【夜会話】ザンテック(クリュウVer.)

スポンサーリンク

第0話

クリュウ
「ああ、あの船…
いつも不用心にここに泊めてあるな…
そうだザンテック!乗ってみようよ!」
クリュウ
「こうしてると思い出すなぁ… 前に父さんの船に乗せてもらって街に連れていってもらったこと」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「え、おまえも?」
ザンテック
「☆☆☆♪」
クリュウ
「…そっかぁ 父さんに船に乗って遠くの街まで行ったことがあるんだ
いいなぁ 僕も父さんにもっといろいろ連れて行って欲しかったな…」
ザンテック
「……☆!」
クリュウ
「そうだね! いつかいっしょにいろんなところに行こう!
父さんが行けなかったくらい遠くへ行ったりできるといいな…」
ザンテック
「☆……!」
クリュウ
「そうだね それじゃあ鍛聖になれないよね…
じゃあ鍛聖になって遠くへ行こう!」
ザンテック
「☆☆☆♪」
クリュウ
「うん、約束だよ!」

第1話

クリュウ
「やったねザンテック!1戦目突破だよ!」
ザンテック
「☆☆☆☆♪」
クリュウ
「ありがとう! ザンテックのおかげだよ」
ザンテック
「…☆!」
クリュウ
「そんな…ほめてもなんにも出ないって!
じゃあ今回の勝利は僕とザンテックのふたりの勝利ってことでいいよね」
ザンテック
「☆☆☆♪」
クリュウ
「こういうことなんだろうね 今日の試合で鍛聖の人が言ってたのは…
武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず
きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つがそろわないと
本当の鍛冶師にはなれないってことだよね
僕にはザンテックがいるから あとは剣の腕と技術だね!
…って両方僕が努力しなくちゃいけないことだね」
ザンテック
「☆☆!」
クリュウ
「そうだねザンテック いっしょにがんばればいつかもっと強くなれるね!」

第2話

クリュウ
「勝ったよ! ザンテック」
ザンテック
「☆♪」
クリュウ
「ありがと!」
(ザンテック、ポーズを決める)
ザンテック
「……」
クリュウ
「え、あんまりはしゃぐなって? 勝ったからこそ気持ちをひきしめろって?
わかったよ でもちょっとくらいは喜んでもいいだろ?」
ザンテック
「…!」
クリュウ
「わかってるよ 試合はともかくヴァリラに勝ったのはまぐれだって言うんだろ?
それにまだまだ僕が未熟だってことも…
そうだね…これからヴァリラみたいに強い人たちと戦っていかなくちゃいけないんだよね
たしかに気を抜いてるヒマなんてないね がんばらなくちゃ!」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「よし、工房へ帰ろう!」

第3話

クリュウ
「ねえ、ザンテック 僕さ、勝ってもよかったんだよね」
ザンテック
「…」
クリュウ
「わかんないか…
なんか僕よりもラジィの方が鍛聖にふさわしかったんじゃないかって思うんだ」
ザンテック
「。。。☆!」
クリュウ
「ありがとう そう言ってもらえるとうれしいよ
でもさ…
ラジィにはワイスタァンをただの剣の都じゃなくって剣と花の都にしたいって夢があるんだ
その点僕は父さんのような鍛聖になりたいっていう…それだけだろ?
本当に倒産がどんな人だったかも知らないのにさ」
ザンテック
「☆☆☆!」
クリュウ
「え…なんで、それでいいのさ?」
ザンテック
「☆☆♪」
クリュウ
「みんなの夢をかなえてあげること それが父さんの夢だった…?」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「そうだね! 戦って僕が勝ったら
僕がその人の夢をかなえてあげられる人にならなくちゃいけないんだね」
ザンテック
「☆☆!」
クリュウ
「そっか、なんかふっきれた気がする ありがとザンテック… 僕がんばるよ!」

第4話

ザンテック
「…☆!」
クリュウ
「うん、やったねザンテック! コンビネーションの勝利だよ!」
ザンテック
「…☆☆☆」
クリュウ
「ザンテックのいた世界でもコンビネーションは大切だったって?」
ザンテック
「☆☆…☆!」
クリュウ
「つねに4体でひとつの部隊になって体調の指示に従って動く…
へえ…ザンテックも?」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「え!?…隊長なの!?」
ザンテック
「…☆…☆…?」
クリュウ
「うたがってないよ…ホントホント! ほんとだって!」
ザンテック
「☆☆☆☆☆☆…☆!」
クリュウ
「へえ、合体したのが真の姿でザーティルドって言うのか~
『ルド』級の機体?ってのがなんだかわからないけど なんかカッコよさそうだね!」
(ザンテック、ポーズを決める)
ザンテック
「…☆☆☆!」
クリュウ
「ははは たよりにしてるよ! 次も勝とうね!」

第5話

クリュウ
「リンドウさん いい人だったね
もっと父さんの話ききたかったけど…
リンドウさん鍛聖だし いそがしいから仕方がないよね…
あのさ リンドウさんと父さんって親友だったんだよね」
ザンテック
「☆☆!」
クリュウ
「親友っていいよね…
サナレ…ラジィ…ヴァリラ…
ハリオとヘリオ…チェベスさんやケノンさん…
僕の親友って誰かな…僕にも親友ってできるのかな…」
ザンテック
「☆☆☆♪」
クリュウ
「え?…ザンテックが親友?

そうだね 僕にはザンテックがいるよね うん…親友だよ!」
ザンテック
「☆…!」
クリュウ
「そうだね、ザンテック…それからもっと友達を増やして
親友になっていけばいいんだよね!」

第6話

クリュウ
「西宝の剣と東宝の剣かぁ…
ねぇザンテック…村長さんは聖霊を封じ込める武器って言ってたよね
そんな武器を作って父さんは何をしようとしたのかな?」
ザンテック
「☆☆…!!」
クリュウ
「みんなを助けるって…何から?」
ザンテック
「…」
クリュウ
「言えないの?…え、違う? ザンテック よくおぼえてないの!?」
ザンテック
「…☆…」
クリュウ
「ええ!? メモリがこわれてる!?
っていうかメモリって何?」
ザンテック
「☆☆…☆…☆☆」
クリュウ
「記憶する部分で…そこがちょっと調子悪くて… …つまり忘れたの…?」
ザンテック
「………☆!」
クリュウ
「でもしばらく待ってれば思い出すかもしれないんだね
わかったよ でも本当に忘れたの? かくしてるだけじゃない?」
ザンテック
「…」
クリュウ
「…」

第7話

クリュウ
「ねえザンテック…
なんでルベーテさんやウレクサさん あんなことするんだろう?」
ザンテック
「…」
クリュウ
「僕さ…鍛聖の人ってみんなサクロさんや父さんやリンドウさんみたいに…
すてきな人ばっかりだと思ってたんだ… でも…

僕はどうしたらいいんだろう…
子供が口出ししちゃいけないことのような気もするし…」
ザンテック
「…☆☆☆☆…」
クリュウ
「え?…なるようにしかならないって? ザンテックはお気軽だなぁ…」
ザンテック
「☆!…☆☆!」
クリュウ
「そうだよね まだ大会が終わったワケじゃないし まずは優勝することを考えないと
悩んでたら本気なんて出せないもんね」
ザンテック
「☆☆☆☆…」
クリュウ
「ええ!?もしウレクサさんたちが間違ってるなら自分が鍛聖になって変えていけって?」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「そうそうって… ザンテックってたまにすごいこというよね…
でも…その通りだよね リンドウさんたちといっしょに
この街を良くするために鍛製になるんだもんね…」

第8話

ザンテック
「☆★☆!」
(ザンテック、ポーズを決める)
クリュウ
「え、くらい顔するなって?」
ザンテック
「☆!…☆☆☆☆!」
クリュウ
「大会はまだまだ続くんだぞって?
…あー…そうだね あんまり間があいたから大会のことすっかり忘れてたよ
たしかに準決勝と決勝があるもんね
…でもね、ザンテック 僕、思うんだ…
本当は大会なんて開いてる場合じゃないんじゃないかって…」
ザンテック
「!!☆!!」
(ザンテック、ポーズを決める)
クリュウ
「こまかいことはおいといてめざすは優勝だーっ!って…
…まさか…元気づけようとして…くれてる?」
ザンテック
「…」
クリュウ
「そんな…テレなくてもいいじゃんか」
ザンテック
「☆☆☆☆☆☆☆!」
クリュウ
「あはは…ありがと、ザンテック
でもね…地震はやまないし…
父さんがいなくなってテュラムさんがやめちゃって
ウレクサさんもいなくなってルベーテさんは捕まってないし
…街の人はなんにも知らないし…剣の都はどうなっちゃうんだろ…」
ザンテック
「…☆!☆☆☆!」
クリュウ
「ええ!? 僕が鍛聖になればいいって!? またぁ…簡単に言うなぁ…」
ザンテック
「★☆★!」
クリュウ
「後は鍛聖の人にまかせておけばいいって? …うん、そうだよね!
ありがとねザンテック! まずは自分のことをがんばることにするよ!」

第9話

クリュウ
「終わったね、ザンテック これで大会に思いっきり専念できるね…」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「気合い 入れ直さなくちゃね!」
ザンテック
「☆☆!」
クリュウ
「……」
ザンテック
「…?」
クリュウ
「…とはいうものの
気になるなぁ… パリスタパリスのこともデグレアのことも…
このあいだ なんでサナレが泣いてたのかも…
う~ん…」
ザンテック
「☆★…☆!」
クリュウ
「今は試合に集中、だろ? わかってるってば…」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「どうしたのさ? うれしそうな顔しちゃって…いま僕はそんな気持ちじゃ…」
ザンテック
「……★」
クリュウ
「何? 何かたくらんでるの…?」
ザンテック
「☆★☆☆☆★…☆」
クリュウ
「え? 行きたいところがあるから明日つきあえって…?
…いいけど修行は?」
ザンテック
「☆☆!」
クリュウ
「大切なことだから来い?
…わかったよ ところでどこに行きたいのさ?」
ザンテック
「★」
クリュウ
「ヒミツ? …ケチ…」

デートイベント

ザンテック
「☆☆!…☆!」
クリュウ
「もう出かけるの、ザンテック?」
ザンテック
「☆!」
  • じゃあ行こう!
    クリュウ
    「じゃぁ出かけよっか!」
    ザンテック
    「☆!」
  • ちょっと待って!
    クリュウ
    「ちょっと待ってよ」
    ザンテック
    「☆」
    (ザンテック、入り口で待つ)
    クリュウ
    「ごめんザンテック」
    • じゃあ行こう!
      クリュウ
      「じゃぁ出かけよっか!」
      ザンテック
      「☆!」
    • ちょっと待って!
      ザンテック
      「…☆」
(自宅へ)
ザンテック
「☆~!」
クリュウ
「…ってウチじゃん?」
ザンテック
「☆!…☆★!」
(アマリエが出てくる)
アマリエ
「あら ふたりともどうしたの?」
クリュウ
「うん なんかザンテックが…」
ザンテック
「☆!…☆★☆☆…★! ★☆☆☆☆…★…☆!」
アマリエ
「黒くて丸い石…?
ああ! それなら、そこのタンスに入れておいたような気が…」
(ザンテック、寝室へ)
クリュウ
「あ!ザンテック…
そういえば母さん… …ザンテックの話 …わかるの?」
アマリエ
「あら? クリュウはわからないの?」
クリュウ
「僕はわかるよ でも、みんなはわからないみたいなんだ」
アマリエ
「そうみたいねぇ でもわたしたちにはわかるんだもの
それでいいじゃない?」
クリュウ
「そうだね でもなんか理由があるのかな…?」
アマリエ
「そうねぇ…シルターン人のまつえいがなんとかって お父さんが言ってた気が…」
(ザンテックが戻ってくる)
ザンテック
「…★…★~?」
アマリエ
「あら…なかった? おかしいわねぇ?
たしかタンスの中に…
クリュウも探してちょうだい たしか…銀色の足が何本も生えてたような…」
クリュウ
「それってなんなの?」
ザンテック
「☆☆…☆★☆!」
クリュウ
「壊れてる記憶回路のパーツ?
これがあればいろいろ忘れてることを思い出せるの?
それって父さんのことも?!」
ザンテック
「☆!」
クリュウ
「そっか…ありがとうザンテック! 絶対見つけだそう!」
クリュウ
「見つからないねぇ…
母さん! 2階はどう?」
アマリエ
「ないわねぇ~」
クリュウ
「…ふぅ
ところでさ なんでそんなものがウチにあるのさ?」
ザンテック
「…☆…★★…」
クリュウ
「むかし使ってた合体ボディが壊れたときに よびの部品だけ持ってきたって…
そうなんだ…負けたの?」
ザンテック
「! …★!」
クリュウ
「わかったわかった! ボディは壊れたけど勝ったんだね
そんなに本気で怒らなくてもいいじゃないか」
ザンテック
「…★…」
クリュウ
「本当は負けたんだね…」
ザンテック
「☆!」
(ザンテック、ポーズを決める)
クリュウ
「ごまかしてもだめだって!」
ザンテック
「★!」
クリュウ
「しゃべってないで探せって言われても…全然見つからないし…」
ザンテック
「…☆…☆☆…☆☆!」
クリュウ
「男ならあきらめるなってさぁ… もうずっと探してるし… …じゃあもう少しだけだよ!」
(クリュウ、何かに気付く)
クリュウ
「…って なんかふんだ…
…黒くて…丸くて…銀色の足がいっぱい…
これかな?ザンテック…」
(ザンテック、驚く)
ザンテック
「…☆」
クリュウ
「…こわれた?」
ザンテック
「…☆」
クリュウ
「…
ごめん…
ザンテック! ほんっとーにごめん!!!」
ザンテック
「…
…★」
クリュウ
「…大丈夫…なの?」
ザンテック
「………」
クリュウ
「今のメモリでも時間をかければ必ずデータはよみがえる…?」
ザンテック
「★★…」
クリュウ
「ありがとう…ザンテック いっしょに、ひとつずつ、順番に調べていこう!
そうだね 僕とザンテックはずっといっしょなんだから!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました