【夜会話】ザンテック(プラティVer.)

スポンサーリンク
karukan様/加羅様

第0話

プラティ
「あれ、あの船・・・
そうだザンテック!乗ってみようよ!」
プラティ
「こうしてると思い出すなぁ・・・
前にパパの船に乗せてもらって街に連れていってもらったこと」
ザンテック
「☆!」
プラティ
「キミも?」
ザンテック
「☆☆☆♪」
プラティ
「・・・そっかぁ パパに船に乗って遠くの街まで行ったことがあるんだ
いいなぁ わたしもパパにもっといろいろ連れて行って欲しかったな・・・」
ザンテック
「・・・・・・☆!」
プラティ
「そうだね!いつかいっしょにいろんなところに行こう!
パパが行けなかったくらい遠くへ行ったりできるといいね・・・」
ザンテック
「☆・・・・・・!」
プラティ
「そうだね それじゃあ鍛聖になれないよね・・・
じゃあ鍛聖になって遠くへ行こう!」
ザンテック
「☆☆☆♪」
プラティ
「うん、約束だよ!」

第1話

プラティ
「やったねザンテック!1戦目突破だよ!」
ザンテック
「☆☆☆☆♪」
プラティ
「やだなぁ ほめてもなんにも出ないよ?」
ザンテック
「・・・☆!」
プラティ
「じゃあ今回の勝利はわたしとザンテックのふたりの勝利ってことでいいよね」
ザンテック
「☆☆☆♪」
プラティ
「今日の試合で鍛聖の人が言ってたじゃん・・・
武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず
・・・だっけか・・・
きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つがそろわないと
本当の鍛冶師にはなれないってことだよね 自信ないけど・・・
わたしにはザンテックっていう友達が、もういるから・・・後は剣の腕と技術だね!
・・・って両方わたしが努力しなくちゃいけないこと・・・?
何? その人ごとですって顔は・・・
ザンテック・・・もう絶交ね?」
ザンテック
「☆☆!」
プラティ
「そんな表情はしてない?はてさて、どうですかなぁ?
なんてね、ウソ これからもいっしょにがんばろ ザンテック」

エンディング

プラティ
「・・・いい風だね、ザンテック」
ザンテック
「・・・☆!」
プラティ
「実はまだ実感がわかないんだ・・・鍛聖になっちゃったんだよね・・・ パパと同じ黒鉄の鍛聖に」
ザンテック
「☆☆☆・・・☆!」
プラティ
「本当にパパのような鍛聖になれるのかな?」
ザンテック
「☆☆☆!」
プラティ
「そうなれるように教えてくれる?ザンテックが?
だって部品がこわれてて昔のことは、よくわからないんじゃ・・・」
ザンテック
「・・・・・・☆♪」
プラティ
「え!? ・・・データが復旧した?ようするに忘れてたことを思い出したってこと?」
ザンテック
「☆!」
プラティ
「おめでとう、ザンテック!よかったね!!じゃあさ、パパのこと教えてよ!」
ザンテック
「・・・☆・・・☆! ☆! ☆!」
プラティ
「へえ・・・そんなことがあったんだ意外とお茶目だね」
ザンテック
「☆☆☆! ・・・☆☆☆☆☆☆☆☆!
・・・☆☆☆・・・・・!・・・・・・☆☆☆☆☆☆☆☆!」
プラティ
「それでそれで・・・それからどうなったの・・・?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました