【夜会話】フィズ(アヤVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様

第1話 最初の戦い

フィズ
「お姉ちゃん、強いのね 部屋の窓から、あたし見てたのよ」
アヤ
「え・・・」
フィズ
「強い人って、あたしのあこがれだわ 頼りがいがあるもの」
アヤ
「あの・・・えっと」
ほめられたのは嬉しいけど・・・

第2話 その名を知る者

アヤ
「どうかした?」
フィズ
「昼間はごめんなさい
リプレ母さんすごく怒ってたわ お尻、ぶたれちゃった
・・・あたし、嫌われちゃったかな」
アヤ
「フィズは自分が悪かったって、今は思ってるんでしょ?」
フィズ
「うん・・・」
アヤ
「それなら、リプレさんにも、その気持ちは伝わってるはずだから
心配しなくていいから部屋に戻ろうね きっと、リプレさんは怒ってないよ」
フィズ
「・・・うんっ!」
生意気だって思ってたけど、素直なところもあるのね・・・

第3話 金の派閥

フィズ
「つまみ食いだなんて、お行儀悪いわよ?
リプレママが怒るのも無理ないわよねぇ 朝早くから一生懸命、お弁当を作ってたのに
きちんと謝っとかなきゃダメよ。お姉ちゃん」
アヤ
「あ、はい・・・」
リプレさんにはちゃんと謝るべきですね

第4話 さまよう拳

フィズ
「あーあ、どうしてここに住むことになる人はみんなガキなのかしら」
アヤ
「そうですか?」
フィズ
「だってそうじゃない?
ガゼルにしろ、ジンガにしろ、考える以前に行動するタイプでしょ
大人の分別ってものがない男は、ガキなのよ」
アヤ
「・・・」
フィズ
「エドスは年寄りくさいし、レイドは生真面目すぎるし・・・」
アヤ
「わたしは女の子だから関係ないよね・・・?」
フィズ
「・・・・・・
そういうことを気にしている時点で、すでにガキじゃない?」
アヤ
「あ゛・・・」
事実だけど・・・容赦なし・・・ね

第5話 追憶の荒野

フィズ
「ふふふ おねーちゃん?」
アヤ
「え、なんですか?」
フィズ
「ソルと二人っきりでお出かけしたんだって?」
アヤ
「は、はい・・・」
フィズ
「二人っきりだったんだよねえ?」
アヤ
「あの・・・」
フィズ
「ふふふ・・・ がんばってねー?」
アヤ
「・・・???」
なんだか勘違いされてるような・・・

第6話 静かなる凶鬼

フィズ
「決闘にはカノンって人もいたんでしょ?」
アヤ
「ええ、そういえば、フィズちゃんはカノンさんを知っていましたよね?」
フィズ
「うん」
アヤ
「カノンさんを、どんな人だと思いますか?」
フィズ
「そうねぇ・・・あの下品な連中の中にいるのが不思議よね
あたしを捕まえた時もそんなにひどいことはしなかったし・・・」
アヤ
「やっぱり・・・」
フィズ
「あのバノッサとかいう親玉に脅かされてるのよ、きっと!
お姉ちゃん、あいつをやっつけてカノンさんを助けてあげてね」
アヤ
「そうね・・・助けてあげなくちゃね」
カノンさんは本当に優しいんですね・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

フィズ
「あー、これで安心して外に出られるわね」
アヤ
「こわかったでしょう?」
フィズ
「ぜーんぜん」
アヤ
「本当に?」
フィズ
「そりゃ少しは、ね
ほ、本当に少しだけ! ラミみたいに泣いたりはしてないからねっ!」
強がっていてもやっぱり子供なんだ

第8話 異界の迷子

フィズ
「サーカス面白かったよね?」
アヤ
「そうね、楽しかったね」
フィズ
「あたしはやっぱり、手品が一番よかったわ
どんな仕掛けがしてあるのか、すっごく興味がわいちゃった
・・・ねぇ
お姉ちゃんの召喚術ってさ、どんな仕掛けがしてあるの?」
アヤ
「え? しかけ?」
フィズ
「ねえねえ、教えてよぉ いいでしょっ!?」
アヤ
「・・・・・・」
サーカスは楽しかったみたい・・・良かった

第9話 メスクルの眠り

フィズ
「お姉ちゃん・・・」
アヤ
「フィズ!? まだ寝てなくちゃダメじゃない!」
フィズ
「リプレママに聞いたよ お姉ちゃんたちが薬を探してくれたんだね
ありがとう」
アヤ
「そのために、ベッドを抜け出してきたの?」
フィズ
「えへへ・・・」
アヤ
「ありがと、フィズ さあ、部屋まで連れてってあげるから
早く元気になってくれれば、それでいいから」
フィズ
「うん・・・」
わざわざ、それだけのために来てくれたんだ

第10話 迷走列車

フィズ
「いくらもらったの?」
アヤ
「え?」
フィズ
「この街の偉い人を助けたんだから、それなりのお礼は出たんでしょ」
アヤ
「お金はもらえないの」
フィズ
「ひょっとしてタダ働きだったの!?
あたしだったら絶対そんなことしないのに バカみたい・・・」
タダ働きですか・・・

第11話 炎情の剣

フィズ
「はぁ・・・」
アヤ
「どうしたの・・・フィズちゃん?」
フィズ
「ラムダ様って・・・素敵よねぇ・・・
強いし、無口だし それにあの背中! とっても頼れそうだわ
これで部下が馬面とかハゲオヤジじゃなかったら言うことないのになぁ・・・」
アヤ
「・・・・・」
ははは、フィズちゃんもきついんだから

第12話 蒼の派閥

フィズ
「あたし、あのミモザって女の人キライよ
いかにも年上ぶって、こびてるってカンジがしない?」
アヤ
「そう? 大人の女性ってあんな感じだと思いますよ」
フィズ
「あーっ! なによ、ひょっとしてお姉ちゃんもあんな風になりたいのっ!?」
アヤ
「あの、わたしは・・・」
フィズ
「まったく・・・なんで男って、あの手に誘惑に弱いのかなぁ」
アヤ
「男ですから・・・ 多分・・・」
ミモザさん・・・そんなに嫌わなくても

第14話 エルゴの呼び声

フィズ
「お城の周り、化け物でいっぱいなんでしょ
これから・・・どうなっちゃうの?」
アヤ
「大丈夫・・・ なにも起きないよ
みんなで、ここは守るから・・・」
フィズ
「お姉ちゃん・・・」
アヤ
「フィズちゃん、元気出して、ね
ゆっくり休んで、明日は元気になって・・・」
フィズ
「う、うん・・・」
子供たちのためにも、がんばらないと・・・

第17話 守るべきもの

フィズ
「結局、逃げてきちゃうんだったら、最初からついてかなければいいじゃない!?
心配して・・・馬鹿みたい・・・」
アヤ
「ごめんね、フィズ」
フィズ
「約束してよ!? もう絶対に、どこへも行ったりしないって!」
アヤ
「フィズ・・・」
約束は守らないとね

エンディング

フィズ
「あたしとの約束、守ってくれたんだね ありがとう お姉ちゃん」

コメント

タイトルとURLをコピーしました