【夜会話】アーノ(エアVer.)

スポンサーリンク
不断様

第0話

  • じゃあ、いっしょに散歩行こうか
    エア
    「じゃあ、いっしょに散歩行こうか」
    アーノ
    「やったです!
    じゃあ、どこに行くですか?」
    エア
    「そうだね…
    思い出の場所… なんてどう?」
    アーノ
    「思い出の場所…ですか?」
  • メンドウだしもう寝るよ
    エア
    「メンドウだしもう寝るよ」
    アーノ
    「そう…ですか…
    今のご主人さまは暗い風がグルグルなのでいい風にあたるのがいいですけど…」
    エア
    「そ…そうなの…?」
    アーノ
    「はい… ドロドロ~って感じです…」
    エア
    「そういわれればそんな気が…
    やっぱ行こうか 散歩」
    アーノ
    「ハイです!
    じゃあ、どこに行くですか?」
    エア
    「そうだね…
    思い出の場所… なんてどう?」
    アーノ
    「思い出の場所…ですか?」
エア
「とうちゃ~く
うん… 確かに夜風に当たってたらつかれがとれた気がするよ
ありがとう アーノ」
アーノ
「よかったです ご主人さま
アレ…ここはご主人さまと出会った場所です…? ここが思い出の場所ですか?」
エア
「うん… それに、ここは昔 わたしの家のあった場所なんだ」
アーノ
「そうだったですか…」
エア
「この家がなくなった時 わたしはまだ小さかったからここでのことは、ほとんど覚えていない
でも…ここに来るとなんか落ち着くんだ
そういえばリョウガとはじめて会ったのもこの場所だったよ」
アーノ
「ここで…何があったですか?」
エア
「この村にはゴウラって召喚獣が封印されている遺跡があるって村長が言ってたでしょ?」
アーノ
「コワイ召喚獣です」
エア
「すっごい昔に召喚したはいいけど力が強すぎて制御できなかった召喚獣なんだって…
送還することもできなかったからやっとのことで封印したらしいんだけど
それを解放しようとしたグレンって悪い召喚師がいたんだ」
アーノ
「悪い召喚師さんです…」
エア
「自分の力に自信を持っててゴウラの力を手に入れられるって思ってたらしいよ
で、封印を解こうとして村で大暴れしたんだって」
アーノ
「大暴れ…ガシャーンって感じでコワイです…」
エア
「うん…
お父さんや親方… みんなでグレンと戦ってやっつけることはできたんだけど
わたしの家はこわされちゃって わたしも大ケガしちゃったんだ…
その時、わたしを助けるために魔刃使いの力を使っちゃたからお父さんは死んじゃったんだって…」
アーノ
「ご主人さま…」
エア
「お母さんはわたしが生まれてすぐ死んじゃったらしくて
それで… わたしはひとりになったんだ」
アーノ
「ひとりぼっち…」
エア
「でも親方がわたしを家族として迎えてくれたんだ…
親方の奥さんもその時に亡くなってて大変だったはずなのに…」
アーノ
「親方さん… やさしいです…」
エア
「最初はいろいろあったけど オルカやタタンとも仲良くなった だから…
わたしはもう… ひとりじゃない
それに今日からアーノっていうパートナーができたしね」
アーノ
「ハイです! ボクはご主人さまの護衛獣です
これからはどこでもいっしょです!」
エア
「ありがと、アーノ よろしくたのむね」
アーノ
「ハイです! いっしょに武器を
たくさん作るです!」
エア
「うん」
アーノ
「あの空の星くらいたくさんたくさんたっくさん作るです!」
エア
「う… そんなにできるかな…」
アーノ
「できるです! 風も「がんばれ」って言ってくれてるです!」
エア
「そうなの? じゃあがんばってみようかな」
アーノ
「ガンバルです!」

第1話

エア
「あれ、アーノ… なにやってんの? こんなところで…」
アーノ
「風とお話ししてたです ご主人さまとの思い出の場所にはとってもやさしい風がふいてるです
ご主人さまも風とお話しですか?」
エア
「うーん… まあ、そんなとこかな」
アーノ
「もしかして… 風とお話ししてたのがスーって、きこえちゃったですか?」
エア
「あはは…さすがにまだ それはムリかな… アーノはなにを話してたの?」
アーノ
「えと…ご主人さまのことです」
エア
「わたしの?」
アーノ
「ハイです ご主人さまは大カツヤクでドキドキしたです
大きな召喚獣をバーンってやっつけちゃうし 親方さんもなおしちゃうし…」
エア
「親方をなおしたのはリンリさんの方かな…」
アーノ
「でも…ボクは… あんまりお役に立ってないかもです…」
エア
「そんなことないよ わたしもアーノにはすごく助けられてるよ」
アーノ
「ええっ! ボク、ご主人さまを助けてたですか? ビックリです!」
エア
「ほら、集会でさ みんなに信じてもらえなかったときアーノが信じるって…
本当にうれしかったんだ だから、ありがと」
アーノ
「でも、ご主人さまは本当にスゴイ人だからフツーです」
エア
「そんなにほめないでよ…」
アーノ
「そんな… ダメですか?」
エア
「いや…ダメじゃないけど… でもあんまり人前でそういうことは言わない方が…」
アーノ
「どうしてですか? この風にのせてみんなに伝えたいくらいです」
エア
「ああ… おねがいだからカンベンして…」

第2話

アーノ
「あ、 またご主人さまといっしょです!」
エア
「また風と話してたんだよね 今日はなにを話してたの?」
アーノ
「えと…オルカさんも親方さんもバッタンで… どうしたらいいかなって…」
エア
「そうだね…あのあやしい男もリョウガの仲間みたいだし… 早く魔刃を集めるしか…」
アーノ
「それから… あの… ご主人さま…?」
エア
「なに?」
アーノ
「ケンカするのが仲良しさんなんですか?」
エア
「え…? まあ、ケンカするほど仲がいいって言うけど…」
アーノ
「じゃあ、ボクとケンカするです!!」
エア
「はい!?」
アーノ
「ボクもご主人さまと仲良しさんになりたいです! だから、ケンカするです!」
エア
「ええ… ちょっと待ってよ…!」
アーノ
「待てないです! グルグルって行くです!」
エア
「たのむから話を聞いてよ!?」

第3話

アーノ
「あ、 またご主人さまといっしょです!」
エア
「また風と話してたんだよね 今日はなにを話してたの?」
アーノ
「えと…ご主人さまがブルニードさんにコチョコチョってされてわらってたこととかです」
エア
「そこなの…?」
アーノ
「あと、ご主人さまがガーってなったり パスゥさんがニュッてしたり… 親方さんが…」
エア
「アーノ… 大丈夫だよ…ブルニードは魔刃の場所を知ってるみたいだし
早く魔刃を手に入れるためにいっしょにがんばろう! ね、アーノ!」
アーノ
「ハイです! ご主人さまの役に立つようにがんばるです!
あと、…キスってなんですか?」
エア
「あはははは…」

第4話

エア
「あ、アーノ… 風はどう…?」
アーノ
「え…?フワって感じですけど… ご主人さま、元気ないです… どうしてですか?」
エア
「ん…? ちょっと、ね…」
アーノ
「もしかして… ボクのせいですか…? お役に立ててないですか…?」
エア
「あ…そうじゃなくて…! リョウガに会ったでしょ… そのことをね…」
アーノ
「リョウガさん、ですか…?」
エア
「リョウガには何か事情があって話し合えば元に戻れる…そう思ってたの
ううん…思おうとしてた…
だけど…なにも聞けなかった… もしちがってたらって思ったら怖くて聞けなくて…!
イヤだよ… リョウガと戦うなんて…」
アーノ
「ご主人さま… ご主人さまのまわりの風がさびしい…かなしいって言ってるです
あのときのリョウガさんといっしょです…」
エア
「リョウガと…?」
アーノ
「ハイです… きっとリョウガさんも戦うのはイヤです…」
エア
「やっぱり…なにかあるの…? わたしに言えない事情とか… 戦わなくちゃいけないなにかが!?」
アーノ
「ご主人さま…?」
エア
「ムリやりゴウラ復活のために戦っているなら… とめなきゃ…!
リョウガがゴウラを復活させるのを止められるのは… 魔刃使いのわたしだけだから!」
アーノ
「ご主人さまが… 戻ったです!」
エア
「ありがと! わかったよ! アーノのおかげね!」
アーノ
「本当ですか!? ボク、役に立ったですか!?」
エア
「うん! アーノが護衛獣で本当に良かった!」
アーノ
「ほめられちゃったです! ワーイです!」

第5話

アーノ
「あ! ご主人さまです!」
エア
「今日もいろいろあったけど風となにを話してたの?」
アーノ
「ご主人さまもお色気は好きですか?」
エア
「いきなりだなぁ!?」
アーノ
「好きですか?」
エア
「別に好きでもきらいでもないけどあった方がいいかも…」
アーノ
「やっぱり… ボクはダメだったですか…!?」
エア
「ち…ちょっと…!? どうしたの!?」
アーノ
「ボクはリンリさんみたいにクネクネしてなかったです… ごめんなさいです!」
エア
「そんな… あやまられても…」
アーノ
「ボク、これからがんばっていっぱいクネクネするです! だから…!」
エア
「あー、ちょっとその前に… 結局アーノは男の子なの? 女の子なの?」
アーノ
「ボクは風の子です」
エア
「だから、そうじゃなくて… なんというか…
女の子だったらクネクネしてもまあ…とめないけど… 男の子だと、チョット…」
アーノ
「風の子はどっちですか?」
エア
「だから、そういう問題じゃなくて」
アーノ
「だけどボク、小さいときから風の子だって言われたです」
エア
「親の教え!?」
アーノ
「それで、どっちですか!?」
エア
「あの…風の子は… というかアーノは今のままでいいよ」
アーノ
「よかったですか!?」
エア
「うん!」
アーノ
「よかったです!」
エア
「(よかったのだろうか…?)」

第6話

アーノ
「あ! ご主人さまです!」
エア
「今日は風となにを話してたの?」
アーノ
「ガンヴァルドさんのことです すごく大きくて すごくがんばったです」
エア
「そうだね ボルガノがなおったのもガンヴァルドのおかげだもんね」
アーノ
「でも…ガンヴァルドさんはリョウガさんたちにボカーンって…」
エア
「アーノ…」
アーノ
「ご主人さま… 僕たち、本当にリョウガさんに勝てるですか?」
エア
「正直、自信ないけど勝たなきゃいけないんだ だって…
あのときリョウガはとても悲しそうだったから…」
アーノ
「ハイです… あのとき悲しい風が少しだけどふいたです…」
エア
「多分リョウガのやっていることは自分の気持ちとは関係なくやらなきゃいけないことなんだよ…
だから、リョウガは全力でくる」
アーノ
「コ…コワイです…」
エア
「私だってそう… でも… やるしかないよ…
だって、リョウガを止められるのは私だけなんだから…」
アーノ
「じゃあ…ご主人さまを守るのはボクです! ボクもガンバルです!」
エア
「アーノ… たよりにしてるよ!」
アーノ
「うれしいです! ご主人さま!」

第7話

アーノ
「あ! ご主人さま! いらっしゃいです」
エア
「今日はアーノ おイモのこと話してたんじゃない?」
アーノ
「すごいです…! 風の声がきこえたですか?」
エア
「ううん でも、なんとなくね」
アーノ
「それからすごい召喚師さんたちのことです」
エア
「マグナ/トリスさんたちのことね たしかにすごかったね」
アーノ
「メガネさんがコワかったです」
エア
「まあまあ…
でもあの戦いのとき バルレルくんがいっしょだったら絶対負けていたと思うよ」
アーノ
「バルレルさんはご主人さまより強いですか!?」
エア
「それだけじゃなくてマグナ/トリスさんたちもずっと強くなると思う
私だってアーノがいないと調子が出せないと思うから…」
アーノ
「それはダメです! じゃあボクはいつでもずっといっしょにいるです!」
エア
「ありがと」
アーノ
「いつでもいっしょです…」
エア
「あ…あの… いつでもって言ってもいままでどおりでいから、ね」
アーノ
「どこでもいっしょです…」
エア
「あ…あの…」

第8話

アーノ
「あ! ご主人さま! 風もまってたです!」
エア
「風も…? どういうこと?」
アーノ
「風も、ご主人さまにごめんなさいって言ってるです」
エア
「一体なんで?」
アーノ
「えと… ゲドーさんの召喚獣のこととかです」
エア
「たしかにアレは大変だったね… みんな、私のこと信じてくれなくなっちゃって…
正直、ショックだったよ…」
アーノ
「ボクもガーンって感じだったです」
エア
「でも、アーノがいてくれて本当に助かったよ ひとりじゃ、どうなっていたか…」
アーノ
「どうなっていたんですか?」
エア
「きっと、辛くて逃げ出していたんじゃないかな?
アーノがいてくれたから逃げないで、魔刃を取り返すことができたんだよ
本当にありがと」
アーノ
「ワーイです! ご主人さまの役に立てたです! 風も「よかった」って言ってるです」
エア
「よかったね この調子で、最後の魔刃も手に入れよう!」
アーノ
「ハイです!」

第9話

アーノ
「大丈夫ですか? ご主人さま…?」
エア
「ごめんね、アーノ… 心配かけちゃって…」
アーノ
「だって、ご主人さま とってもグルグルって感じです… やっぱり、リョウガさんが…」
エア
「リョウガはもう関係ないよ… どれだけ考えたってリョウガは戻ってこないもん…!
わかってるよ…! わたしが今やらなきゃいけないのはゴウラを封印することなんでしょ!」
アーノ
「ご…ご主人さま… ごめんなさいです…!」
エア
「あ… ごめん…アーノ…
でも…わたしにだってわかってる… こんな気持ちじゃゴウラ封印なんてできないかもしれないって…
でも…どうしようもないんだよ… また魔刃使いの力が暴走して誰かをキズつけてしまったらって…」
アーノ
「困ったです… どうしたらいいですか…?」
エア
「ごめんね… 今日はもう、帰ろうか…?」
アーノ
「ご主人さま… ハイです…」

デートイベント

エア
「ん…ふわぁ…

あれ…? アーノ…? おーい!?
… いない… どこへ行ったのかな?」
エア
「ここにいたんだ アーノ また風とお話ししてたの?」
アーノ
「ちがうです」
エア
「え…? じゃ…なにしてたの?」
アーノ
「えと… あの石さんにお願いしてたです」
エア
「お願いって…?」
アーノ
「前にタタンさんがここでお願いするとかなうって言ってたです」
エア
「そっか… で、なにをお願いしたの?」
アーノ
「えと…ボクがご主人さまを助けられるように、です」
エア
「アーノ… わたしのために…」
アーノ
「これでご主人さまの力がバーンってなったときもボクが助けるから大丈夫です」
エア
「ダメだよ! アーノ… そんなムリしたら今度はアーノが…!」
アーノ
「大丈夫です ちゃんとお願いしたです」
エア
「そんなお願いなんて信じたって…」
アーノ
信じるです!
エア
「アーノ…」
アーノ
「昔、おかあさんに言われたです まず、できるって信じてみなさいって…」
エア
「信じる…」
アーノ
「ボク、小さいとき 風とお話しできなかったです… みんなはできたのに…
でも、それはボクが本当はできるのに、できないかなって思ってたからです」
エア
「そうなんだ…」
アーノ
「ハイです! 風の声がきこえるってここらから信じたら自然に言葉がきこえてきたです…
えと、だから… 今はご主人さまが困っているけど どうしていいのかわからなかったです
だから、お願いしたです ご主人さまを助けられるようにって…」
エア
「アーノ…」
アーノ
「今度だって信じれば絶対にお願いはかなうです! だからボクは信じるです!
だからご主人さまも信じてほしいです!」
エア
「大丈夫だよ、アーノ そのお願いなら、叶ってるから」
アーノ
「え…?」
エア
「わたしはもう、アーノに助けてもらってるから ずっとそうだったんだ…」
アーノ
「ご主人さま…」
エア
「それなのにわたしったら知らない間にここまでひとりできたみたいに考えてて…
わたしのとなりにはいつだってアーノがいてくれてたのに…! わたしは…
ごめんね、アーノ… ごめん…」
アーノ
「あわわ… ボクはご主人さまの護衛獣だからいつもいっしょです
これからも、ずっといっしょです!」
エア
「そうだね だからわたし アーノを信じるよ
これからもわたしを助けてくれるってね」
アーノ
「え…えと… それは、タイヘンです…」
エア
「どうしたの、アーノ? わたしはアーノを信じてるんだよ?
アーノはわたしを信じてくれないの?」
アーノ
「そんなことないです! ご主人さまはスゴイ人だからとっても信じるです!」
エア
「じゃ、これからもわたしを助けてね」
アーノ
「は…ハイです! ずーっと、ガンバルです!」

エンディング

アーノ
「わーい いい風です たのしそうです!」
エア
「そうだね」
アーノ
「ご主人さまも風の声がきこえたですか?」
エア
「いや…ほら… グレンの邪気も完全に消えたし…
アーノを見てたらなんとなく、ね…」
アーノ
「そうですか! きっときこえてるです! ご主人さまも風の子です」
エア
「そうなの…? よろこんでいいのかどうかビミョーだけど」
アーノ
「ボクは大喜びです!」
エア
「そっか… じゃ、よかった
アーノ…、本当にありがと あなたがいてくれて本当に助かったよ」
アーノ
「本当ですか!?」
エア
「うん…
くじけそうになったとき アーノの真っ直ぐな心に何度助けられたことか…」
アーノ
「それ… 本当に本当ですか? ご主人さま?」
エア
「うん 本当に本当」
アーノ
「うれしいです…! ボクもご主人さまの役に立ってたですね…!」
エア
「もちろん!」
アーノ
「ボクもご主人さまといっしょだとすっごくフワってなれるです とっても元気が出るです!
ご主人さまの護衛獣で本当によかったです!」
エア
「そっか… ふたりで支え合ってるって感じだね
さすが、ふたりはパートナー…ってところかな?」
アーノ
「ハイです! パートナーです!」
エア
「じゃ、あらためて これからもよろしくね アーノ」
アーノ
「ハイです ご主人さま」
これからもず~っとず~っと、いっしょです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました