【夜会話】シュガレット(プラティVer.)

第0話

シュガレット
「港に来るのはひさしぶりです…」
プラティ
「あ、あんなところに船がある 乗ってみようよ!」
シュガレット
「あの…そんなことしたら怒られますよ…?」
プラティ
「大丈夫だって! おいでよ!」
シュガレット
「気持ちいいですね」
プラティ
「そうだね… う~ん! 今日はつかれた~」
シュガレット
「…」
プラティ
「どうしたの?」
シュガレット
「いえ… あらためてよろしくお願いします プラティさま」
プラティ
「うん、よろしく!
パパみたいな鍛聖になれるようにがんばるからさ あとね…
プラティさまってのよさない?」
シュガレット
「そうですか?」
プラティ
「そうなの できれば…せめてプラティちゃんとか」
シュガレット
「それは…
ではプラティさん でいかがですか、プラティさま?」
プラティ
「あ…もう、さまでいいや」
シュガレット
「はい
…ところで あの…プラティさま?」
プラティ
「何?」
シュガレット
「やさしく…してくださいね」
プラティ
「あったりまえでしょ なに心配してるんだか…」
シュガレット
「よかった… わたしのダンナさまになる方がやさしくてステキな方で…」
(プラティ驚く)
プラティ
「はぁ?…ダンナさま?」
シュガレット
「おききになってないんですか? シュガレットはプラティさまの許嫁なんですよ」
プラティ
「いいなずけ!? そんなのきいてないよ!
てか、きいてるわけないじゃん!」
シュガレット
「そうですか? でもシンテツさまは息子をおまえのムコにやる、と…」
プラティ
「わたし娘だって!」
シュガレット
「いいえ同じです」
プラティ
「どこが?」
シュガレット
「わたし女の方でも大丈夫です…」
プラティ
「なにが?」
シュガレット
「心が決まったら教えてください」
プラティ
「は…はあ」

第1話

シュガレット
「まずは一戦目突破 おめでとうございます」
プラティ
「ありがと ていうかシュガレットのおかげだね カカンシャカンシャ!」
シュガレット
「いえ…わたしはプラティのさまの言うように戦っただけですから
わたし ひさしぶりにわくわくしました
まるでシンテツさまと戦っているように楽しくて…」
プラティ
「武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず…
って言ってたよね 鍛聖の人」
シュガレット
「鍛聖の三宝… きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つですね」
プラティ
「うん… シュガレットといっしょに戦ってちょっとだけわかった気がする
きっとふたりいっしょじゃなくちゃだめなんだよね… いっしょに優勝をめざそうね!」
シュガレット
「はい 優勝するまでだけじゃなく ずっとついていくつもりです」
プラティ
「ありがと…」
シュガレット
「イヤと言っても、ですよ?」
プラティ
「だいじょうぶ! イヤだなんて思わないよ! じゃぁ行こうか!」

第2話

シュガレット
「プラティさま 海はいいですね なんかゆったりした気分になります
プラティさま?」
プラティ
「ん、何?」
シュガレット
「せっかくふたりでいい感じなのに ほかごと考えないでください
あの…ヴァリラさんとかいう方のことですか?」
プラティ
「ごめんねシュガレット でも…ライバル宣言までされちゃったし…
今日は勝ったけど 次は勝てるかなって…」
シュガレット
「正直むずかしいと思います
あのときはヴァリラさんが油断をしていてくれました でも多分
次は本気だと思います それに…きっと武器をきたえる腕も プラティさまより上…
いえきっと大人も顔負けなんだと思って間違いないと思います」
プラティ
「なんでそう思うの?」
シュガレット
「あのヴァリラさんという方は ほかの鍛冶師のきたえた武器で戦っていました
それを恥と思わないのは ただの恥知らずか 自分に自信があるかのどちらかです」
プラティ
「ただのおぼっちゃん …ってことはないよね? わたし的にはそっち希望なんだけど
今回の大会の最短記録… 今のところヴァリラらしいし」
シュガレット
「ええ、だからふたりでがんばって… もしもヴァリラさんと試合で当たる時のためにも
腕をみがいておきましょう」
プラティ
「そうだねシュガレット いっしょにがんばろ!」
シュガレット
「はい」

第3話

シュガレット
「気にしてるんですか? ラジィちゃんを倒したこと
それとも…ラジィちゃんの夢をこわしてしまったこと?
それとも…それをしたのが自分自身だったことを気にしていますか?」
プラティ
「…」
シュガレット
「わたしは ラジィちゃんを倒したのがプラティさまでよかった
そう思っています」
プラティ
「なんで?」
シュガレット
「わたしのプラティさまはシンテツさまの香りがします
シンテツさまは人の思いを受け止めるのがとても上手な方でした
倒した相手の思いをきちんと受け止めて生きている方でした
プラティさまには… シュガレットのダンナさまには そうやって生きていって欲しいんです」
プラティ
「うん、わかった
…ってさ 今さらっとすごいこと言わなかった?」
シュガレット
「さあ? なんのことでしょう
それよりもプラティさま ちゃんと鍛聖になってラジィちゃんの夢を…
かなえて差し上げなくてはだめですよ」

第4話

プラティ
「…もしかして まだ怒ってる?」
シュガレット
「…」
プラティ
「シュガレット?」
シュガレット
「プラティさまは シュガレットのことが嫌いになりましたか…?」
プラティ
「なんで? どうしてそんなこと言うのさ」
シュガレット
「嫉妬ばかりして… イヤな女の子だと思っていませんか?」
プラティ
「そんなことないって!」
シュガレット
「よかった… プラティさまに嫌われてたらどうしようって…
意地をはってしまったけど… もし本当にサクロさんのことを
好きだったらどうしようって… ずっと心臓がドキドキして泣きたくて…」
プラティ
「(うわ!…泣きそう!?)」
シュガレット
「でも…
ウソでもプラティさまが好きだって言ってくれて…
うれしくて…」
プラティ
「(そんなこと言ったっけ?)」
シュガレット
「お礼に…シュガレットがプラティさまにいいことを教えてあげますね…」
プラティ
「って、ちょい待ち! よくわからないけど、だめ! だめだってばあ!」

第5話

プラティ
「リンドウさん すごく強かったねぇ いいおじいさんって感じだったし
…ちょっと変な人だったけど
きっとパパもあんなふうにやさしくて強い人だったんだろうなぁ
ねぇ、シュガレット?」
シュガレット
「…そうですね」
プラティ
「どうしたの? また怒ってるの?」
シュガレット
「別に…怒ってません」
プラティ
「困ったなぁ…
あ、そうだ!忘れてた! はい、これ!」
シュガレット
「…これは? リンドウさまの…お花?」
プラティ
「うん リンドウさんにもらったんだ
シュガレットが好きだって言ってたから… 髪飾りにしたらきっと似合うよ」
シュガレット
「…」
プラティ
「どうしたの? なになに、なんか悪いことした?」
シュガレット
「いえ… ありがとうございます
シュガレットは… とても幸せです」

第6話

シュガレット
「プラティさま 何をお考えですか?」
プラティ
「うん パパのことを考えてた
パパは3本の剣を一体なんのために作ったのかなって」
シュガレット
「知りたいですか? シンテツさまの剣のこと」
プラティ
「うん… 知りたいよ」
シュガレット
「そうですね 全部とは言いませんが少しだけなら…」
プラティ
「それでもいいよ」
シュガレット
「プラティさまは 自分の信じているものがこわれても平気ですか?
真実の重さにたえられますか?」
プラティ
「え…」
シュガレット
「それくらい大変なお話なんです
当時の鍛聖の方々がみなさんで戦って
ひとりが治ることのない病にかかって ひとりが鍛聖の道をあきらめて…
ひとりが死んでしまいます そういう話なんです ききますか?
もちろんいずれプラティさまが鍛聖になれば 嫌でも知ることになりますが」
プラティ
「ちょ…ちょっと待って… 考えさせて…」
シュガレット
「はい プラティさまの覚悟ができたら言ってください
シュガレットは包みかくさずお話いたします」

第7話

シュガレット
「プラティさま…
今日はヒヤヒヤしました もうあんな無茶なことはやめてください」
プラティ
「ムチャって…なにが?」
シュガレット
「全部です!」
プラティ
「う…そんなに怒らなくても…」
シュガレット
「プラティさま 本当にサイジェントの勇者さまが言ったことの意味…
わかってみえますか?
あきらめないことと 引き際を知らないことは違うんです」
プラティ
「そんなに怒らなくても…」
シュガレット
「イヤです! いいですかプラティさま!
命にはかけどころがあるんです それを間違えてもシュガレットは喜びません…
もっとシュガレットをたよってください
もっとシュガレットを信じてください
もっとシュガレットをギュってだきしめてください」
プラティ
「最後は違う…」
シュガレット
「……」
プラティ
「…」
シュガレット
「とにかくです シュガレットはプラティさまの妻なんですから!
もう危険なことはさせません…
夫の健康管理は妻のしごとです!」
プラティ
「何からツッコんでいいのやら…」

第8話

シュガレット
「プラティさま」
プラティ
「何?」
シュガレット
「無理をなさらないでくださいね
わたし…今日もドキドキしていました
プラティさまが成長して シンテツさまのように強く、やさしくなっていくのは
…とてもうれしい … のですけれど…
強くなるたびに やさしくなるたびに 無理なことをするようになって
それがこわいんです」
プラティ
「やだなぁ ムリなんかしてないってば!」
シュガレット
「してます! すごく…だって!
テュラムさんをまもろうと ウレクサさんと戦ったりなんて
前のプラティさまにはできませんでした」
プラティ
「あ…そだね… 前のわたしなら、そんなことしようとも思わなかったかも」
シュガレット
「シュガレットは…
プラティさまに 勇者になって欲しくなどありません…
それよりも命をそまつにしないでください
無理なことをするときは シュガレットにも半分わけてください
それがシュガレットの役目ですから」
プラティ
「うん… ありがと…シュガレット」
シュガレット
「信じてます プラティさま…」

第9話

シュガレット
「おつかれさまでした プラティさま」
プラティ
「うん… でもやっぱりなんかすっきりないよね
ウレクサさんもルベーテさんも…鍛聖がふたりもいなくなっちゃったし…
サクロさんは…ウレクサさんのかたきをうてたのかな…」
シュガレット
「わかりません でも…ふたつだけわかります
ひとつは…ウレクサさんは悲しみ以外…何も残せなかったこと…
そしてもうひとつは…シュガレットのプラティさまが無事だったことです」
プラティ
「うん」
シュガレット
「…」
プラティ
「……」
シュガレット
「…… プラティさま 明日はどこかに行きませんか?」
プラティ
「あ、そうだね それはいいかも…」
シュガレット
「悩んでばかりいても心の健康によくないですし…
わたし 行きたいところがあるんです」
プラティ
「どこなの?」
シュガレット
「ウフフ… 秘密です♥
そういうわけで よろしいですよね?」
プラティ
「う…うん ごめんね 気をつかわせちゃって」
シュガレット
「いえ…別にそれだけではないのですけれど…」

デートイベント

シュガレット
「さあ デートですよ
出かけましょう プラティさま」
  • うん!行こう
    プラティ
    「うん! 出かけよう」
    シュガレット
    「はい」
  • ちょっと待って!
    プラティ
    「ごめん ちょっと待って」
    シュガレット
    「いいですよ」
    (シュガレット入り口で待つ)
    シュガレット
    「出かける準備はできましたか?」
    • うん!行こう
      プラティ
      「うん! 出かけよう」
      シュガレット
      「はい」
    • ちょっと待って!
      シュガレット
      「いいですよ」
プラティ
「で、どこに行くの? シュガレット」
シュガレット
「わたしの思い出の場所です…」
(中央工房・地下迷宮出入口の部屋へ)
シュガレット
「プラティさま こちらです」
プラティ
「ここが…シュガレットの思い出の場所…?」
シュガレット
「そうです…
シンテツさまとふたり よくここで武器をきたえていました
ここにはシンテツさまとの思い出がたくさんつまっています…」
プラティ
「…そうだね」
シュガレット
「…はい
シュガレットはサプレスで生まれてすぐリィンバウムに召喚されたんですよ」
プラティ
「へぇ…」
  • サプレスってどこ?
    プラティ
    「どこだったっけ サプレスって…」
    シュガレット
    「プラティさま… 忘れないでください
    このリィンバウムの周りを回る4つの世界のひとつで霊界と呼ばれるところです…
    この剣の都の地下にいる剣の聖霊…炎の聖霊パリスタパリスが生まれたのと同じところでもあります」
  • 霊界サプレスだね
    プラティ
    「知ってる 霊界だね」
    シュガレット
    「そう呼ばれていますね」
シュガレット
「わたしは…そのサプレスの光の中で生まれて そしてワイスタァンに召喚されました
プラティさまが生まれる二十年も前のことでした
召喚されたばかりのわたしは まだマユの中に入ったままで…」
プラティ
「(マユ…?)」
シュガレット
「わたしたちは金色のマユから生まれるんです
わたしがマユから出て生まれてはじめて見たのがシンテツさまでした…
まだ子供だったシンテツさまの魂がわたしをマユから出してくれたんですよ…」
プラティ
「じゃあパパは…」
  • シュガレットのお父さんだね
    プラティ
    「じゃあ、わたしのパパはシュガレットにとってもパパみたいなものなんだね」
    シュガレット
    「そうですね…でも親と言うよりは、幼なじみの男の子だったのですけれど…」
  • シュガレットの幼なじみだね
    プラティ
    「じゃあパパとシュガレットは幼なじみ?」
    シュガレット
    「はい… シンテツさまの成長をずっと横で見てきました…」
シュガレット
「それで…勝手に、いつかはシンテツさまのお嫁さんになれるんだと思っていました
シンテツさまにはふられちゃいましたけど…」
プラティ
「(そっか…パパはお母さんと結婚したんだもんね)
(だからシュガレットはお母さんとあんまり話したがらないのか…)
あれ…でもたしか シュガレット、前に言ってたよね」
シュガレット
「シンテツさまが、シュガレットをプラティさまのお嫁さんに、と約束したことですか?」
プラティ
「うん…」
シュガレット
「…ウソです」
プラティ
「ええ!?ウソ!?」
シュガレット
「はい…正しくは…
それはお子様が男の子だったときの約束で…女の子だったときのことは考えていなかったと思います」
プラティ
「そんないいかげんな… それじゃあ…」
  • どうしてそんなウソを?
    プラティ
    「どうしてそんなウソを言ったの?」
    シュガレット
    「もうしわけありません
    ウソをついたつもりじゃなかったんです… プラティさま…」
    プラティ
    「あ…そんな… 別に怒ってないから…」
  • そんなに気にしないで
    プラティ
    「気にしないでよ… ちょっとびっくりしてただけで…」
    シュガレット
    「プラティさま…」
  • 結婚しなくていいんだね?
    プラティ
    「じゃあ結婚しなくていいだね? …ちょっとほっとした…」
    シュガレット
    「そんなにも…イヤでしたか…」
    プラティ
    「あ…そんなことないよ! ただわたし女の子だから…」
プラティ
「でも…どうして許嫁なんて…」
シュガレット
「わたしが再びサプレスから このワイスタァンに召喚されて
そこにいたのがプラティさまでした…
ひと目見てわかったんです… わたしは、シンテツさまではなくこの方を守護するために生まれたと」
プラティ
「わたしをまもるために…?」
シュガレット
「そうです…わたしたちはずっと、だれかひとりを守り続けるために生まれてくるんです」
プラティ
「でもほら! わたしはそんなに…」
シュガレット
「知っていますかプラティさま わたしたちは魂の輝きにひかれるんです
そこには男とか女とか そんなことは関係ありません…
ただ、魂がかがやいているか そうでないか… それだけなんです
プラティさまの魂はシンテツさまの何倍もかがやいていました
もちろん今も…」
プラティ
「シュガレット…」
シュガレット
「だから…ずっとプラティさまといっしょにいたくて…
シンテツさまの言っていたことを思い出して…つい許嫁などと…
もうしわけありません… ごめんな…さい…」
プラティ
「ありがと、シュガレット」
シュガレット
「…え?」
プラティ
「本当のこと教えてくれて ありがとう」
シュガレット
「いえ、そんな…」
プラティ
「わたし…なんか上手く言えないけど…
がんばる!
だからこれからもよろしくね! シュガレット!」
シュガレット
「プラティさま…!
はい! いっしょにがんばりましょう! …ずっと」
プラティ
「えへへ…」
シュガレット
「(大好きです、プラティさま…)」

エンディング

シュガレット
「いい風ですね… プラティさま」
プラティ
「うん… 気持ちいいね
なんかやりとげたー! って感じがするよ」
シュガレット
「そうですね 黒鉄の鍛聖さま…」
プラティ
「なんだかなぁ… その鍛聖さまっていうのちょっとくすぐったいね…
でも…キライじゃないかも… 責任は重大だけどね!」
シュガレット
「プラティさま」
プラティ
「何?」
シュガレット
「きれいな街にしましょうね」
プラティ
「うん…」
シュガレット
「あたたかい街にしましょうね」
プラティ
「うん」
シュガレット
「みんなが笑顔でいられる街にしましょうね」
プラティ
「うん」
シュガレット
「わたしをおヨメさんにしてくださいね」
プラティ
「うん…う…ええ!?」
シュガレット
「ほんとですか! シュガレットは幸せです…」
プラティ
「ちが…! 今のはなしなし!」
シュガレット
「プラティさま! シュガレットはプラティさまのことを…」
プラティ
「わかった! わかったから ちょっと待って~!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました