【夜会話】ルフィール(リフモニカVer.)

スポンサーリンク
ファイポー様

第0話

ルフィール
「見つかってしまいましたわ」
リフモニカ
「ルフィール… どうしてこんなとこに?」
ルフィール
「それは… あなたがドコに行くのかをたしかめに…」
リフモニカ
「え…? まさか、わたしの跡をつけてたの? どうして?」
ルフィール
「そんなこと決まってますわ ミューノ様をお守りするためです!」
リフモニカ
「お守りって… わたしがミューノになんかするとでも思ってたの!?」
ルフィール
「そのとおりですわ」
リフモニカ
「そんなことないって!」
ルフィール
「絶対そうだとは言い切れませんわ」
リフモニカ
「言い切れるって!絶対! 今日はいろいろあったんでアタマを冷やしてたの!」
ルフィール
「なるほど 知恵熱ですね」
リフモニカ
「うん! そうだよ
…ってちがうわよ!」
ルフィール
「今日のところは本当にミューノ様とは関係ないようですね では、もう用はありませんわ
私はかえります」
リフモニカ
「なによ、それ せっかくパートナーになったんだからもっと仲良くしようよ」
ルフィール
「うぅ… とてももっともなことを言われた様な気がしますわ…」
リフモニカ
「良い武器を作るためにも大切なことなんだし ね」
ルフィール
「たしかにそうみたいですね わかりましたわ」
リフモニカ
「それじゃ、あらためて これからもよろしくね ルフィール!」
ルフィール
「はい こちらこそ」
リフモニカ
「よーしっ! 景気づけにアレを叫ぼう!」
ルフィール
「あれというと? もしかして、さっきの…」
リフモニカ
「鍛冶師なら!
ハンマーは…
…ってどうしたの?」
ルフィール
「す…すみません やっぱりはずかしくって… また今度お願いしますわ」
リフモニカ
「あ… そんなにはずかしいこと?」

第1話

ルフィール
「見つけましたわ」
リフモニカ
「あ、ルフィール」
ルフィール
「ついさっきミューノ様の目が覚めましたわ! すっかり元気になったようです」
リフモニカ
「よかったね、ルフィール」
ルフィール
「本当ですわ それもこれもあの薬のおかげです ご協力ありがとうございました」
リフモニカ
「そんなのいいよ わたしも好きでやったんだからさ」
ルフィール
「好きで!?
…と言うことは もしかしてあなたミューノ様に好意を…」
リフモニカ
「そ、そういうことじゃなくて! ほら、親方にジャマっていわれたし 修行にもなるしさ!」
ルフィール
「ふーん… そうですか…」
リフモニカ
「それに、薬ができたのは親方がミューノをみててくれたりザックが手伝ってくれたからだよ」
ルフィール
「たしかに、そうですわね… みなさんのおかげですわ
それなのに私ったら親方さんをうたがってしまうなんてなんてヒドイことを…」
リフモニカ
「ルフィール… あなた…」
ルフィール
「こんなことがバレたら 親方さんにどんな目にあわされるか… うぅ…」
リフモニカ
「そっちなの!? まあ、親方のためにもさ いっしょに修行をがんばろうね」
ルフィール
「そうですわね…」
リフモニカ
「わたしもさ ルフィールがいてくれて本当に助かってたんだよ!
強い武器も作れるようになったし強い相手とも戦えるようになったしね」
ルフィール
「本当ですか うれしいですわ」
リフモニカ
「じゃ、これからもよろしくたのむね ルフィール」
ルフィール
「おまかせください!」

第2話

ルフィール
「ここでしたか
親方さんとの勝負があるのにもっと準備とかしなくていいんですか?」
リフモニカ
「まあね 相手が親方だから今さらジタバタしたって仕方ないよ
それより、キンチョーしすぎると実力をだせないよ」
ルフィール
「たしかにそうかもしれませんわ… 落ち着かないと…」
リフモニカ
「そう言えば、ルフィール 今日はガマンしてくれてありがとね」
ルフィール
「ガマン?
ガマンならあなたのパートナーになった時からずっとしていますわ」
リフモニカ
「ヒドイこと言うなぁ! そういうことじゃなくて魔石を取り返す時のことだよ!」
ルフィール
「はあ」
リフモニカ
「本当はさっさとあいつらをやっつけて魔石を取り戻したかったんでしょ?
でも、わたしのためにそれをガマンしてくれて… ありがとう」
ルフィール
「本当ですわ! もうあなたのためにあんなガマンをするなんて、まっぴらですわ」
リフモニカ
「そ、そんな…」
ルフィール
「パートナーがあんな目にあっているのに戦いをさけるためには助けることすら許されないなんて…」
リフモニカ
「ルフィール…」
ルフィール
「あなたが、ミューノ様のために土下座とかいう格好までさせられていたと言うのに…
私は、見てることしかできなくて…あんなガマンなんて、もう絶対にしたくないですわ…」
リフモニカ
「あれかぁ… あれはかなりカッコわるかったね」
ルフィール
「そんなことありませんわ! 大切なものを守るためにけんめいに耐えている姿
とてもムネをうたれましたわ 格好良かったです」
リフモニカ
「ルフィール…」
ルフィール
「あなたがそこまでできる人だから ミューノ様の心も動いたのかもしれません…」
リフモニカ
「え…? それってどういうこと?」
ルフィール
「はぁ… とんだニブチンさんですわ…」
リフモニカ
「な、なによ、それ!?」

第3話

ルフィール
「スゴイ大きなため息ですね」
リフモニカ
「あ、ルフィール…」
ルフィール
「本当に大変なことになりましたね」
リフモニカ
「うん… ホントにどうしたらいいんだろ…」
ルフィール
「わかっているとは思いますけど 私は絶対に、ここでなんか働きませんからね」
リフモニカ
「それは、わかってるけど…」
ルフィール
「ならいいんですけど あの時、なんだかちょっとうれしそうに見えましたから…」
リフモニカ
「たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったんだ わたしのウデが認められた気がして
でも、まさかカンバン娘だなんて… こんなことになるなんてわたしだって思ってなかったよ…」
ルフィール
「あら、そうですか? カンバン娘になれるっていうのもうれしかったんじゃないですか?」
リフモニカ
「ばっ…! そんなことないよ!」
ルフィール
「ただ…、忘れないでくださいね 私の使命はミューノ様を守ることですわ」
リフモニカ
「それは…」
ルフィール
「だからミューノ様を悲しませる人は敵ですよ たとえ、あなたでも」
リフモニカ
「トホホ…」

第4話

ルフィール
「こんなところにいたんですね
さがしましたよ リフさん」
リフモニカ
「あ、ごめん… 歩いてたら、なんとなくここに来ちゃってて…」
ルフィール
「何を考えてるんですか? すぐ近くにボスタフ工房があるんですよ
こんな場所でボーっとしてないで…しっかりミューノ様をお守りしなくてなりませんわ!」
リフモニカ
「そりゃ、そうだけど… そんなキケンなところなのにどうしてミューノは逃げないの?」
ルフィール
「それは…、まだこの町でやることが残ってるみたいで…」
リフモニカ
「それが何かってのは… ま、いつもどおりヒミツなんだろうけどね…」
ルフィール
「はい…」
リフモニカ
「はあ… わからないことだらけだよ…」
ルフィール
「それではもうミューノ様をお守りすることなんてできませんか?」
リフモニカ
「そんなことないけど… 親方も言ってたでしょ 鍛冶師の約束は鋼よりカタイのよ
ルフィールがわたしのパートナーであるかぎり わたしはミューノを守るよ」
ルフィール
「たとえロブ親方さんの死んでしまった原因がミューノ様にあったとしても?」
リフモニカ
「それは…」
ルフィール
「そうですよね… ま、その時は仕方ありませんわ
私があなたのパートナーをやめるまでです」
リフモニカ
「な…! どうして…!?」
ルフィール
「そうすればあなたにはミューノ様をお守りする理由なんてないでしょう?
どうとでも好きにできますよ」
リフモニカ
「ルフィール でもあなただって鍛冶師の約束を…」
ルフィール
「ミューノ様をお守りするためです 鍛冶師の約束をやぶることなどヘッチャラですわ!」
リフモニカ
「ルフィール…」

第5話

リフモニカ
「ルフィール?」
ルフィール
「はい… あなたも無事の様で安心しましたわ…」
リフモニカ
「うん! わたしは元気だよ! ルフィールこそ大丈夫なの?」
ルフィール
「はい、一応は…」
リフモニカ
「よかった… じゃ、ミューノは? ミューノはどうなったの?」
ルフィール
「それが、わからないんです… がんばったんですけど、あなたたちを助けるだけで精一杯で…
ここについたとき住民の人たちに捕まってしまって… 気が付いたらこの部屋ですわ…」
リフモニカ
「そっか… ルフィールが助けてくれたんだね ありがとう
で、ここはどこなんだろ?」
ルフィール
「それはわかりません… ただ、カンゲイされてはいないようですね…」
リフモニカ
「たしかに… こんなところに入れられてるんだもんね…
なんとかして逃げ出さないと… こんなカベくらいあなたの力でこわせない?」
ルフィール
「それが、妙な腕輪をつけられて 力を出すことがでないんです…」
リフモニカ
「妙なうでわ…? そうなんだ…」
ルフィール
「なんとかして、ミューノ様を助けだす方法を考えないと…」
リフモニカ
「あの連中、ミューノの持ってた魔石をねらってたんだね… アレは一体、なんなの?
…って、ヒミツだったっけ」
ルフィール
「こんなことになってしまった以上 あなたにもお話しするべきなのかも ミューノ様をお守りするためにも…」
リフモニカ
「そうなの?」
ルフィール
「あのゴヴァンの魔石はミューノ様の家族が代々守ってきたものなんです」
リフモニカ
「守ってきた? すごい力があるって言ってたもんね 宝物みたいなもの?」
ルフィール
「宝物とはちょっとちがうかも… 強すぎる力を悪用されないようにかくしてきたワケですからね
しかしどこから話がもれたのか村に突然アニスさんたちがやってきて魔石をよこせとあばれたんです…
村はもう、メチャクチャで… その時ミューノ様はお父様に魔石をたくされたんです…」
リフモニカ
「それで、村から逃げてきたの… じゃあ、今その村がどうなってるのかは…」
ルフィール
「わかりません… でも、あの様子では…」
リフモニカ
「そんな… そんなつらい目にあってたのに わたしたちにはすっとだまってたの…」
ルフィール
「ミューノ様はできるだけあなたたちを巻き込まないようにと考えていましたからね…」
リフモニカ
「わたしね… あなたがどうしてミューノを守りたいかわかったような気がするよ…
だから、わたしもがんばる!」
ルフィール
「リフさん…」
リフモニカ
「もっともっとがんばって あなたといっしょにミューノを守り抜くよ!」
ルフィール
「はい! がんばりますわ!」
リフモニカ
「うん!
…ってまずこの状態をなんとかしないといけないなぁ…」

第6話

ルフィール
「あら ここにいたんですか
こんなところで何してたんですか?」
リフモニカ
「あ、ちょっとね…明日の勝負のことを考えてたんだ」
ルフィール
「1対1の勝負ですものねぇ 私がついていないとやっぱりコワいですか?」
リフモニカ
「なに言ってるの! あんな人、わたしひとりで楽勝よ!
…と言いたいところなんだけど やっぱひとりはちょっと、ね」
ルフィール
「リフさん…」
リフモニカ
「でも、あなたにばっかカッコイイとことられてちゃカッコワルイからね わたしもがんばらないと」
ルフィール
「本当ですか? 私、カッコイイですか? うれしいですわ」
リフモニカ
「うん! すっごく強くてカッコよかったよ!」
ルフィール
「だから前から言ってるじゃないですか 私は強いって 今までは力が入らなかっただけです」
リフモニカ
「そ、そうだった 忘れてたよ、ごめんごめん でもよかったね、また変身できて」
ルフィール
「そうですね… 私、力を出すことだけに精一杯で大事なことを忘れていたんです
あのときリフさんが私にそのことを思い出させてくれたから私は変身できたんです」
リフモニカ
「うーんと… わたし、何かしたっけ…?」
ルフィール
「しましたよ すっごくカッコよかったですわ」
リフモニカ
「え~、そうかな~ なんだかよくわからないけど そんなほめられるとテレるなぁ
でも… ルフィールが忘れてた 大事なことって、何?」
ルフィール
「それは… ヒミツですわ?」

第7話

ルフィール
「見つけましたよ リフさん!
どうしたんですか 今日はおとなしくしてなさいって 親方さんに言われましたよ?」
リフモニカ
「でもさ、アニスたちは今でもどこかでミューノを狙ってるんだよ ジッとしてられなくて…」
ルフィール
「たしかにそうですわ! あの人たちも正体を知られたので何をするかわかりませんわ…
ミューノ様のため、よりいっそう注意しなくては…!」
リフモニカ
「そうだね 1日も早くあいつらを捕まえてミューノを安心させてやろう!
ルフィールも変身できるようになったしね! たよりにしてるよ!」
ルフィール
「おまかせください!」
リフモニカ
「よおーし! これからが、本番ってワケだね… 初心に返って、気合い入れよっか!」
ルフィール
「気合い? もしかして…」
リフモニカ
「そうだよ 覚えてるでしょ? 最初に叫んだアレよ!」
ルフィール
「やっぱり…!」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは…
ってどうしたの?」
ルフィール
「す、すみません… やっぱりアレはまだはずかしくて また今度でおねがいしますわ」
リフモニカ
「はずかしさなんて 1回叫んじゃえば…」
ルフィール
「それはそうと明日の話し合いで魔石がねらわれていることを認めさせないとダメですわ!
がんばりましょう!」
リフモニカ
「あ…うん」

第8話

ルフィール
「あら、リフさん
今日のところは休んでいた方がいいんじゃないですか?」
リフモニカ
「たしかに今日は ヒドイ目にあったもんね… ルフィールも大丈夫?」
ルフィール
「あんなアタマの方と長い間同じ部屋に入れられてたんですよ 大丈夫なワケありませんわ!
この怒り、あの人を見つけ出した時 3倍にして返してあげますわ!
…って、私はこんな感じですけど リフさんの方こそ大丈夫ですの?」
リフモニカ
「まあね アイツらには結構やられちゃったけど 一番こたえたのは…
ギランって人に抱きつかれたことだなぁ 思い出すと、まだヘコむけど…」
ルフィール
「ああ、たしかにアレは… うぅ…、想像しただけで鳥肌が立っちゃいましたわ」
リフモニカ
「実際はその3倍以上のつらさだよ 多分…
それに… アニスが言ったことも…」
ルフィール
「何ですか、それは?」
リフモニカ
「あ、ううん… 別にいいんだよ…」
ルフィール
「私にも言えないなんて なにやらとても大変なことがあったような予感がしますわ…」
リフモニカ
「あ、いや… なんというか…」
ルフィール
「いいえ、ムリしなくてもいいですわ あの人たちが最低なことはわかりました もう絶対に許しませんわ!
今度あの人たちに会った時はそのことを絶対に思い知らせてあげますわ!」
リフモニカ
「うれしいけど、コワイ…」
ロブ親方のことはルフィールにも言えなかったな…

第9話

ルフィール
「リフさん…
…」
リフモニカ
「アニスたちも捕まえたし あとはゴヴァンの魔石を戻せばおしまいだね…」
ルフィール
「そうですね ウェルマン様の調子も大分よくなったそうですわ」
リフモニカ
「そっか… よかったね、ミューノ…」
ルフィール
「はい… リフさんもご苦労様でした あと少し、がんばりましょう!」
リフモニカ
「そうだね… それにしても、あなたと会ってからいろんなことがあったね…」
ルフィール
「本当ですわ、まさか私が 鍛冶師のパートナーになるなんて思ってもみませんでしたわ」
リフモニカ
「どうだった? 鍛冶師のパートナーは面白かった?」
ルフィール
「そうですね… とっても熱かったですわ」
リフモニカ
「あはは… そっか…、ごめんね…」
ルフィール
「うふふ、冗談ですわ とても楽しかったですよ 色んな形ができるんですもの
それに、リフさんといると 毎日ドキドキすることばかりで…」
リフモニカ
「それってコワかったってこと?」
ルフィール
「ち、ちがいますわ! リフさんがムチャばかりして心配してばかりだったってことですわ」
リフモニカ
「それはスミマセンでしたね」
ルフィール
「これからは親方さんのためにもあまりムチャはしないで立派な鍛冶師になってくださいね」
リフモニカ
「うん、まかせといて! いつかルフィール用の武器も作ってあげるからね」
ルフィール
「はい 楽しみに待ってますわ」
リフモニカ
「そういえば、ルフィール 魔石を戻しに行く前になんかやり残したこととかないの?」
ルフィール
「やり残したこと、ですか… えっと… 特にないと思いますけど…」
リフモニカ
「そ、そうなんだ… なんかさびしいなぁ…」
ルフィール
「急に言われても… ちょっと考えてみますわ」

デートイベント

リフモニカ
「そういえば、ルフィール 今まであなたとはたくさん武器を作ってきたよね」
ルフィール
「そうですよね どの武器も大好きですわ とても良い思い出になりました」
リフモニカ
「あの時勝負に負けて良かったって?」
ルフィール
「そうかもしれませんわ 力がちゃんと出せなかったのもついてたのかもしれませんね
今みたいに本気が出せたら 絶対負けないと思いますから」
リフモニカ
「絶対? そんなことないでしょ? なんならもう1回勝負する?」
ルフィール
「やめといた方がいいですわ 絶対ケガしちゃいますから」
リフモニカ
「絶対!? あーもー勝負よ! 勝負しよう!」
ルフィール
「ちょっと、本気なんですの? 今ムチャはしない方が絶対良いと思うんですけど」
リフモニカ
「絶対…」
ルフィール
「あ、あはは… まいりましたわ… そうですねぇ…
じゃあこうしましょう リフさんは武器を好きなだけ持ってきていいですわ」
リフモニカ
「なによ、それ」
ルフィール
「だって、武器がこわれちゃったら 勝負にはなりませんし」
リフモニカ
「…」
ルフィール
「あれ? どうしたんですの? リフさん?」
リフモニカ
ひとつよ!
ルフィール
「は? 何がですの?」
リフモニカ
「あなたとの勝負に使う武器はひとつで十分だって言ってるんだよ…」
ルフィール
「そんな、ムチャですわ… 絶対やめておいた方が…」
リフモニカ
絶対やる!
ルフィール
「そ、そうですか… そこまで言うのでしたらしかたありませんわ」
リフモニカ
「じゃあ、わたしは武器を選ぶから 少し待っててよ」
ルフィール
「分かりましたわ 工房の前で待ってます」
(自由行動・工房前のルフィールに話しかける)
ルフィール
「どうですか 勝負の準備はできましたか?」
  • 最高の武器を選んできたよ
    (装備している武器が一つでない場合)

    ルフィール
    「あら? 最高の武器をひとつ選ぶんじゃなかったんです?」
    リフモニカ
    「ああ、そうだ ひとつだったんだ ちょっと待ってて」
  • 最高の武器を選んできたよ
    (装備している武器が一つの場合)

    リフモニカ
    「この武器ならあなたも 手加減してられないでしょ?」
    ルフィール
    「そうですね… じゃあ、私も本気で…」
    (ルフィール変身)
    ルフィール
    いきますよ!!!
  • もう少し考えさせて
(戦闘勝利後、ルフィールの変身解除)
ルフィール
「ああ…、私… また負けてしまいました」
リフモニカ
「ルフィール… そんな落ち込まないで」
ルフィール
「でも私… 今回は自信があったんです それなのに…」
リフモニカ
「そんなに勝ちたいなら 強い技を使えばよかったのに」
ルフィール
「なに言ってるんですの? そんなことをしたらリフさんが…」
リフモニカ
「ルフィール…」
ルフィール
「あのですね… リフさん
実は、私… こうみえても すっごくコワがりなんですよ」
リフモニカ
えっ!?
  • そんなこと知ってるよ
    リフモニカ
    「だってけっこう コワがってたでしょ?」
    ルフィール
    「そ、そんなことありませんわ!」
    リフモニカ
    「どっちなのよ コワがりじゃなかったの?」
    ルフィール
    「あ… そうでした…」
  • そっか…、知らなかった
    リフモニカ
    「そうだったんだ…」
ルフィール
「ちょっとしたことでコワがっちゃうからメイトルパにいたときはいつも兄にからかわれてばかりで…」
リフモニカ
「へぇ… ルフィール、お兄さんがいたんだ」
ルフィール
「私、そんな自分が大キライで ミューノ様に召喚されてからずっと勇気を出してきたつもりです
そうやってミューノ様を守り抜いてここまでやってこれたので少し自信がついていたのですが…
リフさんに召喚されたあと 上手く力が出せなくなってからは私…」
リフモニカ
「ルフィール…」
ルフィール
「力が出ないかわりに、いつも以上に自分ではがんばってたつもりですけど本当は力になれてなかった気が…
リフさんを守るどころか 本当は、私、リフさんに守られてばかりいたんじゃ…」
リフモニカ
「なによ そんなこと気にしてたの? 前にも言ったでしょ…
パートナーは助け合うのが 当然だって」
ルフィール
「そうですわ 助け合うのがパートナーで助けられているだけでは…」
リフモニカ
「なに言ってるのよ いつだってわたしはルフィールに助けられてるんだよ
さっきの勝負に使った武器だって ルフィールといっしょに修行したからできた武器なんだもの…
だから、わたしが勝てたのはルフィールがいてくれたから …ってことになるでしょ?」
ルフィール
「リフ、さん…」
リフモニカ
「だからルフィール あんまりムリしないで わたしもあなたの力になりたいんだ
これからコワイって思った時はちゃんとわたしに教えてよ そうすれば…」
ルフィール
「ダメですわ! だって私、コワがりなのはイヤなんですもの…」
リフモニカ
「ルフィール…」
ルフィール
「でも、本当にコワくなっちゃって 勇気が出せなくなりそうな時は… その…」
リフモニカ
「何?」
ルフィール
「あの… 手をつないでも、いいですか?」
リフモニカ
「もちろん! お安いごようだよ エンリョなくどうぞ!」
ルフィール
「リフさん… ありがとうございます…」
リフモニカ
「いいよいいよ これからもふたりでがんばろうね!」
ルフィール
「はい! がんばりましょう ふたりで!」

エンディング

リフモニカ
「ミューノと出会って あなたの召喚石を拾って ホントに色んなコトがあったね」
ルフィール
「ミューノ様もあなたにさえ会わなければ 召喚石を落とすことなどありませんでしたけどね」
リフモニカ
「なによ、そんなこと… … あるかな」
ルフィール
「別に責めているワケではありませんわ あなたに出会えたからこそミューノ様を救うことができたのですから…」
リフモニカ
「そんな…、そっかな… たしかにルフィールだけだったら…」
ルフィール
「なんですか!?」
リフモニカ
「だってさ、ルフィール コワがりだし…」
ルフィール
「そ、そんなこと… … ありますね
コワくて何度もくじけそうになったけど リフさんがいたから、私 勇気を出すことができたんですわ
ありがとうございました」
リフモニカ
「そんな… なんか、テレちゃうな…」
ルフィール
「だから、これからも よろしくお願いしますわ」
リフモニカ
「そうだね… 100万バームをかせがないとならないし…」
ルフィール
「何を弱気になっているんですか! シッカリ気合いを入れないと100万バームなんてかせげませんわ」
リフモニカ
「そ、そうか、気合いだね… わかった! そういうときはアレだね!」
ルフィール
「アレ? もしかして…」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは、友!
ルフィール
ハンマーは、力!
リフモニカ&ルフィール
ハンマーは、命!
リフモニカ
「ありがとう、ルフィール いっしょに叫んでくれるなんてすっごいうれしいよ!」
ルフィール
「そんな、当然ですわ これからは今まで以上にふたりでがんばらないとダメですからね」
リフモニカ
「そうだね これからもふたりでがんばろう」
ルフィール
「はい、リフさん! そして…」
これからも私に勇気をわけてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました