【夜会話】クッティ(プラティVer.)

スポンサーリンク

第0話

プラティ
「あれ あの船…
そうだクッティ!乗ってみようよ!」
プラティ
「こうしてると思い出すなぁ
ずっと前だけど…パパの船に乗せてもらってヴァンスに連れて行ってもらったんだ
クッティはわたしなんかよりもずっとたくさんのところに連れて行ってもらったんだよね
行ったこともないくらい遠くとか すっごい冒険とか… うらやましいなぁ」
クッティ
「クッティ!」
プラティ
「別にずるいなんて思ってないよ
…うそ ちょっとだけずるいと思ってるかも」
クッティ
「クッティ!」
プラティ
「ねえ クッティ… わたしが鍛聖になったら連れて行ってあげるからね
パパよりもいっぱいいろんなところに行こう
ね、クッティ…
あれ…クッティ?」
クッティ
「…」
プラティ
「寝ちゃったみたい…おつかれさま…おやすみ、クッティ」

第1話

クッティ
「クッティ!」
プラティ
「なんかゴキゲンだね、クッティ
でもクッティのおかげで1回戦を突破できたよ ありがとね
こんどおいしいもの ごちそうしてあげるからね
ねえクッティ そういえば鍛聖の人が言ってた鍛冶師の三宝…わかる?」
クッティ
「(すりすり)」
プラティ
「ってクッティにわかるわけないよね…」
クッティ
「クッティ!」
(ドカッ)
プラティ
「いたたたた!ゴメンゴメン!バカにしたわけじゃないよ~!!」
クッティ
「クッティ!」
プラティ
「…ふぅ で、鍛冶師の三宝だけど…
武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず
…鋼の硬さはきっと武器の良さだから武器をきたえる腕だよね
剣の腕はそのまま武器の扱いの上手さだし…
友の助けは…いっしょに武器をきたえたり戦ったりする護衛獣のことかな
つまり…
鍛聖の三宝…きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つがそろわないと
本当の鍛冶師にはなれないってことだよね」
クッティ
「クッティ!」
プラティ
「クッティもそう思う? そうだねきっとそれであってるよね
これからもいっしょにがんばろうね クッティ」

第2話

プラティ
「なんとか今回も勝てたね ありがとう、クッティ」
クッティ
「…クティ!」
プラティ
「勝ったのはうれしいんだけどさ…本当はちょっとだけ不安なんだ
次の試合相手は誰かなって思うとドキドキするよ…
だってさ…この先にはヴァリラみたいに強いのが何人もいるんだよね
今日はまぐれでヴァリラに勝てたけど次は勝てるのかな…」
クッティ
「(すりすり)」
プラティ
「くすぐったいよクッティ わかってるよ…大丈夫!こわがったりしてないから
ヴァリラは強いし ほかにもたくさん強い人いるだろうケド…だからわたしも強くならなくちゃ!」
クッティ
「クーッ!」
(ドカッ)
プラティ
「いったい!なんで?今ちょっといいこと言ってたんじゃ…
分かってる…弱気になんてならない 強くなるから…」
クッティ
「クッティ!!」

第3話

プラティ
「ねぇ、クッティ」
クッティ
「クッティ!」
プラティ
「…
……
よかったのかな ラジィに勝っちゃって」
クッティ
「クティ?」
プラティ
「ラジィはね、このワイスタァンを剣と花の都にしたいっていう夢を持ってたんだよ
でもわたしにはそんな目標はないの ただパパみたいな鍛聖になりたい それだけ
なんだかわたしよりもラジィの方が鍛聖として立派にやっていける気がするんだ…」
クッティ
「(すりすり)」
プラティ
「ありがとクッティ なぐさめてくれてるんだね…
わかってるよ 目標がしっかりしててもしてなくても競うからには勝たないとね
勝って…優勝して…ラジィの願いをかなえられる鍛聖にならないと…
がんばろうねクッティ…」
クッティ
「ZZZZZzzzzzzzz」
プラティ
「はは…おやすみ、クッティ」

第4話

プラティ
「やったねクッティ…」
クッティ
「…zzzzzzzz …クティ」
プラティ
「って…寝てる?
そうか…お疲れさま…
そういえば…サクロさん パパのこといっぱい知ってるみたいだった…
パパは誰かをまもるために戦ったとか…
当然お母さんも知ってるんだろうな…
なんでみんな教えてくれないんだろ?
クッティも話ができたら教えてくれるのかな…」
クッティ
「クゥ…」
プラティ
「う…教えてくれないような気がする…
きっとみんなわたしがもっと成長するまで黙ってる…のかな?
よく物語とかにあるけど…「お主が知るにはまだ早いのじゃ」ってやつとか…
きっとそうなんだろうなぁ…
だとしたらそれこそもっと立派な鍛冶師にならないと…
よぉし!パパの秘密を全部知るためにも もっとがんばってきたえなきゃ!
がんばろうね!クッティ!」
クッティ
「クゥ…」

第5話

プラティ
「金剛の鍛聖…もっとも美しい武器を作る鍛聖の長かぁ…
もっとこわい人かと思ってたけどやさしい普通のおじいさんだったなぁ…
…ちょっと変な人だったけど
ねぇクッティは前にもリンドウさんに会ったことがあるんだよね…」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「パパとリンドウさんか…わたしもふたりみたいに立派な鍛聖になるんだ!
あの女の人が言っていたようにパパが英雄だったんなら わたしも英雄をめざして…
リンドウさんに認めてもらえる鍛聖にならないとね!がんばろうねクッティ!」
クッティ
「クティクティ!」

第6話

クッティ
「クティ!」
プラティ
「今日は大冒険だったね、クッティ」
クッティ
「クティクティ!」
プラティ
「島にやっとたどりついて…
サナレたちが捕まったってきいたときは どうしようかと思っちゃった…
なんとか助けられたけど…」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「ねえクッティ 英雄って何かな…
あの女の人もサクロさんも村長さんも…
みんなパパのことを英雄って言うけど…
人を助けることが英雄ってわけじゃないよね…」
クッティ
「クティ?」
プラティ
「ちょっとわかんないね…
でも実際にパパは英雄で わたしにはパパっていうお手本があるわけだよね…
いつかパパに追いつけるといいね!」
クッティ
「クッティ!」

第7話

プラティ
「今日もごくろうさま、クッティ」
クッティ
「…くてぃ…」
プラティ
「あれ、寝てる?そりゃそうか…いろいろあったもんね
勇者さまってもっと威厳たっぷりな人かと思ってたけど
あんがい普通のやさしい人だったなぁ…
ただ、ちょっと仲間のためにいっしょうけんめいなだけの…
きっとパパも同じなんだろうな…やさしくて、ほかの人のために…
…そうか!
きっと勇者って…誰かのために正しいことをできる人なんだ…
よし!わたしも勇者さまみたいになるぞ!」
クッティ
「…くてぃ?」
プラティ
「ごめんクッティ…起こしちゃった?」
クッティ
「ク~~ティッ!!!」
(ドカッ)
プラティ
「うわぁ!クッティ、寝起き悪すぎ!」

第8話

プラティ
「やっぱりここで海でもみてようか…クッティ」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「ねぇクッティ ウレクサさんはルマリさんの勇者になれたのかな」
クッティ
「…」
プラティ
「…思うんだ ウレクサさんってすごいよね…って
大好きなお姉さんのためにほかの大事なもの ぜんぶ捨てちゃって
お姉さんの…ルマリさんのためだけにいっしょうけんめいで
ほかの人に何を言われてもあきらめないで…
……

…でも間違ってるよね
ルマリさんのためにいいと思ってしてることが 結局ルマリさんを苦しめて

わたし…ウレクサさんを巻き込んだルベーテさんを許せそうにないよ
なんでそんなことするのか ちゃんときかせてほしいよ…」
クッティ
「クティクティ…」
プラティ
「ありがとクッティ… なぐさめてくれるんだね」

第9話

プラティ
「終わったね、クッティ これで大会に専念できるね…」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「気合い入れ直さなくちゃね!

……
気になるなぁ…パリスタパリスのこともデグレアのことも…
このあいだ なんでサナレが泣いていたのかも…
う~ん…」
クッティ
「クティ?」
プラティ
「…ん?クッティどうしたの?」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「なんか拾ったの?見せてよ」
クッティ
「ク~!!!」
プラティ
「見せてよクッティ!親方さんの落し物かもしれないじゃない!」
クッティ
「クティクティ!」
プラティ
「どこ行くの?!」

デートイベント

エンディング

プラティ
「いい風だね クッティ…」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「わたしたち…ヴァリラに勝ったんだよ やったねクッティ
これでわたしも鍛聖さまなんだ!
…まだまだ見習いだけど…
それでね…いただいた称号が…
じゃ~ん!黒鉄の鍛聖!なんとパパと同じ称号なんだよ!
えへへ…すっごくうれしいな!」
クッティ
「クティ!」
プラティ
「これから本当の鍛聖さまになるために剣の修行をして、鍛冶の腕をみがいて
パパみたいな立派な鍛聖になるには ほかにもいろいろ勉強しなくちゃいけないけど…
がんばろうね、クッティ!」
クッティ
「クティクティ!」
プラティ
「もう…!くすぐったいよ、クッティ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました