場所説明

スポンサーリンク
不断様/みずき様

ライフェアのコメントを色によって表してます。

自分の部屋「セーブ」や様々な「設定の変更」をすることができる。
『机の前に座るのは、あんまり好きじゃねーんだけどなあ。』
『お店の帳簿もしっかりつけておかなくちゃ・・・。』
調理場ここで数々の料理が作られる。釜はオーブン料理や薫製もできてしまうという優れもの。
『まさに、料理人にとっての戦場だな!』
『さあ、とびっきりの料理を作るわよ!』
客室・黄葉の間宿泊のお客さん用の部屋。家具は少な目で、質素にまとまっている。
『泊まりのお客さんも増えるようにがんばらねーとな。』
『まだまだ泊まりのお客さんは少ないんだよね・・・。』
客室・紫雲の間宿泊のお客さん用の部屋。家具は少な目で、質素にまとまっている。
『泊まりのお客さんも増えるようにがんばらねーとな。』
『まだまだ泊まりのお客さんは少ないんだよね・・・。』
客室・蒼天の間宿泊のお客さん用の部屋。家具は少な目で、質素にまとまっている。
『泊まりのお客さんも増えるようにがんばらねーとな。』
『まだまだ泊まりのお客さんは少ないんだよね・・・。』
客室・藍漫の間宿泊のお客さん用の部屋。家具は少な目で、質素にまとまっている。
『泊まりのお客さんも増えるようにがんばらねーとな。』
『まだまだ泊まりのお客さんは少ないんだよね・・・。』
食堂食事時にはたくさんのお客さんで賑わいをみせる。
『料理の味なら、他の宿にも負けない自信があるんだけどなあ。』
『おいしいって言ってもらえると、やっぱりうれしくなっちゃうよね。』
倉庫行方知らずの父親の所有物が積まれている・・・。
『どうしようもないガラクタばっかりだけど、まあ捨てるのも忍びないしな。』
『何に使うのかも分からないものばっかりいっぱいあるんだけど・・・。』
風通しが良く、洗濯ものを干したりするのに最適。
『毎日の井戸の水くみが結構大変なんだよな。』
『きれいな洗濯物って気持ちいいよね。』
裏庭剣術や体術など、武術の稽古が出来るようになっている。
『お客さんがいる時はうるさくするとまずいよな。』
『お客さんがいる時はうるさくできないなあ・・・。』
店の出入り口扉の横の立て札には今日のおすすめニューが書かれている。
『最近は常連のお客さんも増えてきたよな。食事時だけなんだけど…。』
『さてさて、今日はどんなメニューにしようかなあ?』
町中へ宿を出て「宿場町トレイユ」の町中へ移動します。
宿屋へ町中から町はずれの宿屋「忘れじの面影亭」へ向かいます。
『宿屋の名前はオーナーが付けたらしいんだよな。』
『宿屋の名前はオーナーが付けたらしいんだけど・・・。』
ショップ中央通り沿いの商店で買い物ができます。
『さて、何を買い足しておこうかな…。』
『ほしいものは色々あるけど・・・』
鎧加工店鎧に特別な加工をしてくれる職人さんの店。
『自分なりのこだわりを出せるってことだな。』
『布製のものも取りあつかっているみたい。』
シャオメイのお店裏通りで見つけた不思議な雰囲気の店。
『店主は子供だし、どーにも怪しい店なんだよな。』
『ただものじゃない雰囲気がぷんぷんするよね・・・。』
中央通り町を縦断する大きな通りに、商店や旅人相手の宿屋がずらりと並んでいる。
『場所的にいえば、断然こっちが便利だもんなあ…。』
『宿の大きさだけなら結構負けてないんだけどな・・・。』
水道橋公園山を越えた先の湖から水道橋で大量の水を運んでいる。意外と色々な魚が釣れる。
『町作りが打ち切られたせいで、水道も完成しなかったんだよな。』
『旅人が色々放流するせいで、珍しい魚もすみついてるみたい・・・。』
ため池水道橋で運んだ水が引き込まれた貯水池。ここから町の中心に水が流れていくしくみになっている。
『ホントにでかい町を作ろうとしてたんだなあ。』
『町中の人は便利でうらやましいよ・・・。』
ブロンクス邸幼なじみのリシェル、ルシアンたちが暮らしている、町で一番のお屋敷。
『しかし、いつ見てもでっかい屋敷だよなあ…。』
『いつみてもお屋敷の大きさには圧倒されちゃうなあ・・・。』
駐在所大通りの入り口に建っている帝国軍の駐在所。遠くまで見渡せるよう、背の高い2階建てになっている。
『グラッドの兄貴、いるかな?』
『グラッド兄ちゃん、また見まわりかな。』
ミントの家召喚師集団「蒼の派閥」の出張所でもある屋敷。庭の菜園には色とりどりの野菜が育てられている。
『…良い素材あっての料理だし、ミントねーちゃんには感謝しなくちゃな。』
『・・・ミントお姉ちゃんの作る野菜って、すっごくおいしんだよね。』
私塾退役軍人のセクターが、町の子供たちに勉強を教えている。
『オレもここで読み書きや算数を習ったんだぜ。』
『セクター先生の授業はわかりやすくて子供たちにも人気なの。』
グルメじいさんの家料理の味にうるさい老紳士の自宅。外見以上に内装はしっかりしてる。
『…絶対にうまいと言わせてみせるからな、グルメじいさん!』
『・・・絶対においしいって言わせてみせるからね、グルメのおじいさん!』
(第16話)
『病気、大丈夫だったか心配だな…。』
門前の広場旅の交易商人たちが、荷を運ぶ召喚獣を預けて休めるようになっている。
『最近は海路の方がはやりだって誰かが言ってたな…。』
『昔の方が、商人の数が多くてもっと賑わってたんだって。』
町の外へ町を出ます。
『町の外では、賊や猛獣に出くわすこともあるからな。気をつけないと。』
『町の外では、族や猛獣に襲われることもあるから、気をつけないとね。』
宿場町トレイユへ宿場町・トレイユへもどります。
『オレの生まれ育った町だぜ。』
『わたしは、ここで生まれ育ったの。』
皇帝街道かつての帝国の真聖皇帝が旅したことにちなんで名付けられた、帝都へと続く街道。
『昔は今よりも大勢の旅人で賑わってたらしいんだけどな。』
『昔は大勢の旅人で賑わってたんだって。』
星見の丘見晴らしが良く、とても星がきれいに見えることからこの名がついた。
『流れ星から竜の子が生まれるなんて、ホント驚いたぜ。』
『卵が流れ星になって落ちてくるなんて、ありえないよね。』
忘月の泉その名の通り、月を忘れたとたとえられるほど水面が淀んでしまっている。
『でもなんか、懐かしい感じがするんだよな。』
『昔はもっと澄んだ泉だったらしいけど・・・。』
(第16話)かつては美しい水面をたたえた泉だったが、月を忘れたとたとえられるほど淀んでしまっている。
『かあさん…。』
『お母さん・・・。』
水車小屋町の誰かが小川の支流に作った水車小屋。
『今も使ってるかどうかは、わかんねーけど。』
『パンに使う粉でもひいてるのかな?』
シリカの森美味しい山の幸なども採れる、広く深い森。多くの猛獣やはぐれ召喚獣が住み着いているため危険。
『ちょっと遠いけど時々食材を採りに来るんだ。』
『一人で出かけるのは、ちょっとこわいよね。』
共同墓地魂が離れて残った肉体が葬られている場所。
『墓地ってのは、町から離れたところに作るのが常識なんだってさ。』
『これ、町の近くにあったら怖いかな・・・。』
シトリス高原緩やかな丘が続く広大な草原。時折、猛獣やはぐれ召喚獣も出没するので注意が必要。
『出かけるときは気をつけねーとな。』
『出かけるときは気をつけなくちゃね。』
ルトマ湖町の水源になっている巨大な湖。氷雪地帯にあるが、火山活動により湖面部分は溶けている・・・はずだったが・・・?
『???』
『???。』
(第9話以降)町の水源になっている巨大な湖。氷雪地帯にあるが、火山活動により湖面の半分は溶けている。
『ちゃんと元通りになって良かったなあ。』
『ずっと氷ったままだったらどうしようかと思ったよ・・・。』
地下秘密基地機械人形たちが逃げ込んだ地下への洞穴。
『待ってろよ・・・!』
『待ってなさい・・・!』
カセルド峠換装した気候で、非常に起伏のある地形のため、旅の難所のひとつになっている。
『古くなって壊れかけてる吊り橋もあったりして、大変らしいな。』
『今は壊れかけの吊り橋もあって、山越えは大変みたい。』
ズワーレ岩窟はぐれ召喚獣のすみかとなっている岩窟。
『こういうところでは薬草とかキノコとかが採れたりするかもな。』
『こういうところでは薬草とかキノコとかが採れたりするのかな?』
ドラバスの砦跡かつて国境をめぐる戦いのために建造された古砦。うち捨てられて久しく、荒廃している。
『なんか、歴史を感じるな。』
『昔はここでも戦争があったのかな。』
大石橋かつて、大がかりな工事をして作られた巨大な石橋。
『これのおかげで難所が減って、街道が賑わったんだとさ。』
『これができる前は、遠回りで行き来が大変だったんだって。』
アルマンの農場町に併設された大がかりな農場。日夜、召喚獣たちが働かされている。
『警備が厳しくて、あんまり近づいたことがないんだよな。』
『正直、農場のことはよく知らないの。』

コメント

タイトルとURLをコピーしました