【夜会話】モナティ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第8話 異界の迷子

ハヤト
「なあ、モナティ ご主人様って呼ぶのはかんべんしてくれよ」
モナティ
「どうしてですの? ご主人様は、ご主人様じゃないですか?」
ハヤト
「と、とにかくっ・・・ 別の呼び方にしてよ 呼び捨てでもなんでもいいからさっ!」
モナティ
「・・・わかったですの?
それじゃあ・・・ これからはマスターって呼ぶですのっ!」
ハヤト
「いいっ!?」
モナティ
「・・・言ったのに
他の呼び方だったら、なんでもいいって言ったのに・・・」
ハヤト
「わ、わかった! もうそれでいいからっ 泣くなよ~っ!?」
モナティ
「はいですのっ マスターっ!」
ハヤト
「とほほ・・・」
マスター、か・・・ なんか照れるよなぁ

第9話 メスクルの眠り

モナティ
「みんな元気になって本当によかったですの」
ハヤト
「ああ、そうだな」
モナティ
「でも、モナティはまた何もできなかったです」
ハヤト
「そんなことないだろ? モナティたちはずっと子供たちの側にいてくれたじゃないか
だから俺たちは、安心して薬を取りにいけたんだぜ」
モナティ
「本当ですの・・・?」
ハヤト
「ああ、本当だよ」
モナティ
「にゅうっ・・・ マスターのお役に立てて嬉しいですのっ!」
純真だよな・・・ 色んな意味で・・・

第10話 迷走列車

モナティ
「ふにゅうぅぅ 今日は疲れたですのぉ」
ハヤト
「街からずうっと歩きっぱなしだったからな
無理についてこなくてもよかったのに・・・」
モナティ
「ダメですのぉ・・・ モナティは、マスターの側にいないと・・・
マスターと離ればなれになるのは・・・もう・・・」
ハヤト
「モナティ?」
モナティ
「・・・すうぅぅ」
ハヤト
「やれやれ こりゃ、部屋まで運ぶのが大変だな・・・」
離ればなれになりたくない・・・か

第11話 炎情の剣

モナティ
「マスターって本当にすごいですの!」
ハヤト
「なんだよ、突然?」
モナティ
「マスターがお話したたらみんなケンカをやめて仲良くなったです
こんなこと、マスターにしかできないです!」
ハヤト
「そうじゃないぜ モナティ
相手のことをきちんと考えさえすれば、誰だってできたことさ
それがたまたま、俺だったってことだけさ」
モナティ
「でもでもっ・・・ やっぱりすごいです!」
ハヤト
「まいったなぁ・・・」
たいしたことしたわけじゃないのになぁ

第12話 蒼の派閥

モナティ
「マスターはどうしてもバノッサさんと戦っちゃうんですの?
モナティ、こわいです」
ハヤト
「心配するなよ モナティは俺が守ってやるからさ」
モナティ
「違うんですのっ!!
モナティは、戦うのがこわいんじゃないんです
マスターがいなくなっちゃうことがこわいんですのっ!」
ハヤト
「・・・!!」
モナティ
「不吉なことを言ってごめんなさいです
でも、モナティは戦うのが苦手だから・・・ マスターを守る自信がないから・・・」
ハヤト
「モナティ・・・」
モナティが心配するのも当然だよな・・・

第14話 エルゴの呼び声

モナティ
「エルゴさんに選ばれてりんかーさんになるなんて・・・
うふふっ マスターは、やっぱりすごいですのー!」
ハヤト
「ちっともすごくなんかないってば
それにまだ、俺は正式に誓約者になったわけじゃないんだぜ?
残ったエルゴに認められなけりゃ、それまでなんだからさ」
モナティ
「でもでもっ、マスターだったらぜぇ~ったい大丈夫ですのっ!
モナティもがんばってお手伝いするですからがんばるですのっ!!」
モナティはのんきだよなぁ・・・

第17話 守るべきもの

モナティ
「モナティ、決めたです
どんなことがあってもマスターの側から離れないって・・・」
ハヤト
「危ない目にあうかも知れないんだぞ?」
モナティ
「そんなの平気ですの!
それよりも、モナティの知らないところで、マスターがいなくなるほうが・・・
ずっとずっとイヤですのっ!!」
ハヤト
「モナティ・・・」
モナティ
「約束してください!
最後の最後までマスターとモナティは一緒だって・・・」
ハヤト
「わかったよ、モナティ
最後までついて来てくれ」
モナティ
「は・・・はいですっ!」
約束、守らなきゃな?

エンディング

モナティ
「モナティ、もっとも~っとがんばりますの! だから、ず~っとお側においてくださいね マスター・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました