【夜会話】リシェル(フェアVer.)

スポンサーリンク
不断様

第3話 ドキドキ、はじめての御使い

リシェル
「そっか・・・ コーラルの親はもういないんだ・・・」
フェア
「親元に帰してやるのは無理になっちゃたね」
リシェル
「そうね
けど、だとしたらこの先どうするの?
あたしは、ずっと面倒みたっていいと思ってるけどさ
ポムニットやグラッドさんからしてみれば
話が違うってことになっちゃわない?」
フェア
「けど、だからってわたしは中途半端にするつもりはないよ
すくなくとも他の御使いたちが見つかるまでは
面倒みてあげなくちゃ」
リシェル
「よかった・・・」
フェア
「最悪、その御使いが出てこなかった時には
ダメ親父をふんづかまえて、責任とらせてやるんだから
なんてったって諸悪の根元なんだからね!」
リシェル
「あははは・・・」
ふう・・・ 無責任な親を持つと苦労するよね・・・

第4話 素敵な若さま、大暴走!

リシェル
「そっか・・・ セクター先生に叱られたんだ
道理で、やたら素直に自分から謝ったワケね」
フェア
「わたし、先生にだけはどうしても頭があがらないんだよね・・・
子供の頃からさんざんお世話になってるし」
リシェル
「わかるなあ、それ
あたしも先生の前じゃ自然に言葉づかいとか改まっちゃうしさ
二人そろってバケツもって立たされたもんね?」
フェア
「いつも、リシェルの巻き添えをくらってね?」
リシェル
「あはは・・・っ
あの頃が、一番楽しかったなあ
毎日、どんなことして楽しく遊ぶか、そんなことばっか考えてさ
なんにも知らない子供だったから、泣くのも怒るのも自由だった」
フェア
「今はもう、そういうワケにはいかないよね
中途半端に大人だから いまさら、子供っぽくもしていられないし
もしかすると、一番めんどくさい時期なのかもね、わたしたち」
リシェル
「ま、偉そうにこんな話をしてる時点で、子供とはいえないわね」
フェア
「ふふっ、そうかもね」
それでも、多分 まわりから見たらこどもなんだろうな

第5話 今はもう、戻れない場所

リシェル
「あーっ、もぉっ! なんなのよ、あの暴力女はっ!!」
フェア
「まだ怒ってんの?」
リシェル
「あったりまえよ!
偉そうな口を叩いたくせして、あっさり出戻っちゃってさ
あたしだったら、絶対恥ずかしくって、顔も見せられないのに」
フェア
「そんな恥をかぶってもアロエリは戻ってくると決めたんだよ
それだけ、反省してるってことじゃない?」
リシェル
「それは・・・」
フェア
「許してあげようよ」
リシェル
「わかったわよ・・・
でも、ポムニットにはちゃんと謝ってほしいものだわね
あの子、ものすごく心配してたのに」
フェア
「うん、そうだね そのことはちゃんと言っておこなと
けど リシェルって・・・」
リシェル
「な、なによ?」
フェア
「なんだかんだ言ってポムニットさんのこと 大事にしてるよね
普段はあれだけ迷惑をかけまくってるくせに」
リシェル
「あ、あたしは特別っ! だって、あの子はうちのメイドなんだし
迷惑かけるのが義務でお世話をするのが権利なんだからねっ!?」
フェア
「そんなに照れなくてもいいのに・・・」
リシェル
「うるさいっ、うるさい うるさあぁーいっ!?」
結局、リシェルってばポムニットさんに甘えてるんだよねえ・・・

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

リシェル
「ケガ人を置いてさっさと行っちゃうなんてさ
ホント、あいつらって身勝手すぎるわよね」
フェア
「そんな言い方しないの
急がなきゃならない任務だから、仕方なくああしたんでしょ?」
リシェル
「任務だ、急ぎだ、ってそんなのは言いわけにしかならないわよ!
置いていかれる側からすれば、なぐさめにもならないわ・・・」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「わかっちゃうのよ アルバの気持ち
いくら、うわべをとりつくろっても 納得したつもりでも
置いてけぼりにされたさみしさは、やっぱり消えたりはしないよ
あんただって、それは知ってるはずでしょ?」
フェア
「まあ、ね・・・
けど、ふてくされてもなんにも始まらないし
わりきるしかないよ」
リシェル
「なによ、大人ぶってさ
どうせ、あたしはふてくされてばかりの子供ですよーだっ!」
フェア
「もう・・・ すねる必要なんてないじゃない?
それに、わたしは大人ぶってるつもりなんかないってば」
リシェル
「ぶってるじゃんか? 割り切りだってすごく早いしさ」
フェア
「だって、そうしなきゃすぐ泣いちゃいそうになるんだもん・・・
強がってるだけだよ」
リシェル
「あ・・・」
フェア
「泣くよりも先に、まずやれることをやる
そうやって、わたしは暮らしてきたからね」
リシェル
「そうだよね・・・ ごめん、やつ当たりなんかしちゃって」
フェア
「気にしなくていいよ
それに、リシェルはみんなが、言えずにいるようなことも
代わりに、びしっと言ってくれたりするし」
リシェル
「それって・・・ なんか、ほめられてる気しないけど?」
フェア
「でも、けなしてるワケでもない つまり・・・
今のままが、一番リシェルらしいってことなんだよ」
リシェル
「うーん・・・」
すくなくとも、わたしはそのおかげで、ずいぶん助けられてるよ・・・

第7話 お魚たずねて、秘密基地

リシェル
「まさか機械兵士まで出てきちゃうなんて思わなかったわよ」
フェア
「それなんだけどね 出くわした相手があんなのだったから
どうもイマイチ機械兵士のこわさってわからないんだよね
グランバルドっていうのもなんか間の抜けたしゃべり方してたし
機械人形についてもまあ、似たような感想なんだけども
ぶっちゃけ、リシェルが言うほど物騒なものなの?」
リシェル
「あーっ、なによ? 疑ってるワケ?
そりゃ、たしかにあの連中はちょっとぬけてたけどさ
でも、実際の話 機械兵士ってのは本当に恐ろしいのよ
王国時代よりも前にある都市が機械兵士の軍団に襲撃されてね
ひと晩でガレキの山にされちゃったんだって」
フェア
「ホントなの、それ?」
リシェル
「派閥の文献に書いてあったんだもん デタラメじゃないよ」
フェア
「それで、結局どうなったの?」
リシェル
「勇敢な騎士たちが機械兵士を操ってた移動要塞に侵入して
制御装置を破壊して活動を止めたんだって
ただ、無事に帰ってこられたのは見習いの騎士一人だけで
他の騎士はみんな不思議な光に包まれて消えちゃったそうよ」
フェア
「うーん、やっぱり眉唾ものね・・・」
リシェル
「ホントだってば! ちゃんと、騎士団の名前も載ってたし!
たしか、エ・・・エストなんとかっていう名前のはずよ」
フェア
「わかった わかったよ
とにかく油断はしないように気をつけるから」
リシェル
「うん、それが賢明ね」
相手があんなだからなんとか勝ててるって部分もあるしね・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

フェア
「だけど、リシェルも無茶しすぎだって
ポムニットさんがいくら心配だからって飛び出したりして」
リシェル
「だって、本当に心配だったんだもん しょうがないでしょ」
フェア
「気持ちはわかるから責める気はないけど
でも、次もああやって助けがきてくれるとは限らないんだからね」
リシェル
「だね・・・ アルバとシンゲンには感謝しないと・・・」
フェア
「今日みたいなことが二度と起こらないようにするためにも
一刻も早く、残った御使いを見つけだすしかないみたいね
コーラルが守護竜の力を全部継承しちゃえば
あいつらだって手出しができなくなるだろうし」
リシェル
「でも、そうしたらあの子とは、お別れになっちゃうんだよね」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「わかってるよ いつまでも、今のままじゃいられないのは
でも、やっぱりさびしいよ
こんな形じゃなくて もっと別の出会いならよかったのにね?」
フェア
「うん・・・」
それはありえないってわかってても、やっぱさみしいよね・・・

第10話 想い、途切れることはなく

フェア
「昼間、あんなことがあったばかりだし
今はまだ、そっとしておいてあげよう・・・」

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

フェア
「ロレイラルの機械で強化された兵士、か
まさか、先生がそんなものにされていたなんて・・・」
リシェル
「うん、あたしもまだ信じられないくらいよ
先生のあのケガは軍人だった時のものだって聞いていたし」
フェア
「必死に隠し続けてきたんだろうね
杖をついていたのも そのための演技だったのかもしれない」
リシェル
「ううん、それは違うとあたしは思うんだ」
フェア
「え?」
リシェル
「機械は強力になるほど そのぶん精密になっていくものなのよ
定期的に整備しないと動作に支障が出るし 壊れたりもするの
きっと、そのせいで本当に具合が悪くなってたんだよ」
フェア
「でも、戦ってる時は全然そんな様子には見えなかったわよ?」
リシェル
「復讐に向ける執念で限界を超えているのか あるいは・・・
壊れても構わないって覚悟してるとか・・・」
フェア
「うそだよっ!? そんなことなんかあるわけ・・・」
リシェル
「・・・・・・」
フェア
「・・・っ」
(虫の鳴き声)
リシェル
「パパから・・・聞いた話なんだけどさ
何年か前に起こった「傀儡戦争」のことおぼえてる?」
フェア
「うん、悪魔が侵略してきたっていうアレね」
リシェル
「あの時、悪魔たちが本当に狙っていたのはロレイラルの技術で
召喚獣を機界の技術で戦闘兵器に作り替える方法だったらしいの」
フェア
「!?」
リシェル
「「ゲイル計画」って呼ばれてたんだって
先生が受けた処置がどんなものかは知らないけど・・・
目指していた目的は多分、同じだろうね」
フェア
「どっちにしたって許せないよ・・・
命あるものを兵器に作り替えようなてこと・・・ッ!」
リシェル
「だよね・・・
「ゲイル計画」が間違っていたって気づいたから
昔の召喚師たちはその技術を封印して隠してきたんだもの
同じ間違いを繰り返すなんて、バカなことはしちゃダメだよね?」
フェア
「あたりまえだよッ!!」
それじゃ、あまりにも救いようがなさすぎるじゃないの・・・

第13話 思い願うこと、貫くこと

フェア
「結局、あれっきり先生は見つからずじまいか・・・」
リシェル
「仕方ないわよ 偏光迷彩なんて使われちゃったら」
フェア
「ねえ、それってなんなの?」
リシェル
「光を曲げることで姿を隠す、機界の偽装技術のことよ
人間の目じゃ、まず見つけることは無理なんじゃないかな」
フェア
「そっか・・・
なんか、そういう説明聞くと、イヤでも実感させられちゃうよね
先生は、やっぱ普通の身体じゃないんだって・・・」
リシェル
「だね・・・
だけど、あたしたちにとっては、やっぱり先生は先生だよね?」
フェア
「そんなの当たり前だよ」
リシェル
「あーっ、こんなことになるって前もってわかっていたんなら
機界の科学技術とかもっと勉強しとけばよかった!
そしたら、あたしが先生を治療してあげられたのに・・・」
フェア
「リシェル・・・
なら、今からそのぶん取り戻せばいいだけのことじゃない?」
リシェル
「え?」
フェア
「まだ、充分に間に合う・・・そうでしょ?」
リシェル
「う、うんっ! そうだよねっ? 間に合うよね!?」
フェア
「とにかく、わたしは力ずくでも先生を引っ張り戻してくる
リシェルの出番はそれからだよ?」
リシェル
「ふん、あたしのこと誰だと思ってるワケ?
金の派閥の幹部職、機界の召喚師 ブロンクス家を
しょって立つ うるわしき紅一点 リシェル様よっ!
ビシッと決めるからまっかせなさいっ!」
フェア
「そうそう、その意気、その意気!」
そのためにも、絶対に先生をここに連れてこないとね!

第14話 来訪者たち、彼方より

リシェル
「なんなのよ、もおっ ギアンのヤローめ!
角が生えてぴかーっと光ったら元通りなんてさあ
反則よっ、反則っ! インチキするのにもほどがあるわよ!!」
フェア
「うん、わたしもびっくりしたけどさ
でも、納得もしたよ ギアンの不思議な力の秘密もわかって」
リシェル
「はぐれ召喚獣に・・・ 「響界種」か・・・
今まで、あたし そういうことマジメに考えたことなかった
原因を作った召喚師の一人なのにね・・・」
フェア
「別に、リシェルが責任感じる必要なんてないじゃない?」
リシェル
「ありがと だけど、無関係じゃないよ
召喚師である以上 知らんぷりできない問題だって思うの
ううん、きっと 知っておかなきゃいけないことなんだ」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「ポムニットやエニシア カサスさん、みんなつらい思いをしてる
クラウレとかギアンもそりゃあ、ムカつくしうっとおしいけどさ
そうなったのは、多分 あたしたち人間のせいでもあるんだと思う」
フェア
「かもね・・・
でも、だからこそ どこかで止めなくちゃいけないんだ
ギアンがなにを望んでいるのかはわたしにもまだわからないけど
そのために、悲しい思いをしてる人たちはたしかにいるんだ
そういう人たちをわたしは、助けてあげたいよ・・・」
リシェル
「うん・・・」
ちっぽけなことなのかもしれないけど、それでもきっと・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

リシェル
「ふーん、やっぱ眠れずにいたんだ?」
フェア
「リシェル、なんでこんなところにいるのよ?」
リシェル
「決まってるじゃない あんたが帰ってくるの待っててあげたのよ
どうせ、こんなことだろうって思ったから
わざわざ話し相手になりにきてあげたの 感謝なさいよね?」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「あんたって、昔から人前じゃ平気で大口かましちゃうクセに
一人になった途端に色々と余計なことを考えちゃうのよねえ」
フェア
「それはリシェルだっておんなじじゃない?
その場の勢いとノリでとんでもないことを安請けあいしてさ
そのつじつまあわせるのに
わたしやルシアンは苦労しっぱなしだったんだから」
リシェル
「そんなの当たり前よ それが、あんたたちの役目なんだもん」
フェア
「まったく・・・」
フェア&リシェル
「・・・ぷっ、くくくっ あっははははははっ♪」
リシェル
「ホント脳天気だよねえ あたしも、あんたもさ」
フェア
「ホント、そうだね あれだけいろんなことさんざん経験して
そのうえ、今からその総仕上げの決戦に行こうっていうのに
リシェルの顔みたら一発で緊張感なんかふっとんじゃった」
リシェル
「はいはい、それはなによりですこと」
リシェル
「ねえ・・・この先のこととか考えてるの?」
フェア
「この先?」
リシェル
「戦いに決着がついた それから先のことよ」
フェア
「そっか・・・そういうことは全然考えてなかった」
リシェル
「なによ、それ・・・脳天気にも、ほどがあるんじゃないの?」
フェア
「はいはい、どうもすみませんでした
だけどさ・・・改めて考える必要もないんじゃないの」
リシェル
「え?」
フェア
「たとえは悪いけどこの騒動は、お祭りみたいなもんよ
バカみたいなお騒ぎの後は、いつもの日常が戻ってくるだけよ
いつか、リシェルが返してほしがってた普通の毎日が、ね」
リシェル
「フェア・・・」
フェア
「宿屋の雇われ店長に戻って、毎日おいしい料理作って
オーナーの小言に顔をしかめつつ、なんとか切り盛りして・・・」
リシェル
「おばあちゃんになるまでまっとうに人生を生きていく!
・・・だよね?」
フェア
「平凡で、退屈で年寄りくさいかもしれないけどね?」
リシェル
「でも、それが一番あんたらしいかもしれないよね」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「まあ、アレよ? あたしも、あたしで思うこともあってさ
そういう生き方もいいかも、なーんて思ったりしてるの」
フェア
「そっか・・・」
リシェル
「なんにせよ、あんたはあたしの家来みたいなもんなんだから
せいぜい、これからもはげみなさいよね?」
フェア
「あのねえ・・・」
リシェル
「とりあえず、勝利のパーティでは、好物をたくさん作ること!
いいわね?」
フェア
「まったく・・・しょうがないなぁ
そのかわり、死んでも無事に戻ってくるって約束してよね?」
リシェル
「うん、あんたもね♪」

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
フェア
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込み あがったよ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ミルリーフ
「果物畑のパンケーキ 盛り付けできたよ」
フェア
「上出来、上出来 仕上げもできる?」
ミルリーフ
「クリームとチョコを半分ずつに、ナッツを散らすんだったよね
まかせてっ♪」
フェア&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
フェア
「うん、ルシアンもおつかれさま
ミルリーフもね?」
ミルリーフ
「えへへっ♪」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「原因は多分、父さんの事業のせいかもね
壊れた区画を修復するついでに、大規模な拡張工事を行って
トレイユを、町から都市へと昇格させるつもりらしいんだ」
フェア
「ああ、それでやたらと肉体系のお客さんとかが増えてるのね!」
リシェル
「なんか、イヤだなあ そういう計画ってさ
あたしたちの知ってる町が、なくなっちゃうみたいで・・・」
ルシアン
「心配ないよ、ねえさん 工事してるのは、例の農園の跡地だもの」
フェア
「暴挙以来、閉鎖されちゃったんだよね」
ルシアン
「うん、あの広い土地を新しい居住区画として開発するみたいだよ
僕たちの暮らしてる今の場所は、あくまで補修をするだけ
ちゃんと、父さんも考えてるんだよ?」
リシェル
「ふーん・・・なら、いいけどね」
フェア
「まあ、とにかく今はひと休みしましょ
夜になったら、また大忙しなんだから」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
フェア
「ふわああぁ・・・っ」
リシェル
「でっかいアクビねぇ アゴ外れちゃうわよ?
今の、男の人に見られたら、幻滅間違いなしよぉ?」
フェア
「そういう時はちゃんと気をつけるようにしてます
リシェルしかいないから、大あくびだってできるんだもん
今さら、見栄を張らなきゃいけない間柄でもないしね」
リシェル
「ま、そりゃそうだわね
でも、最近の忙しさはちょっと殺人的よね
そのぶん、もうかってパパは、ホクホク顔になっちゃってるけど」
フェア
「たしかに、注意はされても、怒鳴られることは減ったかな
それはそれで、なんか物足りない気もするんだけどね」
リシェル
「呼び出されるのが当たり前ってカンジだったもんねえ
でもさ、いいじゃん? それだけあんたのこと認めてくれてんだし
あたしとしてもひと安心、かな」
フェア
「一人前だぞって胸を張るにはまだまだだよ」
リシェル
「お、謙虚じゃん?」
フェア
「まあ、ね・・・ 前は、認められたくてムキになってたけど
今はもう、不思議とそういう焦りは消えちゃったみたい」
リシェル
「ふーん・・・
きっと、それがさ 大人になったって証拠かもよ?」
フェア
「・・・そうかな?」
リシェル
「多分、ね
ま、変に考えたりしなくても、別にいいんじゃない
ガキでも大人でも あんたはあんたに変わりないんだし」
フェア
「ははっ、そうだよね
でもさ・・・変わったのはリシェルもでしょ
ポムニットさんから教えてもらったわよ
オーナーと・・・お父さんと、仲直りしたんだって?」
リシェル
「べ、別にそんな大げさなことじゃないってば!?
ただ、無闇やたらに突っ張っていても疲れるだけだって
気づいて、バカバカしくなっちゃったからヤメにしただけよ」
フェア
「ふーん・・・」
リシェル
「ポムニットめ・・・余計なこと言うなってクギさしとかなきゃ」
フェア
「照れない、照れない わたし、ちょっと関心してるんだからさ」
リシェル
「・・・え?」
フェア
「なんだかんだ言って わたし、まだ当分は父さんのことを
許せそうにないから」
リシェル
「フェア・・・」
フェア
「だからね、リシェルとオーナーが仲直りしたって聞いて
ちょっと、うれしいの 自分のことみたいで」
リシェル
「そっか・・・」
メリアージュ
「一時は、どうなるかとハラハラしてたけれど
この様子だったら もう、心配しなくていいみたいね?」
ケンタロウ
「まあな・・・」
エリカ
「エリカも早く元気になって、お姉ちゃんたちと暮らしたいな
すごく楽しそうだもん」
ケンタロウ
「ああ、そうだな そのためにも、もっとがんばらねーとな」
メリアージュ
「だからって、無茶はほどほどにしてね」
ケンタロウ
「心配すんなって! オレ様は、無敵のケンタロウ様だぜ?」
メリアージュ
「そういうことを言うから、かえって心配なんですっ!?」
エリカ
「だいじょうぶだよ だって、これから先困っちゃった時は
夢で、お姉ちゃんに助けにきて、ってお願いできるもの」
ケンタロウ
「な・・・っ!?」
メリアージュ
「ああ、そうね それなら安心ね」
ケンタロウ
「ったく・・・それじゃ、オレ様の立場がねーだろ!?」
メリアージュ
「うふふふふっ♪」
エリカ
「あははははっ♪」
フェア
「ところでさ、リシェル 店を手伝わせといて言うのもなんだけど
召喚術の勉強のほうは問題ないの?
派閥に正式に属するからには、色々と準備もあるでしょ」
リシェル
「アンタねえ 誰に向かって言ってるつもり?
このリシェル様に抜かりはないわよ 次の定例考査で
ばっちり、華麗に派閥デビューしてあげちゃうんだから」
フェア
「ははっ、その調子ならホントにだいじょうぶみたいだね」
リシェル
「心配しないでよ あたしは、やる時はやるんだからさ
可愛い弟の未来がかかってるんだから なおさら、ね」
フェア
「ルシアンの?」
リシェル
「そうよ、あたしが正式に金の派閥の一員になって
ブロンクスの家名を守れる立場になれば
ルシアンも安心して自分のやりたいことできるじゃない?」
フェア
「自由騎士になる夢、か・・・」
リシェル
「うん、最初はとんでもないって思ってたけどさ
本気みたいだからね 姉としては、やっぱ応援してあげなきゃ」
フェア
「そうだよね・・・
でも、そうなったら今みたいに、いつでも会えるってワケには
いかなくなっちゃうね」
リシェル
「心配しなくたって ルシアンだったらあんたが呼べば
どんな場所からでもすっ飛んでくるって思うけどなあ・・・」
フェア
「え?」
リシェル
「あははははっ ううん、なんでもないないっ♪
心配いらないってば
あのコも、あたしも あんたの作る料理で育ってきたんだから
ほっといたって味が恋しくなって顔を出すわよ」
フェア
「なんか、餌づけしてるみたいよね それって・・・」
リシェル
「近いものはあるかも
むしろ心配なのはこの店のほうね
あんた一人でやってけるの?」
フェア
「なんとかするよ 元々は、一人でやってたんだし
それに今はミルリーフだっていてくれるもの」
リシェル
「うーん・・・それでも、やっぱ不安だなあ・・・
よし、決めた!
派閥に入っても あたし、助っ人にきてあげるわ」
フェア
「え、でも・・・」
リシェル
「だいじょうぶだって 出来る範囲でしか無茶はしないから
ポムニットと相談して、かわりばんこに手伝いにくるわ
なら、文句はないでしょ?」
フェア
「やれやれ・・・言い出したら聞かないもんなあ
・・・ありがとね?」
リシェル
「水くさいことは言いっこナシナシ なんたって・・・
あんたとあたしは 一番の親友なんだから・・・ね?」
フェア
「うんっ!」
ずっとずっと仲良しのままでいようね
いつかおばあちゃんになったときに、思い出話でいっぱい笑えるように
その時まで、めいっぱい人生楽しんじゃお!

コメント

タイトルとURLをコピーしました