【夜会話】スタウト(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第11話 炎情の剣

スタウト
「よぉ、坊主! お前はたいしたやつだなぁ!」
ハヤト
「・・・酔ってますね」
スタウト
「おう、お前も飲むか?」
ハヤト
「遠慮します」
スタウト
「なんでけ、つきあいの悪い坊主だなぁ
ラムダの旦那もお前らの大将も、めでたく仲直りしたんだぜぇ?
祝い酒のひとつぐらいつきあいな! ほれほれっ!!」
ハヤト
「ちょ、ちょっと・・・ ひゃあああっ!?」
酔っぱらいは苦手だよ

第12話 蒼の派閥

スタウト
「あの黒装束ども、かなり徹底した訓練をされてたな
召喚師っていうよりは暗殺者って感じだぜ」
ハヤト
「わかるのか?」
スタウト
「まあな・・・ もともと俺はそっちが専門だったし」
ハヤト
「スタウトって、暗殺者だったのか!?」
スタウト
「あんまり自慢できる話じゃねえけどな」
スタウトにそんな過去があったとはな

第14話 エルゴの呼び声

スタウト
「お前も大変な役どころになっちまったなぁ」
ハヤト
「代われるもんなら、他の誰かに代わってもらってるよ・・・」
スタウト
「なぁに、失敗したってたかが世界が終わっちまうだけなんだ」
ハヤト
「たかがって・・・!!」
スタウト
「いいか、坊主? 世界が終わる原因は、お前が作ったわけじゃねえんだ・・・
今日までこの世界で生きてきた人間、全ての責任なんだぜ?」
ハヤト
「・・・・・・」
スタウト
「他の世界から来たお前が、わざわざその始末をしようとしてるんだ
しくじったて、誰にも文句は言わせねえさ」
ハヤト
「スタウト・・・」
スタウト
「肩の力を抜いてよ やれるだけやってみな」
とにかく、やるしかないんだもんな・・・

第17話 守るべきもの

スタウト
「カッコよかったぜ 坊主?」
ハヤト
「からかうなよ」
スタウト
「いやいや、俺は真剣にほめてんだぜ?
俺は俺だ! か
当たり前のことだがな なかなか言えねえよ」
ハヤト
「あの時は、必死だったから・・・」
スタウト
「ククク、まあいいさ 言った以上は、きちんと実行してもらうぜ?
終わらせちまおうや お前がお前であるための戦いをな・・・」
決着をつけよう! 俺が俺であるために

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
スタウト
「たいしたもんだぜ お前って奴はよ その調子でこれからも頼むぜ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました