【夜会話】ラムダ(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第11話 炎情の剣

ラムダ
「礼を言わねばな」
ハヤト
「え?」
ラムダ
「俺もレイドも、お前がいなければ取り返しのつかないことをしていただろう」
ハヤト
「いえ・・・」
ラムダ
「あの時、俺はレイドをかばうことが最良の道だと思った
片目を負傷した俺より レイドのほうが騎士団に残るべきだと、な
今にして思えば、俺は犠牲になったつもりでレイドを犠牲にしたのかもしれん」
ハヤト
「・・・・・・」
ラムダ
「犠牲というものは望まずとも生まれてくるものらしい
しかしそれは、犠牲を出していいということではないのだろうな」
ハヤト
「ええ、きっと・・・」
ラムダも多分 苦しんでいたんだ・・・

第12話 蒼の派閥

ラムダ
「・・・気になるな
せっかく盗んだ宝玉を連中はどうして他人に使わせる?」
ハヤト
「あ!?」
ラムダ
「何か理由があるのかもしれんな」
たしかにおかしいな それは・・・

第14話 エルゴの呼び声

ラムダ
「皮肉なものだな
召喚術によって栄えた世界が、その召喚術が原因で滅びかけている」
ハヤト
「仕方がないよ 誰も知らなかったんだ」
ラムダ
「さあ、俺は同じだったと思うがな」
ハヤト
「・・・・・・」
ラムダ
「そうだとしても、お前はこの世界を守りたいと思えるか?」
ハヤト
「ラムダは・・・どうなんだ?」
ラムダ
「多分、お前と同じさ」
ハヤト
「だったら、答える必要はないよな?」
ラムダ
「ああ、そうだな」
それでも俺はこの世界が好きなんだ・・・

第17話 守るべきもの

ラムダ
「お前という人間は不思議だな・・・
お前の言葉は周りの者をつき動かしていく 信じられない力を引き出させてしまう
それは魔王の力でも、誓約者の力でもない
お前自身の力だ」
ハヤト
「ラムダ・・・」
ラムダ
「自信をもてばいい お前がお前でいるなら誰もが力を貸すだろう
俺は、そう思う」
俺自身の力、か・・・

エンディング

あれからどれぐらいたっただろう? いくつもの問題や戦いを越えて。
まだ、俺は答えを出せずにいる。 だけど・・・。
いつかはきっと見つけてみせる、 だって、俺は一人じゃないんだ。
頼りになる仲間が側にいてくれる だから、きっと見つけてみせる。
これがそうだ、と胸を張って言える俺だけの答えってヤツを!
ラムダ
「見せてもらおう、この世界の価値を そのためならば、俺はお前の剣になろう!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました