【夜会話】ペルゴ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第11話 炎情の剣

ペルゴ
「おみそれしましたよ まさか貴方が、こんな形で決着をつけるとは」
ハヤト
「俺の手柄じゃないよ
二人の気持ちが通じていたから、この結末にたどり着いたんだ
俺はただ、その手助けをしただけだよ」
ペルゴ
「なるほど・・・
なにはともあれ、今後もよろしく頼みますよ」
ハヤト
「ああ、こちらこそ」
たいしたことしたわけじゃないのになぁ

第12話 蒼の派閥

ペルゴ
「あの黒装束たちは誰かの命令で動いているようですね
そうでなくては、あのように統率された行動はとれません」
ハヤト
「それって、黒幕が別にいるってことなのか?」
ペルゴ
「そう思っておいたほうがいいでしょうね
ただ、その黒幕が何を企んでいるのかまではわかりませんが・・・」
黒幕はいったいどんな奴なんだろう?

第14話 エルゴの呼び声

ペルゴ
「サプレスのエルゴは、本当に失われたのでしょうか?」
ハヤト
「他のエルゴがそう言うんだから、きっとそうなんじゃないかな?」
ペルゴ
「私はどうも、そのことが気がかりなのです
守護者に守られていたエルゴが、自然に消えてしまうはずがない
だとすれば、考えられるのはひとつ・・・」
ハヤト
「まさか、誰かが守護者の手からエルゴを!?」
ペルゴ
「あくまで推測ですが、あり得ない話ではないでしょう
もっともそれがわかったところで、失われたものが戻りはしないのですがね」
サプレスのエルゴは、どうなったんだろう?

第17話 守るべきもの

ハヤト
「びっくりしたよ まさかペルゴまでがあんな無茶なことをするなんてさ」
ペルゴ
「たしかにそうかも知れませんね・・・
貴方たちとも長いつきあいですから、無茶がうつってしまったのかもしれません」
ハヤト
「あはは・・・」
ペルゴ
「ですが私は後悔していませんよ あの場合、あれが一番だったのです
この世界のためにも それに、私の良心のためにもね?」
俺なんかのために無茶をしてくれたんだな

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
ペルゴ
「失敗を怖れずに、貴方の信じる道を進んで下さい 後ろの守りは私たちが引き受けますから」

コメント

タイトルとURLをコピーしました