【夜会話】ヴィー(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
凶理狐様/ファイポー様

第0話

ヴィー
「よ、リッチー
アンタ、またココにいたのかい」
リッチバーン
「うん 今日はいろいろあったからアタマ冷やそうと思ってさ」
ヴィー
「あはは 知恵熱だね」
リッチバーン
「そんなことないよ!
あ、そうだ 親方、ミューノたちを泊めてくれてありがとう」
ヴィー
「ありがとうって なんでアンタが?」
リッチバーン
「その、行くところもないのに放り出したらかわいそうだなって思ってたから…」
ヴィー
「そうかい 行く当てのないつらさってのは他人事に思えないからね
ほら、アタシもはぐれ召喚獣で 本当はこの世界に居場所なんてないんだし…」
リッチバーン
「親方…」
ヴィー
「なんてね! 本当はそんなこと関係ないよ なければ自分で作ればいいんだ!
ロブのそばにはいられなくなったけど 今のアタシがアンタのそばにいるようにね…」
リッチバーン
「親方…」
ヴィー
「それにね、リッチー 知ってるか? ”情けは人のためならず”ってね
良いコトするとめぐりめぐって 自分に返ってくるんだよ すごいだろ」
リッチバーン
「はあ…」
ヴィー
「つまりだね パートナーを手に入れたアンタが鍛冶師としてのウデをあげて…
ウチに大金をはこんでくるって筋書きになってるんだよ!」
リッチバーン
「え~?」
ヴィー
「え~?じゃない! アンタの目標はロブなんだろ!
だったらアタシを超えるくらいがんばってみな!」
リッチバーン
「そっか…
そうだね オレ、がんばるよ!」
ヴィー
「よし その意気だ!
まずはルフィールとの信頼関係だ お互いを信頼できるようになるまでふたりでがんばるんだぞ」
リッチバーン
「うん!
お互いを信頼するってことは俺もルフィールを信頼する…ってことだよな」

第1話

ヴィー
「やっぱりアンタはここか」
リッチバーン
「親方…」
ヴィー
「もうミューノは大丈夫だよ アンタたちの持ってきた薬のおかげだね
森の奥まで行ったんだって? よくがんばったね」
リッチバーン
「えへへ… まあ、ルフィールもいたしね 楽勝だったよ!」
ヴィー
「またアンタはすぐ調子にのる でもルフィールとは上手くやっていけてるみたいだね」
リッチバーン
「うーん… どうだろ? よくわかんないけど」
ヴィー
「なんだい、今度はたよりないねぇ それじゃ、アタシが熱出した時は薬作ってきてくれそうにないね」
リッチバーン
「そ、そんなことない! 絶対持って行くよ! 看病だってするよ!」
ヴィー
「ははは… ありがとね そのときはよろしくたのむよ」
リッチバーン
「まかせとけって! でも、今まで親方が病気になったの見たことない…
いった! なんでだよ!?」
ヴィー
「アンタは一言多いんだよ まったく!」

第2話

ヴィー
「ここだと思ったよ」
リッチバーン
「親方」
ヴィー
「勝負の前だってのに ずいぶん余裕じゃないか?」
リッチバーン
「そんなことないけど いまさらジタバタしたって仕方ないだろ?」
ヴィー
「言うねぇ… ジェイドをたおしたからって調子に乗ってると痛い目見るよ」
リッチバーン
「そんなつもりはないって! 今までの修行の成果を全部ぶつけるつもりでがんばるから
みててよ!」
ヴィー
「アンタにもだんだん本当の強さってものがわかってきたみたいだね」
リッチバーン
「本当の強さ…? そんなむずかしいことよくわからないよ」
ヴィー
「強さっていうのはね、力だけじゃない… なんて言うか、そうだね 魂の強さも大切なんだよ
そして鍛冶師は 武器を通して自分の魂を伝え 相手の魂を感じ取るんだ」
リッチバーン
「武器を通して感じる… それは、なんとなくだけどわかる気がするよ」
ヴィー
「へぇ いっちょまえのこと言うようになったんだ
じゃあ明日は その実力をみせてもらうよ」
リッチバーン
「うん がんばるよ!」

第3話

ヴィー
「すっごいため息ついてるねぇ」
リッチバーン
「あ、親方…」
ヴィー
「どうした? モテすぎて逃げてきたか?」
リッチバーン
「なに言ってんだよ! オレがこんなんなってるのは親方のせいでもあるんだぞ!」
ヴィー
「アタシのせいにすんじゃないよ! あんなこと自分でなんとかできなくてなにが一人前の鍛冶師だよ!」
リッチバーン
「か、鍛冶師は関係ないだろ!?」
ヴィー
「何言ってンだい 一流の鍛冶師はモテるよ なんたってカッコイイからね
ロブだってモテモテだったよ 光に虫が集まるように あの人に女の子が寄ってくるんだ
でも彼は今のアンタみたいに オタオタしなかった」
リッチバーン
「で、どうしたの?」
ヴィー
「何もしないさ いつも通りにしていただけ」
リッチバーン
「え?」
ヴィー
「そうすりゃみんな気がつくのさ 彼の目にはアタシしか映っていない …ってことにね」
リッチバーン
「はぁ カッコイイなぁ」
ヴィー
「そんな男にほれられていたアタシも やっぱり一流の鍛冶師だろ?」
リッチバーン
「んー なるほど」
ヴィー
「アンタもあれだけモテるんだから 一流になれる才能があるんだよ」
リッチバーン
「おお… なるほど」
ヴィー
「だからもっと修行して アタシがほれるようなカッコイイ男になりな!」
リッチバーン
「はい! がんばります!」

第4話

ヴィー
「どこに行ったかと思えば…
こんなところにいたのかい リッチー…」
リッチバーン
「あ… 歩いてたら、いつのまにかココに…」
ヴィー
「今日はいろいろあったんだから あんま心配させんじゃないよ…」
リッチバーン
「… ごめんなさい…」
ヴィー
「なんだい らしくないね?」
リッチバーン
「そっかな…」
ヴィー
「ま、何があったか知らないけど ミューノたちが町を出て行くって言わなくて、ホント良かったよ
まだボスタフとの話が残ってるからね ボスタフのヤツ、アタシの話なんてまったく聞く気がないんだから…」
リッチバーン
「たしかにオレにも言ってたよ はぐれ狩りをやめる気はないって…」
ヴィー
「アンタ、ボスタフに会ったのかい?」
リッチバーン
「あ…! うん…」
ヴィー
「アイツ、途中で出て行ったけどはぐれ召喚獣退治だったのか? いや、待てよ…
…ってことはアイツ はぐれが出たことを知ってたのか?」
リッチバーン
「そういえば アニキは知らなかったんだ…」
ヴィー
「リッチー… 今、一体なにが起きてるんだい? アンタも何かに関わってるのかい?」
リッチバーン
「それが…」
ヴィー
「言えない、か… アンタもアタシにヒミツを持つようになったとはねぇ
まったく… そういうとこばっか成長するんだから」
リッチバーン
「そんな…」
ヴィー
「ま、アンタにも事情があるんだろ? いいよ 明日ボスタフに聞いてみるから
だけど、あんましひとりで悩んでると おかしなことになっちまうかもしれないよ…」
リッチバーン
「…」
ヴィー
「忘れるんじゃないよ アンタのそばにはこうやっていつもアタシがついてるんだ
アンタはひとりじゃないんだからね」
リッチバーン
「うん… ありがとう 親方…」

第7話のレミィ戦直前

第6話の夜会話で「親方のシチューが食べたいなぁ」を選択した場合の会話

ヴィー
「あ…
リッチー!
リッチバーン
「あ、親方!」
ヴィー
「アンタたち…! 何やってたんだ、この…!」
リッチバーン
「あ! ごめんなさいごめんなさい!」
(ヴィーがリフを抱きしめる)
リッチバーン
「え…? あの…? 親方…?」
ヴィー
「心配かけやがって…」
(ヴィーのげんこつ)
リッチバーン
「ったーー!!!」
ヴィー
「キルフィス! ミューノ! アンタたちも!!」
キルフィス&ミューノ
「…ッ!」
ヴィー
「ふぅ…
…ったく、今までドコをほっつき歩いてたんだよ…! みんなも心配してさがしてんだ!」
リッチバーン
「みんなも…?」
ヴィー
「おーい! リッチーたち、いたよ!」

第7話

ヴィー
「まったく、アンタは…
ここにいたのかい 今日はゆっくり休めって言っただろ?」
リッチバーン
「親方のシチューを食べたからさ 元気いっぱいだぜ! やっぱ親方のシチューは最高だぜ!」
ヴィー
「いつお腹をすかしたアンタたちが帰ってきてもいいようにって ちゃーんと用意しておいたんだよ
野菜多めなのはカンベンしてな」
リッチバーン
「いいって、ミューノのためだし それにやる気も出てきたから こうやって見回りを…」
ヴィー
「見回りって、アンタ もしかしてそのアニスって子の仲間をさがして…」
リッチバーン
「うん! あいつら絶対に今もミューノのことねらってるぜ!」
ヴィー
「だとしてもアンタはいいよ 町の警備を強化してもらうようには たのんであるし」
リッチバーン
「えー でも、オレだって…」
ヴィー
「まったく目をはなすとすぐに何かに首を突っ込んでるねぇ 昔飼ってたネコのランディみたいだよ」
リッチバーン
「ネコといっしょにすんな!」
ヴィー
「いっしょだよ! フラッといなくなりやがって! どれだけ心配したと思ってるんだい!」
リッチバーン
「そ、それは… ごめんなさい…」
ヴィー
「せめて今日ぐらいはおとなしく明日みんなに説明することでも考えてな」
リッチバーン
「うー… そんなこと考えてたら寝られなくなりそうだ…」
ヴィー
「そん時はアタシが添い寝しながら子守歌でも歌ってあげるよ ロックンロールララバイを」
リッチバーン
「うー… それはそれで寝られなくなりそうだ…」

第8話

ヴィー
「よ、リッチー!
今日はすまなかったね ビンボーくじ引かせちまったみたいで それもこれもジェイドのヤツが…
アイツがスレンジ採掘場には いないっていうから…」
リッチバーン
「まあまあ親方 落ちついて…」
ヴィー
「それにそのアニスとかいうヤツら… ウチのリッチーをヒドイ目にあわせやがって…
絶対許してやんないからね…」
リッチバーン
「そういうのは復讐っていうんじゃ…」
ヴィー
「それはチガウぞ どうチガウかはこのアタシでも上手く説明できないけどね」
リッチバーン
「ダメじゃん、それ…
そういえば、あの… ロブ親方がその…、やられた時って親方ひとりででかけてたよね」
ヴィー
「なんだい今さら アンタだって覚えてるだろ? アタシたちは家にいたじゃないか
プロスバンの町の周りであやしいヤツがウロウロしてるってウワサが気になるからって、ひとりで…
その時見回りに出てたボスタフが現場に出くわして、キズだらけの体でロブの形見を持って帰ってきたんだ…
アタシがあげたピックだよ…」
リッチバーン
「それで、あの… ヴォイジンって人には会ったことないんだよね?」
ヴィー
「ヴォイジン…、え~っと、どっかで… …って、この間の話し合いのときアンタが言ってたヤツじゃないか
アニスの親分だった男なんだろ? なんでアタシがそんなヤツと会わなきゃなんないんだよ!?」
リッチバーン
「そっか…、そうだよね… ならいいんだ…」
ヴィー
「なんだい? そのヴォイジンってヤツとロブが関係あるのかい?」
リッチバーン
「ううん! 関係なんかないよ!」
ヴィー
「なんだい、それ…? まったく、アンタは…」
そうだ、関係なんかあるわけない ロブ親方がヴォイジンって人を殺したなんて… アニスのウソに決まってる…!

第9話

ヴィー
「お、ヒーロー発見!
今日もアンタは大カツヤクだったね」
リッチバーン
「親方…」
ヴィー
「アタシも親方として鼻が高いよ 本当によくやったね!」
リッチバーン
「ちょっと…どうしたの、親方? そんなにオレのこと、ほめるなんてなんだか気持ち悪いよ」
ヴィー
「気持ち悪いって何だよ!? あの時はアタシのこと信じてるみたいな口ぶりだったのにさ!」
リッチバーン
「うわ! なんか久しぶりに見た!」
ヴィー
「上手いこと言って わたしをその気にさせておいて… 女の心をもてあそんだんだね!
いつのまにそんな悪い男になったんだい リッチー…」
リッチバーン
「なんだよ、それ…」
ヴィー
「それはそれとして」
リッチバーン
「はい」
ヴィー
「アンタがカツヤクできたのもルフィールがいてくれたおかげ…ってところがあるだろ?」
リッチバーン
「それは… そうだけど…」
ヴィー
「わかってるかい、アンタ? コヴァンの魔石をミューノの村に戻したら、もう…
アタシたちのところにルフィールたちを引き留めておく理由はないんだからね」
リッチバーン
「あ…」
ヴィー
「だからこれからはまたアンタひとりでがんばらないといけなくなるんだよ」
リッチバーン
「そっか…」
ヴィー
「ここは良い機会だからアンタがどの程度成長してるかたしかめてやろうか」
リッチバーン
「え? また勝負するってこと?」
ヴィー
「そうだね… 内容は明日までに考えておくよ 楽しみにしてな!」

デートイベント

リッチバーン
「あれ? キルフィス、ドコ行くんだよ」
キルフィス
「ミューノに話があるだけだ キサマには関係ない」
リッチバーン
「そっか… そうだな… わかったよ」
(キルフィスが去り、入れ替わりにヴィーが来る)
ヴィー
「アンタひとりかい ちょうどよかった」
(リッチーの前に立つ)
ヴィー
「昨日、言ったとおり アンタのウデを見てやるよ ちょっとこの斧、直してみな」
(貴重品「親方の武器」を入手)
リッチバーン
「…って、親方! この武器、ロブ親方と作った親方のお気に入りの斧じゃないか!」
ヴィー
「そうだよ この間の戦闘で、アイツらにやられちゃってね…」
リッチバーン
「でも、これ… オレが直してもいいの…?」
ヴィー
「なんだい、アンタ ひとりでそいつを直す自信がないのかい?」
リッチバーン
「そ、そんなことないよ わかった…! まかせといてよ!」
ヴィー
「くれぐれも こわすんじゃないよ」
リッチバーン
「う… わかってるって!」
(自由行動時にヴィーに話しかける)
ヴィー
「アタシの斧 ちゃんと修理しておくれよ」
(タタラで親方の武器を修理)
ヴィー
「ふ~ん… なるほどね」
リッチバーン
「あの… どうなの?」
ヴィー
「よし、問題ないよ 合格だ! これならロブも満足だろう」
リッチバーン
「ロブ、親方、も…
ぃよっしゃー!!
ヴィー
「だけど、よろこぶのはまだ早いよ とりあえず見た目は問題ないけど本当に合格かどうかは…」
リッチバーン
「使ってみなくちゃわからない …ってことか」
ヴィー
「どうだい、リッチー ひさしぶりにふたりで勝負しようじゃないか?」
リッチバーン
「勝負?」
ヴィー
「アタシはさっき直してもらったこの斧を使うよ アンタも好きな武器を持ってきな
ただし、ひとつだけ、だ」
リッチバーン
「ひとつだけ…?」
ヴィー
「そうだよ…、今までアンタがキルフィスとふたりでしてきた修行のすべてをかけてもいいと思える…
イカシた武器をひとつ選ぶんだ」
リッチバーン
「キルフィスとの修行の すべてを…」
ヴィー
「ふふ…、よく考えるんだね
アタシは工房の前で待ってるから 準備が出来たらきな」
リッチバーン
「工房の前だね わかった…」
(ヴィーが去る)
リッチバーン
「オレたちのすべてをかけた武器、か… どれにしようかな」
(工房前のヴィーに話しかける)
ヴィー
「どうだい、リッチー イカス武器をひとつ選ぶことはできたかい?」
  • ちゃんと選んできたよ
    (武器が一つでない場合)

    ヴィー
    「1本にしぼれって言っただろ!」
  • ちゃんと選んできたよ
    (武器が一つの場合)

    リッチバーン
    「この武器にオレとキルフィスのすべてを…」
    ヴィー
    「ふーん…、その武器がアタシとロブの斧に勝つためのアンタのこたえなんだね…」
    リッチバーン
    「…」
    ヴィー
    「なるほど… そうか…
    よし アンタの実力 見極めてあげるよ!」
  • それがまだ決まってなくて…
(ヴィーと戦闘)
  • 通常勝利
    リッチバーン
    「やった… オレ… 勝ったんだ…!」
  • 武器破壊で勝利
    ヴィー
    「あ…」
    リッチバーン
    「うわ… ごめん、親方… オレ、またこわしちゃって…」
    ヴィー
    「…」
    リッチバーン
    「う…! あの……!! その………!!!」
ヴィー
「本当にウデを上げたね リッチー…
ロブと作ったこの斧を使ってるアタシをたおしたんだ アンタ、大したもんだよ!」
リッチバーン
「あ… 親方… ありがとう!」
ヴィー
「これだけのウデがあるんだ キルフィスがいなくなってもとりあえずは大丈夫だね」
リッチバーン
「そっか… キルフィスは…」
ヴィー
「そんな顔するんじゃないよ あの子たちだってきっとアンタと同じ気持ちなんだしね
それにアンタにゃアタシがついてるんだからさ シャキっとしな!」
リッチバーン
「親方… はい!」
ヴィー
「よし、その意気だよ! こうやってアンタも成長してるんだ アタシもがんばんなきゃねぇ
いつまでもロブとの思い出の武器にしがみついてちゃ、2代目親方としてロブに申し訳が立たないからね!」
リッチバーン
「2代目…」
ヴィー
「目標はアンタとふたりで生み出した最高の鍛冶とロッキンロールでリィンバウム中をシビレさせるんだ
世界をこの手につかむ日まで いままで以上にビッシビシいくからシッカリついてきなよ!」
リッチバーン
「え~!」
ヴィー
「なんだい! 気合い入れないとそのケツけっとばすよ! いいのかい!?」
リッチバーン
イヤ~ァっ!!!
ヴィー
「よしっ! なかなかロックなシャウトだよ!
それでこそアタシの見込んだ男ってもんだ!」

エンディング

ヴィー
「まったく何だろうね アイツらのアノ態度 全然ロックじゃなかったよ…」
リッチバーン
「さっきの金の派閥の人たちのこと? ああいうのはロックじゃないんだ… カッコワルかったから?」
ヴィー
「ちょっとちがうね アイツラは何つーか… ただカッコワルかったからだよ
カッコワルくてもカッコイイのがロックなんだ」
リッチバーン
「やっぱよくわかんないよ… 第一ロックって、名も無き世界の音楽なんだろ?」
ヴィー
「ロックはただの音楽じゃない 生き様だ!」
リッチバーン
「はあ…」
ヴィー
「そういったイミでミューノのために戦っていたお前はロックだったよ、リッチー」
リッチバーン
「それって…? 結構カッコワルかったってこと?」
ヴィー
「いいや すっごくカッコよかったってことさ」
リッチバーン
「え? ホントに…」
ヴィー
「ああ… カッコよかったぞ このアタシがシビれちまうほどにな…」
リッチバーン
「親方…」
ヴィー
「となると… アンタにもそろそろマントが、必要になるころかね」
リッチバーン
「マントって、それ?」
ヴィー
「ああ、アタシと… そしてロブとおそろいのマントさ ロブ工房の鍛冶師としての印だよ
どれ、ちょっとアタシのを はおってみな」
リッチバーン
「え…?」
アンタにはまだ少し、早いようだね もう少し、アタシのそばで修行だよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました