無限界廊 転生の塔(ライ&リュームVer.)

スポンサーリンク
不断様

第1戦目開始時

ライ
「よし、これで界廊は全制覇・・・
・・・って!? な、なんだぁっ!」
(ルチル)
やべっ!?  なんか、余計なの引っかけた!?
(ムガ)
ムガッ!? ムガムガーッ!?
(ルチル)
あわわわわわわわわわわわわっ!?
ライ
「いっ、ててて・・・
なんなんだよ? いったい、なにがどうなってんだ」
セイロン
「ふむ・・・ 今の状況から察するに
どうやら、何者かの空間転移に巻きこまれてしまったらしいな」
ライ
「はぁ???」
セイロン
「おそらくここは本来の無限界廊の順路ではない場所
シャオメイ殿の管轄外ということだ あっはっはっは!」
ライ
「笑ってる場合か!?」
リューム
「ひょーっ! 隠された秘密の場所ってことか!」
ライ
「どうすりゃ、元の場所に戻れるんだよ いったい・・・」
(バァンッ!)
ライ
「!?」
???
「今ノ攻撃ハ、威嚇ダ ソチラノ態度如何デ本格的ニ、攻撃スル
速ヤカニ武装解除シテ投降セヨ」
リシェル
「機械兵士!? ・・・ってことはここは機界なの!?」
シンゲン
「いやあ、それは違うんじゃないですかねえ? なんせ・・・」
???
「「転生の塔」へと不法侵入を試みた傍若無人・・・
我ら「白夜」への 挑戦状と受けとって相違あるまいな!」
シンゲン
「どうやら、自分とご同郷らしき御仁もいるみたいですし
しかし、女だてらにサムライとは、また物好きな・・・」
???
「愚弄する気か!?」
リューム
「おもしれえ・・・ ケンカだったら買ってやるぞ?」
???
「ダメだよ、ユヅキおねーちゃん!
カッカしたらダメって獅子のおじちゃんに叱られたでしょ?」
ユヅキ
「む、むぅ・・・ しかし、ピア・・・」
???
「そうですよ、ユヅキ そこが、貴方の欠点なのですから
常に冷静沈着にそれこそが、まさに戦いにおける鉄則
絶対! 無限大!! 間違いなしっ!!!」
ユヅキ
「未知の敵におびえて我らの後ろに隠れるようについてきた
貴様に言われたくはないな、オーレル?」
オーレル
「ア、アウ・・・っ」
グラッド
「天使の女の子にバウナスまで出てきやがった・・・」
ミント
「なんだか、ちょっとにぎやかで楽しそう♪」
ライ
「だから、ねーちゃん なごんでる状況じゃないんだって!?
どう見ても、オレたち あいつらに敵だって見られてんだぞ!?」
ピア
「・・・違うの?」
ミント
「うーん、一応はそのつもりだけど」
ピア
「なぁーんだ♪」
オーレル
「ちょっと、ピア!? 貴方も、簡単に信じちゃダメですってば
だまされてからじゃ手遅れなんですよ? わかってますか?」
ピア
「・・・ぶーっ」
ライ
「あのさ、内輪もめしてるトコ、非常に悪いんだけどさ
いい加減、そこの機械兵士に、銃を下ろさせてくれよ」
???
「ソレハ、デキナイ」
ライ
「な・・・っ!?」
???
「武装解除ヲセヌ限リ 警戒ヲ解クワケニハイカヌ・・・」
オーレル
「リゼルドの言うとおりです
ここは、しかるべき試練を乗り越えてきた者だけしか
立ち入ることができない、いわば聖域なのです
そこに、こうして不法侵入してきた貴方たちを
黙って、見過ごすわけにはいきません いきませんとも!」
ユヅキ
「本来なら、問答無用で斬り捨てられていても弁解の余地などない
貴様たちの罪はそれほどに重いものなのだぞ?」
リシェル
「そんなの、知ったこっちゃないわよ!
黙って聞いていれば一方的にこっちを悪者あつかいして・・・
あたしたちからすればあんたたちのほうがよっぽど悪党よッ!」
ユヅキ
「なんだと、小娘ッ!」
グラッド
「やめろ、リシェル! 下手に挑発なんかしたら・・・」
シンゲン
「自分も同感ですな
鉄砲つきつけて命令するような連中なんぞの
言うことを聞くなんて、まっぴらゴメンです」
ミント
「シンゲンさん・・・ 貴方まで・・・」
ライ
「・・・・・・
なあ、セイロン?」
セイロン
「ふむ、なにかね?」
ライ
「ここもさ、一応は無限界廊だよな?」
セイロン
「ああ、おそらくは」
ライ
「ということは、だ
ここにいる連中を全部やっつけたら いつもみたいに
元の場所に帰れるんじゃないのか?」
セイロン
「・・・はぁ!?」
ライ
「うん、そうだ! きっと、そうに違いないっ!!
オレがそう決めた!」
セイロン
「そ、それはさすがに無茶苦茶・・・」
アロエリ
「止めてもムダだと思うぞ、セイロン」
セイロン
「アロエリ・・・」
アロエリ
「下手にこいつらと関わって勘ぐられるのも面倒
ここは、強行突破の一手あるのみだ!」
セイロン
「う、むう・・・」
リゼルド
「敵対意志確認・・・ 戦闘もーど移行・・・」
ユヅキ
「ふん、最初からこうしていればよかったのだ」
ピア
「そうかなあ? なんだか、違う気もするけど・・・」
オーレル
「迷いは命とりになりますよ、ピア
ボクたち「白夜」にはこの世界を守るという使命があるのです
あの人の願いを受け継いでいくという使命が・・・」
ピア
「うん・・・」
リゼルド
「アノヨウナ悲劇ヲ二度ト、繰リ返サセテハナラナイ・・・
コノ世界ノ理ヲ乱ス災イハ全テ、我ラガ食イ止メル!!」
ユヅキ
「そうとも、それが新たなる「白夜」の果たすべき役目だ
覚悟するがいい!!」
ライ
「それは、こっちのセリフだぜ・・・
全員ぶっとばして とっとと、ここから出てってやる!!」

第1戦目勝利

ライ
「へへっ、どうだ まいったか?」
ユヅキ
「く・・・っ だ、黙れ・・・っ!
まだ、我々は負けを認めていない・・・」
リシェル
「ちょっと!? そんなんで、まだ戦うつもり!?」
シンゲン
「往生際の悪い連中ですねえ」
オーレル
「なんと言われてもさがるわけにはいかないのです」
リゼルド
「コノ身ガ朽チ果テタトシテモ、負ケルワケニハ・・・」
グラッド
「おい、まずいぞ!? 連中は、あくまで戦い続ける気らしい」
ミント
「このままだと・・・」
(ルチル)
ヤバイよねえ・・・ さすがに・・・
ライ&リューム
「!?」
(ルチル)
こうなりゃ、証拠隠滅 ・・・えーいっ!!
ライ
「うわわわっ!?」
リューム
「まちやがれーっ!? まだ、勝負はついてねーぞーっ!?」
ライ
「戻った・・・ 元の場所に・・・」
リシェル
「なんだったのよ 今のは・・・」
セイロン
「あっはっはっは! 細かいことはまあよいではないか
こうして、無事に戻ってこれたしな」
グラッド
「ああ、とにかくまたおかしな目にあわされる前に
とっとと、ここから退散するとしよう」
ライ
「だな・・・」
ミント
「あれ?」
ライ
「どうしたんだ ミントねーちゃん?」
ミント
「うん、こんなものが落ちてたの・・・」
ライ
「これって・・・?」
EXイラスト1を手に入れた
リシェル
「ねえ、裏になんか書いてあるわよ」
(ルチル)
 つまらない品ですがどうぞ、納めといてちょーだいませ
ゴメンしてねっ♪
ミント
「ルチルちゃんより・・・ですって」
セイロン
「どうやら、そやつが今回の騒ぎの張本人のようだな」
リシェル
「責任感じてんならちゃんと出てきて謝れえぇーっ!?」
シャオメイ
「ふーん、やけに帰りが遅いなあって思っていたけど
そんなことがあったとはねえ」
ライ
「ホント、まいったぜ」
シャオメイ
「でもまあ、無事でよかったじゃない にゃはははっ♪」
リシェル
「笑ってごまかすな! 管理人としての責任重大でしょ?」
シャオメイ
「にゃはは・・・ はい、ごめんなさい
ちゃんと調べて対処しときまーす♪」
リシェル
「頼むわよ、もう・・・」
シャオメイ
「あんにゃろめ、あとできっちり、損害賠償させてやる・・・」
ライ
「???」

2戦目開始時

ライ
「なんだっ!?」
リューム
「またかよっ!?」
ライ
「また、ここかよ・・・」
セイロン
「どうやら、なんらかの原因で、空間に亀裂が定着したらしいな
我々が、最深部へといくたびに、ここに飛ばされてしまう
そういうからくりになっているようだ」
リシェル
「なによ、それ!?」
グラッド
「ということは・・・」
(バァンッ!)
リゼルド
「武装解除シテ速ヤカニ降伏セヨ!」
グラッド
「やっぱり・・・」
オーレル
「また、貴方たちなのですか・・・」
アロエリ
「それは、こっちのセリフだ・・・」
ユヅキ
「ふん、いい機会だ 以前の借りを返したうえで・・・
本部へ連行して貴様らの正体をつきとめてくれる!」
シンゲン
「ふむ、どうやらちょっとは態度も改まったようで
ですが、まだまだそれでは素直に従えませんな」
ユヅキ
「むむむむ・・・っ」
ミント
「どうする? ライくん」
ライ
「戦わないことには向こうも、おさまりがつかないだろうし
やってやるぜっ!!」

2戦目勝利時

ライ&リューム
「!?」
ライ
「やれやれ・・・ また、ふりだしに逆戻りか・・・」
グラッド
「しかし、毎度毎度 これじゃあ、正直 身がもたないぞ」
ライ
「だよなあ・・・」

3戦目以降戦闘開始時

ライ
「・・・・・・」
ピア
「やっほーっ おねえちゃーん♪」
ミント
「やっほーっ ピアちゃーん♪」
セイロン
「あっはっはっは! すでに、緊張感のかけらもないな」
オーレル
「まあ、こう何度も続いたら、さすがにそりゃあね・・・」
ライ
「で、どうすんだ? また、勝負すんのか?」
ユヅキ
「当然だ! 今度こそ、雪辱をはらしてくれる!!」
リゼルド
「目的ガ、ズレテキテイナイカ、ゆづき?」
ユヅキ
「う、うるさいっ!?」
ライ
「ったく・・・ しょうがねえなあ
いいぜ、相手になってやらあ!」

3戦目以降戦闘勝利後

リゼルド
「見事ダ・・・ マタ一段ト、強ナッタヨウダナ」
オーレル
「うーん、ボクたちも負けてはいられないようですね」
ピア
「また、遊びにきてねーっ!」
リューム
「おう、またなっ!」

ブレイブクリア時戦闘勝利後

ユヅキ
「くそぉ・・・っ」
リューム
「へへん、どうだ! 思い知ったか?」
ライ
「このへんでおしまいにしとこうぜ?
アンタたちがどう思ってるかはわかんねーけどさ
オレたちは、別にこの世界に悪さをしようとか
全然、思ってないんだからさ」
リゼルド
「・・・ソノヨウダナ」
ユヅキ
「リゼルド!?」
リゼルド
「認メヨウ、ゆづき 彼ラニ、悪意ガアルトイウナラバ
コウシテ、マトモニ口ヲキクコトサエデキハシマイ?」
オーレル
「ですね・・・
悔しいけれどもボクたちの完敗なのですから」
ユヅキ
「く・・・っ」
ピア
「でも、それなら おにいちゃんたちはどうして、ここに?」
ミント
「それはね・・・」
オーレル
「空間転移に巻きこまれたですって!?」
セイロン
「うむ、どうやらそうらしいのだよ
そのうえ、なぜか同じ状況が繰り返し再現されるらしく
不本意ながら、毎度 この場所に転移してしまうのだよ」
オーレル
「ははあ・・・ それは、もしかしてもしかすると
この世界で起きる「反復」の法則の影響やも知れません
界そのものに強烈なショックを与えてしまったことにより
現象そのものがいわば「定着せし」状況に陥った・・・
ええ、そうです! そうに違いない!! とすれば・・・」
ピア
「ちょっと、オーレルお兄ちゃんってば!」
オーレル
「・・・おっと、失礼 ついまた、思考の海をさまよってたようで
はははははははっ♪」
リゼルド
「イワバ、ソチラハ被害者ダッタトイウコトカ・・・」
ユヅキ
「すまなかった! よもや、そんな事情があろうとは
ああ、どうして拙者はいつもこうなのだ
恥ずかしい・・・」
シンゲン
「まあまあ、わかればそれでいいんですよ」
アロエリ
「それだけ、オマエも必死だったのだろう
オレにはよくわかる だから、気に病むな」
ユヅキ
「かたじけない」
リシェル
「ま、これで誤解はとけたとして、問題なのは・・・
この状況を招いた張本人の責任よね!」
ミント
「ええと、たしかルチ・・・」
ユヅキ
「いや、皆までおっしゃらずともわかっています!
出てこい、ルチル! どうせ、隠れて見ているのだろう!?」
ピア
「出てこないと、獅子のおじちゃんに言いつけちゃうよーっ?」
ルチル
「ち、ちょっと待て! 待ちやがれーっ!?
天使が告げ口なんてすんなよなーっ!?」
ライ
「(こいつが・・・ルチル、なのか?
どう見ても、悪魔 っていうか・・・)
すげえ格好・・・」
(ポカッ!)
ライ
「・・・あだっ!?」
ルチル
「うふふ、いかにもこのアタシこそが
「強欲の貴婦人」さまに仕える、六人の悪魔商人の一人・・・
ルチルさま、よ!
そんでもってこのコが、相棒のムガムガね」
ムガ
「ムガムガッ!」
リシェル
「なんか、とっても誰かにそっくりな気がするわね」
アカネ
「うーん、むしろ別の誰かさんにも似てるんじゃない?」
リシェル&アカネ
「うふふふふ・・・」
オーレル
「偉そうにいばってる場合じゃないですよ ルチルさん!
どうして、黙って隠れていたんです?」
ルチル
「だってさあ・・・ 出てったら、アタシが犯人だってことが
バレちゃうじゃん?」
オーレル
「あのですねえ!?」
ルチル
「それにさ、ちょっと見てみたかったしさ
あんたたち「白夜」とそっちのリィンバウムから来た連中と
どっちが強いか! ・・・ってね♪」
ユヅキ
「どうやら、まるで反省するつもりはないようだな?」
(チャキッ!)
ムガ
「ムガーッ!?」
ルチル
「ま、待った! 怒ると美人が台無だって、ユヅキ!」
ユヅキ
「・・・・・・」
ルチル
「あやまるよっ!? 謝るってば、ね? ほら・・・
ごめんなさーい」
ムガ
「ムガムガー」
ユヅキ
「まったく・・・ 本当にどうしようもないヤツだな」
リゼルド
「るちるニハ、アトデキツク言イ聞カセテオクノデ・・・
ココハ、ヒトツ穏便ニ・・・」
ライ
「まあ、いいさ 悪気があったワケでもなさげだし」
ルチル
「おっ、アンタ 話わかるじゃん
んじゃ、特別にこれあげちゃう♪」
EXイラスト2 を手に入れた
ルチル
「空間の裂け目もちゃんと直しておくからさ」
ピア
「えーっ!? それじゃあ、もうピアたちは
おにいちゃんたちと会えなくなるの?
せっかく、仲良しになれると思ったのに」
ミント
「そうね、ちょっと残念かも・・・」
シャオメイ
「ううん、別に会うことはいつでもできちゃうわよ?」
ライ
「シャオメイっ!? なんで、オマエがここにいる!?」
シャオメイ
「それは、乙女の永遠の秘密ですのよ おにーさま♪」
ルチル
「そうか・・・ やけに結界の強度がボロイなと思ったら
そういうことだったんだな? メイメ・・・」
シャオメイ
「シャオメイちゃん! もう、ちゃんと名前おぼえてよね
ルチルおねーさま?」
ルチル
「うげ・・・」
リシェル
「あんたたちって知り合いだったの?」
ルチル
「腐れ縁だよ・・・」
シャオメイ
「そんなことよりさっきの話だけど
穴を塞ぐのが結構めんどくさそうなカンジだったから
思いきって、正式な順路にしちゃった♪」
オーレル
「なんですとーっ!?」
シャオメイ
「まあ、当面の間だけだけどね
あ、心配しなくても上同士での話ならつけてあるからね」
ライ
「つまり、これからもオレたちの意志で
この場所に来ることができるってことか?」
シャオメイ
「そーゆーこと♪」
ピア
「じゃあ、じゃあ これでお別れしなくてもいいの!?」
ミント
「そうみたいだね」
ピア
「やったーっ♪」
オーレル
「しかし、勝手にこんなことをしてよいのやら・・・」
リゼルド
「ふぁいふぁー様ガ承知シタノナラバソレモ、ヨカロウ
ソレニ、彼ラト戦ウコトハ、我ラノ修行ニモナル・・・
オソラク、ソコマデ見越シタウエデノ判断ナノダロウナ」
オーレル
「なるほど・・・ まだまだ、励まねばならないようですね」
ユヅキ
「ああ、そうだな・・・」

ブレイブクリア後の戦闘開始時

ユヅキ
「待ちかねたぞ ライ!」
ライ
「よーし、それじゃ ひと勝負といくか!」
ユヅキ
「ああ、望むところだ!」

ブレイブクリア後の戦闘勝利後

リゼルド
「見事ダ・・・ マタ一段ト、強ナッタヨウダナ」
オーレル
「うーん、ボクたちも負けてはいられないようですね」
ピア
「また、遊びにきてねーっ!」
リューム
「おう、またなっ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました