【夜会話】ルフィール(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
凶理狐様

第0話

ルフィール
「見つかってしまいましたわ」
リッチバーン
「ルフィール… どうしてこんなとこに?」
ルフィール
「それは… あなたがドコに行くのかをたしかめに…」
リッチバーン
「え…? まさか、俺の跡をつけてたのか? どうして?」
ルフィール
「そんなこと決まってますわ ミューノ様をお守りするためです!」
リッチバーン
「お守りって… オレがミューノになんかするとでも思ってたのか!?」
ルフィール
「そのとおりですわ」
リッチバーン
「そんなことあるか!」
ルフィール
「絶対そうだとは言い切れませんわ」
リッチバーン
「言い切れるって!絶対! 今日はいろいろあったんでアタマを冷やしてたんだよ!」
ルフィール
「なるほど 知恵熱ですね」
リッチバーン
「うん! そうだよ
…って、おい!」
ルフィール
「今日のところは本当にミューノ様とは関係ないようですね では、もう用はありませんわ
私はかえります」
リッチバーン
「なんだよ、それ せっかくパートナーになったんだからもっと仲良くしようぜ」
ルフィール
「うぅ… とてももっともなことを言われた様な気がしますわ…」
リッチバーン
「良い武器を作るためにも大切なことなんだしさ な」
ルフィール
「たしかにそうみたいですね わかりましたわ」
リッチバーン
「それじゃ、あらためて これからもよろしくな ルフィール!」
ルフィール
「はい こちらこそ」
リッチバーン
「よーしっ! 景気づけにアレを叫ぼう!」
ルフィール
「あれというと? もしかして、さっきの…」
リッチバーン
「鍛冶師なら!
ハンマーは…
…ってどうしたんだよ?」
ルフィール
「す…すみません やっぱりはずかしくって… また今度お願いしますわ」
リッチバーン
「あ… そんなにはずかしいことか?」

第1話

ルフィール
「見つけましたわ」
リッチバーン
「あ、ルフィール」
ルフィール
「ついさっきミューノ様の目が覚めましたわ! すっかり元気になったようです」
リッチバーン
「よかったな、ルフィール」
ルフィール
「本当ですわ それもこれもあの薬のおかげです ご協力ありがとうございました」
リッチバーン
「そんなのいいよ オレも好きでやったんだからさ」
ルフィール
「好きで!?
…と言うことは もしかしてあなたミューノ様に好意を…」
リッチバーン
「そ、そういうことじゃなくて! ほら、親方にジャマっていわれたし修行にもなるしさ!」
ルフィール
「ふーん… そうですか…」
リッチバーン
「それに、薬ができたのは 親方がミューノをみててくれたりザックが手伝ってくれたからだぜ」
ルフィール
「たしかに、そうですわね… みなさんのおかげですわ
それなのに私ったら 親方さんをうたがってしまうなんて なんてヒドイことを…」
リッチバーン
「ルフィール… お前…」
ルフィール
「こんなことがバレたら親方さんにどんな目にあわされるか… うぅ…」
リッチバーン
「そっちか!?
まあ、親方のためにもさ いっしょに修行をがんばろうぜ」
ルフィール
「そうですわね…」
リッチバーン
「オレもさ ルフィールがいてくれて本当に助かってたんだよ!
強い武器も作れるようになったし 強い相手とも戦えるようになったしね」
ルフィール
「本当ですか うれしいですわ」
リッチバーン
「じゃ、これからもよろしくたのむぜ ルフィール」
ルフィール
「おまかせください!」

第2話

ルフィール
「ここでしたか
親方さんとの勝負があるのに もっと準備とかしなくていいんですか?」
リッチバーン
「まあね 相手が親方だから今さらジタバタしたって仕方ないよ
それより、キンチョーしすぎると実力を出せないぜ」
ルフィール
「たしかにそうかもしれませんわ… 落ち着かないと…」
リッチバーン
「そういえば、ルフィール 今回はガマンしてくれてありがとな」
ルフィール
「ガマン?
ガマンならあなたのパートナーになった時からずっとしていますわ」
リッチバーン
「ヒドイこと言うなぁ! そういうことじゃなくてさ 魔石を取りかえす時のことさ!」
ルフィール
「はあ」
リッチバーン
「本当はさっさとあいつらをやっつけて魔石を取り戻したかったんだろ?
でも、オレのためにそれをガマンしてくれて… ありがとな」
ルフィール
「本当ですわ! もうあなたのためにあんなガマンをするなんて、まっぴらですわ」
リッチバーン
「そ、そんな…」
ルフィール
「パートナーがあんな目にあっているのに戦いをさけるためには助けることすら許されないなんて…」
リッチバーン
「ルフィール…」
ルフィール
「あなたが、ミューノ様のために土下座とかいう格好までさせられていたと言うのに…
私は、見てることしかできなくて… あんなガマンなんて、もう絶対にしたくないですわ…」
リッチバーン
「あれか… あれはかなりカッコわるかったな」
ルフィール
「そんなことありませんわ! 大切なものを守るためにけんめいに耐えている姿
とてもムネをうたれましたわ 格好良かったです」
リッチバーン
「ルフィール…」
ルフィール
「あなたがそこまでできる人だからミューノ様の心も動いたのかもしれません…」
リッチバーン
「え…? それってどういうこと?」
ルフィール
「はぁ… とんだニブチンさんですわ…」
リッチバーン
「な、なんだよ、それ!?」

第3話

ルフィール
「スゴイ大きなため息ですね」
リッチバーン
「あ、ルフィール…」
ルフィール
「本当に大変なことになりましたね」
リッチバーン
「ああ… まったくどうしたらいいんだか…」
ルフィール
「わかっているとは思いますけど私は絶対に、ここでなんか働きませんからね」
リッチバーン
「そりゃあ、わかってるけど…」
ルフィール
「ならいいんですけど あの時、なんだかちょっとうれしそうに見えましたから…」
リッチバーン
「たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったよ オレのウデが認められた気がしてさ
でも、何だよ、ダンナって… こんなことになるなんてオレだって思ってなかったよ…」
ルフィール
「あら、そうですか? カワイイ子に告白されたこともうれしかったんじゃないですか?」
リッチバーン
「ばっ…! なに言ってるんだよ!」
ルフィール
「ただ…、忘れないでくださいね 私の使命はミューノ様を守ることですわ」
リッチバーン
「それは…」
ルフィール
「だからミューノ様を悲しませる人は敵ですよ たとえ、あなたでも」
リッチバーン
「トホホ…」

第4話

ルフィール
「こんなところにいたんですね
さがしましたよ リッチーさん」
リッチバーン
「あ、ごめん… 歩いてたら、なんとなくここに来ちゃってて…」
ルフィール
「何を考えてるんですか? すぐ近くにボスタフ工房があるんですよ こんな場所でボーっとしてないで…
しっかりミューノ様をお守りしなくてなりませんわ!」
リッチバーン
「そりゃ、そうだけど… そんなキケンなところなのにどうしてミューノは逃げないんだ?」
ルフィール
「それは…、まだこの町でやることが残ってるみたいで…」
リッチバーン
「それが何かってのは… ま、いつもどおりヒミツなんだろうけどな…」
ルフィール
「はい…」
リッチバーン
「はあ… わからないことだらけだな…」
ルフィール
「それではもうミューノ様をお守りすることなんてできませんか?」
リッチバーン
「そんなことないけど… 親方も言っていただろ 鍛冶師の約束は鋼よりカタイんだ
ルフィールがオレのパートナーであるかぎり オレはミューノを守るよ」
ルフィール
「たとえロブ親方さんの死んでしまった原因がミューノ様にあったとしても?」
リッチバーン
「それは…」
ルフィール
「そうですよね… ま、そのときは仕方ありませんわ
私があなたのパートナーをやめるまでです」
リッチバーン
「な…! どうして…!?」
ルフィール
「そうすればあなたにはミューノ様をお守りする理由なんてないでしょう?
どうとでも好きにできますよ」
リッチバーン
「ルフィール でもお前だって鍛冶師の約束を…」
ルフィール
「ミューノ様をお守りするためです 鍛冶師の約束をやぶることなどヘッチャラですわ!」
リッチバーン
「ルフィール…」

第5話

リッチバーン
「ルフィール?」
ルフィール
「はい… あなたも無事の様で安心しましたわ…」
リッチバーン
「おう! オレは元気だぜ! ルフィールこそ大丈夫なのか?」
ルフィール
「はい、一応は…」
リッチバーン
「よかった… じゃ、ミューノは? ミューノはどうなった?」
ルフィール
「それがわからないんです… がんばったんですけど、あなたたちを助けるだけで精一杯で…」
リッチバーン
「そっか… ルフィールが助けてくれたんだな ありがとう
で、ここはどこなんだ?」
ルフィール
「それはわかりません… ただ、カンゲイされてはいないようですね…」
リッチバーン
「たしかに… こんなところに入れられてるんだもんな…
なんとかして逃げ出さないと… こんなカベくらいお前の力でぶっこわせないか?」
ルフィール
「それが、妙な腕輪をつけられて力を出すことがでないんです…」
リッチバーン
「妙なうでわ…? そうなのか…」
ルフィール
「なんとかして、ミューノ様を助けだす方法を考えないと…」
リッチバーン
「あの連中、ミューノの持ってた魔石をねらってたんだな… アレは一体、なんなんだ?
…って、ヒミツだったか」
ルフィール
「こんなことになってしまった以上 あなたにもお話するべきなのかも ミューノ様をお守りするためにも…」
リッチバーン
「そうなのか?」
ルフィール
「あのコヴァンの魔石は ミューノ様の家族が代々守ってきたものなんです」
リッチバーン
「守ってきた? すごい力があるって言ってたもんな 宝物みたいなもんなのか?」
ルフィール
「宝物とはちょっとちがうかも… 強すぎる力を悪用されないように かくしてきたワケですからね
しかしどこから話がもれたのか 村に突然アニスさんたちがやってきて魔石をよこせとあばれたんです…
村はもう、メチャメチャで… そのときミューノ様はお父様に魔石をたくされたんです…」
リッチバーン
「それで、村から逃げてきたのか… じゃあ、今その村がどうなってるのかは…」
ルフィール
「わかりません… でも、あの様子では…」
リッチバーン
「そんな… そんなつらい目にあってたのにオレたちにはずっとだまってたのか…」
ルフィール
「ミューノ様はできるだけあなたたちを巻き込まないようにと考えていましたからね…」
リッチバーン
「オレさ… お前がどうしてミューノを守りたいかわかったような気がするよ…
だから、オレもがんばる!」
ルフィール
「リッチーさん…」
リッチバーン
「もっともっとがんばって お前といっしょにミューノを守りぬくよ!」
ルフィール
「はい! がんばりますわ!」
リッチバーン
「おう!
…ってまず この状態をなんとかしないといけないなぁ…」

第6話

ルフィール
「あら ここにいたんですか
こんなところで何してたんですか?」
リッチバーン
「あ、ちょっとね… 明日の勝負のことを考えてたんだ」
ルフィール
「1対1の勝負ですものねえ 私がついていないとやっぱりコワいですか?」
リッチバーン
「なに言ってんだ! あんなヤツ、オレひとりで楽勝だぜ! …と言いたいところなんだけど
やっぱひとりはちょっと、な」
ルフィール
「リッチーさん…」
リッチバーン
「でも、お前にばっかカッコイイとこ とられてちゃカッコワルイからな オレもがんばらないと」
ルフィール
「本当ですか? 私、カッコイイですか? うれしいですわ」
リッチバーン
「うん! かみの毛がバクハツしてさ すっげえカッコよかったぜ」
ルフィール
「なんかビミョーに ほめられてないような気が…」
リッチバーン
「いや、カッコよかったって すっごい強かったし」
ルフィール
「だから前から言ってるじゃないですか 私は強いって 今までは力が入らなかっただけです」
リッチバーン
「そ、そうだった 忘れてたよ、悪い悪い でもよかったな、また変身できて」
ルフィール
「そうですね… 私、力を出すことだけに精一杯で大事なことを忘れていたんです
あのときリッチーさんが 私にそのことを思い出させてくれたから 私は変身できたんです」
リッチバーン
「うーんと… オレ、何かしたっけ…?」
ルフィール
「しましたよ すっごくカッコよかったですわ」
リッチバーン
「え~、そうかな~ なんだかよくわからないけど そんなほめられるとテレるなぁ
でも… ルフィールが忘れてた大事なことって、何?」
ルフィール
「それは…
ヒミツですわ」

第7話

ルフィール
「見つけましたよ リッチーさん!
どうしたんですか 今日はおとなしくしてなさいって親方さんに言われましたよ?」
リッチバーン
「でもさぁ、アニスたちは今でもどこかでミューノを狙ってるんだぜ ジッとしてられなくてさ…」
ルフィール
「たしかにそうですわ あの人たちも正体を知られたので 何をするかわかりませんわ…
ミューノ様のため、よりいっそう注意しなくては…!」
リッチバーン
「そうだな 一日も早くあいつらを捕まえてミューノを安心させてやろう!
ルフィールも変身できるようになったしな! たよりにしてるぜ!」
ルフィール
「おまかせください!」
リッチバーン
「よっし! これからが、本番ってワケだな… 初心に返って、気合い入れるか!」
ルフィール
「気合い? もしかして…」
リッチバーン
「そうだよ 覚えてるだろ? 最初に叫んだアレだ!」
ルフィール
「やっぱり…!」
リッチバーン
「鍛冶師なら!
ハンマーは…
…ってどうしたんだよ?」
ルフィール
「す、すみません… やっぱりアレはまだはずかしくて また今度でおねがいしますわ」
リッチバーン
「はずかしさなんて 1回叫んじゃえば…」
ルフィール
「それはそうと明日の話し合いで魔石が狙われていることを認めさせないとダメですわ!
がんばりましょう!」
リッチバーン
「あ…うん」

第8話

ルフィール
「あら、リッチーさん
今日のところは休んでいたほうがいいんじゃないですか?」
リッチバーン
「たしかに今日は ヒドイ目にあったもんなぁ… ルフィールも大丈夫か?」
ルフィール
「あんなアタマの方と長い間同じ部屋に入れられたんですよ 大丈夫なワケありませんわ!
この怒り、あの人を見つけ出した時 3倍にして返してあげますわ!
…って、私はこんな感じですけど リッチーさんの方こそ大丈夫ですの?」
リッチバーン
「まあな アイツらには結構やられちまったけど 一番こたえたのは…
ギランってヤツにだきつかれたことだな 思い出すと、まだヘコむけど…」
ルフィール
「ああ、たしかにアレは… うぅ…、想像しただけで鳥肌が立っちゃいましたわ」
リッチバーン
「実際はその3倍以上のつらさだぞ 多分… それに…
アニスのヤツが言ったことも…」
ルフィール
「何ですか、それは?」
リッチバーン
「あ、いや… 別にいいんだ…」
ルフィール
「私にも言えないなんて なにやらとても大変なことがあったような予感がしますわ…」
リッチバーン
「あ、いや… なんというか…」
ルフィール
「いいえ、ムリしなくてもいいですわ あの人たちが最低なことはわかりました もう絶対に許しませんわ!
今度あの人たちに会った時は そのことを絶対に思い知らせてあげますわ!」
リッチバーン
「うれしいけど、コワイ…」
ロブ親方のことはルフィールにも言えなかったな…

第9話

ルフィール
「リッチーさん…
…」
リッチバーン
「アニスたちも捕まえたし あとはゴヴァンの魔石を戻せばおしまいだな…」
ルフィール
「そうですね ウェルマン様の調子も 大分よくなったそうですわ」
リッチバーン
「そっか… よかったな、ミューノ…」
ルフィール
「はい… リッチーさんもご苦労様でした あと少し、がんばりましょう!」
リッチバーン
「そうだな… それにしても、お前と会ってから いろんなことがあったな…」
ルフィール
「本当ですわ、まさか私が鍛冶師のパートナーになるなんて思ってもみませんでしたわ」
リッチバーン
「どうだった? 鍛冶師のパートナーは面白かった?」
ルフィール
「そうですね… とっても熱かったですわ」
リッチバーン
「あはは… そっか…、ごめんな…」
ルフィール
「うふふ、冗談ですわ とても楽しかったですよ 色んな形ができるんですもの
それに、リッチーさんといると 毎日ドキドキすることばかりで…」
リッチバーン
「それってコワかったってこと?」
ルフィール
「ち、ちがいますわ! リッチーさんがムチャばかりして 心配してばっかりだったってことですわ」
リッチバーン
「それはスミマセンでしたね」
ルフィール
「これからは親方さんのためにも あまりムチャはしないで立派な鍛冶師になってくださいね」
リッチバーン
「うん、まかせとけって! いつかルフィール用の武器も作ってやるからな」
ルフィール
「はい 楽しみに待ってますわ」
リッチバーン
「そういえば、ルフィール 魔石を戻しに行く前になんかやり残したこととかないのか?」
ルフィール
「やり残したこと、ですか…
えっと… 特にないと思いますけど…」
リッチバーン
「そ、そうなのか… なんかさびしいなぁ…」
ルフィール
「急に言われても… ちょっと考えてみますわ」

デートイベント

エンディング

リッチバーン
「ミューノと出会って ルフィールの召喚石を拾って ホントに色んなコトがあったな」
ルフィール
「ミューノ様もあなたにさえ会わなければ召喚石を落とすことなどありませんでしたけどね」
リッチバーン
「なんだよ、そんなこと… … あるかな」
ルフィール
「別に責めているワケではありませんわ あなたに出会えたからこそミューノ様を救うことができたのですから…」
リッチバーン
「そんな…、そっかな… たしかにルフィールだけだったら…」
ルフィール
「なんですか!?」
リッチバーン
「だってさ、ルフィール コワがりだし…」
ルフィール
「そ、そんなこと… … ありますね
コワくて何度もくじけそうになったけど リッチーさんがいたから、私 勇気を出すことができたんですわ
ありがとうございました」
リッチバーン
「そんな… なんか、テレちゃうな…」
ルフィール
「だから、これからも よろしくお願いしますわ」
リッチバーン
「そうだね… 100万バームをかせがないとならないしな…」
ルフィール
「何を弱気になっているんですか! シッカリ気合いを入れないと100万バームなんてかせげませんわ」
リッチバーン
「そ、そうか、気合いだな… わかったぜ! そういうときはアレだな!」
ルフィール
「アレ? もしかして…」
リッチバーン
「鍛冶師なら!
ハンマーは、友!」
ルフィール
「ハンマーは、力!」
リッチバーン&ルフィール
「ハンマーは、命!」
リッチバーン
「ありがとう、ルフィール いっしょに叫んでくれるなんてすっごくうれしいぜ!」
ルフィール
「そんな、当然ですわ これからは今まで以上にふたりでがんばらないとダメですからね」
リッチバーン
「そうだな これからもふたりでがんばろうぜ」
ルフィール
「はい、リッチーさん! そして…」
これからも私に勇気をわけてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました