【夜会話】???(ライVer.)

スポンサーリンク
天壌無窮様/不断様

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ライ
「さて・・・明日にそなえて 早いとこ寝るかな
おやすみなさーい」
エニシア
「ライさん!」
ライ
「よう、エニシア」
エニシア
「よかった・・・また会えました」
ライ
「友達になるって 約束したもんな
ただ、自分の意志でここに来られないのはキビシイけどな」
エニシア
「いいんです、それでも
こうして、お話できる相手ができただけでもうれしいんだもの」
ライ
「おいおい、話し相手の一人ぐらいは、現実の世界にもいるだろ?」
エニシア
「いることはいるけど気楽におしゃべりができる人じゃないの
ギアンは、あくまで私の世話係なんだって言ってるから・・・」
ライ
「(・・・ギアン?)」
エニシア
「それよりも、ねえ 貴方が暮らしている場所のお話を聞かせて」
ライ
「そんなもん、別に面白くもないぜ?」
エニシア
「いいの! 普通の人が暮らす、普通のお話が聞きたいんだもの
ねえ、お願い」
ライ
「ったく・・・しょうがねーなぁ
つまんなくったってしらねーぞ?」
エニシア
「うんっ♪」
ライ
「(竜を拾う前の話なら別に問題ないよな?)」
エニシア
「すごいなあ・・・宿屋さんだなんて
私も、貴方の作ったお料理食べてみたいよ
おいしんだろうなあ きっと・・・」
ライ
「食いたかったらいつだって食わせてやるって
ここじゃ無理だけど遊びにきてくれれば腕をふるうぜ?」
エニシア
「うん」
ライ
「リシェルやルシアンもきっと、お前のこと歓迎してくれるさ」
エニシア
「うん・・・」
ライ
「エニシア?」
エニシア
「ありがとう・・・でも、無理なの・・・」
ライ
「どうして!?」
エニシア
「夢の中で、こうして会うことはできても
本当の私は、ずっと遠い場所に居るの それに・・・
役目があるから そこから、離れることもできないの」
ライ
「!」
エニシア
「だから・・・ごめんね・・・」
ライ
「(そうか・・・だから、あんな話を聞きたがって・・・)
おい、エニシア 泣くなってば!?」
エニシア
「そ、そうだったよね
泣かないって約束をして、友達になってもらったんだもの
約束は守らないとね」
ライ
「エニシア・・・」
(ドクン・・・)
ライ&エニシア
「!?」
ライ
「っち、時間切れかよ」
エニシア
「・・・・・・」
ライ
「しけた顔すんなって
次も絶対、会いにきてやるからさ!」
エニシア
「ライさん・・・」
ライ
「話してないこともまだまだ、たっぷり残ってるしな
だから、楽しみにして待っててくれよ!」
エニシア
「はいっ、待ってます! 私、わくわくしながら待ってますから!!」

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ライ
「さて・・・明日にそなえて早いとこ寝るかな
おやすみなさーい」
エニシア
「なにか・・・ あったんですか?」
ライ
「え、別に・・・」
エニシア
「ウソをついてもダメ
顔を見たらわかります いつもの元気が全然ないんだもの」
ライ
「まいっちまったな ははは・・・」
エニシア
「ねえ、私じゃあ 貴方の相談相手にはなれないですか?」
ライ
「え?」
エニシア
「やっとできた大切なお友達なんだもの
困っているのなら 力になりたいよ」
ライ
「エニシア・・・
(なんか心配させてるみたいだし・・・
差しさわりのない程度だったら、相談してもいいよな?)」
エニシア
「大切な人たちを 危険な目にあわせてしまった・・・
それで、元気がなかったんだね」
ライ
「ああ、自分じゃ気づいてなかったみたいだけどな」
エニシア
「・・・・・・」
ライ
「エラそうに守るとか 絶対責任はとるとか言ってたくせにさ
結局、周りに迷惑をかけちまってんだ
ああ、情けねえ・・・」
エニシア
「そんなことないです!
ライは情けなくなんかない」
ライ
「エニシア・・・」
エニシア
「本当に情けない人なら 失敗した時、すぐに逃げ出そうとするよ
でも、貴方はちゃんと失敗に向き合おうとしてるじゃない?」
ライ
「!」
エニシア
「責任を感じているのはそれだけ、貴方が優しいからだよ
それがわかる人なら 絶対に貴方のことを責めたりしないはず
きっと応援してくれる だから、元気を出して」
ライ
「・・・はははっ
不思議だよな・・・エニシアにそうやってはげましてもらうと
なんか、本当に元気になっちまう気がするよ」
エニシア
「あ・・・え、えーっと・・・
ごめんなさい・・・つい、興奮しちゃって 勢いだけで・・・」
ライ
「気にすんなって 勢いだけなのはオレも似たようなもんだし
そういう勢いってのが今のオレには、足りてなかったのかもな」
エニシア
「うん、そうかも・・・」
(ドクン・・・)
ライ&エニシア
「!?」
エニシア
「時間切れ、みたいだね」
ライ
「わりぃ、オレのこと元気づけてもらうだけになっちまったな」
エニシア
「ううん、いいの 貴方には、いつも笑顔でいてほしいし
そうすれば、私も ずっと笑顔でいられる そんな気がするから」
ライ
「じゃあ、次は二人とも笑って過ごせるようにしなくちゃな?」
エニシア
「うんっ♪」

第12話 キミの言葉が、悲しくて・・・

聞こえる・・・ あの笛の音が・・・
済みきっていてとても優しくて なのに・・・
どこか、さびしげで悲しそうな、彼女の笛の音が・・・
エニシア・・・っ!
エニシア
「・・・・・・」
ライ
「・・・エニシア?」
エニシア
「ライさん? どうしてここに・・・」
ライ
「笛の音が聞こえたから必死になって捜したんだよ
おまえに会いたいって思いながらな」
エニシア
「そうだったんだ・・・うれしいよ・・・
私も、貴方に会いたいって思っていたの
でも、どうしたらいいのかわからなくて
だから、笛を吹いたの この曲が、貴方の所に届けばいいな、って」
ライ
「ちゃんと届いてたぜ? だから、こうやってやって来れたんだ
おまえの笛が、オレを呼んでくれたんだよ」
エニシア
「うん・・・本当に、そうだったらうれしいな・・・」
ライ
「だけど、よかったぜ また、ここでこうして会うことができてさ
あれっきりだったらあまりにも、ひでえオチだもんな」
エニシア
「うん、でもね・・・
私たちを取り巻く状況は、なにひとつ変わらないんだよ?」
ライ
「・・・っ」
エニシア
「もう一度だけ会いたかったのはね
きちんと、貴方とお別れがしたかったからなんだよ」
ライ
「!?」
エニシア
「貴方とお友達になれて本当にうれしかったよ
外の世界の楽しい話をいっぱいしてくれて、笑わせてくれて
とても楽しかったよ ずっと、夢が続いたらいいなって思ってた」
ライ
「続くさ!? 終わったりなんかするもんかよ!?
醒めちまったって その時は、また夢の続きを見ればいい
それだけのことじゃねえかよっ!?」
エニシア
「できないよ・・・楽しい夢を見ることはもう、できないの
つらい現実を、知ってしまったから・・・」
ライ
「エニシア・・・」
エニシア
「みんなのためにも 私は「姫」のままでいなくちゃいけない
貴方だってそうでしょう?
大切な人たちのために 私たちと戦わなくちゃいけないんでしょ?」
ライ
「・・・っ」
エニシア
「出会わなければよかったなんて思ったりしないよ
貴方との思い出は大切にとっておくよ 絶対に忘れない
だから、お願いだよ ライ・・・
このまま、笑ってお別れしてください お願いだから・・・」
ライ
「エニシア・・・」
  • わかった・・・
    ライ
    「わかった・・・ わかったよ、エニシア
    オレも絶対に忘れない お前と会えて、本当によかったと思ってる」
    エニシア
    「ライさん・・・」
    ライ
    「泣かないって、オレと約束しただろうが? そしたら・・・」
    エニシア
    「は、はい・・・っ おともだちに、なってくれる、って・・・」
    ライ
    「ああ、そうさ お前がこの先も約束を守ってくれるのなら
    オレたちは、ずっと友達でいられるんだ
    たとえ・・・ 敵味方に別れて、争うことになったってな」
    エニシア
    「・・・うん」
    ライ
    「それじゃ、エニシア 元気でな・・・」
    エニシア
    「ライさんもお元気で・・・」
    ライ
    「さよならだエニシア!」
    (エニシア)
    ありがとう・・・ ライさん 貴方の笑顔が・・・
    大好きでした・・・
  • 絶対にイヤだ!」の場合
    ライ
    「イヤだ・・・
    そんなの、オレは絶対にイヤだ!! 認めねえッ!!」
    エニシア
    「困らせないで ライさん」
    ライ
    「知ったことかよ!? 困らせたって、イヤなもんはイヤなんだ!!
    納得できねえことにうなずくなんて、ウソでもできねえよッ!
    エニシアだって本当はそうなんじゃないのかよ!?」
    エニシア
    「え・・・」
    ライ
    「本当に、お前はオレとお別れしたいと思ってんのか・・・
    心の底から納得してオレとお別れしようと思ってるのかよ!?」
    エニシア
    「そんなこと・・・っ
    そんなこと、あるわけないじゃないっ!!
    私だって、本当は貴方とお別れなんかしたくないよっ!?
    納得なんかしてない! せっかく、仲良しになれたのに・・・
    ずっと、側にいたいよ ずっと・・・っ」
    ライ
    「なら、あきらめるなよ 絶対、オレがなんとかしてみせるから」
    エニシア
    「でも・・・っ」
    ライ
    「だいじょうぶだ!
    オレたちが、こうして仲良くなれたんだ
    きちんと話をすることさえできれば、きっと戦わなくてもすむ
    そういう方法が、絶対あるはずなんだ!」
    エニシア
    「本当に・・・?」
    ライ
    「ああ、だからエニシアも、オレに力を貸してくれ
    お互いの仲間を説得して、戦わなくてもすむようにしよう
    そうすれば、きっとうまくいくはずさ?」
    エニシア
    「・・・うん」
    ライ
    「困った時は、またここで相談をしよう
    二人でがんばるんだ!」
    エニシア
    「うんっ!」

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ライ
「偶然の出会いだって今までは思っていた だけど、もし・・・
「響界種」の能力が二人の心をつないでくれていたのなら
(姿を見せてくれよ エニシア・・・
無事でいるんなら今すぐに、オレのこと呼んでくれよッ!!)」
エニシア
「ひっく・・・っく、ひっく・・・」
あーあ・・・やっぱ、予想どおり泣いてやがったな?
ライ
「ったく・・・オマエって、やっぱ泣き虫だよなあ」
エニシア
「・・・ライ?
ホントに、ホントのライなの?」
ライ
「ああ、そうだぜ 前に約束したとおり
オマエが泣いてるから叱りにきてやったのさ」
エニシア
「・・・っ!!」
ライ
「お・・・おいっ!?」
エニシア
「よかった・・・っ もう絶対会えないって思っ、てたのに・・・
きて、くれた・・・っ ライが・・・きてくれた・・・っ
うわああぁぁんっ!!」
ライ
「エニシア・・・」
ライ
「・・・落ち着いたか?」
エニシア
「うん・・・ゴメンね、また約束破っちゃった・・・」
ライ
「今回だけは特別だ 見なかったことにしといてやるよ
ともかく、無事でなによりだ」
エニシア
「あれから、ギアンは私を部屋に閉じこめたきりだから・・・」
ライ
「じゃあ、今の様子を知ることも、逃げることも無理か・・・」
エニシア
「うん・・・だけど、なんとなく気づいてはいるの
ギアンは、きっと今 とても恐ろしいことを考えてるんだよね?」
ライ
「・・・・・・」
エニシア
「そう、なんだね・・・」
ライ
「アイツは、自分自身を至竜へと変える儀式を行おうとしている」
エニシア
「!?」
ライ
「そうすることで幻獣界へと向かう門を開こうとしているんだ」
エニシア
「どうして・・・そこまでして・・・」
ライ
「・・・復讐のためさ
ギアンは、自分を見捨てた父親に復讐を果たすためだけに
今まで、ずっと生きてきたんだよ」
エニシア
「ウソだよっ!? そんなの・・・」
ライ
「ウソじゃない!! オレは直接、アイツの口から聞いたんだ!
オマエだって・・・うすうすとは気づいていたんだろう?
自分のことを話す時 ギアンは、笑みさえ浮かべるけれど
目だけは笑っていない 冷たく、とがった光を放っていることに」
エニシア
「・・・・・・」
ライ
「それに・・・ギアンは、オマエも犠牲にするつもりだ」
エニシア
「・・・っ!?」
ライ
「「至竜」になったコーラルが教えてくれたんだよ
エニシアの能力なら幻獣界まで行くことはできるけど・・・
引き替えに、おそらく命を落とすことになる」
エニシア
「そっか・・・
はじめから、無理な願いだったんだね?」
ライ
「エニシア・・・」
エニシア
「でもね、私はそれで死んじゃうかもしれないけれど・・・
ギアンの願いはかなうんだよね?」
ライ
「な・・・ッ!?
なに、バカなことを考えてんだよッ!?
死んじまうんだぞ!! わかってんのかッ!?」
エニシア
「わかってるよっ!?
でも・・・ギアンは、私の命の恩人なんだよ!?
私を牢から助け出してくれて、今までずっと守ってくれたんだよ」
ライ
「だから、それはオマエの能力を利用するためで・・・」
エニシア
「そんなんじゃない!!
ギアンは、優しくしてくれてたよ・・・っ
ウソじゃ、ない・・・それだけは絶対、ウソじゃないよ・・・」
ライ
「エニシア・・・っ」
(ドクン・・・)
ライ&エニシア

「!?」

(ドクン・・・)
(ギアン)
ソウカ・・・ソウヤッテ、マタ・・・邪魔スル、気カ・・・
許さナイ・・・ユルサ、ないぞ・・・
(バチバチッ)
(ギアン)
これ以上、エニシアの心をかき乱すなァッ!!
(雷鳴)
エニシア
「ギアン・・・っ」
ギアン
「裏切らせないよ・・・君だけは、絶対に私を裏切らせない・・・
裏切れるはずないッ!
だって、そうだろう? 私は、常に君の望みをかなえてきたんだよ
いつでも、なによりも優先して、君の願いをかなえてきたんだ?
それを忘れたと、君は言うつもりなのか!? なあ、エニシアッ!」
エニシア
「やめてえぇーっ!!」
ライ
「やめろッ、ギアン!!
好意でやったことを恩着せがましく言うんじゃねーよッ!?」
ギアン
「・・・なにィ?」
ライ
「たしかに、テメエはエニシアを大事にしてきたのかもしれねえ
けどな、それは全部テメエが自分の意志でやったことだろ!?
そうしてほしいってエニシアに頼まれたんじゃねーだろッ!?」
ギアン
「同じことだッ!!
彼女は望んだんだ! 願ったんだッ!?
だから、私はそれをかなえてやったんだ 言い出せずにいた
彼女の気持ちを察して 幸せでいられるようにしてやったんだ!!
どこがいけないッ!?」
ライ
「オマエ・・・本気で、そう思っているのかよ・・・」
エニシア
「もう、いいよ ライ
ギアンの言いたいこと 私は、よくわかるもの」
ライ
「エニシア・・・」
エニシア
「甘えていたんだよ 私は・・・
ギアンの優しさを 当然のものみたいに誤解したままで
ずっと、今日まで甘え続けていたの
今まで拒まずにいたこと自体が、きっとその証拠だもの
ごめんね、ギアン ずっと気がつかなくて その代わり・・・
今度は、私が貴方の願いをかなえるためにお手伝いするから」
ギアン
「エニシア・・・」
エニシア
「・・・行こう?」
ライ
「納得いかねえ・・・
オレは、そんなんじゃ納得できねーぞッ!? エニシアッ!!」
エニシア
「困らせないで・・・」
ライ
「知ったこっちゃねーよ オマエが、それで納得したとしても・・・
オレは認めねえッ!! 絶対に、オマエを助けだしてみせる!!
嫌われたって 絶交されたって構うもんかよ
オマエが死んじまうのだけは、オレは絶対に認めねーからなッ!」
エニシア
「ライ・・・っ」
ライ
「ギアン・・・テメエも、よぉくおぼえとけよ?
必ず、オレがテメエのたくらみを止めてみせるからな
覚悟しやがれッ!!」

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ライ&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
ライ
「おう、ルシアンもおつかれさん」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のライさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
ライ
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけさ
オレはただ、ずっとこの町でうまいメシを作り続けながら
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいんだ」
リシェル
「けど、原因はともかく 人手不足は深刻よ!?」
ライ
「たしかに、オマエらに手伝わせるのも限度があるしなあ・・・」
リシェル
「そもそも、あたしたち無償で手伝ってあげてるんだからね?
これ以上、こき使うんなら、本当にお給金要求しちゃうわよ?」
ライ
「ぐ・・・っ」
ルシアン
「まあ、お給金の話は冗談ってことにしても
ねえさんも僕も毎日確実に手伝えるってわけにはいかないし
アルバイトを雇うのは考えたほうがいいかも」
ライ
「うーん・・・わかっちゃいるけど でもなあ・・・
ウチの仕事はきついし 人間以外の常連だってたくさんいるから
募集をしたところで人が来てくれるか不安なんだよなあ・・・」
エニシア
「・・・じゃあ、私を雇ってみませんか?」
ライ
「え???
え、エニシアっ!?」
エニシア
「えへへへ・・・ただいま帰りました ライ」
リシェル
「ホントのホントにエニシアなの!?」
エニシア
「ほんとのほんとにエニシアだよ リシェルさん」
ルシアン
「だけど・・・貴方は、あの後 元の姿に戻った
ギアンたちと一緒に幻獣界へと旅立ったはずじゃあ・・・」
ライ
「もしかして、途中でなんかあったのか!?」
エニシア
「ううん、無事にメイトルパにはたどりつけたよ
カサスや子供たちも 仲間と再会できてすごく喜んでた」
ライ
「お母さんとは・・・ちゃんと会えたのか?」
エニシア
「うん・・・
半妖精の私は、掟で「妖精郷」に入ることはできなかったけど
ちゃんと、お母さんに会うことはできたよ
大きくなったね、って頭をなでてもらってうれしかった・・・」
ライ
「そっか・・・」
ルシアン
「願いをかなえたからこっちに戻ってきたってことなんだね」
リシェル
「でもさ・・・そんなにもあっさり行き来できるワケ?
あんたとギアンとコーラルが力を合わせてさ
なんとか無事に門を開くことができたんでしょ?」
エニシア
「帰る時は、お母さんが門を開いてくれたからずっと簡単だったの
もちろん、みんなの手助けがあったからなんだけどね」
ライ
「・・・ってことは!?」
コーラル
「恥ずかしながら・・・帰ってきました・・・」
リシェル
「コーラルっ!?」
セイロン
「あっはっはっは♪ 皆、息災のようでなによりだな」
リビエル
「世界に最期が来てもこの人たちは、絶対生き残るクチですわ」
ルシアン
「セイロンさん!? リビエルちゃん!?」
クラウレ
「お前たち、少しは遠慮というものを考えてだな・・・」
アロエリ
「気遣いは無駄というものです、兄さま
出戻りの時点でもうとりつくろいようもないんですから」
セイロン
「うむ、勝手知ったる他人の家というヤツだ」
クラウレ
「そ、そうか・・・」
ライ
「うはははは・・・まあ、当然だよな この状況は・・・」
コーラル
「この世界でやりたいことや、知りたいこと まだまだ、あるから
もう少しだけ、ボクを見守っててください お父さん・・・」
ライ
「ったく・・・しょうがねーなあ オマエは・・・」
リビエル
「そういう具合で 私たちも、同行してきたわけですわ
「守護竜」を補佐する「御使い」として、ね」
アロエリ
「ああ、使命だからな オレたちは、全力でそれを果たすまでだ」
リシェル
「そんなこと言ってさあ ホントは、リビエルもアロエリも・・・
帰ってこれて、結構ホッとしてるんじゃないのぉ?」
アロエリ
「ななっ、なにをッ!?」
ルシアン
「でも、これでまた ライさんの美味しいゴハンが
食べられるのは正直うれしいでしょ?」
リビエル
「それはまあ・・・否定はしませんけど」
アロエリ
「実際、くつろいでしまっているのは事実だし・・・」
エニシア
「あ、あのぉ・・・」
ライ
「おっと・・・わりぃな、エニシア 勝手に盛りあがって
もちろん、エニシアが手伝ってくれるのなら大歓迎だぜ?」
エニシア
「うんっ、がんばるよ!」
リシェル
「ちょっと待った!? まさかとは思うけど、ライ・・・
エニシアと一緒にこの家で暮らすつもりじゃないわよねえ?」
ライ
「いいだろ、別に? 部屋は余ってるし」
リシェル
「そーいう問題じゃあなくってさぁ!?」
エニシア
「私もね、そのほうが本当はうれしいなあって思ったんだけど
保護者が・・・」
ライ&リシェル
「保護者???」
レンドラー
「住みこみで働くなど言語道断ですぞ!? 姫さまっ!!」
ライ
「げげっ、レンドラーのオッさんっ!?」
ギアン
「社会勉強のために働きたいという志は認めはしたが・・・
あくまで、自宅から通うのが約束だっただろう、エニシア?」
ライ
「ギアン・・・オマエまで、戻ってきてたのかよ・・・」
ギアン
「ふん、当たり前だ ボクは、エニシアの兄代わりだからな
彼女が幸せになるまで、責任をもって守らせてもらう
恩人とはいえども そこは、きっちりとさせてもらうぞ?」
レンドラー
「場合によっては・・・わかっとるな、小僧?」
エニシア
「もぉーっ、ギアンもレンドラーも、心配しすぎだってば!?」
ライ
「う、うははは・・・っ」
リシェル
「やれやれ・・・」
ルシアン
「だけど、自宅ってどこに借りたの?」
セイロン
「わざわざ、借りる必要などあるまい
我らにとっての家は この宿屋と、そしてもうひとつのみ!」
ライ
「ま、まさか・・・」
ライ
「ああ・・・やっぱり・・・」
エニシア
「心配しなくても すぐに町の上からはどかしておくから」
ライ
「いや、そーいう問題じゃなくてな・・・」
グラッド
「こらぁーっ!! まーた、お前たちの仕業かぁーっ!?」
ミント
「あ、エニシアちゃん やっぱり、帰ってきちゃったんだね」
ポムニット
「姫さま・・・お帰りなさいまし」
ライ
「ああっ、もう・・・なにがなんだか・・・」
グラッド
「とにかく、さっさとあの物騒なシロモノをなんとかしろっ!?」
エニシア
「はい、わかりました!
手伝ってくれるよね? ライ」
ライ
「ちょ・・・っ!? え、エニシアっ!?」
(エニシア)
はしゃいじゃってごめんね・・・
でもね、うれしくてうれしくて、たまらないの
こうやって、貴方と手をつないでいられるのが
夢の中だけじゃなくて これからは、すぐ近くで一緒に思い出を作っていける
それが、新しい私の願い なによりの幸せ・・・
大好きだよ、ライ
泣き虫の私に勇気をくれた王子さま

コメント

タイトルとURLをコピーしました