【夜会話】ザイツ(ディランVer.)

スポンサーリンク

第7話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「ディラン皇子。少しだけ時間をもらってもいいか?
俺の意見を、言っておきたくてな。」
ディラン
「何だい?」
ザイツ
「ファラ王女の申し出は、、引き受けるべきだと俺は考える。
皇帝グロッケンに対し、反感を持っている帝国兵は実は少なくない。
ここで、ディラン皇子が国王として先頭に立ち帝国と戦う事で、
悩んでいる帝国兵を、味方につけられる可能性がある。」
ディラン
「戦略として、俺が国王になった方がいいって事なのか。」
ザイツ
「そのとおりだ。しかし、それだけの理由ではない
ディラン皇子。俺は、あなたに負けたから帝国を捨てたのではない。
あなたの信念に、かけてみようと思ったからだ。」
ディラン
「ザイツ・・・。」
ザイツ
「あなたは、人をそういう気にさせる力があるようだ。
だからこそ、国王となりみんなを導いて欲しい。これが俺の意見だ。
時間をとってすまなかった。後は、皇子がゆっくり考えてくれ。」
ディラン
「(無骨な言葉だったけど、あなたの気持ち十分伝わった
ありがとう、ザイツおかげで、決心がついたよ)」
ザイツ
「俺を導いてくれ、ディラン皇子。」

第8話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「ディラン皇子。まだ、起きていたのか。」
ディラン
「ああ、今日の事を考えてたんだ。
帝国の召喚実験を、俺達は阻止できなかった。
まさか、あんな方法で魔人をルーンハイムに定着させるなんてな。
ザイツは知っていたのか?あんな方法があるって。」
ザイツ
「昔、そんなウワサを聞いた事がある。
召喚戦争時代、帝国の召喚実験中の事故で術者が命を落とし、
その影響で、この世界に定着した召喚獣が存在したと。」
ディラン
「その召喚獣は、その後どうなったんだ?」
ザイツ
「さあ、詳しくは知らない。その実験施設も、焼け落ちてしまったそうだからな。」
ディラン
「そうなのか。」
ザイツ
「あの3人の魔人は、強大な敵として、俺達の前に立ちはだかるだろう。
ディラン皇子、たとえ相手が魔人であろうとも、俺は恐れない。
だから、その時が来たら遠慮なく命令を出す事だ。俺に奴らを斬れ…と。」
ディラン
「ザイツ、あなたにだけすべてを任せるつもりはない。
もちろん、俺も一緒に剣を振るおう。」
ザイツ
「フフフ、国王としては相応しくない言葉だ。
だが、俺は嫌いではない。共に戦おう、ディラン皇子。」
ザイツ
「あなたの命令を待っている。」

第9話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「ディラン皇子は、平気のようだな。」
ディラン
「平気?ああ、高い所の事か。」
ザイツ
「俺は、どうも苦手なのだ。足がすくんでしまってな。」
ディラン
「ザイツにも、弱点があったんだな。」
ザイツ
「武人として、情けない。」
ディラン
「そんな、大袈裟に考える事ないって。
誰にだって弱点のひとつやふたつ、あるんだから。
少しくらい高い所が苦手だからって問題じゃない。
ザイツは立派な武人だよ。俺が保証するよ。」
ザイツ
「ディラン皇子…。ありがとう。
とは言っても、いつまでも弱点を弱点としていては武人の名折れ。
これを機会に、高い場所を克服する事を誓おう。
もう1度、礼を言う。
皇子が、俺をそんな気にさせてくれた。ありがとう。」
ディラン
「(ザイツって、本当に根っからの武人なんだな)」
ザイツ
「高い所など、怖くなど…………ない。」(きつく目をつむりながら)

第10話

ディラン
「ザイツ。丁度良かった。ザイツに相談したかったんだ。」
ザイツ
「何だ?ディラン皇子。」
ディラン
「父上、いや、皇帝グロッケンの、目的だ。
今日のマナの門の破壊は、帝国にどんな意味があるのか、俺には分からない。
あのまま、マナが暴走してたら、帝国の民も大変な事になっていた。
なのにどうして?」
ザイツ
「もはや、皇帝陛下には帝国の民が見えていないのかもしれないな。
セレスティア侵攻を決めた事も、その証拠だ。
確かに帝国の人間はランカスタの民に対し抵抗がないわけではない。
だが、セレスティアとの和平については、みんなが続く事を望んでいた。」
ディラン
「そうだったのか。」
ザイツ
「ディラン皇子。帝国は問題の多い国だが、民が悪いわけではない。
我々が目的を果たし、帝国に勝利した後には…。
帝国の民の事も、少しは考えてもらえないか?」
ディラン
「ああ、もちろん。帝国と王国が、本当の意味で仲良く暮らせる世界。
それが、俺の目指す未来なんだ。」
ザイツ
「やはり、あなたは王になるべき人物なのかもしれない。
あなたの下で戦える事、俺は光栄に思う。」
ザイツ
「あなたが皇帝になれば、世界は変わる。」

第11話

ディラン
「どうしたんだ?ザイツ」
ザイツ
「少し、夜風にでも当たろうと思ってな。
アメリアと、ファングの事で、少し昔を思い出したのだ。」
ディラン
「昔?」
ザイツ
「そう、アメリアと同じく、俺が召喚戦争に参加していた時の事だ。
俺も、何人ものランカスタをこの手にかけた。」
ディラン
「!!!」
ザイツ
「俺を憎むランカスタの民も、少なくはないだろうな。」
ディラン
「知らなかったよ。ザイツ。」
ザイツ
「まだ若かった俺は、これが帝国のためと信じ、戦った。そして、力尽き倒れた。
目覚めると、そこはランカスタの集落だった。
傷ついた俺を救ってくれたのは、敵であるランカスタの民だった。
傷が治り、集落を出る時に、俺は集落の長老に尋ねた。
どうして、俺を助けたのだと。」
ディラン
「長老は、何て答えたんだ?」
ザイツ
「ランカスタが敵ではない。そんな可能性を学んで欲しかった…と。
にも関わらず、俺はずっとグロッケンの言いなりになっていた。
どうしようもないバカかもしれぬな、俺は。」
ディラン
「そんな事はない。ザイツ。
そんな経験があったからこそ、ザイツは帝国が間違っている事に気付いた。
そして、俺達の味方になったんだ。」
ザイツ
「…ありがとう、ディラン皇子。」
ザイツ
「あなたに許されれば、もう何も恐れはしない。」

第12話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「探していた、ディラン皇子。あなたに、伝えておきたい事があった。
これは、俺と、そして、こちらについた帝国兵達、全員の気持ちだ。」
ディラン
「何なんだ?」
ザイツ
「ディラン皇子は、ノイン王子に国王の座をゆずり渡すつもりなのだろう。」
ディラン
「ああ、そのつもりだ。それが、当然の事だからな。」
ザイツ
「ディラン皇子には、このまま国王を続けて欲しい。それが、俺や彼らの本心だ。
しかし、たとえディラン皇子が国王でなくなっても
俺達は、これまでと変わらず尽力しようと思う。
それが、ディラン皇子が理想とする未来を勝ち取るためなのだから。」
ディラン
「…ありがとう、ザイツ。頼もしいよ。」
ザイツ
「それだけを、伝えておきたかった。失礼する。」
ディラン
「(俺だって、国王でなくなったからって楽をするつもりはない
ノイン王子の下で、戦い続けるつもりだ。頼りにしている。ザイツ)」
ザイツ
「俺にとっての王は、ディラン皇子、あなただ。」

第13話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「まだ、起きていたのか。ディラン皇子。」
ディラン
「何か、眠れなくてな。
そうだ、帝国にいたころの、ノイン王子の事を聞かせてくれないか?」
ザイツ
「残念ながら、皇帝グロッケンはノイン王子を大切には扱っていなかった。
ほとんど、城に幽閉したままだった。
それでも、ノイン王子の周りにはたくさんの人が集まっていた。
みんながノイン王子の人間性にひかれたのだろう。」
ディラン
「ノイン王子は、本当に素晴らしい人間だったんだな。
どうして、そんな人間があんな事にならなきゃならなかったんだ?
どうして…。」
ザイツ
「ディラン皇子、嘆く気持ちは分かる。だが、今はそんな場合ではない。
ノイン王子に託されたセレスティアを守り、帝国に戦い勝利する。
それが、残された者の役目だと俺は考える。」
ディラン
「ああ、ザイツの言うとおりだ。嘆いている場合じゃない。
帝国の野望を打ち砕き、ノイン王子の望んでいた平和な世界を作ろう。」
ザイツ
「俺たちには 悲しむヒマさえないのだな。」

第14話

ディラン
「ザイツ。」
ディラン
「ザイツ、ありがとう。お礼を言いたかったんだ。」
ザイツ
「何をだ?」
ディラン
「敵である父を、召喚の塔の近くに葬ってくれたじゃないか。」
ザイツ
「礼を言われる事ではない。俺にとっては、かつての主だ。
あの場所に、捨てておくなどできない。」
ディラン
「父は、間違った夢を見ていたんだろうな。
そして今、弟ラディウスも同じ夢を見ている。
止めなければならない。兄として、帝国の皇子として。」
ザイツ
「ディラン皇子、前にも言ったが、俺の命はあなたに預けてある。
思う存分、使ってくれ。それが、俺の喜びだ。」
ディラン
「ザイツ、ありがとう。」
ザイツ
「この命、あなたの為にある。」

第15話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「とうとう、明日だな。ディラン皇子。」
ディラン
「ザイツ。俺達は、勝てるだろうか?将軍としての意見を、聞かせて欲しい」
ザイツ
「…数十名の兵士がこちら側についたとはいえ、帝国はいまだ強大。
兵士の数では、向こうの方がはるか上だ。」
ディラン
「そうか。」
ザイツ
「しかし、皇帝グロッケンが死に、突然の皇子の登場。
帝国内が、混乱しているのは間違いない。
兵士達も、自分達の守るべきものが分かっていないだろう。
だが、こちらは違う。戦争を終わらせ、平和な世界を作る。
そんな目標を掲げるディラン皇子の下、兵士達は一丸となっている。
それは、数の差などものともしない大きな力となるはずだ。」
ディラン
「ありがとう。その言葉、心強いよ。ザイツ、この戦いに勝とう。
このルーンハイムに暮らすすべての民のために。」
ザイツ
「あなたとなら、どんな不可能も可能にできる。」

第16話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「ディラン皇子、長きに渡る戦い。ご苦労だったな。
帝国の新しい皇帝として、これからもよろしく頼む。」
ディラン
「ザイツ。皇帝になると宣言したものの、まだ少し迷っている。
俺は、このまま皇帝になっていいんだろうか?
もっと他にふさわしい人物がいるんじゃないか?」
ザイツ
「あなたよりも、ふさわしい人物などどこにもいやしない。
その証拠が、ここから見える帝都の様子だ。」
ディラン
「えっ?」
ザイツ
「あれだけの戦いがあったにも関わらず、街は静けさを取り戻している。
帝国の民が、ディラン皇子を認め、安心しているからだ。
あなた以外の人物が皇帝になったら、暴動が起こるだろう。」
ディラン
「そう・・・か。
俺は、まだまだ未熟だ。だから、ザイツ。あなたの力を貸して欲しい。」
ザイツ
「言われなくても、そのつもりだった。
あなたと共に、新しい帝国を作っていけること。俺は、うれしく思う。」
ザイツ
「あなたと共に、歩んでいこう。」

第17話

ディラン
「ザイツ。」
ザイツ
「まさか、最後には女神を相手にする事になるとはな。
正直、想像もしていなかった。」
ディラン
「この戦いに勝たなければルーンハイムに未来はない。
すべての命が、消え去る事になる。そう考えると、正直俺は怖いんだ。」
ザイツ
「フフフ、何を言っている。ディラン皇子。
あなたと共にしてきた戦いは、どれも困難で
そして、どれも負けられないものばかりだった。
最後もまた、それと同じだけの事だ。」
ディラン
「確かに、ザイツの言うとおりだな。
どの戦いも困難で、負けられないものばかりだった。
それでも勝ち続けられたのは、ザイツ。あなたがいたからだ。
あなたの勇猛さが、俺を奮い立たせてくれた。あなたこそ、本当の武人だ。
俺は、尊敬するよ。」
ザイツ
「もったいない言葉、感謝するぞ。」
ディラン
「ザイツ、この戦いに勝とう。
俺達の剣で、ルーンハイムの未来を勝ち取るんだ。」
ザイツ
「あなたのために戦える事、それが俺の誇りだ。」

エンディング

ザイツ
「これは陛下、わざわざ来てくれたのか。」
ディラン
「ザイツ、二人の時は、これまでどおりでいいよ。何だか緊張するから」
ザイツ
「そうだな、ディラン皇子。」
ディラン
「エルドガ要塞の非武装化は進んでいるのか?」
ザイツ
「ああ、残っていた砲台もすべて解体し片付けた。
いずれは、要塞自体にも手を入れようと思っている」
ディラン
「ザイツ、俺は、帝国の民も、王国の民も、さらにはアークランドの住人もが…。
自由に行き来できるようにしたいと思ってるんだ。」
ザイツ
「素晴らしい事だと俺は思う。ぜひ、そうあるべきだ。
頭の固い大臣達は反対していたようだが、関係ない。
ディラン皇子の言うとおり、これからの世界にこんな物は必要ないだろう。」
ディラン
「すまないな。大変な仕事ばかり任せてしまって。
俺が、皇帝としてやっていられるのも、ザイツ、あなたの助けがあるからだ。
あなたがいなければ、帝国の古参の大臣達に追い出されていただろう。
本当に、ありがとう。」
ザイツ
「何を言う、ディラン皇子。あなたの目指す帝国の未来は俺の夢でもある。
俺の力で良ければ、いくらでも使ってくれ。
あなたと新しい帝国を作っていける事が、俺の一番の喜びなのだからな。」
ザイツ
「ディラン皇子。俺はこれからもあなたの剣となろう。」

コメント