【夜会話】ランドル(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
ファイポー様/いがぼー様

第0話

ランドル
「…」
リッチバーン
「ランドル… どうしてこんなとこに?」
ランドル
「アナタガ 外出シタノデ 跡ヲツケテキタノデス」
リッチバーン
「跡をつけてって… どうして?」
ランドル
「みゅーの様ヲ 狙ッテイルカモ シレナイト 判断シマシタ」
リッチバーン
「そんなことあるか!」
ランドル
「ナイトハ 言イキレマセン」
リッチバーン
「ないよ! 絶対! 今日はいろいろあったんでアタマを冷やしてたんだよ!」
ランドル
「知恵熱ニヨル 熱暴走デスネ」
リッチバーン
「えーと…  そーなのかな?」
ランドル
「みゅーの様ヲ 狙ッテイナイノナラ 私ハ 戻リマス」
リッチバーン
「あ…、ちょっと! その前に…」
ランドル
「ナンデスカ?」
リッチバーン
「あらためて これからよろしくな ランドル!」
ランドル
「…  ハイ」
リッチバーン
「ビミョウな間が気になるけど 景気づけにアレを叫ぼう!」
ランドル
「アレ?」
リッチバーン
鍛冶師なら!
ハンマーは…
…ってどうしたんだよ?」
ランドル
「先ホドノ修行中ニモ 言イマシタガ ドウシテ叫ブノカ 理解デキマセン」
リッチバーン
「だから、気合いだよ」
ランドル
「気合イ…」
リッチバーン
「そう、ハラのソコからわきあがる こう…」
ランドル
「…」
リッチバーン
「えーと…」
ランドル
「…」
リッチバーン
「もういいよ 帰って」
ランドル
「了解デス」
(ランドルが去る)
リッチバーン
「いつの日か、きっと あいつにも気合いをつたえてやるぞ!」

第1話

ランドル
「発見シマシタ」
リッチバーン
「あ、ランドル」
ランドル
「先ホド みゅーの様ガ目ヲ覚マシマシタ スッカリ元気ニナッタヨウデス」
リッチバーン
「よかったな、ランドル」
ランドル
「コレモ アナタノオカゲデス アリガトウゴザイマシタ」
リッチバーン
「な、なんだよ あらたまって…」
ランドル
「…ト、みゅーの様ガ伝エテ欲シイト言ッテイマシタ」
リッチバーン
「ああ、なんだ…
でも薬を作るためにランドルだってがんばったぜ ザックにも手を貸してもらったし」
ランドル
「ソウデスネ」
リッチバーン
「それに、オレたちが出かけている間 ミューノをみてたのは親方なんだしさ
オレひとりだったら ここまでできたかどうか…」
ランドル
「ソウデスネ」
リッチバーン
「そう言われるのもハラ立つけどな
でも、ランドルのおかげで強い武器も作れるようになったし 強い相手と戦えるようになった
本当に助かってるよ」
ランドル
「私ハ アナタノ役ニ立ッテイルノデスネ」
リッチバーン
「ああ、バッチリだぜ!」
ランドル
「…」
リッチバーン
「これからもよろしくたのむぜ ランドル」
ランドル
「了解デス」
なんとなくだけど 今、ランドルがよろこんでいるように見えたんだ

第2話

ランドル
「ココデシタカ…」
ランドル
「親方トノ 勝負ニソナエテ 何カスルコトハナイノデスカ?」
リッチバーン
「今日はもういいよ ゆっくり休んで 明日にそなえようぜ!」
ランドル
「ナルホド 了解デス」
リッチバーン
「そう言えば、ランドル 今日はガマンしてくれて ありがとな」
ランドル
「ガマン? ソレハ ドウイウコトデスカ?」
リッチバーン
「魔石を取り返すときのことさ!本当はさっさとやっつけて 魔石を取り返したかったんだろ?
でも、オレのためにそれをガマンしてくれて…ありがとな」
ランドル
「ガマントハ 何カニ 耐エルコトデス
私ハ アナタノ指示ヲ 守ッタダケ
ガマンヲシテイタノハ アナタデス」
リッチバーン
「ランドル…」
ランドル
「アナタハ みゅーの様ノタメ シタクモナイ土下座トイウモノマデシテイマシタ」
リッチバーン
「あれか…あれはかなりカッコわるかったな」
ランドル
「ソウデショウカ? アナタハ 自分ヲ殺シテマデ 約束ヲ守ロウトシテイマシタ
ソレハ アナタノ言ウ カッコイイ行動デアルト 思ワレマス」
リッチバーン
「ランドル…」
ランドル
「ソウイッタ行動ノ結果ガ人ノ気持チトイウモノヲ 動カシテイルト 判断シマス」
リッチバーン
「なんか…ランドルにほめられるなんて すっげぇうれしいよ!」
ランドル
「…」
リッチバーン
「あ、まあ 明日はいっしょに がんばろうぜ!」
ランドル
「オー!」

第3話

ランドル
「ヤハリ アナタノ声 デシタカ」
リッチバーン
「あ、ランドル…」
ランドル
「マダ 元気ニナッテハ イナイヨウデスガ…大丈夫デスカ?」
リッチバーン
「ああ… 気が重くってオレはどうなっちまうんだろう…」
ランドル
「私ハ ココデ 働クコトハ デキマセン」
リッチバーン
「わかってるよ、そんなこと」
ランドル
「デハ イイノデスガ…アノ時 アナタガ ウレシソウナ反応ヲ示シタノデ…」
リッチバーン
「確かに鍛冶師として働かないかって言われた時、少しうれしかったよ オレのウデが認められた気がしてさ
でも、何だよ、ダンナって…こんなことになるなんて オレだって思ってなかったよ…」
ランドル
「ソレダケデハナク カッコイイ ト 言ワレタトキモ ヨロコンダタヨウナ 反応ガ…」
リッチバーン
「ばっ…!なに言ってるんだよ!」
ランドル
「忘レナイデクダサイ 私ノ使命ハ みゅーの様ヲ 守ルコトデス」
リッチバーン
「それは…」
ランドル
「ダカラ みゅーの様ヲ 悲シマセル人ハ 私ノ敵デス タトエ、アナタデモ」
リッチバーン
「トホホ…」

第4話

ランドル
「発見シマシタ…
ココニイタノデスカ…」
リッチバーン
「うん…歩いてたら、なんとなくね…」
ランドル
「ココデ 何ヲシテイルノデスカ スグ近クニ ぼすたふ工房ガ アルノデス
みゅーの様ノ 守リヲ 強化スル必要ガ アリマス」
リッチバーン
「そりゃ、そうだけど…
そんなキケンなところなのにどうしてミューノは逃げないんだ?」
ランドル
「マダコノ町デ ヤルコトガアルヨウデス」
リッチバーン
「それが何かってのは… ま、いつもどおりヒミツなんだろうけどな…」
ランドル
「…」
リッチバーン
「はあ…わからないことだらけだな…」
ランドル
「ソレデハ みゅーの様ヲ 守ルコトガ デキマセンカ?」
リッチバーン
「そんなことないけど…
親方も言っていただろ 鍛冶師の約束は鋼よりカタイんだ
ランドルがオレのパートナーであるかぎり 俺はミューノを守るよ」
ランドル
「タトエ みゅーの様ガ ろぶ親方ノ 死ンデシマッタ原因ヲ 作ッタトシテモデスカ?」
リッチバーン
「それは…」
ランドル
「ヤハリ ソノ場合 アナタニ みゅーの様ヲ任セルノハ問題ガアルヨウデス
ソノ時ハ 私ガ アナタノぱーとなーヲ ヤメマス」
リッチバーン
「な…!どうして…!?」
ランドル
「ソウスレバ アナタハ みゅーの様ヲ守ル必要ガ ナクナルハズデス」
リッチバーン
「ランドル でもお前だって鍛冶師の約束を・・・」
ランドル
「みゅーの様ヲ守ルタメデアレバ 鍛冶師ノ約束ヲ ヤブルコトナド 問題デハ アリマセン」
リッチバーン
「ランドル…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました