【夜会話】コーラル(ライVer.)

スポンサーリンク
蒼天様

第4話 素敵な若さま、大暴走!

ライ
「昼間の話だけどな
オレ、お前が召喚獣を助けたいと思ったこと
その気持ちを否定するつもりはないぜ」
コーラル
「え・・・」
ライ
「困ってる相手を助けてやりたいと思ったのは悪いことじゃない
ただ、世の中ってのは正しいことだけじゃ動いてねえ
よかれと思ってやったことでも、それが周りに不都合なことなら
容赦なく叩かれる 世の中って、そういう仕組みなのさ」
コーラル
「うん・・・ 決まりは、決まりだから・・・
守らなきゃ仲間外れにされるんだよね?」
ライ
「なんだよ、おまえ ちゃんとわかってたんじゃないか?」
コーラル
「でも、決まりが間違ってたときどうするの?
間違った決まりでも守らなきゃ、ダメ?」
ライ
「だから、言っただろ?
お前の優しい気持ちを否定するつもりはない、ってな」
コーラル
「あ・・・」
ライ
「こんなこと、ホントは言いたくねーけどさ
正直者がバカを見ることだって、世の中には結構あるからな
ぐっとガマンするのも必要だってことさ
じゃなきゃ・・・世の中から弾かれることになるからな」
そう・・・クソ親父みたいに、な

第5話 今はもう、戻れない場所

ライ
「しかし、お前が獣皇にぶちかました攻撃にはちょっと驚いたぜ
なりはちっこくてもやっぱ、お前は竜ってことなんだな」
コーラル
「うん、ボク・・・ニンゲンの子とは違うから・・・
見た目、だけで違うから・・・」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「だから、ボクのこと無理して守るとか思わないで
守る必要、ないから ボク、自分で戦える だから・・・」
ライ
「へっ、やなこった」
コーラル
「・・・どうして?」
ライ
「竜とか、人間とか そういう以前に
お前が、まだ 子供だからだよ」
コーラル
「!」
ライ
「ま、そーいうオレも まだ、ガキみたいな もんだけどさ
とりあえずは おまえの保護者だ だから・・・」
コーラル
「・・・守るの?
だから、ボクのこと 守ってくれるの?」
ライ
「半分は、そうかもな けどよ・・・
これだけは、しっかり おぼえといてくれ
誰に命令されたって そいつが納得いかない ものだったら
オレは、絶対に 言うことなんか きかねーよ」
コーラル
「あ・・・」
ライ
「さあ、戻って寝るぞ? 明日も早く起きなきゃいけねーからな」
コーラル
「・・・(こくん)」
ありがとう・・・でも、ボクは・・・

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ライ
「ミントねーちゃんから聞いたんだけどさ
オマエ、自分から敵の前に出ていこうとしたんだってな?」
コーラル
「・・・・・・」
ライ
「責めてるつもりなんじゃねーよ ただな・・・
その時、オマエが言ってたことが気になったんだよ
迷惑をかけたくない・・・ってのがな」
コーラル
「・・・っ」
ライ
「オマエ、もしかしてオレたちに引け目を感じてんのか?
自分がここにいるせいで、迷惑をかけていると思っているから
それで、オレたちと距離を置こうとしてるんじゃないのか?」
コーラル
「違う・・・そんなこと・・・ボクは・・・
・・・っ!!」
ライ
「おいっ、待てよ!?コーラルっ!?」
やっぱ、そうなのかよ アイツ・・・

第7話 お魚たずねて、秘密基地

コーラル
「お魚、手に入ってよかった・・・
料理は、失敗だったみたいだけど」
ライ
「まあ、出来はともかく 材料は完璧だったから効果はあるだろ
わはははははっ♪」
コーラル
「けど・・・」
ライ
「ん?」
コーラル
「どうして、あんないけす、作ったりしたんだろう?
魚なんか、目的と関係なかったのに」
ライ
「まあ、普通だったら保護するためだって思うんだろうけど
オマエを狙うような悪人が、そんなことするはずねーし
ただ、装置を動かすのに邪魔だから排除したとか・・・
意外と、あとから食べるつもりだったのかもな?」
コーラル
「・・・・・・」
ライ
「ま、理由はともかく これでまた、魚も入荷されるだろうし
そしたら、改めてうまい魚料理を作ってやるよ
「かんぽー」とかは当然、抜きでな?」
コーラル
「・・・(こくん)」
細かいことを気にしだしたら、きりがないしな・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

コーラル
「・・・・・・」
ライ
「なんだ、コーラル?
まだ寝てなかったのか」
コーラル
「・・・・・・」
ライ
「おいおい、オマエのベッドは上だって!こっちは・・・

(コイツ・・・おびえてるのか?)」
コーラル
「・・・(ぎゅうっ)」
ライ
「まあ、今日の敵は今までの相手とは違ってたからな
オマエがおびえるのも仕方が・・・」
コーラル
「違う・・・」
ライ
「え?」
コーラル
「こわかったのはアイツらじゃない
本当にこわかったのは こわかったのは・・・」
ライ
「おい、コーラル?」
コーラル
「・・・っ!」
今は、なだめて落ち着かせるしかないか・・・

第10話 想い、途切れることはなく

コーラル
「ごめんなさい・・・」
ライ
「・・・え?」
コーラル
「ポムニットさんが人質にとられた時
ボク、気づいてた 彼女の正体・・・」
ライ
「!」
コーラル
「でも、隠そうとしていたから言わなかった
だまってて・・・ごめんなさい・・・」
ライ
「べつに、おまえが謝る必要はねーって
ポムニットさんをかばって、黙っていたんだろ?」
コーラル
「・・・(こくん)」
ライ
「むしろ、今まで気づきもしなかったオレたちのほうが
ずっと大問題だぜ 情けねえよ・・・」
コーラル
「ポムニットさん必死だったと思う!だって・・・
きらわれちゃうのはつらいもの・・・」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「だから・・・っ」
ライ
「わかってるさ
ポムニットさんを仲間はずれにするつもりなんてねえよ」
コーラル
「・・・本当に?」
ライ
「ああ、ホントだ だから心配するな」
コーラル
「・・・(こくん)」
でも、ポムニットさん本人がどう思ってるか それが問題だよな

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

コーラル
「キカイのカラダ・・・
見てられなかった 悲しくて・・・ つらそうで・・・」
ライ
「ああ、オレもさ
そういう目で見たらいけないってことはわかってるけど
先生が、どうしても別人のようにしか思えなかったんだ」
コーラル
「仕方ない、かと・・・」
ライ
「それでも、見られた相手が傷つくことに変わりはねーよ」
コーラル
「・・・・・・
改造、されるのかな ボクも・・・」
ライ
「!?」
コーラル
「絶対、言うことなんか聞くつもり、ないから
きっと・・・あんなふうに・・・」
ライ
「させねえよ!?そんなことは絶対にオレがさせねえ!!」
コーラル
「信じてる・・・でも・・・
こわいし、つらい そのために、みんな傷つくの・・・」
ライ
「コーラル・・・おまえ・・・」
コーラル
「・・・(ぎゅっ)」
ライ
「心配しなくていいんだ お前も、お前が大切に思ってる連中だって
まとめて、オレが守ってやるからな! 絶対に守ってやる!」
コーラル
「ライ・・・」
でもね・・・約束してくれるたび不安になるよ・・・
そのせいで、一番大切な人が傷つくの知ってるから・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

ライ
「金縛りにされた時はマジでもうダメかと思ったけどさ
なんとかオマエとの約束を守れて、ホントよかったぜ」
コーラル
「でも・・・次も、こうはいかないかも知れない・・・」
ライ
「え?」
コーラル
「不吉なこと、言ってごめんなさい・・・だけど・・・
あの男が、考えなしに動いていると、ボクにはどうしても思えない」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「ギアンは、もう勝負はついていると言った
あれは多分、ただの強がりなんかじゃない
本当にそうだからこそあの男は、はっきりと勝利宣言をしたんだ」
ライ
「バカ言うなって!?
だって、オマエはまだここにいるじゃないか
勝負もせずに、決着がつくなんて、ありっこねーだろ!?」
コーラル
「・・・・・・」
ライ
「だいたい、なんでオマエは、そこまで言い切れるんだよ?」
コーラル
「同じだから
ギアンの目が、前のボクと同じ色をしていたから・・・」
ライ
「!?」
コーラル
「幸運や偶然になんか期待してない、ただ現実だけを見てる目
誰も頼りにしないで自分のことだけしか信じてはいない目
冷めきった、とても悲しい色をした目」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「だから、わかるの あの男には、つけいるスキは、絶対にない
だから、ボクはこわい・・・っ」
ライ
「・・・だいじょうぶだ
例え、そうだとしてもオレは、約束を守る オマエを守ってやる」
コーラル
「・・・(こくん)」
なにがあろうとオレは最後まで、絶対あきらめるもんか!

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

コーラル
「おかえり・・・」
ライ
「コーラル・・・もしかして、オレが起こしちまったか?」
コーラル
「ううん、違うよ たくさん寝たから目が覚めただけ
で、窓の外を見たら・・・」
ライ
「オレが出かけるのを見つけたってワケか」
コーラル
「うん、大正解
これ以上、眠ったらかえって疲れそうだし
だから、話し相手になってもらおうかと思って・・・」
ライ
「いいぜ、つきあうさ
無理にベッドに入って眠れずにいるよりも気がまぎれるしな」
コーラル
「よかった・・・」
ライ
「ほれ、飲めよ」
コーラル
「いただきます・・・
緑色のお茶 ボク、大好きだ」
ライ
「前から思ってたけどオマエの味覚って変わってるよな?」
コーラル
「そう???」
ライ
「好みがシブイっていうか、通好みとでもいうか・・・」
コーラル
「だって、ボクもう大人だから」
ライ
「至竜になる前から別に好みは変わってねーだろうがよ?」
コーラル
「早熟だから、多分」
ライ
「あ、あのなあ・・・」
コーラル
「ふふふっ、冗談だよ」
ライ
「ったく・・・
しかし・・・思えば、いろいろとあったもんだよな
流れ星になって落ちてきたオマエを拾った時から、まだ
ふた月くらいしか経っていないのにな」
コーラル
「うん・・・長いようで、すごく短いんだよね
もう何年も、ここで暮らしていたような気がしているのに」
ライ
「密度の濃い毎日だったからな」
コーラル
「ねえ、おぼえてる?ボクが、拾われた次の日のこと」
ライ
「忘れるわけねえって
オレを追いかけてそのまま、迷子になったことだろ?」
コーラル
「だって・・・不安だったんだもの
置いていかれるって思ったから、必死に追いかけて・・・」
ライ
「魔力の使いすぎでそのまま、熱だして倒れたんだよな
あの時は、ホントに大騒ぎだったんだぜ
ねーちゃんや兄貴がいてくれなかったらどうなってたことか」
コーラル
「ごめんなさい・・・ 深く、反省・・・」
ライ
「いいさ、別に 今思うと、オレも無責任だったしな
保護者としての自覚が足りなかったんだなあ」
コーラル
「でも・・・ちゃんと、ボクのこと心配してくれてた
ミントさんのところに連れて行く時、ずっと抱いてくれていたし
すごく、安心できた うれしかった・・・」
ライ
「ははは・・・っ」
コーラル
「あの時、わかったんだ 姿は、全然違うけれど
この人は、ボクのこと本当に心配してくれているんだって・・・
信じて、いいんだって」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「結局、ずっと迷惑かけちゃったけど」
ライ
「別に、迷惑なんて思っちゃいねーよ?」
コーラル
「・・・ホントに?」
ライ
「ああ、ホントさ
次から次へと厄介ごとばかり続いて大忙しだったけど
思い返すとさ 不思議と笑えてきちまうんだよな」
コーラル
「うん・・・ボクも、とっても楽しかったよ
つらいこと、忘れてしまうくらい、すごく幸せだったよ」
ライ
「コーラル・・・」
コーラル
「ありがとう・・・ライ
ボクが至竜になれたのは、きっと貴方のおかげだから
貴方に会わなかったら ボク、きっと途中でくじけていたと思う
期待と責任の重さでぺちゃんこにならずにすんだのは、きっと
貴方が、すぐ側で見ていてくれたから
貴方のおかげでボク、強くなれたんだ」
ライ
「いいや・・・それはお互いさまだ」
コーラル
「え?」
ライ
「オマエと出会えたから オレも強くなれたのさ
気づかなかったことに気づいたり、知らないことを知ったりして
昔のオレよりはすこしはマシなオレになれたって思ってる
ありがとな・・・」
コーラル
「ライ・・・」
ライ
「守護竜になっても たまには、顔くらい見せにこいよ」
コーラル
「・・・いいの?」
ライ
「オマエはオレの子供で ここは、オマエの家だ だったら・・・
遠慮することなんかひとつもねーだろ?」
コーラル
「・・・う、うんっ♪」
(コーラル)
お父さん・・・貴方の子供になれてとっても、とっても幸せだよ・・・

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
リシェル
「はいはい、了解!お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
コーラル
「6番のテーブル デザート、まだきてないみたいだよ」
ライ
「リベルのシャーベット たしかまだ、作り置き残ってたよな?」
コーラル
「氷室の中だよね?ボク、とってくるよ」
ライ
「おお、よろしくな!」
ライ&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
ライ
「おう、ルシアンもおつかれさん
コーラルもな?」
コーラル
「たいしたことしてないから」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「原因は多分、父さんの事業のせいかもね
壊れた区画を修復するついでに、大規模な拡張工事を行って
トレイユを、町から都市へと昇格させるつもりらしいんだ」
ライ
「ああ、それでやたらと肉体系のお客とかが増えてるのか!」
リシェル
「なんか、イヤだなあ そういう計画ってさ
あたしたちの知ってる町が、なくなっちゃうみたいで・・・」
ルシアン
「心配ないよ、ねえさん 工事してるのは、例の農園の跡地だもの」
ライ
「暴動以来、閉鎖されちまってたんだよな」
ルシアン
「うん、あの広い土地を新しい居住区画として開発するみたいだよ
僕たちの暮らしてる今の場所は、あくまで補修をするだけ
ちゃんと、父さんも考えてるんだよ?」
リシェル
「ふーん・・・ なら、いいけどね」
ライ
「まあ、とにかく今はひと休みにしようぜ
夜になったら、また大忙しなんだからな」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
コーラル
「いい風・・・ すごく、気持ちいい」
ライ
「ああ、こうやって草のニオイのする風に吹かれてるだけで
たまっていた疲れも吹っ飛ぶ気がするぜ
ホントなら、日がな一日こうしていたいくらいだけどな」
コーラル
「骨休め・・・臨時休業、ありかと」
ライ
「まあ、たしかにそうなんだけどな
オレの料理を楽しみに遠くからやって来るお客さんたちをさ
がっかりさせたくねーからな
だから、当分の間はなるたけ休みなしでがんばりたいんだよ」
コーラル
「過労死、不安・・・」
ライ
「そう言うなって ちゃんとオレなりに考えちゃいるんだぜ」
コーラル
「え?」
ライ
「客の入りがもう少し落ち着いてきたらさ
がんばったぶん長めに休みをとるつもりなんだ」
コーラル
「・・・おお!」
ライ
「たまには、こっちから「隠れ里」をたずねていってもみたいし
帝都にも足を伸ばして料理の本とか道具とか見て回りたいんだ」
コーラル
「・・・同伴、可能?」
ライ
「おう、当然さ!」
コーラル
「・・・!(こくこく)」
ライ
「そのためにもしっかり稼いでおかなくちゃな
手伝いのほうよろしく頼むぜ?」
コーラル
「・・・了解!」
テイラー
「おい、本当に最後まで顔も見せずに行くつもりなのか?」
ケンタロウ
「ああ、親がなくとも子は育つ、ってな
アイツも、想像以上にいっちょまえに育ってやがったからなあ
オレ様がいなくたってなにも問題はねーさ」
テイラー
「だが、いくらなんでも薄情すぎやしないか?
次はいつ、戻ってこられるかも知れんというのに・・・」
ケンタロウ
「約束がよ、いまだに守れてねーんだよなあ
エリカの病気を治して家族みんな、揃って一緒に暮らしていく
その方法を見つけるまでは、オレ様は帰れねえんだわ」
テイラー
「だが・・・」
ケンタロウ
「バカとかクソとかロクデナシってのは慣れちまったけどよ
ウソつき、って呼ばれるのだけはカンベンだからな」
テイラー
「そうか・・・」
ケンタロウ
「つーわけだからよ 悪いが、もうすこし世話を頼むわな」
テイラー
「ふん、言われずともわかっておるわ
あの人の居場所は二度と、誰にも荒らさせはせんよ
だから、とっとと約束を果たして戻ってこい!!」
ケンタロウ
「おうよッ!」
ライ
「ふわあぁぁ・・・っ
あんまり気持ちいいから、眠くなってきちまった・・・」
コーラル
「寝るべき、かと 睡眠、超重要
時間きたら起こしてあげる」
ライ
「ああ、悪いけど頼むわ・・・」
コーラル
「・・・・・・」
今でも・・・時々、考える・・・
あの時、この場所で貴方と出会わなかったら
ボクは、いったいどうなってたんだろうって
なにもできずに、捕まって泣いていたのかな?
それとも、涼しげな顔して守護竜になってたのかな?
わかっているのはどっちに転んだとしても
きっと、こんなふうに毎日、楽しい笑顔ではいられなかったってこと
たまたまの偶然だって貴方は、笑うけど
必然だったってボクは信じてる
ううん・・・
そう、信じたいから
感謝してるよ・・・
今もこうして、ボクを見守ってくれる貴方
そんな貴方との出会いを与えてくれた先代
二人の親からいっぱい、いっぱい愛をもらって・・・
ボクは今を生きてる
それはきっと、すごく素敵なことなんだ!
(鐘の音)
ライ&コーラル
「・・・っ!?」
ライ
「もしかして・・・ 寝過ごし、た????」
コーラル
「う、うん・・・」
ライ
「のわわわわわわっ!? や、ヤバイ・・・っ!
全速力で戻るぞっ! コーラルっ!!」
コーラル
「了解!」
もうしばらくだけ、ボクをここに置いてね
貴方の誇りになれるよう
いつか必ず、立派に巣立ってみせるから

コメント

タイトルとURLをコピーしました