【夜会話】ガーリット(ファラVer.)

スポンサーリンク
紫苑様

第1話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、こんな所におられたのですか。」
ファラ
「ちょっと疲れちゃって休んでたの。こんなんじゃ、王女失格だよね。」
ガーリット
「そんな事ありませんよ、ファラ様。
あんなにもたくさんの人がいるんです。誰だって疲れてしまいます。
どうぞ、何も心配なさらず休んでいてください。
私がうまく説明しておきます。」
ファラ
「ありがと、ガーリット。いつもいつも助けてもらっちゃって。」
ガーリット
「王国に、そしてファラ様に受けた恩を思えば、これぐらい当然です。
私は王国に、そしてファラ様に返しきれないくらいの恩があるのですから。
召喚戦争で身寄りを失った私は、10年前、食べ物欲しさに
セレスティア城に忍び込み、捕らえられました。そんな私を、かばい
城で働かせてもらえるよう陛下に頼んでくれたのは他ならぬ、ファラ様です。
私は、一生をかけてこの恩を返していくつもりです。
それでは、失礼します。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「今の私があるのは、あなたのおかげです。」

第2話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様が、外に行かれるのが見えたので。」
ファラ
「ごめんね、ガーリット。心配かけちゃって。」
ガーリット
「ファラ様、本当に申し訳ありません。」
ファラ
「えっ?」
ガーリット
「私が、陛下の側を離れなければ、あんな事には…。
私には、王国近衛兵と名乗る資格がありません。」
ファラ
「ううん、ガーリットが悪いんじゃないわ。仕方のない事なの。
だって、誰も想像できないでしょ。お兄様が、あんな事をするなんて…。」
ガーリット
「ファラ様…。」
ファラ
「ガーリット、私、どうしたらいいのかな?
お父様がいなくなて、王国もなくなって、私これからどうしたら…。」
ガーリット
「生きましょう、ファラ様。」
ファラ
「えっ?」
ガーリット
「陛下のお言葉どおり、生きのびましょう。
この命に代えても、ファラ様は私がお守りします。
だから、生きてください。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「生きてください、ファラ様。」

第3話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、まだお休みにならないのですか?」
ファラ
「うん、もうちょっと景色を眺めていたいから。ステキな眺めよね。」
ガーリット
「人間とランカスタが共同で作り上げた商業都市、アークランド。
この美しい街を、帝国の好きにはさせません。
ローングランドの戦士達と協力し、この街を…。
そして、ファラ様をお守りします。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。でもね、ムリはしなくてもいいんだよ。
もう、セレスティアはなくなっちゃったし…。
ガーリットも、いつまでも近衛兵としての努めに囚われる事はないんだから。」
ガーリット
「何をおっしゃってるんですか!
私は近衛兵だからここにいるわけではありません!
近衛兵である事は関係なく、私が、お守りしたいんです!」
ファラ
「ガーリット…。」
ガーリット
「す、すみません。声を荒げてしまい。失礼、します。ファラ様。」
ファラ
「ありがとう、本当にありがとう。ガーリット。」
ガーリット
「私があなたをお守りします。」

第4話

ファラ
「ガーリット」
ガーリット
「ファラ様、お体の具合は大丈夫ですか?」
ファラ
「えっ、どうして?」
ガーリット
「白き宝珠が光った時、宝珠はファラ様の手の中にありました。
なので、何か体に異変はないかと心配になって。」
ファラ
「大丈夫、私は何ともないわ。ガーリットって心配性なんだから。」
ガーリット
「そうですか、それならば良いのですが。」
ファラ
「白き宝珠から出た光はね、温かくて、優しくて、安心できるような光だったわ。
フフ、まるでガーリットみたいだね。」
ガーリット
「えっ?」
ファラ
「だって、そうでしょ?ガーリットは、温かくて優しくて、
側にいてくれると、安心できるもの。」
ガーリット
「ファラ様…」
ファラ
「ん、どうしたの?ガーリット、顔が赤いけど。
ガーリットの方こそ、具合が悪いんじゃないの?
ちょっとおでこ出して、熱があるか、みてみるから」
ガーリット
「だ、大丈夫です。失礼します!」
ファラ
「ガーリット、どうしちゃったんだろ?」
ガーリット
「あなたの笑顔を、守って見せます」

第5話

ファラ
「ガーリット」
ガーリット
「お部屋をノックしたのですが、いらっしゃらないようでしたので。やはり、ここでしたか。」
ファラ
「どうしたの?ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、実はバーム様とも相談したのですが…。
アークランドを離れることにしませんか?」
ファラ
「えっ!?」
ガーリット
「帝国が、あのように大規模な襲撃を仕掛けてくる以上、もはやアークランドも安全ではありません。
どこか、別の場所に身を潜めた方が 良いのではないかと。」
ファラ
「心配してくれてありがとう。ガーリット。だけど、それはできないわ。
アークランドが危険にされされているのに私だけ逃げるなんてダメよ。
それに、どこに逃げたって帝国は追ってくる。そうでしょ?」
ガーリット
「確かに、そのとおりですが…。」
ファラ
「逃げているだけではもうどうしようもない。帝国と、戦わなくちゃって思うの。」
ガーリット
「ファラ様がそのつもりなら、私はもう何も言いません。
一緒に、戦いましょう。ファラ様。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「あなたと共に戦いましょう。」

第6話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、明日の戦いが控えています。早くお休みになられた方が。」
ファラ
「うん、分かってるんだけどね。怖くて、眠れないんだ。
ガーリット、私達勝てるかな?あんなに強い帝国を相手に、ちゃんと戦えるかな?」
ガーリット
「大丈夫ですよ、ファラ様。私達は勝ちます。想いの強さが違いますから。」
ファラ
「想い?」
ガーリット
「はい、私達も、そしてハーディン砦で捕虜になっている王国の仲間も…。
王国を愛し、戻りたいと思っています。その想いが、侵略者などに負けるはずがありません。」
ファラ
「そっか、そうだよね。ガーリット。」
ガーリット
「私が、ファラ様を最後までお守りします。
私達の王国を、取り戻しましょう。ファラ様。」
ガーリット
「私達の想いが、負けるはずありません。」

第7話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、まだお休みになられないのですか?」
ファラ
「うん、女王になるって事を考えてたの。
王女として、引き受けるべきだって分かってる。
国のみんなを導いていかなきゃって。でも、不安なの。ううん、怖いの。」
ガーリット
「ファラ様…。それならば、断りましょう。」
ファラ
「えっ!?」
ガーリット
「ファラ様が女王になられる事を、私は望んでいます。
ですがそれ以上に、ファラ様に苦しんで欲しくないのです。
ファラ様は、もう十分苦しみました。もう、これ以上は…。」
ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「出すぎた事を言ってすみませんでした。失礼します。」
ファラ
「(ガーリットは、あんなにも私の事を心配してくれている。
いつまでも、それに甘えてちゃいけないよね、やっぱり。
ガーリット、私、決心がついたよ。)」
ガーリット
「あなたが苦しむのは、もう見たくない。」

第8話

ファラ
「ガーリット。どうしたの?ガーリット。」
ガーリット
「宿屋に、ファラ様の姿がなかったので。」
ファラ
「わざわざ、探しにきてくれたのね。ありがとう。」
ガーリット
「ファラ様、ノイン王子は洗脳されていたんですね。」
ファラ
「そう、お兄様は洗脳されていた。帝国に味方して、お父様を襲ったのは本心じゃなかったのよ。」
ガーリット
「ノイン王子を利用して、あんな事をさせるなんて。私は、帝国を絶対に許しません。
ファラ様、帝国を倒しノイン王子を助けましょう。
亡くなった陛下のためにも、そうしなければなりません。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「あなたを苦しめる帝国を、許さない。」

第9話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「まだ、お休みになられないのですか?ファラ様。」
ファラ
「うん、もうちょっとだけ起きてるわ。だって、こうやって空を飛ぶ経験なんて貴重だもの。」
ガーリット
「そう、ですか。」
ファラ
「空を飛ぶって、すごく気持ちのいい事なのね。
ねえ、ガーリットが初めて空を飛んだ時の事を教えてくれない?」
ガーリット
「そうですね、あれはまだ私が幼いことでした。
なかなか空を飛べるようにならない私を心配して、父が、高台に連れていってくれたのです。
そこで、風に乗るという事を父から教わりました。父との思い出は、それだけです。
その後、すぐに召喚戦争が始まり、父は命を落としました。」
ファラ
「そうだったんだ。ごめんね、おかしな質問しちゃって。」
ガーリット
「いいえ、そんな事はありません。
ファラ様に、思い出話ができて、私はうれしかったです。
これからも、遠慮なく聞いてください。」
ファラ
「だったら、本当に遠慮しないよ。ガーリット。」
ガーリット
「はい、ファラ様。」
ガーリット
「あなたといつまでも話していたい…」

第10話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、今日はありがとうございました。
また、ファラ様に助けられてしまいました。」
ファラ
「違うよ、ガーリット。私達を助けてくれたのは、宝珠の力とあくり~んちゃん。」
ガーリット
「いいえ、ファラ様が宝珠に願ったからこそ、奇跡は起こったのだと思います。
ありがとうございました。ファラ様。」
ファラ
「そう言われると、何だか照れちゃうね。」
ガーリット
「だけど、あの少女は一体何者なのでしょうか?
女神アクリーンと同じ名前なのが、少し気になります。」
ファラ
「ガーリットも?」
ガーリット
「ええ、まさか女神アクリーン本人という事はないでしょうが。
何か関係があるのかもしれませんね。」
ファラ
「悪い子じゃないのは確かだし、しばらく一緒にいて様子を見ましょ。
大丈夫よ、面倒は私がちゃんとみるから。」
ガーリット
「いいえ、ファラ様だけに任せるわけにはいきません。
私でよければ、いくらでも力をお貸しします。それでは、失礼します。」
ファラ
「ガーリットが、あくり~んちゃんと遊んであげてる姿。
フフフ、ちょっと見てみたいな。」
ガーリット
「私にあくり~んの相手を…がんばります。」

第11話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、大丈夫ですか?
先ほどお会いした時に、思いつめたような顔をしてらっしゃったので…。」
ファラ
「ありがとう、心配してくれて。ファングさんの事、考えてたの。
悲しい過去を背負ってるんだなって。
でも、ファングさんだけじゃないんだよね。
ガーリットも、召喚戦争の時に家族を失って、
ひとりぼっちになっちゃったんだよね。」
ガーリット
「そうです。でも、もう過ぎた事ですから。
今は、こうやってファラ様のお側にいられます。
だから、私は過去を振り返ったりはしませんよ。」
ファラ
「ガーリットは強いんだね。」
ガーリット
「そう考えられるようになったのも、ファラ様や陛下のおかげです。
王国の未来のため、私は戦います。
亡き陛下のため、そして、ファラ様のために。」
ファラ
「ガーリット…。」
ガーリット
「私はひとりではありません。あなたが、いるから。」

第12話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、お怪我がなくて何よりでした。」
ファラ
「ガーリット、今日はごめんね。私のわがままで、危険な目に遭わせちゃって。」
ガーリット
「謝らないでください。こうやって無事に戻ってきたのですから。
それに、ノイン王子を助けにいくのは、ファラ様のわがままじゃありませんよ。
セレスティアの民としての、私の願いでもありました。
だから、私はとてもうれしく思っています。
ノイン王子の洗脳が解け、城に戻ってきた事を。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「ファラ様、ノイン王子と共に、帝国と戦いましょう。
そして、また元の平和な王国を取り戻すのです。
そのために、私はこれまで以上に尽力するつもりです。」
ファラ
「お兄様がいてくれるなら、きっとできるよね。
がんばりましょ、ガーリット。」
ガーリット
「あなたの為に、力を尽くしましょう。」

第13話

ファラ
「ガーリット…。」
ガーリット
「ここにおられましたか、ファラ様。
みんな心配しています。城に、戻りましょう。」
ファラ
「ガーリット、私はお城には戻れないわ。」
ガーリット
「どうしてですか?」
ファラ
「だって、私もうがんばれないもの。
全身から力が抜けちゃって、もう何もできないもの。
みんなの迷惑にしか、ならないもの。」
ガーリット
「誰も、ファラ様を迷惑だなんて思いません!」
ファラ
「えっ?」
ガーリット
「あんな事があったのです。力が抜けてしまうのも仕方ありません。
ファラ様は、休んでいてください。
私が、ファラ様の分まで戦います。
だから、城にお戻りください。
ここで、ファラ様にまでもしもの事があったら、私は…。」
ファラ
「ごめん…ね。ガーリット。
つらいのは、私だけじゃなかったものね。
うん、私はもう大丈夫。お城に戻ろ。
お父様やお兄様、それに、心配してくれるガーリットのためにも。
私は、がんばるわ。」
ガーリット
「ありがとうございます、ファラ様。」
ガーリット
「あなたの悲しみは、私の悲しみなのです。」

第14話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「オヴァドが近づいたせいで、いつもより明るく感じますね。
このまま、何もしなければ帝国は女神クラヴィスの力を手に入れるのですね。
今度こそ本当に。」
ファラ
「そんな事をさせたら、王国が…ううん、帝国の民だって幸せにはなれない。
絶対に、阻止しないと。」
ガーリット
「ファラ様は、本当にお優しい方ですね。
こんな時なのにもかかわらず、帝国の民の事も心配なさるなんて。」
ファラ
「女王として、これじゃ失格かな?」
ガーリット
「いいえ、そんなファラ様だからこそ、みんながついてきていると思います。
そんなファラ様だからこそ、私もあなたの事を…。
ファラ様、私はずっと帝国の事が嫌いでした。
ですが、ファラ様と一緒にいて、大切な事を学びました。
憎んでいるだけでは、前へは進めないという事を。
この戦いに勝利し、王国と帝国、両方の民が幸せに暮らせる。
そんな世界を、目指しましょう。」
ファラ
「うん、ガーリット。」
ガーリット
「あなたと幸せな世界を作りたい。」

第15話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「ずっと続いてきた帝国との戦い。
それも、明日でやっと終わりですね。ファラ様。」
ファラ
「ねえ、ガーリット。私、怖いんだ。
私を信じて、ついてきてくれたみんなにもしもの事があったら…。
そう思うと、怖くて怖くてたまらないの。
もちろんガーリット、あなたもよ。」
ガーリット
「ありがとうございます。ですが、ご心配にはおよびません。
これまで、何度も厳しい戦いを経てきました。
それでも、誰ひとり欠ける事なく、ここまでこられたではないですか。
きっと、明日も大丈夫ですよ。私は、そんな気がします。」
ファラ
「ありがとう、何だか気分が楽になったわ。
これまで、ガーリットにはたくさん迷惑をかけちゃってるけど…。
もうちょっとだけ、私に力を貸してくれる?」
ガーリット
「もちろんですとも、ファラ様。
私は、どんな事があろうとも、ファラ様と一緒です。
だから、安心してください。」
ファラ
「ありがとう、ガーリット。」
ガーリット
「どんな事があろうとも、あなたと一緒にいます。」

第16話

ファラ
「ガーリット。」
ガーリット
「まだ、信じられません。私が、帝国の城に泊まっているなんて。」
ファラ
「でも、本当なんだよ。もう戦争は終わって、帝国は敵じゃないんだから。」
ガーリット
「そうでしたね。本当に、喜ばしいことです。」
ファラ
「これから忙しくなるね。戦いは終わっても、女王の仕事はたくさんだもの。」
ガーリット
「私も、お手伝いいたします。どうぞ、ご安心を。」
ファラ
「ガーリット、もういいんだよ。」
ガーリット
「えっ?」
ファラ
「ガーリットは、これまでずっと王国のため、私のためにがんばってくれた。
だから、もう自分の好きな事をしていいんだよ。」
ガーリット
「私の好きなこと…。
それならばやはり、お手伝いをさせていただきます。
ファラ様のお力になる。それが、私の一番好きな事なのですから。」
ファラ
「本当に…いいの?」
ガーリット
「はい、かまいません。」
ファラ
「だったら、これからも頼っちゃうよ。ガーリットのこと。」
ガーリット
「そうしていただけると、私もうれしいです。
あなたが必要としてくれる限り私は、あなたの側にいます。
それが、私の喜びなのです。」
ガーリット
「あなたの側にいる事が、私の喜びです。」

第17話

ファラ
「ガ-リット。」
ガーリット
「ファラ様、やはりここはおられました。
明日の女神クラヴィスの戦いを、心配しておられるのでしょう。」
ファラ
「うん。でも、それだけじゃないの。
私に宿る女神ファーライトの魂が覚醒したら、どうなっちやうのかなって・・・。
ちょっとだけ、不安になってたんだ。
今こうやってガーリットと話してる私は、消えちやうのかなって。」
ガーリット
「もし、女神ファーライトが覚醒し、その結果ファラ様が消えてしまう事があったら。
私は、女神ファーライトに戦いに挑むでしょう。
愛する女性、ファラ様、あなたを取り戻すために。」
ファラ
「ガ-リット・・・。」
ガーリット
「ファラ様、ご安心ください。どんな事になっても、この私がお救いします。
必ず・・・。」
ファラ
「そうだね、ガーリットがいてくれれば、怖くないよね。
どんな時だって、ガーリットは私を助けてくれたんだから。
ありがとう、ガーリット。私何の心配もしないでがんばれるよ。
明日の戦いに勝って、一緒にお城に戻ってこよ。ガーリット。」
ガーリット
「はい、ファラ様。」
ガーリット
「この命に代えて、愛するあなたをお守りします。」

エンディング

ファラ
「朝からずっと会議、会議。ちょっと、疲れちやったな。」
ガーリット
「大丈夫ですか?ファラ様。
お疲れのようなら、次の会議は明日に回しましょうか?」
ファラ
「ううん、大丈夫。ちょっと休憩して元気になったから。
みんな、国を良くしようとがんばってるんだもの。私も休んでられないよ。」
ガーリット
「私にできる仕事であればすべて引き受けます。
ですから、どうぞごムリをなさらないように。
王国にとって、ファラ様はなくてはならない方ですから。」
ファラ
「ありがとう。だけどそれは、ガーリットだって同じだよ。」
ガーリット
「えつ?」
ファラ
「私は女王をやっていられるのも、ガーリットがいてくれるおかげ。
ガーリットの手助けがなかったら、きっと私、まいっちやってたと思う。
王国だけじゃなく、私にとってもガーリットはなくしてはならない人なんだよ。」
ガーリット
「もったいないお言葉です。ファラ様。」
ファラ
「でも、重荷に感じる事はないからね。
他にやりたい事があったら、遠慮なく言ってね。
いつまでも、ガーリットをひとりじめしてちやいけないもんね。」
ガーリット
「そんな事はありませんよ。
愛する女性にひとりじめされるのであれば、文句などありません。」
ファラ
「ガーリット・・・。」
ガーリット
「一生、あなたのお側にいさせてください。ファラ様。」

コメント