【夜会話】キルフィス(リフモニカVer.)

スポンサーリンク
CLOCK様

第0話

キルフィス
「ちっ…」
リフモニカ
「キルフィス… どうしてこんなとこに?」
キルフィス
「キサマに話す必要はないだろう」
リフモニカ
「なによ、その言い方… もしかしてわたしの跡つけてきたの?」
キルフィス
「どうして私がそんなことをしなければならないのだ」
リフモニカ
「それは… わたしのパートナーだから?」
キルフィス
「ちっ…、バカらしい キサマこそどうしてここにいた? 目ざわりだぞ」
リフモニカ
「なによ! わたしは今日はいろいろあったんでアタマを冷やしてただけだよ!」
キルフィス
「ふ… 知恵熱か」
リフモニカ
「あははは… そうかもね
…ってちがうわよ! わたしたちパートナーなんだからさ もう少し仲良くしようよ」
キルフィス
「鍛冶の手伝いはすると言ったが キサマと仲良くするとは言ってないぞ」
リフモニカ
「なに言ってるの 仲良くないと息が合わないから良い武器が作れないのよ…」
キルフィス
「ちっ…」
リフモニカ
「だからさ あらためてよろしく キルフィス!」
キルフィス
「ああ…、もう わかった うっとうしいぞ」
リフモニカ
「そんなこと言わずにさ 景気づけにアレを叫ぼう!」
キルフィス
「あれ…? まさか、さっきの…!」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは…

…ってどうしたの?」
キルフィス
「あんなはずかしいのはもうたくさんだ! 私は帰る!」
(キルフィスが去る)
リフモニカ
「ちぇっ… なによ むずかしい年頃なのかな?」

第1話

キルフィス
「…」
リフモニカ
「あ、キルフィス」
キルフィス
「ちっ… …」
リフモニカ
「なによ? なにか用?」
キルフィス
「ふう… ミューノがさっき目覚めて もう元気だとキサマに伝えてくれと…」
リフモニカ
「そっか! 本当によかった! きっと薬が効いたんだよ あなたもがんばってたもんね」
キルフィス
「な、なにを言っている! 私はがんばってなどいない! あれは、キサマが…」
リフモニカ
「またそんなこと言って 素直じゃないんだから 子供なのに…」
キルフィス
「キサマ、忘れているな…? 今のこの姿は私の本来の姿ではない…
キサマがまともに召喚できなかったせいだ! 私はキサマの何倍も大人だ!」
リフモニカ
「あ、そうだった… でも大人だったらよけいにもっと大人らしくしてよ!」
キルフィス
「…っ!」
リフモニカ
「キッカの実をあつめるのだって キルフィスがいてくれて本当に助かってたのよ!
強い武器も作れるようになったし 強い相手とも戦えたのもキルフィスのおかげだよ
だから、キルフィスはがんばってた わたしはそう思うよ」
キルフィス
「キサマ…」
リフモニカ
「それだけじゃない
協力してくれたザックも ミューノをみててくれた親方も みんながんばってたと思う」
キルフィス
「…なさけない…」
リフモニカ
「え?」
キルフィス
「キサマに言い返すことができないとは… これは私も身を入れて修行するしかないか…」
リフモニカ
「キルフィス…! 本当…!?」
キルフィス
「…とでも言うと思ったか? ふざけるな!」
リフモニカ
「… そういうとこはなんか すっごい大人っぽいよ…」
キルフィス
「ふ…」

第2話

キルフィス
「ここだったとは…
親方との勝負があるのに こんなところにいるとは勝負をあきらめたのか?」
リフモニカ
「そんなことないけど 相手が親方だから今さらジタバタしたって仕方ないよ
それより明日にそなえて休んでおかないとね」
キルフィス
「キサマにしてはけんめいな判断だな」
リフモニカ
「そう言えば、キルフィス 今日はガマンしてくれてありがとね」
キルフィス
「ガマン? ガマンならキサマのパートナーになった時からずっとしている」
リフモニカ
「ヒドイこと言うなぁ! そういうことじゃなくて魔石を取り返す時のことだよ!」
キルフィス
「?」
リフモニカ
「本当はさっさとあいつらをやっつけて魔石を取り戻したかったんでしょ?
でも、わたしのためにそれをガマンしてくれて… ありがとう」
キルフィス
「キサマのためにガマンだと… ふざけたことを言うな!
私はキサマがどんな目にあうか見てみたかっただけだ
まさか、土下座とやらまですることになるとはな…」
リフモニカ
「あれかぁ… あれはかなりカッコわるかったね」
キルフィス
「そうだな あんな情けないこと私には絶対にできんことだ」
リフモニカ
「ハッキリ言うなぁ…」
キルフィス
「くやしいがそこが 私とキサマの決定的な差だろうな… そして、ミューノは…」
リフモニカ
「え…? 何? キルフィス」
キルフィス
「ちっ… どこまでもおめでたいヤツだ…」
リフモニカ
「な、なによ、それ!?」

第3話

キルフィス
「どんな大きなため息だ…」
リフモニカ
「あ、キルフィス…」
キルフィス
「ちっ… まだウジウジと落ち込んでいるのかうっとうしい」
リフモニカ
「そんなこと言わないでよ… わたしだってどうしたらいいか考えてるんだからさ」
キルフィス
「キサマがここで働くのは勝手だが私にそんな気はないぞ」
リフモニカ
「わかってるわよ、そんなこと」
キルフィス
「どうだかな 本当はキサマもまんざらではなかったようだが」
リフモニカ
「たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったんだ わたしのウデが認められた気がして
でも、まさかカンバン娘だなんて… こんなことになるなんてわたしだって思ってなかったよ…」
キルフィス
「どうだか・・・ カンバン娘という言葉には 反応していたように見えたが」
リフモニカ
「ばっ…! そんなことないよ!」
キルフィス
「ただ、キサマがまだミューノを守る気なら覚悟は決めておけ…」
リフモニカ
「それって、今日戦った敵と…」
キルフィス
「…」
リフモニカ
「そっか… ヒミツだったよね…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました