【夜会話】ソル(アヤVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様

第2話 その名を知る者

ソル
「すまないな
俺をここに置いてくれるように、ずいぶん骨折ってくれて…」
アヤ
「べつに、わたしはなにもしてません
ここの人たちが、みんな優しいだけですよ」
ソル
「どうしてだ?」
アヤ
「え?」
ソル
「お前、簡単に人を信用しすぎるんじゃないか
それに…親切に過ぎるぜ
俺は、お前を事故に巻きこんだ召喚師の一員なんだぞ…憎くないのかよ!?」
アヤ
「…憎んでもなにもはじまらない
そう学びました
それにあなたはわたしの前に出てきてくれました
黙って逃げてもよかったはず…違いますか?
わたしは、だからあなたを信じます
きっと、みんなもそう言うはずですよ」
ソル
「それならいいんだけどな…」
わたしが彼を信じる…まずはそれからはじめないと…

第3話 金の派閥

ソル
「…」
アヤ
「どうしたんですか?
黙ってしまわれて?」
ソル
「あきれたやつだよな
お前もさ…」
アヤ
「…えっと」
ソル
「あのなぁ、俺はお前を元の世界に戻そうって、必死なんだぜ…
まったく、お気楽にもほどがあるぜ…」
叱られてしまいました…

第4話 さまよう拳

アヤ
「ジンガさんの【ストラ】は、召喚術とは違うのですか?」
ソル
「全く別物さ
呪文じゃなくて、呼吸を使う
もちろんサモナイト石だって必要ない
同じなのは精神の集中が必要ってところだけさ」
アヤ
「はあ…」
ソル
「あとな【ストラ】は男より女の方が強い力を出せるらしいぜ
訓練次第では、ひどいケガですら一瞬で治してしまうらしい」
アヤ
「…すごいんですね」
【ストラ】って便利なんですね…

第5話 追憶の荒野

アヤ
「今日は大変な一日でしたね…」
ソル
「「今日も」だろ?
平穏じゃないのはお前が騒動を呼んでるからじゃないのか?」
アヤ
「え?」
ソル
「おいおい
騒ぎの元凶に自覚がないってのは無しだぜ」
アヤ
「…わたしのせいですか?」
ソル
「言っただろ、そう」
アヤ
「ひどいです…」
ソル
「ウソだって、ウソ
少なくとも俺はこの生活、楽しんでる
ほんと、刺激的だぜ」
初めてですね…あんなふうに笑ったの

第6話 静かなる凶鬼

ソル
「カノンの中に流れているのは、シルターンという世界の、鬼神の血だ…」
アヤ
「シルターンですか?」
ソル
「召喚術で開かれる4つの世界のひとつだ
そこに住む鬼神たちはきょうじんな肉体と破壊の力をもっている」
アヤ
「それで、カノンさんはあんな怪力を…」
ソル
「はぐれになった鬼神がカノンの父親らしいが
召喚術を使う者として改めて考えさせられてしまうな」
アヤ
「…そうですね」
召喚術を使う者としての責任…

第7話 戦乱の紡ぎ手

ソル
「なあ、さっきのことを考えているのか?」
アヤ
「ソルさん?」
ソル
「お前は充分に精一杯やってたぜ
俺にはそう見えた
ただ彼らを見捨てたんじゃない」
アヤ
「でも…」
ソル
「過ぎてしまったことを悔いたって、やり直すことはできない
大切なのはこれから先だぜ…な」
アヤ
「…はい」
わかってはいるはずなのに…

第8話 異界の迷子

ソル
「モナティは、メイトルパに生息するレビットらしいな」
アヤ
「レビットというのは?」
ソル
「メイトルパっていうのは幻獣や亜人間の世界さ。
レビットは、亜人間の一種なんだよ
不思議な力がある以外は、人間と同じような暮らしをしてるらしい」
アヤ
「じゃあ、モナティにも不思議な力があるんですか?」
ソル
「今のところはなんとも言えない
実は俺さ
メイトルパから召喚獣呼ぶの、苦手なんだ」
アヤ
「そうなんですか…」
モナティも不思議な力を持ってるのかな?

第9話 メスクルの眠り

ソル
「アヤは俺が説明する前から、忍者について知ってたみたいだな」
アヤ
「わたしのいた世界にも忍者がいたんです
有名な話ですよ」
ソル
「サプレス、シルターン
ロレイラルに、そしてメイトルパ…
お前のいた世界は4つの世界のどれでもないようだな」
アヤ
「ええ…」
ソル
「俺を信じてくれ
絶対にお前を元の世界に帰してやる」
アヤ
「はい、信じています」
わたしのいた世界はどこにあるのかな?

第10話 迷走列車

ソル
「ラムダは、自分のしようとしていることをきっとわかってる
犠牲さえも、自分の罪にして、背負っていくつもりなんだ…
俺は…すこしだけあの人のことがうらやましいのかもな…」
アヤ
「え?」
ソル
「全てを覚悟して決断できる勇気があったなら…」
アヤ
「ソルさん?」
ソル
「あ、いや
なんでもない
なんでもないよ」
ソルさんはどうしてあんなことを言ったのでしょう?

第11話 炎情の剣

アヤ
「バノッサさん…やっぱり…」
ソル
「ああ、召喚術だ
前にも言っただろ
知識とサモナイト石があれば、召喚術は誰でも使えるんだよ」
アヤ
「でも、バノッサさんはどのようにして、石や知識を、手に入れたんでしょう?
この街で召喚術が使えるのはわたしとあなたと…マーン三兄弟くらいですよね…」
ソル
「方法はともかく、奴が力を手に入れたのは事実なんだ
気をつけろ、バノッサは、まだお前を憎んでいるはずだ」
アヤ
「そんな…」
あれは、本当に召喚術だったんでしょうか?

第12話 蒼の派閥

ソル
「あの宝玉…!
サプレスの悪魔と契約できる力が!?
それも、サモナイト石さえ使わずに、固定化させるだって?」
アヤ
「バノッサさんがそんなものを…」
ソル
「奴とはこれ以上関わっちゃだめだ」
アヤ
「え?」
ソル
「あの黒装束たちとだけは、関わってはいけない気がするんだよ」
アヤ
「でも…バノッサさんはわたしを憎んでいます」
ソル
「わかってるさ!
でもな…」
アヤ
「ソルさん?」
ソル
「それでも…俺は……!」
ソルさんは何を恐れているのでしょうか?

第14話 エルゴの呼び声

アヤ
「信じられません
わたしにそんなに大きな力があるなんて」
ソル
「俺も驚いてる
お前の力が誓約者に匹敵するほどだなんて」
アヤ
「でも、変ですね
向こうにいたときはほんとに、普通の女の子だったんですよ
こんなの…物語の世界の出来事だと思ってました」
ソル
「もしかして事故のせいなのかもな…」
アヤ
「あ、でも…事故のおかげでみなさんといられるわけですし…
今はこれでいいんじゃないかと思います」
ソル
「……」
わたし、このためにこの世界に呼ばれたのでしょうか…

第17話 守るべきもの

ソル
「こんなふうにまたお前と話ができるなんて思いもしなかったよ」
アヤ
「ええ…」
ソル
「お前が全てを知った時どうなるのかがずっとこわかった…
きっとお前は俺のことを恨むだろうと思っていたんだ
でもお前は俺に優しい言葉をかけてくれた
どうしてだ?
俺はずっとお前に嘘をついていたのに…」
アヤ
「多分、嘘だけじゃなかったからです…
たしかに貴方は私たちに嘘をついていたのかもしれません
でも、それよりも貴方は仲間として、私たちのことを何度も助けてくれました
私は、そうしてくれた貴方のことを信じます」
ソル
「ありがとう
アヤ
俺は…お前と出会えて良かった、本当に‥」
アヤ
「私もですよ
貴方が側にいてくれなかったら、きっと私、途方に暮れて泣いていたかもしれません」
ソル
「…覚えてるか?
二人で儀式の跡を調べに行った時、お前が俺にたずねたことを
お前がこの世界に呼ばれた時、助けを求める声が聞こえたって…」
アヤ
「はい、覚えてます」
ソル
「俺は儀式をしながら、ずっと悩み続けていた
自分のやっていることが正しいことなのか
本当に世界を滅ぼしてしまってもいいのか
答えを出せずに、俺は心の中で悲鳴をあげていたんだよ…
助けてくれ、って」
アヤ
「それじゃ…」
ソル
「お前が聞いたのは俺の心の叫びだったのかもしれない…
そしてお前はその声に応えてくれたんだ
本当にありがとう
お前が来てくれたから俺は本当の俺に出会うことができたんだ」
アヤ
「ソルさん…」
ソル
「だから、約束するよ
絶対にお前を元の世界に帰してみせるって
お前がそうしてくれたように、今度は俺がお前を守ってみせる!」
アヤ
「ありがとう
私も、貴方を守りたい
この先どんなことがあっても、最後まで私は貴方の側にいますから」

エンディング

そして、私は帰ってきました。
何もかもがそのままでした。
私は制服のまま、あの夕暮れの公園でぼんやり立ちつくしていたんです。
夢でも見ていたのかしら?
でも、リィンバウムでの日々は私の心にはっきりと刻まれています。
夕闇に風が吹いて、頬にひんやりとした冷たさを感じました。

あれ…?
どうして、涙が止まらないの?

いつもと同じ毎日が始まります。
私はほんの少し、前より明るくなれたような気がしています。
それはきっと、みんなと出会うことができたおかげ。
貴方と出会えたおかげ…。
ありがとう…私はこの場所で元気でいますよ。
目を閉じ、心を澄ませて、届くはずのない声に私は耳を傾けます。

会いたい…。
もう一度、あなたに会いたい!

ソル
「俺の居場所はここなんだ!お前がいてくれる、ここなんだよ…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました