【夜会話】アルバ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第1話 最初の戦い

アルバ
「兄ちゃん、強いんだね 部屋の窓から、オイラ見てたんだぜ!」
ハヤト
「え・・・」
アルバ
「兄ちゃんの剣、なんかキラキラ光ってカッコよかったぞ
今度、オイラにもやり方を教えてくれよ なあ、いいだろ!?」
ハヤト
「やれやれ・・・ どう説明したら納得してくれるのかなぁ?」
ほめられたのは嬉しいけど ・・・ねぇ

第2話 その名を知る者

ハヤト
「一日中、庭で見張りをしてたんだって?」
アルバ
「・・・うん」
ハヤト
「大変だったろ?」
アルバ
「う・・・ん・・・
(スゥ・・・)」
ハヤト
「・・・お疲れさま」
よっぽどがんばったんだろうなあ 眠そうだったし・・・

第3話 金の派閥

アルバ
「ガゼルと兄ちゃんだけつまみ食いするなんてずるいぞー!
オイラだって連れてってほしかったのに」
ハヤト
「でもなあ、そうしたらアルバも夕ご飯抜きになってたんだぞ?」
アルバ
「でもでもっ! やっぱりずるいぞ!!」
たしかにずるかったかもしれないなあ

第4話 さまよう拳

アルバ
「ジンガって兄ちゃんの弟子なの?」
ハヤト
「俺としては弟子にしたつもりはないけどね」
アルバ
「ふーん・・・でもでも これからはジンガもここで暮らすんだよねっ
へへへ、楽しみだな」
ハヤト
「どうして?」
アルバ
「修行の合間に、遊んでくれるって約束してくれたんだんだよ
フィズもラミも女の子だから、あんまり外で遊びたがらないんだよ」
ハヤト
「ああ、そうか ジンガとなら思いっきり暴れ回れるもんな」
アルバ
「うんっ!」
アルバには、いい友達ができたって感じなのかもしれないな

第5話 追憶の荒野

アルバ
「兄ちゃん、兄ちゃん!」
ハヤト
「どうしたんだ」
アルバ
「レイドがねっ、おいらを剣術道場に通わせてくれるって!」
ハヤト
「へえ、良かったなあ」
アルバ
「うんっ! おいら頑張るよっ!!」
ハヤト
「・・・辛くても逃げたりするなよぉ?」
アルバ
「そんなこと絶対ないやい!兄ちゃんがびっくりするくらい強くなるんだからなっ!!」
ハヤト
「ははは、そりゃ楽しみだ」
そっか、ついにアルバも剣術修行か・・・

第6話 静かなる凶鬼

アルバ
「決闘は勝ったんでしょ」
ハヤト
「さあ、どうかな 引き分け、かもな?」
アルバ
「あーあ、おいらも早く強くなって、兄ちゃんたちと戦いたいなぁ
そしたら、絶対に勝てると思うぞ!」
あの勝負は引き分けだと思うな

第7話 戦乱の紡ぎ手

アルバ
「おいら、もう少しだけ道場に通ってみることにしたよ」
ハヤト
「そうか・・・」
アルバ
「うん、やっぱり剣術は習いたいもん
つらいけど、もう少しだけがんばってみる!」
どうするのか決めるのはアルバだもんな

第8話 異界の迷子

アルバ
「サーカス 面白かったね?」
ハヤト
「ああ」
アルバ
「おいらはやっぱり、空中ブランコが一番面白かったよ
どうしたら、あんなにすごいことができるのかなぁ・・・」
ハヤト
「やっぱり努力をしてるからじゃないかな
すごいことを支えてる半分は、その人の努力だって俺は思うよ」
アルバ
「努力かぁ・・・」
サーカスは楽しかったみたいだな

第9話 メスクルの眠り

アルバ
「兄ちゃん・・・」
ハヤト
「アルバ!? まだ寝てなくちゃダメじゃないか!!」
アルバ
「リプレ母さんに教えてもらったよ 兄ちゃんたちが助けてくれたんだよね
ありがとう」
ハヤト
「そのために、ベッドを抜け出してきたのか?」
アルバ
「うん・・・」
ハヤト
「わかったよ、アルバ さあ、部屋まで連れてってあげるから
早く元気になってくれれば、それでいいから」
アルバ
「うん・・・」
わざわざ、それだけのために来てくれたのか

第10話 迷走列車

アルバ
「兄ちゃんたち、すぐ側で列車をみたんだろ
ねえねえ、速かった? すごかった!?」
ハヤト
「うーん、俺が見たのは落石でひっくり返ったあとだからなぁ」
アルバ
「なんだ・・・ つまんないの・・・」
どこの世界でも子供は乗り物が好きなんだな

第11話 炎情の剣

アルバ
「ラムダとレイドってさ どっちが強いのかな?」
ハヤト
「うーん・・・ 比べられないな
ラムダの剣は一撃必殺だけど、レイドは防御がすごくうまいから」
アルバ
「同じ剣術でも全然違うんだねえ」
ハヤト
「でも、どっちも強いのは確かだからな アルバもいろいろ教えてもらうといいよ」
アルバ
「うん、そのつもりさ!」
レイドが柔で、ラムダが剛って感じかな?

第12話 蒼の派閥

アルバ
「おいら、あのミモザって姉ちゃん苦手だよ
だって、おいらのことちっちゃい子みたいに呼ぶんだもん・・・」
ハヤト
「アルバだけじゃないよ 俺だって「ボク?」って呼ばれてるんだ」
アルバ
「ええっ?」
ハヤト
「気にしても仕方ないさ きっとあれは、あの人のクセなんだよ」
アルバ
「そうなのか・・・」
たしかに、あの呼び方は困っちゃうよなぁ

第14話 エルゴの呼び声

アルバ
「お城の騎士たち みんなお化けにやられっちゃったのかな・・・」
ハヤト
「そんなことないさ 騎士はお化けなんかに負けたりしないよ」
アルバ
「でも・・・」
ハヤト
「騎士は強いんだって俺に教えてくれたのはアルバだろう?
今にきっと、お化けをやっつけてくれるさ 信じよう、な?」
アルバ
「うん・・・」
子供たちのためにも、がんばらないと・・・

第17話 守るべきもの

アルバ
「よかった・・・ 兄ちゃん、帰ってきてくれたんだね」
ハヤト
「ああ、心配かけたな」
アルバ
「兄ちゃんが魔王の力を持ってたって、おいらは気にしてないよ!
おいら、知ってるんだ
そんなものなくったって兄ちゃんは強いんだ
だから、信じてるよ 悪い奴らをやっつけて帰ってくるってさ!」
約束、守らなきゃな?

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
アルバ
「おいら、強くなるよ うんと強くなって兄ちゃんを手伝うからね!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました