【夜会話】アカネ(ライVer.)

スポンサーリンク
宝刀様/不断様

第13話 思い願うこと、貫くこと

ライ
「先生・・・ 今頃、どこでなにを・・・
・・・・・・」
(アカネ、画面下から登場)
アカネ
「べろべろばあっ!」
ライ
「のわあっ!」
アカネ
「あはははっ♪ 驚いた、驚いた♪」
ライ
「な・・・っ!? なに考えてんだよっ お前はっ!?」
アカネ
「なにって、そりゃ店長をおどかしてやるぞー、って」
ライ
「そういうこと言ってるんじゃねえよ・・・
ふざけるのは時と場合を考えろって言ってるんだよ
人がせっかく・・・」
アカネ
「陰気な顔して思いつめてるのに邪魔をするなっ!
・・・ってコト?」
ライ
「!」
アカネ
「ダーメだって そんなことしてもいいことないって
くらぁい顏してたら 女の子にもモテなくなっちゃうぞぉ?」
ライ
「ほっとけよ・・・ 好きで、こうしてるワケじゃねえんだ」
アカネ
「だったら、今すぐやめるべきだね
同情ひきたいっていうのなら、まあ別だけどさ」
ライ
「・・・っ」
アカネ
「まあ、たしかにすねたくなるのもわかる気はするよ
きっつい状況なのは新参者のアタシでもわかるもんね」
ライ
「え・・・」
アカネ
「だけど、そこでふんばれるのがイイ男なんだよね
あたしの知ってる連中は、みんな そういうヤツなんだ」
ライ
「それって、アルバが前に言ってた・・・」
アカネ
「そ、サイジェントの陽気で強気な貧乏人の勇者サマたち♪
なんせ、そのしぶとさときたら、そこらの雑草顔負けだもんね
踏みつけられても 絶対、ひん曲がったりしないんだよなあ
むしろ、ムキになって 真っ直ぐに伸びようとするってカンジ?」
ライ
「・・・・・・」
アカネ
「お子ちゃまのアンタにそこまでやれなんて言わないけどさあ
爪のアカぐらいは見習ってみてもいいんじゃない?」
ライ
「ば、バカにすんなよ! ったく・・・
それぐらい、オレでもやってやらあっ!!」
アカネ
「おーっ、だったらやって見せてもらいましょうか
店長の男っぷりを見せてちょうだいな
思わず、アタシがときめいちゃったりするくらいのをね」
よっしゃ・・・見てろよぉーっ!

第14話 来訪者たち、彼方より

アカネ
「アタシに忍法を教えて欲しい、って
あははっ、店長ってばくだんない冗談なんか言っちゃってぇ♪」
ライ
「オレは本気なんだ!」
アカネ
「・・・なんでよ? なんで、忍法なんか習いたいワケ?」
ライ
「ギアンに勝つためだ
今のオレの実力じゃ「響界種」と戦って勝つ自信がないんだ
だから、少しでも強くなるために忍法を・・・」
アカネ
「無理ムリ、そんなのできっこないから」
ライ
「アカネっ!?」
アカネ
「ちょっぴり修行したくらいで、使えるもんじゃないんだよ!!
アタシだって、この年まで修行して、やっとこの程度なんだよ?
甘っちょろい考えで忍法を使おうだなんてバカにすんな!!」
ライ
「・・・っ」
アカネ
「あのね、店長・・・
たしかに、ギアンのもってる力はすごいし おっかないって思う
けど、それに対抗するためだけに、強い力を欲しがったって
きっと、不幸になるよ」
ライ
「え?」
アカネ
「力を求め続けた末に なにもかも無くしてしまったヤツも
手にした力の重みに悩みながら、それでも笑って生きてる人も
どっちも、アタシは知ってるからね」
ライ
「あ・・・」
アカネ
「ギアンに勝つために どうしても忍法が必要だっていうんなら
その時は、アタシをアテにしちゃいなって
帰りの旅費をもらうまでは、店長がアタシの主人なんだしさ♪」
ライ
「アカネ・・・」
アカネ
「店長は、店長らしく いつもどおりにしてれば、いいんだよ
そうすれば、きっとみんなも、力を貸してくれるって♪」
ライ
「うん、そうだな・・・」
戦っているのはオレ一人だけじゃないんだもんな

第16話 相談イベント

選択不可

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

(アカネ、画面下から登場)
アカネ
「おいっす♪
・・・ありゃりゃ? 店長、なんでっびっくりしてくんないワケ?」
ライ
「何度もやられてりゃさすがに慣れるって
つーか、そもそもそういう発想自体がガキくさいぞ?」
アカネ
「うはははは、年上のお姉さまに向かってそう言いますか?」
ライ
「年上ぶるんだったらそれっぽくしろよな 説得力ねーぞ?」
アカネ
「はいはい、だったら それっぽくしますか
こらっ、子供が起きてていい時間じゃないでしょ!」
ライ
「・・・・・・」
アカネ
「・・・・・・」
ライ&アカネ
「ぷ・・・っ、ははっ ひゃはははははっ♪」
ライ
「に、似合わねーっ♪」
アカネ
「うんうん、我ながら トリハダたっちゃうすさまじさだね♪
あたしの流儀なら こういう時はむしろこう言うべきだね
せっかくだしさ ちょっと、あたしとだべってかない?」
ライ
「ああ、いいぜ」
アカネ
「ふーん、不安で眠れない、か
店長って、コワイもの知らずな印象があったから、ちょっと意外」
ライ
「うん、自分でも意外というか、情けないよなって思ってるよ」
アカネ
「あれれ、あたしは別に情けないなんて言ったおぼえはないけど?」
ライ
「え、でも・・・」
アカネ
「完全無欠でいられる人間なんて、どこにもいないもんなんだよ
いるとしたら、多分 そいつは自分を作っているんだって思う」
ライ
「作ってる???」
アカネ
「わかりやすいとこだと ギアンなんか、もろにそうなってるじゃん
憎たらしいくらいに冷静でいたくせにさ
今じゃ、すっかりキレまくってばかりって気がしない?」
ライ
「たしかに・・・」
アカネ
「完璧でいようとするヤツほど、化けの皮がはがれた途端に
もろくなるもんだよ そういうの、やっぱカッコ悪いじゃん?」
ライ
「うん・・・」
アカネ
「丈のあわない服で めかしこんだって滑稽なだけだよ
自然体が一番だって あたしは思ってる
他人の目をいちいち気にしてばかりじゃつまんないし・・・ なによりラクだしね♪」
ライ
「ははっ、それってアカネらしいな」
アカネ
「うん、でもそれは 店長だって同じこと
今まで、あんたはずっとそうやってきたんじゃないの?」
ライ
「あ・・・」
アカネ
「場合が場合だからさ 慎重になるのは当然だって思うけど
深刻になる必要はないんじゃない?」
ライ
「そっか・・・うん、そうだよな
オレ、知らないうちに難しく考えすぎていたのかもしれないな」
アカネ
「うん、それがわかれば もうだいじょうぶだね」
ライ
「もしかして、オマエ励ましてくれたのか?」
アカネ
「さあねえ・・・ あたし、言いたいこと言ってるだけだし
あんまり頭から信じてかかると、バカみても知らないよぉ?」
ライ
「な、なんだよっ!? 人がせっかく感謝してるってのに!」
アカネ
「にひひひひっ♪」
ライ
「ったく・・・」
アカネ
「でもさあ・・・ 真面目な話、店長は面白い人だよねえ
無鉄砲で、無造作で ぶっちゃけすぎてるトコロとかさ」
ライ
「けなしてんのか?」
アカネ
「ほめてんのよ、一応は
師匠に言いつけられて しぶしぶ始めた行商の旅だったけどさ
その締めくくりにあんたたちと出会えてよかったと思うよ」
ライ
「アカネ・・・」
アカネ
「あ、だからって 働いたお給料はロハにしないかんね?」
ライ
「わかってるって! ちゃんと帰りの路銀は渡してやるからさ」
アカネ
「うんうん、それを 聞いてひと安心
んじゃ、それまではあんたは、あたしの主君ってことだから
助けてあげるよ だから、安心して部屋に戻りな?」
ライ
「うん・・・」

エンディング

アルバ
「わざわざ、見送り ありがとう、みんな」
ルシアン
「そんな水くさいこと言わないでってば
僕たちは、ずっと一緒に戦ってきた仲間じゃない」
ライ
「ああ、そうだな しかも、後始末まで手伝わせちまってさ
ホントなら、黒騎士たちと一緒に帰ってたはずなんだもんな」
アルバ
「それこそ、水くさいよ
この一件は、初めておいら自身の意志で関わったものだし
最後まできちんと手助けをして、結末を見届けたかったんだ
隊長たちが単独行動を黙認してくれたのも
きっと、そうしろってことだったと思うんだ」
ライ
「そっか・・・」
アカネ
「あのさ・・・ さっきからキレイに忘れられてますけど
あたしも、一応アルバと一緒に帰るんですけど」
リシェル
「ああ、そうだっけ? それじゃ、またね」
アカネ
「うわ、なにソレ!? とってつけたような投げやりな挨拶!?
あたしだって、結構お役に立ったじゃん!」
ライ
「でもなあ・・・ オマエの場合、発端が自業自得だしなあ」
リシェル
「アルバとは違って報酬だって払ってるわけだし・・・」
アカネ
「ううう・・・っ ひどいよ、ひどいよ よよよよ・・・っ」
ルシアン
「もぉーっ、二人とも冗談がきついよ!?」
ライ
「っはははは! いや、わりぃわりぃ ゴメンな、アカネ」
アカネ
「うううぅぅ・・・っ」
リシェル
「でも、マジメな話さ あんたとは、別れる実感ないのよねえ
ふとしたきっかけで また、ひょっこりと顔を出しそうでさ」
ミント
「ああ、それは私も同感かも
お師匠さまに、また叱られて、薬売りに戻るとか・・・」
アカネ
「いい年して、そう何度も怒られたりはしないってば!?」
リシェル
「でも、現にこうしてお仕置きで、ここにいるじゃん?」
アカネ
「うぐ・・・っ」
ライ
「まあ、なんにしろ 近くに来たら、絶対顔を見せにこいよな
店の手伝いとかでまた、こきつかってやるからさ?」
アカネ
「ちゃんと時給あげてくれるんなら、ね♪」
グラッド
「おい、お前ら 名残惜しいのはわかるけどな
そろそろ出発させてやらなきゃ、山越えできなくなるぞ?」
ライ
「わかってるって!」
リシェル
「また、ケガとかしないように、気をつけて帰りなさいよね?」
ルシアン
「父さんを説得して 僕も必ず、後から追いかけるから!」
アルバ
「ああ、待ってるぜ!」
アカネ
「いやはや、若いって素晴らしいよねえ」
ライ
「なに言ってんだよ アカネだって、まだ若いだろーがよ」
アカネ
「お、うれしいこと言ってくれるじゃん
ちょっとは、店長も女心がわかるようになってきたのかな?」
ライ
「おう、まあな」
アカネ
「ふーん・・・ そんじゃ、これはがんばったご褒美♪」
ライ
「!?!?!?」
アカネ
「ふっふっふ、ほっぺにちゅーされたぐらいで動揺してるようじゃ
まだまだ、修行が足りないみたいだね」
ライ
「か、かかか・・・っ! からか・・・っ!?」
アカネ
「気に入ってなくちゃ冗談でも、こんなことやんないからね」
ライ
「!」
アカネ
「・・・なーんてねっ♪」
ライ
「ったく・・・」
ミント
「ミモザ先輩たちに 婚約おめでとうって 伝えておいてね?」
アルバ
「うん、わかってる だけど、あの人の性格を考えると
きっと、知り合いまとめて、結婚式に呼びそうだよなあ」
リシェル
「じゃあ、またすぐに会えるってことね」
ライ
「おいおい、リシェル 勝手に参加する気になっても・・・」
ミント
「あら、いいじゃない きっと先輩たちなら喜んでくれるわ
だから、その時はみんなでお祝いをしにいきましょ?」
リシェル
「やったーっ♪」
アカネ
「あ、店長はもちろん 厨房担当でよろしく♪」
ライ
「やれやれ・・・」
アルバ
「その時には、また改めて、みんなを紹介するよ
おいらの仲間たち ううん、大切な家族のみんなをね」
ライ
「ああ、楽しみにしておくぜ?」
アルバ
「それじゃ、みんな 本当にありがとう!」
アカネ
「まったねぇーっ♪」
せいぜいがんばって、イイ男になりなよ
あたしがびっくりしちゃうくらいに、ね

コメント

タイトルとURLをコピーしました