【夜会話】ヤード(アティVer.)

スポンサーリンク
スターライト様

第2話 陽気な漂流者

ヤード
「すいません・・・
いろいろと聞きたいこともあるでしょうに」
アティ
「いいんですよ
明日になったら、きちんと説明をしてくれるんでしょう?
それくらい、私待ちますから」
ヤード
「助かります・・・」
アティ
「でも、驚きました
ヤードさんも、この船のお客さんだったんですね」
ヤード
「スカーレル・・・ 彼と私は、昔なじみの関係なんです
そのつてを頼って転がりこんできたんですよ」
アティ
「なるほど・・・」
ヤード
「アティさん ひとつだけ、先にお話ししておきます
カイルさんたちがあの船を襲ったのは私のせいなんです」
アティ
「え!?」
ヤード
「あの人たちは、ただ困っている私を助けようとしてくれただけなんです!
それだけは、どうか信じてください お願いします・・・」
アティ
「あ、はい・・・」
なにか事情があるとは思ってましたけど やっぱり、偶然じゃなかったんですね

第3話 はぐれ者たちの島

ヤード
「正直、こたえましたね 護人達の話は・・・」
アティ
「ええ・・・ 召喚術を使う者として考えされられました」
ヤード
「派閥にいた時には召喚獣の意志なんて考えもしませんでした
使い捨ての道具だと思っていました
けれど、貴方は違った 彼らの気持ちになって考えようとした
立派なことだと思います」
アティ
「そんな! 私はただ夢中で飛び出してっちゃっただけですよ?」
ヤード
「それでも、なかなかできないことです」
アティ
「は、はあ・・・」
ヤード
「私は、この島で見た現実を忘れませんよ
召喚術を使う者として絶対に・・・」

第4話 海から来た暴れん坊

アティ
「ヤードさんも、剣を使ったことがあったんですね?」
ヤード
「敵をふりきるために剣の魔力を借りて、一度だけ召喚術を使いました
それが、あの人たちをこの島に招き入れていたとは・・・」
アティ
「でも、剣を使ってあの嵐が起きたのなら、どうして今はなんともないのかな?」
ヤード
「おそらく、貴方が正式に「継承」をした使い手だからでしょう
召喚術における暴発と同じなのでしようね あの現象は・・・」
アティ
「間違った使い方をしたから、ああなった?」
ヤード
「そういうことです ただ、この島に運ばれてくる理由はわかりませんけどね」
アティ
「だとしたら、あの時私たちが出会った嵐は、なんだったんでしょうか?」
ヤード
「あ!?」
アティ
「私が剣を継承する前にもう、海は荒れていた これって・・・」
ヤード
「ええ、そうですね 考えられる可能性はひとつだけです・・・」
誰かが、私の前に剣を使っていたってことかも・・・

第5話 自分の居場所

ヤード
「これで、本格的に帝国軍と戦うことになりましたね
貴方にしてみれば 巻き込まれたようなものですけど・・・」
アティ
「それは違いますよ 私は、自分の意志でこの道を選びました
間違ったことはしてないって思ってますから
それに、まだ必ず戦うって決まったわけじゃないです
なんとか話をして 戦わずにすませられるようにしてみせます」
ヤード
「アティさん・・・ 貴方は、本当に強いのですね・・・」
アティ
「正直、こわい気持ちはありますけどね」
ヤード
「・・・いいんですか? あの子をそんな戦いに参加させるなんて」
アティ
「ええ、あの子がそれを望んだんだし、その気持ちは大切にしたいですから」
ヤード
「そうですか・・・」
これからはあの子にも仲間の一人としてがんばってもらおう

第6話 招かざる来訪者

アティ
「ヤードさんは、あんまりお酒を飲んでなかったみたいですね?
苦手なんですか?」
ヤード
「もともと、お酒が得意ではないというのもあるんですが
ああいう席は、どうも慣れていなくて・・・お気を悪くしていたらすみませんでした」
アティ
「いえ、そういうわけじゃないですから」
ヤード
「派閥では、隣り合うもの同士が常に足元をすくいあっていましたからね・・・
ああして、にぎやかに騒いだ経験が、私には少ないんですよ」
アティ
「・・・・・・」
ヤード
「ですが・・・ そういう意味では今夜の宴はとても楽しかったですよ
ゲンジさんが、私に合わせて色々とお話してくださいましたしね」
アティ
「へえ、ゲンジさんが・・・」
これから、少しずつそうした機会が増えていってくれるといいな 本当に・・・

第7話 すれ違う想い

ヤード
「この島について知ることは 彼女にとって逆効果だったみたいですね」
アティ
「軽率だったですね 彼女が、まさかあんな風に考えるなんて・・・」
ヤード
「無理もありません たしかに、この島は強い力を求める者にとって、魅力的です
派閥にいた頃の自分だったら 間違いなく彼女と同じ結論を出していたでしょう
でも、今ははっきりとそれがよくないことであると、言い切れます」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「島の秘密を解明し、古き召喚術の知識を解明すれば、たしかに有益でしょう
ですが、それだけの力を持っていたからこそ、過去の召喚師たちは島で滅んだ・・・
強すぎる力によって身を滅ぼしたんです」
アティ
「そうですよね・・・」
ヤード
「この島は、今のまま 誰にも知られずにいるべきなのかもしれません
護人たちに守られる はぐれ召喚獣たちの楽園のままであるべきなんです・・・」
私もそう思います ヤードさん・・・

第8話 卑怯者

ヤード
「悔しいですが、イスラのやり方は見事としかいいようがありません
今までの自分たちに基づく先入観もあって、私たちは彼を疑いもしなかった・・・」
アティ
「見つけた状況から、客船の生き残りだって思いこんでましたけど
なんだか、まんまとそれを利用されたって気がしちゃいますね」
ヤード
「それなんですが・・・
彼が浜辺に漂着とた時期はどうして私たちよりも遅れていたんでしょう?」
アティ
「あ!?
結界のこと考えたら同期なのが、当たり前のはずですよね?」
ヤード
「まさか、それすらも意図した結果だとは思えませんが
気にかけておくべきなのかもしれません
二度と、今日のようなやり方に、引っかからないためにも・・・」
アティ
「そう、ですね・・・」
ヤードさんも、私も ちょっと、疑い深くなってるのかもしれないけどね

第9話 先生の休日

ヤード
「しかし、まさか彼らが召喚術を使ってくるとは思いもしませんでしたよ」
アティ
「正しい知識や素質も必要とはいえ・・・
誓約済みの石があれば、誰でも召喚獣を喚ぶことは可能ですもんね」
ヤード
「帝国では召喚術を学問のひとつとして考えていましたよね」
アティ
「基本理論とかは・・・ だけど、実地で学ぶことができるのは軍学校ぐらいですし
サモナイト石の流通は軍の管理下にあるから、普通の人にはあまり縁のない話ですよ」
ヤード
「蒼の派閥や金の派閥の役割を、軍が行っているというわけですか」
アティ
「比較はしにくいけど
情報を独占している派閥とは違い 我が国は公正に知識を伝える
建前じゃそんなこと言ってるけど、実際はあまり変わらないのかもしれませんね」
ヤード
「力があれば、それにおぼれてしまうのが人の常ですからね
だからこそ、私は貴方のことを素直に尊敬できるんです」
アティ
「えっ・・・、私はそんなたいしたこと考えてるわけじゃないですよ
力ずくで物事をとおすのは なんか後味悪いですから
ただ、それだけですよ」
ヤード
「それをわかっているだけでも立派なものですよ」
アティ
「だ、だからぁ!」
本当に、そんなおだてないでくださいよ もう・・・

第10話 もつれあう真実

ヤード
「剣が絶対封印されていた理由がようやく納得できました
使い手を取り込む手段としてあの剣は存在していたんですね
そうと知っていれば私は・・・」
アティ
「でも、派閥はそのことを知らずに、あの剣を利用しようとしたんでしょう?
だったら、持ち出したのは正解ですよ
なにも知らないまま研究が進んでいたら、きっと、もっと大変なことになってたもの
だから、これでよかったんですよ」
ヤード
「アティさん・・・ 貴方という人は・・・」
アティ
「前に言ってくれましたよね 私が「碧の賢帝」の使い手でよかったって・・・
だったら、私は最後までその期待に応えられるようにがんばっちゃいますから
だから、ね?」
ヤード
「はい・・・」
間違った使い方は絶対にしません 最後まで・・・

第11話 昔日の残照

ヤード
「このまま帝国軍と正面から戦うつもりですか?」
アティ
「わかりません・・・ だけど・・・
前みたいに、剣を差し出して解決するつもりはありません
島のことやみんなのことを今は知ったから、もうそんなことできませんよ」
ヤード
「そうですね・・・
貴方にしてみればつ辛い立場でしょうが正しい判断だと思います」
アティ
「でも、きっと私はあきらめが悪いから 最後まで、ジタバタしちゃうんでしょうね
他に方法がないか、って」
ヤード
「構いませんよ それで」
アティ
「え?」
ヤード
「納得できないことを無理に果たそうとして、物事がうまくいくはずはありません
あがいて、もがいて 貴方なりのやり方で進めばいいんです」
(好感度が高い場合の追加台詞)
ヤード
「それが、貴方という人間の魅力なんだと私は思っていますから」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「最初に口にした答えを忘れなければ、それで充分です
貴方が納得できる方法で 全ての決着をつけてください
そのためなら 私たちは、いくらでも貴方を手伝いますから」
ありがとう・・・ ヤードさん・・・

第12話 黄昏、来たりて

ヤード
「あれが・・・ 無色の派閥ですよ
目的達成のためなら手段を選ばない 歪んだ選民意識に凝り固まった集団
派閥を抜けた今の身であるからこそ 初めて、そう思えました」
アティ
「あれは・・・ ひどすぎました・・・」
ヤード
「あの人の一派は派閥筆頭の急進派なんです
旧態依然たる勢力の打破を画策していて、そのために実績を積み重ねている
今回の侵攻もその一環なのでしょうね」
アティ
「そんな理由で・・・」
ヤード
「見えていないんですよ 派閥の中にいる者には
外の世界の事物には 利害についての感心しか無いんです
そういう風に教育されていくんです」
アティ
「でも、ヤードさんはちゃんと気がついたじゃないですか?」
ヤード
「偶然ですよ・・・ 契機が無ければ今も、私はあの場所にいた」
アティ
「きっかけ、って?」
ヤード
「言えません・・・
その時が来れば言わずとも、知れてしまうことですから
それまでは・・・ どうか・・・」
あんなに辛そうな顔をするなんて・・・ いったい、どうして?

第13話 断罪の剣

ヤード
「崇拝する師が、仇だと知らずにいたなら、多分、私はあちら側に立っていたでしょう」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「スカーレルと再開を果たした時 私たちは復讐を誓いました
取り戻した剣をエサにして 無色の派閥を翻弄してやるつもりだったんです」
アティ
「それじゃ、剣を処分するって話は!?」
ヤード
「利用したんですよ カイルさんの一家を」
アティ
「そんな・・・」
ヤード
「今は、後悔しています 復讐に目がくらんで、自分がしてしまったことを・・・
そして、貴方にその剣を押しつけてしまったことも」
アティ
「・・・」
ヤード
「恨みを捨てて、全てを忘れるつもりでした・・・
なのに、あの男を目の前にした時、私たちはその衝動に耐えられなかった」
アティ
「だから、二人だけであんな無茶を・・・」
ヤード
「弁解する言葉もありません」
アティ
「カイルたちにはこのことは?」
ヤード
「全てを話して謝罪しました」
アティ
「それなら、私からはもう、なにも言うことはありませんね」
ヤード
「え?」
アティ
「いくら怒ったって 起きたことが変わるわけじゃないですし
後悔をしている相手にお説教しちゃうほど 私、意地悪じゃないですよ?」
ヤード
「アティ・・・
ありがとう・・・」
それにね・・・ 二人の気持ち、私も味わったことあるからわかるの・・・

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

ヤード
「まさか、あのような形で貴方が剣を復活させてしまうなんて・・・
果てしなき蒼・・・ウィスタリアス・・・
貴方にふさわしい名前だと 素直に、そう思いますよ」
アティ
「ありがとう
でも、私一人だけだったらきっと、こんな奇跡なんて起こせなかった・・・
アリーゼや、みんな それにウィゼルさんが力を貸してくれなかったら
きっと、私はまだあの暗い部屋の中でべそかいていたかも」
ヤード
「はははは・・・
ウィゼルさまは、昔からつかみ所のない、人物でしたからね・・・」
アティ
「知っていたんだ?」
ヤード
「ええ・・・私がオルドレイクの弟子になって、すぐに
あの人は、客分として無色の派閥へとやってきたのですよ
剣にまつわる調査では 色々と助言もいただきました」
アティ
「そうだったんだ・・・」
ヤード
「私見ですが、あの方は感情というものを、どこかで失ってしまっていたようでした
先天的なものか 後天的なものか それはわかりませんが
それゆえに、あの人は強い感情を秘めた者たちに武器を与えるのでしょう
欠けてしまったものを満たしていくために」
アティ
「それで、私に・・・」
ヤード
「思えば、ウィゼルさまはオルドレイクの直情的な面をいさめることが多かった
派閥の中にあって、あえて我が師の狂気の鞘になろうとしていたのかもしれません」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「過ぎてしまったことを悔いても仕方ありませんが
あるいは、私もそうやって戦うことができたのかもしれませんね
考えさせられましたよ」
アティ
「そっか・・・」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

ヤード
「まさか、あのような形で貴方が剣を復活せてしまうなんて・・・
果てしなき蒼・・・ ウィスタリアス・・・
貴方にふさわしい名前だと 素直に、そう思いますよ」
アティ
「ありがとう
でも、私一人だけだったらきっと、こんな奇跡なんて起こせなかった・・・
ナップや、みんな それに、ウィゼルさんが力を貸してくれなかったら
きっと、私はまだあのくらい部屋の中でべそかいていたかも」
ヤード
「はははは・・・
ウィゼルさまは、昔からつかみ所のない、人物でしたからね・・・」
アティ
「知っていたんだ?」
ヤード
「ええ・・・ 私がオルドレイクの弟子になって、すぐに
あの人は、客分として無色の派閥へとやってきたのですよ
剣にまつわる調査では 色々と助言もいただきました」
アティ
「そうだったんだ・・・」
ヤード
「私見ですが、あの方は感情というものを、どこかで失ってしまっていたようでした
先天的なものか 後天的なものか それはわかりませんが
それゆえに、あの人は強い感情を秘めた者たちに武器を与えるのでしょう
欠けてしまったものを満たしていくために」
アティ
「それで、私に・・・」
ヤード
「思えば、ウィゼルさまはオルドレイクの直情的な面をいさめることが多かった
派閥の中にあって、あえて我が師の狂気の鞘になろうとしていたのかもしれません」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「過ぎてしまったことを悔いても仕方ありませんが
あるいは、私もそうやって戦うことができたのかもしれませんね
考えさせられましたよ」
アティ
「そっか・・・
ねえ、ヤードさんはこの戦いが終わった後はどうするつもりなの?」
ヤード
「そうですね・・・
とりあえず、復讐のために行動するのはやめようとスカーレルとは話しました」
アティ
「え!?」
ヤード
「そんなに驚かないでください 止めたがっていたのは貴方じゃないですか?
それとも、やはり決めたことは最後までやりぬくべきですか?」
アティ
「そんなことありませんよ!?
そのほうが、ずっといいって私も思うし・・・」
ヤード
「無色を滅ぼしたところで 私たちの過去が、変わってくれるわけでもない
むしろその過程で、多くの憎しみや悲しみを作ってしまうくらいなら
あきらめるのも、またひとつの勇気だと思うのです」
アティ
「ええ、そうですね」
ヤード
「それにもうひとつ 私にも、かなえたい夢ができたんですよ」
アティ
「え?」
ヤード
「この戦いに決着がついたら 私は弟子を育てたいと思うんですよ」
アティ
「お弟子さんを・・・」
ヤード
「ナップと貴方のやりとりを、ずっと側で見ていて、思ったんですよ
歪んだきっかけで習いおぼえてきた、私の召喚術の知識も
正しい心の持ち主へとたくすことができれば、きっと役に立ててもらえるはず、と
それが、私の過去に対する 復讐以外の、けじめのつけ方になると思うんです」
アティ
「そっか・・・」
ヤード
「おかしいでしょうか?」
アティ
「そんなことない! ヤードさんなら、きっと立派な先生になれます」
ヤード
「ありがとうございます
そのためにも、まずはこの島の学校で、教師の勉強をしたいと思ってるんです
貴方のような、立派な先生になれるようにね?」
アティ
「やめてくださいぉ!? 買いかぶりですって ホントに・・・」
ヤード
「ははは・・・っ まあ、なにはともあれ
今後とも、ご指導よろしくお願いしますよ、先輩?」
アティ
「あーっ、もぉっ!」
ヤード
「あっははははは・・・
思えば・・・ この島に来てから、ずっと私は、貴方の背中ばかりを見つめていました・・・
無理難題を示されても あきらめることなく、常に前向きに走り続けてきた
そんな貴方の笑顔に、私はいつの間にか、ひかれていたのかもしれません」
アティ
「え・・・」
ヤード
「本当は、もっと気持ちを整理して、口にすることなのかもしれませんが・・・
決戦の前だからこそ 今ここで、伝えておきます
アティ
私は、多分・・・ 貴方のことが、好きです」
アティ
「ヤード、さん・・・」
ヤード
「おかしな言い方ですみません ですが、これが今の私の本当の気持ちなんです
派閥で育った私には、その こういうことは、本当に初めてでして・・・
本当にすみません!」
アティ
「そんな・・・ 謝る必要なんてないですよ
あまりに急だったから、私も驚いちゃってますけど・・・
多分、うれしいです・・・ 貴方のその気持ち・・・」
ヤード
「はは、はははははは・・・」
アティ
「あはは、はははは・・・
あわてて・・・ 答えを出さなくちゃダメ、ですか?」
ヤード
「構いませんよ 貴方が為すべきことの全てを終えた、その時に
改めて、答えを聞かせてくれると、約束してくれれば」
アティ
「約束します、絶対に!
絶対に・・・」

エンディング(好感度・通常)

ヤード
「それにしても、子供たちというのは、本当に元気なものですね・・・」
アティ
「振り回されることも多くて大変じゃないですか?」
ヤード
「ええ、まあ・・・ですが、それが楽しくもあるわけですからね」
アティ
「苦労したぶんだけ、生徒たちのがんばりを見ると、うれしくなっちゃうんですよね
そういう喜びがあるから 先生って、やめられなくなるんですよねえ・・・」
ヤード
「ゲンジ校長が言っていたとおりですよ、本当に」
アティ
「次の季節の巡りからは 他の子供たちも、学校に来るかもしれないよ」
ヤード
「本当ですか?」
アティ
「うん、ユクレス村や風雷の郷のお母さんたちが、ミスミさまにお願いしに来るんだって
そうなったら、ヤードさんにもひとつのクラスを受けもってもらわなくちゃね」
ヤード
「うれしいですが・・・不安でもありますね・・・
貴方のように、生徒たちとしっかりした信頼関係を築けるとよいのですが」
アティ
「だいじょうぶですよ!教え方なら、ヤードさんのほうが私より上手なんだし・・・
最初から、満点をとろうとしなくても、すこしずつ学んでいけばいいんだから
生徒たちと一緒に、ね」
ヤード
「そうですね・・・」
子供たちと、お互い頑張っていきましょうね よろしくお願いしますよ、先輩

エンディング(好感度・大)

ヤード
「それにしても、子供たちというのは、本当に元気なものですね・・・」
アティ
「振り回されることも多くて大変じゃないですか?」
ヤード
「ええ、まあ・・・ ですが、それが楽しくもあるわけですからね」
アティ
「苦労したぶんだけ、生徒たちのがんばりを見ると、うれしくなっちゃうんですよね
そういう喜びがあるから先生って、やめられなくなるんですよねえ・・・」
ヤード
「ゲンジ校長が言っていたとおりですよ、本当に」
アティ
「次の季節の巡りからは他の子供たちも、学校に来るかもしれませんよ」
ヤード
「本当ですか?」
アティ
「うん、ユクレス村や風雷の郷のお母さんたちが、ミスミさまにお願いしに来てるんだって
そうなったら、ヤードさんにもひとつクラスを受けもってもらわらくちゃね」
ヤード
「うれしいですが・・・ 不安でもありますね・・・
貴方のように、生徒たちとしっかとした信頼関係を築けるとよいのですが」
アティ
「だいじょうぶですよ!
教え方なら、ヤードさんのほうが私より上手なんだし・・・
最初から満点をとろうとしなくても、すこしずつ学んでいけばいいんだから
生徒たたちと一緒に、ね」
ヤード
「そうですね・・・」
アティ
「でも・・・
まさか、ヤードさんがこの島に残ってくれるとは思わなかったなあ」
ヤード
「そんなに意外でしたか?」
アティ
「ええと、ほら・・・ 前に言ってたでしょう?
自分の学んできた召喚術を弟子に伝えて、正しく使ってもらうんだって・・・」
ヤード
「無論、その思いは今でも変わってはいませんよ
ですが、そのためにはまず 私自身が、師としてのあり方を学ばなくてはいけませんから
こうして、ゲンジ校長や貴方に師事して、勉強させてもらうことにしたんです」
アティ
「そっか・・・」
ヤード
「それに・・・ ここには、貴方がいますしね」
アティ
「ヤードさん・・・」
ヤード
「生まれて初めて、心から好きになれる女性と、出会うことができたんです
そう簡単に、あきらめたりするつもりはないですよ」
アティ
「えっと、その・・・ 約束した、答え・・・」
ヤード
「無理に言葉にしなくたっていいんですよ・・・
今のままでも、私は充分に幸せなんですからね」
アティ
「私も・・・ 幸せですから・・・」
ヤード
「だったら、それでいいんじゃありませんか?」
貴方のその笑顔が、私の心の闇を消し去ってくれたんです 本当に、ありがとう
「新しい先生」

コメント

タイトルとURLをコピーしました