【夜会話】ギブソン(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第12話 蒼の派閥

ギブソン
「完全に君たちを巻き込んでしまって、本当にすまないと思っている」
ハヤト
「いいんですよ バノッサが関わっている以上、いずれ無関係ではいられなかったし」
ギブソン
「そう言ってもらえると助かるよ
とにかく、一刻も早く彼の手から宝玉を取り返さないとな」
早く宝玉を取り返さないとな・・・

第14話 エルゴの呼び声

ギブソン
「驚いたよ 君の力がエルゴの王に匹敵するものだったとはね」
ハヤト
「向こうの世界じゃ、俺は普通の人間だったんだけどなあ」
ギブソン
「派閥の記録にも、君のような事例はなかったからな・・・やはり、事故のせいだろう
しかし、一体どこの誰が、どんな儀式をしていたのか・・・
それさえわかれば、君のその力がなんなのかもわかるんだがな」
俺の力って、一体なんなんだろう?

第17話 守るべきもの

ギブソン
「本当にすまなかった 一時といえ、君たちを裏切るような真似をしてしまって」
ハヤト
「気にしてないさ ギブソンはギブソンなりに、俺たちのことを考えてくれたんだ
結局、こうなっちゃたけどさ」
ギブソン
「もう迷わない 私は、君たちを信じる
決着をつけよう 君とクラレットの潔白を証明するために」
ハヤト
「ああ!」
決着をつけよう! 俺が俺であるために

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
ギブソン
「君が残してくれた可能性 決して無駄にはしないと約束するよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました