【夜会話】ファング(ファラVer.)

スポンサーリンク

第4話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よっ、まだ起きてたのか?王女さん。
夜ふかしはお肌の天敵だぜ。早く休んだ方がいいんじゃないか?」
ファラ
「ねえ、ファングさん。一つ聞きたいんだけど…。いいかな?」
ファング
「おっ、王女さんに質問されるなんて光栄だな。何でも聞いてくれよ。」
ファラ
「どうして、ローングランドを離れて、私達に力を貸してくれるの?」
ファング
「ああ、その事か。別に大した理由じゃないぜ。
王女さん。あんたを、気に入ったからさ。」
ファラ
「えっ!?」
ファング
「帝国兵が迫る神殿へ、あんたは危険を承知で行った。
さらに、あのザイツって将軍相手にも、一歩も引かなかった。
そんなあんたを、オレは気に入っちまったんだ。
こいつを、守ってやりたいって思っちまったんだよ。」
ファラ
「ファング…さん。」
ファング
「いけね、王女さんに失礼なこと言っちまったかな?」
ファラ
「ううん、そんな事ない。ありがとう、ファングさん。
これから、よろしくお願いします。」
ファング
「ああ、任せとけ。」
ファング
「俺があんたを、守ってやるよ。」

第5話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よっ、王女さん。まだ起きてたのか。」
ファラ
「ファングさんこそ、まだ眠らないんですか?」
ファング
「ああ、オレは夜の見張りがあるからな。
もうアークランドを召喚獣だらけにされるのはゴメンだぜ。」
ファラ
「私にも、見張りのお手伝いをさせてください。」
ファング
「えっ、王女さんが?」
ファラ
「はい、何もかも頼りっぱなしじゃ、良くないから。」
ファング
「フハハハ、あんたやっぱり面白いよな。
逃げてきたとはいえ、王女様なんだから、もっと威張っててもいいのに。
掃除に始まり食事の支度。オレ達の下着なんかも洗濯してくれるんだからな。
オレは、嫌いじゃないぜ。王女さんのそーゆーとこ。
でもま、見張りはオレに任せときな。
こういう時こそ、オレの翼の出番なんだからな。
王女さん、帝国があんな手に出て不安だろうけど心配すんなよ。
あんたは、ローングランドで引き受けたんだ。
このオレが、命をかけてでも守ってやっからな。」
ファラ
「ファングさん…。」
ファング
「何てね、ちょっと臭いセリフだったな。」
ファラ
「(ありがと、ファングさん)」
ファング
「あんたは俺が守って見せるぜ。」

第6話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よっ、王女さん。いよいよ明日だな。」
ファラ
「そうですね。」
ファング
「しかし、王女さんには驚かされるよ。
可愛い顔して、あんな大胆な作戦を考えるんだもんな。
ホント、大したもんだぜ。」
ファラ
「そんな事、ありません。
だって、自分で発案しておきながら、こんなにも不安になってるんだから。
こんなにも、怖くて、逃げ出したい気分になってるんだから。」
ファング
「…王女さん、オレの手を握ってみな?」
ファラ
「え?」
ファング
「いいから、握ってみなよ。」
ファラ
「あっ…。」
ファング
「震えてるだろ?
ローングランドって言っても帝国とハデに戦ってたのは10年以上前。
オレにとっちゃ明日が、初めての本格的な戦いさ。
このオレですら、内心でビクビクしてるんだ。
王女さんが不安に思うのも当然の事だぜ。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「恥ずかしい事、知られちまったかな?
明日の戦いで挽回させてくれよな。
明日のオレの活躍、楽しみにしててくれよ。」
ファラ
「ありがとう、ファングさん。」
ファング
「あんたの前だと、素直になれるぜ。」

第7話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よ、王女さん。まだ起きてたのか?」
ファラ
「ファングさん、どうして?」
ファング
「いや何、王女さんが悩んでる様子だったからな。
ちょっと様子を見にね。」
ファラ
「すみません、心配をかけちゃって。」
ファング
「やっぱり、女王のことで悩んでんのか?」
ファラ
「はい、そうです。」
ファング
「まー、オレみたいなのが言う事じゃないだろうけど…。
あんたが女王になるのが一番いいんじゃないか?
セレスティアの民も、アークランドの連中も喜ぶだろうよ。」
ファラ
「だけど、私に女王なんて務まるかどうか…。
責任の重さに押しつぶされちゃうんじゃないかって、不安なんです。」
ファング
「ひとりで背負う必要はないんだぜ、王女さん。
あんたにはたくさんの仲間がいるんだ。このオレも含めてな。
困ったり悩んだら、いつでもオレを頼ってくれていいんだぜ。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「ま、よく考えて結論を出せばいいさ。じゃあな。」
ファラ
「(ファングさん、おかげで、勇気が出ました)」
ファング
「大丈夫、オレが支えてやるさ。」

第8話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よお、王女さん。こんな寒いとこにいて大丈夫か?」
ファラ
「ファングさんこそ、そんな薄着で寒くないんですか?」
ファング
「はっはっ、このオレが寒さなんかに負けるわけ…。
ブヘックション!」
ファラ
「ほら、やっぱり。早く宿に戻った方がいいですよ。」
ファング
「そうだな、だけどその前にあんたにちょっと言っておきたくてな。」
ファラ
「えっ?」
ファング
「ノイン王子の事、聞いたよ。洗脳されて、帝国側にいたなんてな。」
ファラ
「…すみません。これまで秘密にしてて。」
ファング
「いや、いいんだよ。言いたくなかった気持ち。オレは分かるからな。
だから、気にするな。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「兄貴の事、心配だろうけど大丈夫だからな。
洗脳は必ず解ける。元の兄貴が、必ず戻ってくるからな。」
ファラ
「ありがとうございます、ファングさん。」
ファング
「それまではオレが兄貴の代わりさ。」

第9話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よっ、王女さん。楽しんでるか?」
ファラ
「楽しんでる…?」
ファング
「そうだよ、オレ達は今、神竜ハインラインの背中に乗ってるんだぜ。
この空の旅をたっぷり楽しまなきゃ損だぜ。」
ファラ
「フフフ、ファングさんらしいですね。
いつだって陽気で、楽しそうで。そういうところ、私尊敬します。
ファングさんが笑ってるのを見ると、私、元気が出るんです。」
ファング
「まいったな。そんな大した事じゃないのによ。
ただまあ、どうせ生きるなら楽しく生きなきゃオレは思ってんだ。
たとえ、どんなに苦しくても、絶望的でも、それでも、オレは笑ってやるよ。
それで、王女さんが少しでも元気になるってんならなおさらだ。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「おっと、さすがにうかれてばかりだと姉御にどやされるな。
おやすみ、王女さん。」
ファラ
「ありがとう、ファングさん。」
ファング
「あんたの笑顔、最高だぜ。」

第10話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「お疲れだったな、王女さん。
ずっとあのお子様の相手をしてなくちゃならなかったんだろ?」
ファラ
「私は平気です。何だか妹ができたみたいでうれしいんですよ。」
ファング
「そーだな、確かに本当の姉妹みたいに見えるぜ。
なんか、オレも昔を思い出しちまったな。」
ファラ
「ファングさんにも、妹さんがいたんですか?」
ファング
「いいや、オレは兄貴がいたんだよ。
小さいころは、兄貴の後ばかり追いかけてた気がするぜ。
生きてりゃ、オレよりいい男になってんだろうな。」
ファラ
「…亡くなってしまったんですか?」
ファング
「ああ、召喚戦争の時にな。帝国の奴にやられたんだ。
オレは別に、帝国の連中すべてを憎んでるわけじゃない。
でも、あいつだけは絶対に許すつもりはない。
オレから、兄貴や家族、仲間を奪ったあの女だけは…。」
ファラ
「ファングさん…。」
ファング
「悪いな、しめっぽい話をしちまって。おやすみ、王女さん。」
ファラ
「(ファングさんの、あんな険しい表情 私、初めて見たよ
私にできる事って、何かあるのかな?)」
ファング
「あんたを見てると、兄貴を思い出しちまうよ。」

第11話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「今日は、本当に悪かったな。あんたにも、みんなにも迷惑をかけちまって。」
ファラ
「いいんです。ファングさんの気持ちを思うと、私なんかが責められません。」
ファング
「その事なんだがな、王女さん、あんたには知っていて欲しいんだ。
どうして、オレがあの女をここまで憎むのか。
ただ、家族を奪われたってだけじゃないんだ。
あの女が、オレの家族の心まで、もてあそんだからなんだ。」
ファラ
「えっ?」
ファング
「オレの村は、森の中にあった。戦争中だったが、わりかし平和だったんだ。
そんな中、ガキだったオレは森で行き倒れてるあの女を見つけた。
村で目を覚ましたあの女は、記憶喪失になっていた。いや、そのフリをしていたんだな。
あの女は、村で暮らし始めた。すぐに、みんなに受け入れられたよ。
やがて、オレの兄貴との、結婚が決まったんだ。
オレはうれしかった。姉貴ができて、本当にうれしかったんだ。
だけど、結婚式の夜。あの女は村に火をつけた。
炎から逃れようと飛び立つオレ達を、あの女は笑いながら銃で撃ち落した。
オレの家族も、もちろん兄貴もな。」
ファラ
「そんな…そんなヒドイ事を…。」
ファング
「だから、オレはあの女だけは許せないんだ。
おっと、心配するなよ。もう前みたいにひとりで飛び出したりはしないからな。
長話をして悪かった。それじゃおやすみ、王女さん。」
ファラ
「ファングさん…。」
ファング
「もう勝手な事はしないさ。」

第12話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「お、いたいた、王女さん。ちょっと文句言いたくて探してたんだぜ。」
ファラ
「文句?」
ファング
「ああ、王女さんが兄貴を助けにいった事さ。」
ファラ
「ごめんなさい。勝手な事をして、心配をかけてしまって。」
ファング
「そうじゃねえよ。オレが文句を言いたいのはそこじゃない。
どーしてオレを連れてってくれなかったって事だよ。」
ファラ
「えっ?」
ファング
「オレだって、すぐにでも王女さんの兄貴を助けに飛んでいきたかったんだぜ。
それに、危険な所へ行くなら、オレが一緒に行かなきゃな。
勝手な話かもしれんが、オレはあんたを守る騎士のつもりなんだぜ。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「ま、そういう事だから。次があったら必ずオレに声をかけてくれよ。
犬やお子様なんかには、負けない働きをしてみせるぜ。」
ファラ
「ファングさんが私を守ってくれる騎士…か。フフ。」
ファング
「オレはあんたを守る騎士だ、忘れないでくれよ。」

第13話

ファラ
「ファングさん…。」
ファング
「見つけたぜ、王女さん。さ、かくれんぼは終わりだ。
みんな、王女さんのこと心配してるぜ。」
ファラ
「ねえ、ファングさん。どうして、お兄様だったのかな。」
ファング
「えっ?」
ファラ
「お兄様は、これから国王になって、王国を導いていかなきゃならなかったのに。
どうして、お兄様が犠牲になっちゃったんだろ。
お兄様じゃなくって、私が犠牲になれば良かったのに。」
ファング
「バカヤロウ!」
ファラ
「!? ファング…さん。」
ファング
「そんな事を言って、誰が一番悲しむと思う。あんたの兄貴だ。
ノイン王子は、命をかけてオレ達を救ってくれた。
だからこそ、オレ達はこの命を大切にしなきゃならないんだ!」
ファラ
「………ごめんなさい。おかしな事を言っちゃって。」
ファング
「いや、いいんだ。オレも、大声出して悪かった。
王女さん、一緒に行こうぜ。
オレは、あんたにいて欲しいんだ。」
ファラ
「ありがとう、ファングさん。一緒に、行きましょう。」
ファング
「オレはあんたにいて欲しいんだ、迷惑か?」

第14話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「王女さん、まだ起きてたのか。
しかし、驚きだよな。ラディウスが、ディランの双子の弟だったなんてよ。
だけど、皇帝グロッケンを倒して、自分が皇帝になっちまうなんてな。
どうしようもない、ロクデナシ野郎だぜ。
そいつと、オレ達は戦わなきゃなんねえんだよな。」
ファラ
「そうですね。」
ファング
「なあ、王女さん。もう、女王なんてやめないか?」
ファラ
「えっ?」
ファング
「ラディウスは、オレ達できっちりカタをつける。
帝国を倒して、戦争も終わらせる。
オレが、帰ってくるのを城かアークランドで待っててくれよ。
あんたを、危険な目に遭わせたくはないんだ。」
ファラ
「ありがとうございます、ファングさん。
気持ち、すごくうれしいです。でも、それはダメです。
みんな、私を信じてついてきてくれたんです。
ここで、私だけいなくなるわけにはいきません。」
ファング
「だろーな。そう言うと思ってたぜ。
オレもバカな事を言っちまったもんだぜ。
いくら、惚れた女が心配だからって…。」
ファラ
「えっ!」
ファング
「いや、何でもないよ。王女さん、
最後まで、一緒に戦おう。そして、戻ってこよう。必ず。」
ファラ
「はい、ファングさん。」
ファング
「必ず帰ってこようぜ、約束だ。」

第15話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「なあ、王女さんにちょっと聞きたいことがあってな。」
ファング
「アメリアが、オレの家族や村のみんなのカタキだってのは変わらない。だけど…。
記憶を取り戻すまでは、村のみんなや兄貴を好きだった。
その気持ちに、ウソはなかった。
それが、何だかすごくうれしいんだ。
これって、やっぱりおかしな事か?」
ファラ
「ううん、そんな事ないです。だって、私も同じ気持ちだもの。」
ファング
「…ありがとう、王女さん。
そう言ってもらえて、オレも楽になったよ。
よし、それじゃ気合いを入れなきゃな。
何てったって、明日は帝国との最終決戦なんだ。」
ファラ
「ファングさん、これまでつらい戦いばかりだったけど…。
最後に、もう少しだけ力を貸してください。」
ファング
「ああ、任せとけ。
王女さんが思わず惚れちまうくらいの活躍を見せてやるからな。」
ファング
「オレの活躍を見ててくれよな。」

第16話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「よ、王女さん。まだ、起きてたのか?
戦争は終わって、心配事はなくなったってのに。どうしたんだ?」
ファラ
「うれしすぎて、興奮して眠れないみたいなんです。」
ファング
「ハハハ、それじゃオレと同じだな。
オレも、最高の気分だぜ。これでもう戦わなくてもすむんだからな。」
ファラ
「ファングさんは、アークランドに戻るんですか?」
ファング
「そのつもりだったけどよ、オレも王国で暮らそうかって思ってんだ。」
ファラ
「ローングランドはどうするんですか?」
ファング
「姉御がいるから心配ないさ。
それに、帝国と仲良くなるならローングランドも大して必要なくなるだろう。
とにかく、オレは王国で暮らそうと思ってる。
近くにいた方が、王女さん、あんたを口説きやすいからな。」
ファラ
「も~、冗談はやめてくださいよ。」
ファング
「オレの性格だからな、今はそうとられても仕方ない…か。
ま、気長にやるさ。これからもよろしくな。王女さん。」
ファング
「オレはあんたの側にいたい、本気だぜ。」

第17話

ファラ
「ファングさん。」
ファング
「オレ、驚きすぎてどうかなっちまいそうだぜ。
女神クラヴィスが復活して、あくり~んの正体が女神だって分かって…。
さらに、王女さんに女神ファーライトの魂が宿ってたなんてな。」
ファラ
「私も、びっくりです。それと、ちょっと不安なんです。」
ファング
「何がだ?」
ファラ
「もし、女神ファーライトの魂が覚醒したら、私はどうなっちゃうのかなって。
私、ファラの心は消えちゃうんじゃないかって…。」
ファング
「消させねえよ。」
ファラ
「えっ?」
ファング
「いくら相手が女神だからって、あんたを消させたりはしない。
惚れた女は、オレが最後まできっちり守ってみせる。
オレを、信じろ。王女さん。」
ファラ
「ファングさん。」
ファング
「おっと、オレも早く休まなきゃな。
明日は、女神ふたりを相手にしなきゃならないかもしれないからな。
おやすみ、王女さん。」
ファラ
「惚れた女…か。
冗談じゃないんだね、ファングさん。」
ファング
「惚れた女を、守ってみせるさ。」

エンディング

ファング
「到着! オレの翼ならアークランドからここまであっと言う間だぜ。」
ファラ
「あ、ファングさん。どうしたんですか?」
ファング
「ああ、王女さんが心配になっちまってな。
女王の仕事が忙しすぎて疲れてんじゃないか?
意地悪な大臣にいじめられてんじゃないか?
王宮で、心細い思いをしてるんじゃないか?
そう考えたら、いてもたってもいられなくなっちまってな。
ひとっ飛びして、やって来たってわけだよ。」
ファラ
「ありがとうございます、ファングさん。
だけど、大丈夫ですよ。仕事は忙しいけれど、何とかやってます。
もちろん、意地悪な大臣なんかもいませんしね。」
ファング
「そっか、それならいいんだ。何かあったら、オレに言うんだぜ。
王女さんのためなら、何だってしてやるからな。」
ファラ
「はい、ありがとうございます。
そうだ、いい知らせがあるんです。
帝国でも、ランカスタの民に対する意識が変わりつつあるそうです。」
ファング
「ディランががんばってくれてんだな。」
ファラ
「人間とランカスタの民が仲良く暮らせる、そんな未来が来るはずですよ。」
ファング
「そいつは、楽しみな未来だぜ。
なあ、王女さん。めでたいついでにこんなのはどうだ?
世界を救った少女と、勇敢なランカスタの若者が結ばれるってのだ。」
ファラ
「世界を救った少女と、勇敢なランカスタの若者?」
ファング
「オレと、あんたのことさ。王女さん。」
ファラ
「えっ!?」
ファング
「あんたとオレが結ばれる。オレにとっちゃ、それが最高の未来だぜ。王女さん。」

コメント