【夜会話】ポムニット(ライVer.)

スポンサーリンク
夕焼け空様

第3話 ドキドキ、はじめての御使い

ポムニット
「結局、ふりだしに戻っちゃいましたねえ」
ライ
「タマゴが落ちてきてる時点で、変だと思っていたんだけどさ
あんなことになってるとは、さすがに想像もしてなかったぜ」
ポムニット
「ですよねえ
さすがに、これじゃあ ほうりだすことなんかできませんよねえ」
ライ
「じゃあ・・・」
ポムニット
「仕方ありません しばらくは現状維持で納得いたしましょう
そ・の・か・わ・り!
おじょうさまとおぼっちゃまの身の安全だけは
ライさん 貴方が、絶対に死守してくださいまし!」
ライ
「えぇーっ!?」
ポムニット
「これは取引です さもないと
旦那さまに言いつけちゃいますからねえ?」
ライ
「ひ、卑怯だぞっ!? ポムニットさん!?」
ポムニット
「おほほほほ・・・」
ま、言われなくたってそのつもりだったからいいけどな・・・

第4話 素敵な若さま、大暴走!

ポムニット
「飛び出していってしまった時は、心配しちゃいましたけど
きちんと仲直りすることができて
ホッといたしましたよ」
ライ
「まあ、アイツはまだ赤ん坊なんだしな
目くじら立てるのがバカらしくなった そんだけだよ」
ポムニット
「でも、そういう割り切り方だって大人になるほど
なかなかできなくなるものなんですよ」
ライ
「そうなのか?」
ポムニット
「ええ、そうですとも
わかってはいても できなくなること 正せなくなること
そういうことってどんどん増えていくものなんです
あの子が言っていた召喚獣のこともそうですね
わかってはいても召喚術を捨てることは絶対にできないから
そこから歪みが生じていると知っていても目をつぶってしまう」
ライ
「ポムニットさん・・・」
ポムニット
「なーんて! わたくしごときが偉そうですよね?
なんせ、召喚術とは無縁のメイドですし あはははっ♪
くれぐれも今の話はおじょうさまたちにはご内密に・・・
エラそうだって怒られちゃいますもの」
ライ
「あ、ああ・・・」
今のポムニットさん 一瞬だけど、別の人に見えた気がした・・・

第5話 今はもう、戻れない場所

ポムニット
「アロエリさんの気持ち わたくし、わかります
自分のせいで、大切な誰かを、不幸にしてしまったら・・・
悔やんでも悔やみきれないし、死にたいとも思いますもの」
ライ
「だからって、死んだらそれで終わりだって
ただの、カッコ悪くて無責任な逃げ方だよ」
ポムニット
「そうですね・・・
貴方のお父さまにも同じようなことを言われちゃいました」
ライ
「クソ親父に?」
ポムニット
「ええ・・・」
ライ
「(そういえば・・・ポムニットさんって
親父に紹介されてリシェルの家に奉公していたんだっけ
詳しい事情なんかは知らないけど・・・)」
ポムニット
「ままならないことってありすぎますよね
あの獣皇っていう敵もきっと、そう・・・」
ライ
「え?」
ポムニット
「血まみれになりながら吠えているあの声が
わたくしには、まるで泣き叫んでいるように聞こえたんですよ
紅い涙を流して・・・」
ライ
「ポムニットさん?」
ポムニット
「な、なんか変ですよね 最近のわたくしって?
思いこみが激しいというか、思い入れが激しいというか
あはははは・・・」
ライ
「いいぜ、別に 取りつくろわなくても
オレと話してる時はメイドの立場とかは気にしなくていいよ
オレでよかったらいくらでも話し相手になるからさ」
ポムニット
「ライさん・・・
ありがとう・・・」
いつも心配かけてるし息抜きの相手ぐらいはしてやりたいもんな

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ポムニット
「「紅き手袋」やら「自由騎士」やら
次から次へと はちゃめちゃが押し寄せてばかり
ああ、いつになれば平穏は戻ってくるのでしょうか・・・」
ライ
「うーん、ちょっと想像つかないよな」
ポムニット
「他人事みたいにおっしゃらないでくださいまし!?」
ライ
「そう言われてもこればっかりは仕方ないって
別にオレだって好きで戦ってるワケじゃねーし」
ポムニット
「どーだか・・・
すくなくとも 貴方の普段の行いを見ているせいで
コーラルちゃんが好戦的になってるのは事実なんですからね」
ライ
「ぐ・・・」
ポムニット
「必要にせまられて身を守ることは仕方がないでしょうけど
わたくし、やっぱり戦いはキライです
早く、戦わなくてもすむようになってほしいです・・・」
ライ
「ポムニットさん・・・」
そうだよな・・・それが当たり前の願いなんだよな・・・

第7話 お魚たずねて、秘密基地

ライ
「結局、ポムニットさんのお弁当、食べられずじまいだったよな
せっかく作ってきてくれたのに悪かったな」
ポムニット
「いいんですよ、別に仕方のないことです
それに、久々のものでうまくできていたかも自信なかったですし
ライさんのお弁当には、到底かないませんよ」
ライ
「そうかなあ?
ポムニットさんの作る手料理、オレは大好きだけどなあ・・・」
ポムニット
「え、そうなんですか?」
ライ
「うん、小さい時から自分で料理をしてたオレにとってはさ
遊びに出かけた時にポムニットさんが用意してくれるお弁当が
ものすごくうれしいごちそうだったんだぜ
家庭の味っていうかなんていうかさ ホッとする味なんだ」
ポムニット
「は、はあ・・・」
ライ
「だからさ、これにこりないで、また作ってきてくれよ
楽しみにしてるからさ」
ポムニット
「は、はいっ! かしこまりましたっ♪」
その時は、戦いとかは抜きにして、のんびり楽しみたいもんだよな

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ポムニット
「今日は、わたくしのせいで迷惑をかけてしまって・・・」
ライ
「気に病むなってば
むしろ、敵を甘く見ていたオレたちが悪かったんだと思う
殴られた傷、平気か?」
ポムニット
「ええ、頑丈なのが取り柄ですからね へっちゃらです♪
むしろ、自分が殴られた時よりもおじょうさまが
乱暴された時のほうが わたくし、何十倍もつらかったです
わたくしなんかのために、あんなにも必死になって・・・」
ライ
「リシェルにとっちゃ それだけ、大事なことだったんだよ
それに、そういうポムニットさんだって
同じくらい、あいつのことを心配してただろ」
ポムニット
「え?」
ライ
「オレ、見てたんだぜ
リシェルが襲われた時 ポムニットさんの表情 すごく思いつめてた」
ポムニット
「!?」
ライ
「今にも飛びかかっていきそうなくらいの迫力があったからさ
オレ、ちょっと焦っちまったぜ」
ポムニット
「あ、あはは・・・ そうでございましたか あははは・・・
必死になるあまりに我を忘れちゃってたみたいですねえ
本当にとびかかっていたらって考えるとゾッとします・・・」
ライ
「うん、そういうのはオレとしてもカンベンしてもらいたいな
ポムニットさんには後ろでオレたちのこと支えてくれればいい
それだけでも、充分に感謝してるんだからさ」
ポムニット
「そうおっしゃっていただけると、わたくしも嬉しいですよ、ええ」
ライ
「それじゃ、またな!」
(ライ去る)
ポムニット
「おやすみなさいまし ライさん」
(ポムニット)
よかった・・・でも、いざとなったらその時には・・・

第10話 想い、途切れることはなく

ライ
「(昼間、あんなことがあったばかりだしな
今はまだ、そっとしておいてやろう・・・)」

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

ポムニット
「改めて、ああして そろい踏みされると痛感しちゃいますね
わたくしたち、すごく大勢の敵を相手にしているんだなあ、って」
ライ
「ああ、だけど こっちだって一人で戦ってるんじゃない
リシェルたちや兄貴やねーちゃん、たくさんの仲間たちがいる
ポムニットさんだって残ってくれたしさ?」
ポムニット
「えへへへ・・・」
ライ
「みんな、信頼しあって助け合って、今日まで戦ってきたんだ
だから、絶対に負けたりしねーよ!」
ポムニット
「わたくしも、そう願ってやみません ですけど・・・
信じて、助け合っているのは、わたくしたちだけではなくて
あちらも、同じではないのでしょうか?」
ライ
「え・・・」
ポムニット
「「教授」を助けにきた「将軍」や「獣皇」は命令ではなくて
彼ら自身の意思でやって来たように思えたんです」
ライ
「ああ、そうだよな すくなくとも
おっさんとジイさんは根っからの悪人じゃないみたいだし」
ポムニット
「なら、このまま戦いを続けることは・・・」
ライ
「仕掛けていたのはあっちなんだぜ? ポムニットさん」
ポムニット
「う・・・」
ライ
「コーラルのことをあきらめてくれれば
話し合うことも不可能じゃないって思ってた・・・
けど、それは無理みたいだってはっきりわかったんだ
ジイさんは・・・そのために命も捨てる覚悟だったからな」
ポムニット
「なんで・・・そこまでして、必死になるんでしょうね」
ライ
「「姫」ってヤツのためなんだろうな
どういう関係なのかはさっぱりだけどさ
「将軍」や「教授」にとって、大切な存在なんだろうな、多分」
ポムニット
「うーん・・・
ひらめきましたっ!」
ライ
「は?」
ポムニット
「なら、その「姫」にお願いすればいいんじゃないですか!
「戦いは、もうやめて話し合いましょう」・・・って♪」
ライ
「いつ? どこで?どうやって???」
ポムニット
「・・・えううぅっ」
できるのなら、オレもそうしたいと思っちゃいるんだけどな・・・

第13話 思い願うこと、貫くこと

ライ
「なんだよ、改まって話したいことって?」
ポムニット
「じつに、ゆゆしき事態なんですよ!
さっき旦那さまに呼びつけられたのですが・・・
橋が壊れた一件に皆さんが関わったのではないか、と
かーなーり、真剣に疑っておられるみたいなんですよ!?」
ライ
「まあ、そりゃ そーだろうな」
ポムニット
「あれ??? びっくりしないんですか???」
ライ
「つーか、もっと前に問いつめられるかと思ってたからな
考えてもみろよ?
町外れとはいっても さんざん、あちこちで大騒ぎしてるんだぜ
この町の顔役であるあの人が、気づかないはずないだろ」
ポムニット
「まあ、たしかにそうなのですけど
だとしたら、どうして今まで、なにも仰られないのでしょう」
ライ
「さあな・・・直接、本人にたずねるわけにもいかねーし
黙認してくれるのなら、しらばっくれたほうがラクだしな」
ポムニット
「ふむぅ・・・」
ライ
「ま、全部片づいたら きちんと説明しようと思ってるよ
リシェルたちを危ない目にあわせてるのは、事実だしな」
ポムニット
「それは大変に殊勝な心がけだと思います
ですが・・・いいんですか?」
ライ
「?」
ポムニット
「橋の修繕費、多分請求されちゃうと思いますよ?」
ライ
「ぐ・・・っ」
やっぱ・・・永遠にしらばっくれとこうかなぁ・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

ポムニット
「エニシアさんたちも「響界種」だと知ってびっくりしましたよ
半魔のわたくしもつまりは、悪魔との「響界種」ですし
仲間と会えたことはうれしいけど、敵になっちゃいそうだし
たははは・・・ちょっぴり、複雑な気分ですね・・・」
ライ
「つらいんだったらさ 無理して、戦わなくていいんだぜ?」
ポムニット
「いーえ、そういうワケには、まいりません!
「響界種」である前にわたくしは、お屋敷のメイドなんですから
おじょうさまやおぼっちゃまを守るためならば
わたくし、断固として戦っちゃいますよ!」
ライ
「ポムニットさん・・・」
ポムニット
「それに・・・
ライさんは憎しみで戦ってるんじゃないですし
今は、それしか方法が見つからないけれど だけど、最後には
お互いに納得できる答えを見つけようとがんばってるんです
わたくしは ちゃあんと知ってるんですからね?」
ライ
「うーん、それが一番なんだけど、うまくいくかは・・・」
ポムニット
「ダメです、イヤです 見つけてくれなくちゃ許してあげません!
わたくしも、一緒にお手伝いしますからがんばりましょうよ
あの人たちだってわかってくれますよ だって・・・」
(ポムニット)
わたくしも、その優しさに救われたんですから・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ポムニット
「・・・・・・
・・・!」
(元に戻る)
ポムニット
「こんばんは ライさん♪」
ライ
「わわ・・・っ!? び、びっくりしたあ
なんで、いきなり空から降ってきたりするんだよ???」
ポムニット
「ああ、お月さまを見ていたんですよ」
ライ
「月を?」
ポムニット
「ええ、わたくし お日さまの光も大好きですけど
月の光に包まれてるとなんだか、とても心が安らぐんです」
ライ
「ああ、なんとなくそれ オレにもわかるよ
透明な力が、身体中に静かにみなぎってくるみたいな・・・」
ポムニット
「旦那さまから、聞いたことがあるんですよ
月の光は、天空から大地へと降り注ぐマナの恵みだと」
ライ
「へえ・・・」
ポムニット
「わたくしたちが月光に安らぎを感じるのは「響界種」として
授かったこの生命が喜んでいるせいなのかもしれませんね」
ライ
「ああ、そうかもな」
ポムニット
「明日になれば、全て決着がつくんですよね」
ライ
「ああ、多分な
まあ、行きつくとこに着いちゃったってことなんだろうけど」
ポムニット
「ええ、まったくです
こういうことには絶対ならぬよう、あれほど約束をしましたのに
結局、危ない橋を渡ることになるんですもの あーあ・・・」
ライ
「ぼやかないでくれって ワザとやったワケじゃないんだし」
ポムニット
「わかってますけど でも、ぼやかずにはいられないです
わたくしが旦那さまに どれほど、こっぴどく怒られたことか
えうぅ・・・っ」
ライ
「あ、まあ・・・ なんにせよ、これで最後なんだしさ
ギアンをやっつけたらいつもの毎日が、また戻ってくるって♪
昔となんにも変わらない毎日がさ」
ポムニット
「本当に・・・そうなのでしょうか?」
ライ
「え?」
ポムニット
「変わらないままで本当にいられるのでしょうか?」
ライ
「それは・・・」
ポムニット
「わかってますよ そんなの、絶対にありえないんです
この戦いの中で みなさんは、とてもたくさんのことを
知ったり、考えたりして、成長されたとわたくしは思います
喜ばしいことです でも・・・
そうやって、いつかみなさんは子供から大人に変わっていく
おじょうさまも おぼっちゃまも ライさんも
いつかは、わたくしの手の届かない所へ行ってしまう・・・」
ライ
「・・・っ」
ポムニット
「ダメダメですよねぇ 本当なら、誰よりも喜ぶべきなのに
さびしいんです・・・わたくし・・・
なんだか、自分だけ置いてけぼりにされる気がしちゃって」
ライ
「(ポムニットさん・・・)
ならさ・・・追っかけてくればいいんじゃないか?」
ポムニット
「は?」
ライ
「置いてけぼりにされるのがイヤなら ポムニットさんも
オレたちと同じようにまた、変わっていけばいいんだよ」
ポムニット
「は、はあ・・・」
ライ
「たとえば、この先リシェルやルシアンが一人前になった時
ポムニットさんは教育係じゃなくなるかもしれないけど
でも、だからってお屋敷を追い出されることはないだろ?」
ポムニット
「若干、不安ではありますが、まあおそらくは・・・」
ライ
「なら、いくらでも代わりの居場所は見つけられるって
あいつら二人のどっちかの専属になったていいし
もしかしたら、その子供の教育係にだってなれるかもしれない」
ポムニット
「そう、うまくいくものでしょうか?」
ライ
「だからそうなれるようにがんばるんだって
追っかけるってのはそういう意味さ」
ポムニット
「あーっ、なるほど! そうですよね♪
つまり、わたくしが今よりもっと有能なメイドになれば
そう、有能に・・・
えうぅっ、積み重ねた失点のほうが、なんか多い気がする・・・」
ライ
「ドンマイ、ドンマイ! なんとかなるって!」
ポムニット
「ワケのわからない応援で、ごまかさないでくださいましっ!?
失点の半分以上はライさんがらみなんですよ?」
ライ
「いや、それはどうかと思うんだが・・・」
ポムニット
「もしもの時はちゃんと責任をとっていただきますからねっ!?」
ライ
「わかった、わかった! じゃあ、もしもの時は責任とって・・・
正式な従業員としてウチで、雇うからさ」
ポムニット
「はい、是非よろしくお願いしますね♪」
ライ
「もしかして・・・今のやりとり、全部計算づくだった?」
ポムニット
「えへへへ♪ ちゃあんと、言質はとりましたからね
ライさんもまだまだ、子供ってことですかしら?」
ライ
「こ、このぉ・・・っ 鬼っ! 悪魔ーっ!」
ポムニット
「鬼でも悪魔でもありませんよーだっ 半魔なんですもの♪」
ライ
「むきいぃーっ!!」
(ポムニット)
でも、これで・・・ずっと、一緒にいることができますよね?
おじょうさま おぼっちゃま そして、貴方と・・・

エンディング

ポムニット
「ありがとうございます またお越しくださいな」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツに ソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
ポムニット
「はいはい、ただいま!
あと、追加注文で ミント畑のサラダ 鉄砲エビのグラタン
おいもさんコロッケにらーめんセットが3つお願いいたします!」
ライ
「了解!」
ライ
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ポムニット
「おつかれさまでした ライさん」
ライ
「ポムニットさんこそ ホント、おつかれさま
ほとんど一人っきりで接客を任せることになっちまってるし」
ポムニット
「いえいえ、わたくし頑丈なのがとりえのようなものですから
まだまだ全然へっちゃらですよ♪」
ライ
「さすがだなあ・・・
とはいえ、やっぱ一人っきりってのは無茶すぎるよな
リシェルやルシアンが手伝ってる時は、まだいいんだけど・・・」
ポムニット
「ダメですよ? お友達だからって頼ってばかりじゃ
おじょうさまは、正式な金の派閥の召喚師になるお勉強ですし
おぼっちゃまも当面は軍学校への進学準備で忙しいんですから」
ライ
「わかってるって
アイツらにだってそれぞれ夢や目標があるんだもんな」
ポムニット
「ええ、そしてそれは貴方にもいえること
ですから、わたくしは旦那さまからお許しをもらい、こうやって
お二人の変わりにお店の手伝いをさせていただいているんです
時間限定ですけどね♪」
ライ
「うん、感謝してるよ ポムニットさんにもオーナーにもさ」
ポムニット
「どうか、そんなに恐縮なさらないでくださいまし
半分くらいは好きでやってることですし」
ライ
「え?」
ポムニット
「教育係としての役目も 今では、ほとんど名目だけになってしまい
みなさんと一緒にいる時間が減っていくのがさびしかったんです
ですから、こうしてライさんのお手伝いができて
わたくし、とってもうれしいんですよ」
ライ
「ポムニットさん・・・」
ポムニット
「それに、好きな人と二人っきりで過ごせる時間があることは
わたくしにとってはかけがえのない幸せなんですから♪」
ライ
「それって・・・あ、あれだよな?
家族の団らんとかそういう意味でのこと、だよな?」
ポムニット
「うふふ、さあどうでしょう?
ライさんの受け取り方ひとつで
答えは全然、変わってしまうかもですよ?」
ライ
「え、えーっと・・・」
リシェル
「な、なにやってんのよ ポムニットぉっ!」
ポムニット
「なにって・・・ごく普通にお話をしていただけですけど?」
リシェル
「くっつき方が、全然普通じゃなーい!」
(ライ、突き飛ばされる)
ライ
「のわぁっ!?」
リシェル
「ぼけっとしてないでさっさとお屋敷に戻りなさいよね?
あんたは、あくまでウチのメイドが本業なんだから!」
ポムニット
「ええ、ですが本日 わたくしは、休暇をもらっておりまして
ずーっと、ここにいても、問題なしなんですよねぇ」
リシェル
「きゅ・・・っ!? 休暇なら、どうしてここにいるのよ!?」
ポムニット
「それはもちろん ライさんと一緒にいたいから
いけませんか?」
リシェル
「ぐぎぎぎ・・・っ」
ポムニット
「むしろ、おじょうさまこそ・・・
ここで油を売っていてよろしいのですか?
たしか、午後からは派閥の勉強会に出るご予定かと・・・」
リシェル
「わ、わかってるわよ! ちゃんと勉強してくるわよっ!!
うううぅぅ・・・ッ!」
ポムニット
「あららら・・・ちょっと、いじめすぎちゃったですかね?」
ライ
「つーか、ここんとこリシェルには、容赦なさすぎだって」
ポムニット
「当然ですとも だって、一番の強敵なんですから」
ライ
「は?」
ポムニット
「とはいえ、さすがにかわいそうになってきちゃいましたし
晩ご飯はおじょうさまの好物を作って、一緒に食べましょう」
ライ
「ったく・・・世話がやけるよなホントに・・・」
ポムニット
「ええ、まったくです
(おじょうさまがもうすこし素直になってくれたら
真向勝負のしがいもあるんですけど・・・)」
ま、今の状況が一番、わたくしにとっては幸せなんですけどね

コメント

タイトルとURLをコピーしました