【夜会話】ルシアン(フェアVer.)

スポンサーリンク
不断様

第3話 ドキドキ、はじめての御使い

ルシアン
「ありがとう フェアさん
リビエルちゃんのこと連れ戻してくれて」
フェア
「別にお礼を言われるようなことじゃないよ
ほっとくわけにもいかなかったしね」
ルシアン
「それでも、お礼が言いたかったんだよ
フェアさんはお父さんが関わってるからって言ったけど
僕は知ってるよ そうじゃなくたってフェアさんは
リビエルちゃんのこと きっと助けてくれたって」
フェア
「・・・・・・」
ルシアン
「だって、優しいもん」
フェア
「や、やだなあ! 優しいだなんてそんなぁ・・・」
(ドスッ!)
ルシアン
「・・・あうっ!」
フェア
「あれ??? ねえ、ちょっとルシアン???」
ルシアン
「きゅうぅぅ・・・っ」
(バタッ!)
フェア
「わわわっ!? しっかりしてよっ ちょっとーっ!?」
照れ隠しにしては力加減を間違えちゃったかも・・・

第4話 素敵な若さま、大暴走!

ルシアン
「そっか・・・ セクター先生に叱られちゃったんだ
それじゃ、さすがのフェアさんも折れるよねえ・・・」
フェア
「わたし、先生にだけはどうしても頭があがらないんだよね・・・
子供の頃からさんざんお世話になってるし」
ルシアン
「僕たち三人にとっては一番、身近にいた大人の人だったもんね
悩み事とか、いつでも気さくに相談に乗ってくれていたし」
フェア
「へえ、ルシアンも先生に相談したことあったんだ?
ねえねえ、いったいどんなこと?」
ルシアン
「ひ、秘密だよっ!」
フェア
「ケチ・・・」
ルシアン
「でも、先生もこれで事情を知っちゃったんだよね・・・
巻き込まれたりしないよね?」
フェア
「だ、だいじょうぶよ!」
ルシアン
「でも、先生は昔のケガのせいで、歩くのもつらそうだし・・・」
フェア
「その時は、責任もってわたしたちが、先生を守ってあげればいい
でしょ?」
ルシアン
「うん・・・ そうだよね
僕たちが気をつけてあげないとね」
フェア
「うん!」
ルシアンの心配ももっともだよね 気をつけないと

第5話 今はもう、戻れない場所

ルシアン
「戻ってきてくれてよかったね アロエリさん」
フェア
「結局、謝ってはもらえずじまいだけどね・・・」
ルシアン
「でも、そんなの別にいらないやって思ってるでしょ?」
フェア
「まあ、ね」
ルシアン
「きっと、あの人はものすごく真面目なんだろうね
だから、守護竜さんや隠れ里を守れなかったことに責任を感じて
そのぶん、必死にあの子を守ろうとしてるんだって思うよ」
フェア
「けど、いくら必死になっても、空回りじゃ意味がないもの
周りとの摩擦で火をふいて、燃えつきて消し炭になっちゃう」
ルシアン
「心配だよね・・・」
フェア
「だいじょうぶでしょ だって・・・
それがわかったからアロエリは、ここに戻ってきたんだし」
ルシアン
「うん、そうだね それに・・・
そうなりかけたら 今度は、僕たちが止めてあげればいい
だよね?」
フェア
「うん、そういうこと」
そうならないのが一番なんだけどね

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ルシアン
「ルヴァイドさんたちの剣さばき、やっぱりすごかったよね」
フェア
「うん、本当に強かった
型にとらわれないのもいかにも実戦的だしね」
ルシアン
「やっぱり、僕もそういうのを意識したほうがいいのかな
いつだって必死だから稽古してる型を出せた試しもないし・・・」
フェア
「まあ、たしかに実践じゃ型どおりにはいかないものだけど
でも、結果的に型と同じになるってことは結構あることだよ?」
ルシアン
「それは、そうだけど」
フェア
「基礎の稽古は、やればやったぶんだけ、力になるものだよ
あせらなくたってルシアンは、ちやんと強くなってるもの
わたしが保障するよ♪」
ルシアン
「う、うん・・・」
フェア
「もし、今の稽古じゃ物足りないって思うんならさ
アルバに色々と聞いてみたら?」
ルシアン
「え?」
フェア
「見習いでも、あの子は「自由騎士」の候補生なんだし
理不尽な指導を受けてきた、わたしよりは
理にかなった技術を身につけているのは間違いないしね」
ルシアン
「そうだね・・・ うん、わかったよ!」
年も近いし、ついでにうち解けてくれればいいんだけどな

第7話 お魚たずねて、秘密基地

フェア
「ルシアンのお父さんもたしか機界の召喚師だったよね?」
ルシアン
「うん、そうだよ だから、ねえさんも機界の召喚師なんだ
僕だけが、機界の術と相性が悪かったみたい」
フェア
「それなら、同じ属性の召喚師に教わればよかったのに」
ルシアン
「そういうわけにはいかないんだよ 「金の派閥」では
家ごとに、利権をめぐって対立しているような状況だからね
その家ごとの召喚術の秘伝を、他人に教えることはないんだ」
フェア
「料理人が味の秘密を隠しているのと同じようなものなのかな?」
ルシアン
「そういうこと
どうしても習いたいのなら、その家の養子になればいいんだけど
そこまでして僕は召喚師になりたいわけじゃなかったし」
フェア
「なるほどねえ・・・」
ルシアン
「ねえさんは、きっと あんまり話してないと思うけどね
召喚師たちの世界って形式や、駆け引きとか色々大変なんだよ
もし、素質があっても僕の性格じゃ、うまく立ち回れないと思う
そこで勝ち残ってきた父さんは、ある意味すごいって思うし
父さんを毛嫌いしてても、責任は果たしてるねえさんも
どっちも本当に強いんだって、僕は思っているんだ」
フェア
「ルシアン・・・」
召喚師は召喚師でそれなりの苦労があるんだね・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ルシアン
「アルバが来てくれて本当によかったよね
ポムニットさんがつかまっちゃった時 僕は取り乱すだけで
なんにもできずにオロオロしていただけだったもん」
フェア
「わたしもおんなじだよ 頭の中ぐちゃぐちゃで真っ白になってさ
あはは、情けないよね」
ルシアン
「フェアさん・・・」
フェア
「けど、次からはもうあんな失敗は絶対にしないんだから!」
ルシアン
「うん、そうだね あんな思いはもう絶対したくないもん
そのためにも、もっと強くならなくちゃ!
ポムニットさんもミントさんも、それにねえさんだって
どんなに勇ましくても女の人なんだもんね
男の僕が、しっかり守ってあげなくちゃ!」
フェア
「うんうん、さすが それでこそ男の子♪」
ルシアン
「フェアさんとした約束も、守らないとね・・・」
フェア
「ん?」
ルシアン
「ななっ、なんでもないですっ!?」
フェア
「???」
一緒にがんばろうね ルシアン?

第10話 想い、途切れることはなく

フェア
「昼間、あんなことがあったばかりだし
今はまだ、そっとしておいてあげよう・・・」

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

ルシアン
「僕はね、先生のこと すごい人だなあってずっと思ってたんだ
色んなこと知ってて いつも落ち着いていて思いやりがあってさ
フェアさんと同じくらいに、ずっとあこがれていたんだ
でも、それは僕が勝手に思いこんでた幻想だったんだね」
フェア
「ルシアン・・・」
ルシアン
「先生は完璧なんだから 間違ったりしないし取り乱したりしない
バカだよね・・・ そんなこと、絶対ありっこないのに
一人で決めつけて勝手にそう思って 落ちこんで・・・」
フェア
「だったら・・・わたしだってルシアンと同罪だわ」
ルシアン
「え?」
フェア
「先生だったらどんな時だって味方になってくれる
そう思いこんでずっと甘えてばかりだったんだもの」
ルシアン
「フェアさん・・・」
フェア
「ねえ、ルシアン 先生のあの姿を見てどう思った?」
ルシアン
「こわかったよ・・・ 機械まみれの身体は不気味だと思ったし
なによりも、戦ってる先生の顔が恐ろしくてたまらなかったんだ
復讐することだけに必死な姿は、まるで鬼みたいだったし」
フェア
「うん・・・ でも、それも先生の顔のひとつなのよ
だから、こわくても目を背けちゃダメってわたしは思うの」
ルシアン
「!」
フェア
「わたしたちは、今まで自分に都合のいい先生の姿だけを見ていた
でも、これからはそれだけじゃダメ! 先生のことを・・・
あの人を助けるには、あるがままの全てを認めなきゃダメよ!」
ルシアン
「あるがまま・・・ 全てを・・・」
フェア
「約束しようよ ルシアン?
これから先、先生がどれだけ迷い続けて 間違ったとしても
わたしたちは、絶対に目をそらしたりしない
まっすぐに向きあって最後には必ず、先生の目を覚まさせるの!」
ルシアン
「うん、約束するよ! フェアさん
先生が僕たちに教えてくれたことを、今度は僕たちが伝えようよ
僕たちが過ごしてきた時間は、うつろなものじゃないって!」
フェア
「ええ、そうよ!」
それがわたしたちから先生への恩返しなんだよ、きっと・・・

第13話 思い願うこと、貫くこと

フェア
「ねえ、ルシアン ひとつ気になってたんだけど
あなた、あの橋を壊されそうになったことに、なんで
あんなにもムキになって、怒ったりしたの?」
ルシアン
「あ、うん・・・ だって、町のみんなが困るじゃない?」
フェア
「そりゃまあ そうだけど・・・」
ルシアン
「それに、僕 父さんから聞いたことがあるんだよ
あの橋をかけるのには大勢の人が、たくさん苦労したんだって
そして、橋が造られたおかげで、小さな村しかなかった土地に
このトレイユの町が誕生したんだって」
フェア
「へえ・・・」
ルシアン
「父さんは言ってたよ 当たり前のようにそこにあるものは全部
必要とされたからこそ ずっとそこに有り続けられたんだって
それが人の手によって作り出されたものならなおさらだ、ってね」
フェア
「あの橋も、そういうもののひとつだっていうことなんだね」
ルシアン
「うん、だからこそ それを身勝手な都合で
壊そうとしてるのが どうしても、僕には許せなかったんだ」
フェア
「そっか・・・
ふふっ、だけど ちょっとだけ感心しちゃったかも」
ルシアン
「え?」
フェア
「なんだかんだ言って ルシアンも、この町の未来をしょって立つ
ブロンクス家の立派な跡取り息子なんだなあ、って」
ルシアン
「べ、別に・・・ そんなつもりじゃないってば!?
それに、跡継ぎはきっとねえさんだって決まってるし・・・」
フェア
「だとしても、ルシアンが、この町を大切に思ってることはさ
絶対、ムダにはならないし、素敵なことだと思うよ?」
ルシアン
「か、からかわないでよ もぉ・・・っ」
フェア
「あははははっ♪」
この町を大事に思う気持ち、わたしも見習わなくちゃね

第14話 来訪者たち、彼方より

フェア
「結局、ギアンはエニシアをだまして利用していたのね」
ルシアン
「そう、なのかな?」
フェア
「なによ、ルシアン 納得いかない顔して
どう見ても。悪いのはギアンじゃないの?」
ルシアン
「それはわかってるよ ウソをついていたのは本当のことだし
でも僕は、彼女がだまされていたことに気づいていたような
そんな気がするんだ」
フェア
「ちょっと、おかしなこと言わないでよ
だまされてるって気づけば、誰だって怒るに・・・」
ルシアン
「わかってても、それができずにいる人だっているんだよ?
フェアさんやねえさんみたいに思っていることを
はっきりと言う勇気が出せずにいる人だっているんだよ?」
フェア
「エニシアもそうだっていうの?」
ルシアン
「彼女は、疑うことがこわかったんだと思う
その相手が、自分にとって大事な人ならなおさらだよ
疑うことで、その人が自分から離れていってしまったら・・・
そんなのってつらすぎるもの」
フェア
「そっか・・・
けど、エニシアは自分から、それを確かめにやって来た
ルシアンの言ったことが、あたっているとしたら
ものすごく、勇気がいることだったのかもしれないよね」
ルシアン
「うん、すごいって思う 本当に・・・」
なんとかして報いてあげたいよね エニシアの勇気に・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ルシアン
「でも、びっくりしたよ 小石が当たる音がして窓の外をのぞいたら
フェアさんが手をふってるんだもん」
フェア
「あははっ、ゴメン もしかして、アレで起こしちゃった?」
ルシアン
「ううん・・・僕も眠れずにいたから気にしなくていいよ
目を閉じると、戦いのこととか、いろいろ考えちゃってさ
フェアさんみたいに、平然としてられたらいいのにね」
フェア
「そうでもないよ・・・」
ルシアン
「え?」
フェア
「わたしだって やっぱり怖いよ・・・
だって、竜になろうとしてるような相手と戦うんだから・・・」
ルシアン
「そうなんだ・・・」
フェア
「今まではね、なんとか負けん気だけで走ってこられたんだよ
父さんのこととかで周りから引け目とかも感じてたし・・・
しっかりしなきゃダメだって、ずっと自分に言い聞かせてたんだ
無我夢中でね」
ルシアン
「フェアさん・・・」
フェア
「だけど、今は正直 逃げ出したいくらいにこわくてたまらない
振り向いて背負ったものの大きさに気がついて
途方にくれてる・・・その重みから逃げたいワケじゃないけど
最後まで、みんなの期待に応えられるかが不安でたまらないの
ゴメン・・・こんな時に、弱音をはいたりして・・・」
ルシアン
「だいじょうぶだよ?
一人で背負えないなら僕が手伝ってあげる」
フェア
「ルシアン・・・」
ルシアン
「フェアさんがみんなのために戦ってくれるのなら
僕は、貴方を守るために戦うから」
フェア
「でも・・・っ」
ルシアン
「前にも言ったでしょ?
貴方を守りたいから 僕は、ずっと強くなりたかったって」
フェア
「あ・・・」
わたしだって一応は女の子なんだからね
守るよりも、誰かに守ってもらうほうが やっぱりうれしいよ
フェア
「(そっか・・・いつも、わたしがぼやいてたから
ルシアンは・・・)」
ルシアン
「本当はね、前から気づいていたんだよ
貴方の強さは 生まれつきのものなんかじゃなくて
他の誰かのために勇気をふりしぼった結果なんだって
なのに、僕たちはずっとそれに甘えてばかりだった・・・」
フェア
「・・・・・・」
ルシアン
「でも、僕はもう決めたから!
力は足りなくても 気持ちだけなら誰にも負けない
フェアさんは僕が守ってみせる! 守りたいんだ!!」
フェア
「ありがとう・・・うれしいよ、ルシアン」
ルシアン
「フェアさん・・・」
フェア
「わたしも約束するよ もう、弱音なんかはいたりしない
めいっぱい、最後までがんばるから! だから・・・
・・・守ってね?」
ルシアン
「うんっ!」

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
フェア
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込み あがったよ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ミルリーフ
「果物畑のパンケーキ 盛り付けできたよ」
フェア
「上出来、上出来 仕上げもできる?」
ミルリーフ
「クリームとチョコを半分ずつに、ナッツを散らすんだったよね
まかせてっ♪」
フェア&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
フェア
「うん、ルシアンもおつかれさま
ミルリーフもね?」
ミルリーフ
「えへへっ♪」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「原因は多分、父さんの事業のせいかもね
壊れた区画を修復するついでに、大規模な拡張工事を行って
トレイユを、町から都市へと昇格させるつもりらしいんだ」
フェア
「ああ、それでやたらと肉体系のお客さんとかが増えてるのね!」
リシェル
「なんか、イヤだなあ そういう計画ってさ
あたしたちの知ってる町が、なくなっちゃうみたいで・・・」
ルシアン
「心配ないよ、ねえさん 工事してるのは、例の農園の跡地だもの」
フェア
「暴挙以来、閉鎖されちゃったんだよね」
ルシアン
「うん、あの広い土地を新しい居住区画として開発するみたいだよ
僕たちの暮らしてる今の場所は、あくまで補修をするだけ
ちゃんと、父さんも考えてるんだよ?」
リシェル
「ふーん・・・なら、いいけどね」
フェア
「まあ、とにかく今はひと休みしましょ
夜になったら、また大忙しなんだから」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
フェア
「よいしょ・・・っと!
・・・ひゃっ!? あわわわわわっ!?」
ルシアン
「ほら、そんなにもいっぱい抱えたら危ないってば」
フェア
「あ、ありがと・・・ ルシアン・・・」
ルシアン
「ほら、かして? 僕、まだ持てるから」
フェア
「むむむ・・・」
ルシアン
「どうしたの? さっきから、なんか不機嫌みたいだけど」
フェア
「なんか、ちょっと悔しくってさあ
ちょっと前まではわたしのほうがルシアンよりも
荷物いっぱい運べたのにさ」
ルシアン
「ああ、そういえば姉さんも、似たようなこと言ってたっけ
前よりも、僕がたくさん食べるようになったから
油断してるとおかずがなくなって困るのよ、って」
フェア
「あはは・・・リシェルらしい不満ね・・・」
ルシアン
「でも、このところ自分でも、はっきりわかる気がするんだ
稽古の成果なのか 身体つきが変わってきてるなって」
フェア
「いわれて見れば背も、ちょっぴり伸びてきてない?」
ルシアン
「かもしれない 今度、ちゃんとはかってみるよ」
フェア
「(うーん・・・この調子だとあっという間に
わたしたちの背 追いこしちゃいそうだよね
でっかくなったルシアン・・・
なんか、想像がつかない・・・)」
ルシアン
「どうしたの? ニヤニヤしちゃって」
フェア
「べ、別にっ!? なんでもないよっ」
ルシアン
「???」
メリアージュ
「一時は、どうなるかとハラハラしてたけれど
この様子だったら もう、心配しなくていいみたいね?」
ケンタロウ
「まあな・・・」
メリアージュ
「気にかけてくれるお相手も、ちゃんといるみたいだし♪」
エリカ
「だけど、お姉ちゃん なかなか、素直にはなれないみたいだね」
ケンタロウ
「いいんだよ! まだ、あのガキにゃそーいうのは早い!」
メリアージュ
「あら、誰かを好きになることに、理由や理屈は関係ないって
「ぷろぽーず」してくれたのは、どこのどなたでしたっけ?」
ケンタロウ
「お、おい・・・っ!?」
エリカ
「うわぁ、お母さんってお父さんにそんなこと言ってもらったの?
いいなー、エリカも言われてみたいなあ」
メリアージュ
「エリカにも、きっとそういう人に出会える日がくるわよ
お姉ちゃんのように そして・・・
お母さんとお父さんのように、ね?」
エリカ
「うんっ♪」
フェア
「でも、ちょっと前じゃ想像できなかったよね
ミルリーフとリシェルだけに留守番を任せて
買い出しに出かけられるなんてね」
ルシアン
「それだけ、平和になったってことだね
亜人たちが、無事にメイトルパへと帰ることができて
役目を終えた「船」が また「隠れ里」として活動をはじめて
あれから、もう半月も経ったんだね」
フェア
「うん、早いものよね
まあ、ミルリーフは結局、こっちに入りびたりだから
リビエルあたりはしょっちゅう、文句言ってくるけどね」
ルシアン
「あはは、大変だ」
フェア
「でも、しばらくはね 好きにさせてあげるつもりだよ
あのコは、駆け足で子供から大人になったんだもの
本人も納得してるし仕方のないことなんだろうけど
もっといろいろ子供らしい遊びをさせてあげたり
楽しい思い出とか作ってあげたいの」
ルシアン
「そうだね・・・
ラウスブルグではあの子は、守護竜でいなくちゃならない
でも、ここでならそんな肩書きなんて考えなくてもいい
僕たちが、甘えさせてあげられるもんね」
フェア
「いつかは、あのコも守護竜として独り立ちしていくことになる
別れの時、お互いが笑顔でいられるように
めいっぱい、今を楽しまなくちゃね」
ルシアン
「うん・・・似たようなこと 僕も最近、考えてる
いずれは、この町とお別れしなくちゃならないからね」
フェア
「じゃあ・・・オーナーとは話がついたの?
自由騎士団に参加するってこと」
ルシアン
「ううん、まだ許してはもらっていないんだ
でも、僕も絶対譲るつもりはないからね
アルバとの約束も守りたいし・・・」
フェア
「そっか・・・そうだよね・・・」
ルシアン
「結論からいうとね お互いに、妥協することになったんだ
とりあえず、僕は軍学校に進学するよ ちゃんと卒業して
それから、改めてその先のことは決める、ってね
父さんは言うんだ 夢や理想を追うのは素晴らしいけれど
現実と闘いながらそれを勝ちとるのは難しいんだって
自分も、そうした苦い思いを味わってきたって・・・」
フェア
「・・・・・・」
ルシアン
「軍学校で学びながら もう一度、確かめてみようと思うんだ
この気持ちが、現実に負けないくらい、強いものなのかどうか」
フェア
「負けないと思うな きっと・・・」
ルシアン
「え?」
フェア
「だって、ルシアン 前より、ずっと強くなってるもん」
ルシアン
「フェアさん・・・」
フェア
「言いたいこともはっきり言えるようになったし
かばってあげなくても自分で、つらいことに立ち向かっていくし
もう、弟あつかいなんて、できないよ あははは・・・」
ルシアン
「それがホントなら 僕は、うれしいな
弟とかじゃなくて一人の男として認めてもらいたいって
ずっと、思ってたから」
フェア
「ルシアン・・・」
ルシアン
「もうひとつの約束も 僕、ちゃんと忘れていないよ?
フェアさん 貴方のことは、ずっと僕が守るから」
フェア
「だ、だけど・・・ルシアンには、騎士になるって夢が・・・
邪魔したら・・・」
ルシアン
「邪魔なんかじゃないよ むしろ、貴方が見ててくれるんだったら
いくらでも、僕はがんばることができる そんな気がするんだ」
フェア
「ルシアン・・・」
ルシアン
「信じて、待っていて すこし、時間はかかるかもしれないけど
僕は必ず、貴方を迎えにくるから
誰がなんと言おうと どんな邪魔をしようと
今よりも、もっと強くなって、約束 守ってみせるから!」
フェア
「う、うん・・・」
リシェル
「あーっ、あんたたち なーにイイ雰囲気になってるワケぇ?」
フェア
「あ、その・・・えーっとね・・・」
ルシアン
「ほら、行こうよ? 急いで、仕込みを始めなくちゃね」
フェア
「ま、待ってよぉ!? もぉ・・・っ ルシアンってば!?」
僕が強くなれる理由はね
きっと、貴方と出会えた そのお陰なんだよ
大好きだよ フェアさん・・・ 約束、守ってみせるからね

コメント

タイトルとURLをコピーしました