えて貴方は立ち上がってきた
貴方が証明したんです 再生の力が、破壊の力を上回るということを」
アティ
「!」
フレイズ
「この戦い、間違いなく貴方も、イスラも、大きな傷を負うでしょう
ですが、貴方なら きっとそこから、新たにはばたくことができる
より強く、より大きく 仲間たち全てを包みこむ強い輝きを放ちながら!
だから、私はおそれません 最悪の結果が待っていても
貴方なら、きっと くつがえしてみせると信じていますから」
アティ
「そっか・・・
ありがとう、フレイズさん」
フレイズ
「最後までお手伝いしますよ 貴方の願いが、現実に負けてしまわないように
それで、戦いが終わった後はどうなされるおつもりです?」
アティ
「一度は、帝国に戻らなくちゃいけないって思ってる・・・
ベルフラウのこと 逃げ出したままになってる村のみんなのこと
それを終わらせてから 改めて、この島の一員になりたいと思うんです」
フレイズ
「なるほど・・・
それでは、私はこの島で 貴方の帰りを待っていればよいということですね」
アティ
「え?」
フレイズ
「私は今まで、ずっとファリエルさまの輝きだけを見つめ続けてきました
護衛獣として そして、堕ちたとはいえど一人の天使として
あの方を守ることだけを考えて、行動してきました」
アティ
「うん・・・」
フレイズ
「私は、ずっと人間のいう恋というものに、憧れてきました・・・
愛する者を守るために だまされていると承知でその身を捧げてしまった
豊穣の天使アルミネ
最初の堕天使と呼ばれる彼女に、憧れていたのです
それほどの熱い想いに身を焦がすことができれば どれほど素敵だろうかと」
アティ
「だから、フレイズさんはファリエルを・・・」
フレイズ
「そのつもりでした
けれど、どうやらそうではなかったのです」
アティ
「え・・・」
フレイズ
「ファリエルさまに向ける私の想いに、今も偽りはありません
ですが、それは一方的に与えたいという気持ち
求める気持ちがない それは、恋とはまた違うものだと思うのです」
アティ
「あ・・・」
フレイズ
「それに気づいたのは アティ 貴方と出会ったからです
貴方の輝きに、私は魅かれています
それが、本当に恋と呼べるものなのかは、はっきりとわかりませんが・・・
あの人と同じくらい貴方のことも、私は守りたいと思うんです」
アティ
「フレイズさん・・・」
フレイズ
「貴方を待つ間、もう一度ゆっくりと考えてみます ですから・・・
帰ってきた時に、貴方の答えを聞かせてくれませんか?」
アティ
「はい・・・」

エンディング

フレイズ
「そうですか、無事に試験は終わりましたか・・・」
アティ
「はい、おかげさまで ベルフラウは無事に合格できました」
フレイズ
「おめでとうございます」
アティ
「ありがとう・・・って がんばったのは、私じゃなくてあの子なんですけどね」
フレイズ
「はははは・・・」
アティ
「保護者として、入学式にも参列してきましたけど
あの子、新入生の総代として挨拶することを、私に内緒にしてて、驚いちゃって」
フレイズ
「それは、それは・・・」
アティ
「立派に挨拶を読みあげるあの子の姿を見ていたら
なんだか、昔の自分の姿を思い出して、ちょっとだけ泣けちゃいました・・・」
フレイズ
「ぜひ、見てみたかったですね その晴れ姿を・・・」
アティ
「長期休暇になったら こっちに遊びに来るからよろしくですって」
フレイズ
「ファリエルさまも きっと、喜ぶでしょう
無論、私も楽しみですよ
あの年頃の子供は 短い間でも、驚くほど成長すると聞きますから
より強くて、まぶしい魂の輝きを見せてくれることでしょう」
アティ
「そうですね・・・」
フレイズ
「限りある時間を生きてこそ 魂の輝きは、はかなくて美しい
私たちも、それを忘れずに 常に、まぶしい光を放ち続けていたいものですね?」
アティ
「ええ・・・」
フレイズ
「思えば、貴方たちと出会ったことによって、我々の生き方もずいぶんと変わりました
過去に縛られ、止まったままの時間を、貴方は再び動かしてくれた・・・
本当に、感謝していますよ」
アティ
「そんな、私はただ自分がやりたかったことを勝手にやっただけだよ」
フレイズ
「そう・・・ ただ、夢想するだけではなく本当にやりとげたんです
見守ることしかできなかった私とは、そこが大きな違いです」
アティ
「フレイズ・・・」
フレイズ
「情けないですね・・・ 結局、最後の最後まで貴方に頼りっぱなしだった」
アティ
「そんなことないよ!
貴方が後ろで守っていてくれたから、安心して私は走っていけたんです
貴方の言葉が背中を押してくれたから、ここまでこれたんだよ」
フレイズ
「アティ・・・」
アティ
「私の力だけじゃ、絶対にこんな未来は描けなかった
そうでしょう?」
フレイズ
「そう、ですね・・・
お互いさまだった・・・ということにしましょうか?」
アティ
「ええ・・・」
フレイズ
「ところで、話はがらりと変わりますが・・・」
アティ
「はい?」
フレイズ
「私と正式に、おつきあいしていただけませんか?」
アティ
「・・・ええ~っ!?」
フレイズ
「そんなに驚かなくてもいいでしょう・・・
話しておいたはずですよ? 私は、貴方に恋をしているかもしれないと・・・」
アティ
「それはそうですけど・・・ でも・・・ってことは・・・
つまり、フレイズさんは私のことが・・・」
フレイズ
「いえ、残念ながらはっきりとした答えは出せませんでした」
アティ
「・・・はい???」
フレイズ
「ですから、おつきあいをして確かめたいと思うんです この気持ちが本物なのかを
人間の男女は、そうやって恋に落ちていくのでしょう?」
アティ
「は、はあ・・・ まあ・・・」
フレイズ
「でしたら・・・ まずは、お友達からはじめてはいただけませんか?」
アティ
「はい・・・ そういうことなら・・・」
フレイズ
「ありがとうございます」
ゆっくりと楽しみましょう 二人の魂が、伴侶として結ばれる日まで・・・
「貴方に幸あれ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました