【夜会話】アカネ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第9話 メスクルの眠り

アカネ
「お願いだからさ アタシがくのいちだってばれたこと、お師匠には黙っててね」
ハヤト
「シオンさんは知らないのかい?」
アカネ
「知ってるよぉ! だってアタシの忍術の師匠なんだもん
だけど、シノビは正体を知られてはならないってうるさいんだ」
ハヤト
「まあ、普通はそうだよな」
アカネ
「バレたら叱られちゃうからさ・・・ ね、お願いっ!」
シオンさんも忍者ってことか・・・

第10話 迷走列車

アカネ
「アタシはさ、おまけでこの世界に来たのよ」
ハヤト
「おまけ?」
アカネ
「お師匠を助けようとしてしがみついたらさ、一緒に連れてこられちゃったワケ」
ハヤト
「無茶するなぁ」
アカネ
「で、呼ばれたのはいいんだけど・・・忍者ってのは、色々と厳しいおきてがあってね
自分が心から認められる相手にしか、忠誠を誓っちゃいけないんだ
あとは、言わなくてもわかるでしょ?」
ハヤト
「召喚師から逃げ出してはぐれになったんだな」
アカネ
「へへへ まあ、そーゆうこと
さいわい、あたしたちの格好はこの世界の人たちとかわんなかったから
お師匠は忍者の知識で薬屋を始めたの」
ハヤト
「なるほど・・・」
いかにも、忍者っぽい理由だよな・・・

第11話 炎情の剣

アカネ
「しかし、あんたも無茶するよねぇ・・・ 果たし合いの真ん中に飛び込むなんてさ」
ハヤト
「ああするしかなかったからだよ」
アカネ
「そんなんだから、余計な敵を作るんだよ?
バノッサだっけ? あの、イカレた男」
ハヤト
「うん・・・」
アカネ
「ああいう手合いが一番こわいんだからさ 気をつけなよ?」
考えてみれば本当に無茶してるよなぁ

第12話 蒼の派閥

アカネ
「よりにもよって、あんなヤバイ目の人の恨みを買うなんてさ アンタも馬鹿だねぇ」
ハヤト
「・・・ほっといてくれ」
アカネ
「ま、いいけどね いざとなったらアタシは逃げるから」
ハヤト
「はっきり言うなよ」
アカネ
「だってヤバすぎるもん 化け物相手だなんて お師匠だったら別かもしれないけど」
ハヤト
「シオンさんか・・・」
アカネ
「あ、言っとくけどお師匠はぜーったいに戦ったりしないから
アンタにお師匠の力を借りる器はないって」
ハヤト
「だから・・・はっきり言うなって・・・」
シオンさんをあてにはできない、か

第14話 エルゴの呼び声

アカネ
「誓約者・・・ どう見てもアンタには似合わないわね」
ハヤト
「代われるもんなら、他の誰かに代わってもらってるよ・・・」
アカネ
「でも、アンタじゃないとダメなわけでしょ?
やれるとこまでやってみなよ 手伝ったげるからさ」
とにかく、やるしかないんだもんな・・・

第17話 守るべきもの

アカネ
「魔王の力ってみんな騒いでるけどさ 要は使い方じゃない?
アンタは今まで、その力を使っていろいろな人たちを助けてきてるでしょ」
ハヤト
「うん・・・」
アカネ
「魔王でも誓約者でも、アンタはアンタよ
それ以上でもそれ以下でもないもんね
もっと胸を張りなよ? アンタには、そうする権利があるんだからさ」
俺はここにいてもいいんだ・・・

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
アカネ
「まったく・・・ わざわざ大変なことを選ぶなんてさぁ・・・
まぁ、アンタのそういうとこ キライじゃないけどね」

コメント

タイトルとURLをコピーしました