【夜会話】ガゼル(アヤVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様/不断様/こっぺぱん様

第1話 最初の戦い

ガゼル
「どうだ
結構いい眺めだろ?」
アヤ
「はい
ここからだと街全体が見渡せるんですね」
ガゼル
「もう一度だけ聞いときたいんだけどよ…お前、本当に召喚師じゃないのか?」
アヤ
「違います
あの不思議な光だって自分の意志で使ってるわけじゃないんです
信じてくださいますか」
ガゼル
「ケッ、当たり前だろが
仲間の言葉を信じられないほど、俺はせこくねえよ…」
ガゼルさん、やっぱり根はいい人なんですね

第2話 その名を知る者

アヤ
「ねえ、ガゼルさん
前から聞きたかったんですけど…」
ガゼル
「あん?」
アヤ
「どうして召喚師のことを、そんなに嫌うんですか…」
ガゼル
「…この建物がよ、孤児院だったってのは覚えてるか?
街の援助金を受けて、孤児院は運営されてたんだがよ…ある日それが打ち切られた
召喚師のせいでな」
アヤ
「え?」
ガゼル
「領主の相談役をしている召喚師が、無駄な出費だと言い切りやがったんだとさ
院長のおっさんは抗議に出かけたが、それっきり今も帰ってこねえ
そんで、このザマさ」
アヤ
「そんな…」
ガゼル
「ま、だからって召喚師全員に恨みをもつのは筋違いってもんさ
わかっちゃ…いるんだがよ…」
ガゼルさんが召喚師を嫌う気持ち 確かにわかる気がする…

第3話 金の派閥

アヤ
「・・ご飯抜きはあんまりですよね」
ガゼル
「なんだよ、後悔してんのか? 情けねぇなぁ」
アヤ
「そ、そういうガゼルさんも、お腹が減って眠れないんでしょ?」
ガゼル
「チッチッチッ、甘いな ・・・ほれ」
アヤ
「クッキー!?」
ガゼル
「こういう展開は予想してたからな、準備に怠りはねぇのさ」
アヤ
「計画的犯行だったんですね・・・」
ガゼル
「お前だけにひもじい思いをさせとくのもなんだしな、食えよ」
アヤ
「あ、ありがとう・・・」
ガゼル
「言っとくが、リプレにゃあ黙っておけよ?」
ガゼルさん・・・こんな手回しだけはいいんですね

第4話 さまよう拳

ガゼル
「また一人、増えることになっちまったな」
アヤ
「・・・すみません」
ガゼル
「ケッ、しょうがねえよ あの石頭を説得するのは無理そうだったしな
まあ、自分のくいぶちは自分で稼ぐって約束してたからな
タダ飯食らいが増えたってわけじゃねえぶん、ましだぜ」
アヤ
「タダ飯食らい・・・ですか」
ガゼル
「・・・・・・」
アヤ
「・・・たしかのタダ飯食らいですね わたしたち・・・」
ガゼル
「確かに・・・」
お互いの痛いところを突くのは不毛ですよね・・・

第5話 追憶の荒野

ガゼル
「あいつと二人っきりでどこへ行ってたんだ?」
アヤ
「はい、あの穴を調べに行ってましたけど?」
ガゼル
「・・・・・・
声ぐらいかけてくれたっていいだろ・・・」
アヤ
「え?」
ガゼル
「ケッ なんでもねえよっ!」
アヤ
「???」
あれはやっぱり、すねてるんでしょうか?

第6話 静かなる凶鬼

ガゼル
「なあ、召喚術って資格が必要なもんなのか?」
アヤ
「あの・・・わたしに聞かれても・・・」
ガゼル
「お前は自然に使えてるんだし、そのおかげで俺らも使えてるだろ
じゃあバノッサの野郎は、なんで資格なんてほざきやがったんだ?」
アヤ
「そういえば・・・」
ガゼル
「ケッ! さっぱりわかんねぇや」
バノッサさんの言う「資格」ってなんでしょうか?

第7話 戦乱の紡ぎ手

ガゼル
「アキュートって連中が領主を倒そうとしてんのは知ってたさ
しかし頭目が、ラムダだとは知らなかったぜ」
アヤ
「ガゼルさんは、ラムダさんのこと、知っていたんですか?」
ガゼル
「かっこ悪い話だがよ ずっと昔、ドジふんで兵士に捕まりかけたことがあってな
その時に見逃してくれた二人の騎士の一人がレイドで・・・」
アヤ
「あとひとりがラムダさん、ですか?」
ガゼル
「ま、そういうこった
あんな風になっちまうとは思わなかったがな」
ガゼルさんはラムダさんのことを知っていんだ・・・

第8話 異界の迷子

ガゼル
「・・・迷子、だよな」
アヤ
「え?」
ガゼル
「あいつらもお前も、迷子みたいなもんだって言ったのさ」
アヤ
「はい・・・確かに迷子・・・ですよね」
ガゼル
「あーあしょうがねえっ!
泣いてる迷子を無視できるほど、俺は冷たくねえからな
面倒みてやるぜ お迎えがくるまでな」
アヤ
「ガゼルさん・・・」
迷子、か・・・

第9話 メスクルの眠り

アヤ
「みんな、元気になって良かったですね」
ガゼル
「ああ、もうあんな思いは二度とごめんだぜ
今日は疲れちまったからな、もう寝ちまうことにするわ
お前もきちんと休んでおけよ」
アヤ
「ええ、おやすみなさい ガゼルさん」
ガゼルさん 本当に必死でしたから

第10話 迷走列車

ガゼル
「しかしイムランの奴、助けてやったのに礼のひとつもなしかよ」
アヤ
「でも、涙を流して感謝するイムランさんも気持ち悪いですよね」
ガゼル
「ケッ! そんな気色悪いことしやがったら、蹴ってやるぜ!!」
アヤ
「・・・矛盾してませんか、それ・・・」
イムランさんはお礼をする気はないと思います・・・

第11話 炎情の剣

ガゼル
「騎士ってのは、なんかややこしいんだな
理想とか、名誉とかさ 俺にはわかんねえよ」
アヤ
「ガゼルさんらしい考え方ですね」
ガゼル
「ケッ! なんとでも言ってろよ
格好つけて大事なもんをなくすなんて、俺にはごめんだからな」
アヤ
「うん・・・ わたしもそう思うよ」
ガゼルさんらしい考え方・・・

第12話 蒼の派閥

ガゼル
「よりによってバノッサがあんな力を手に入れちまうとはよ
こうなったら、一刻も早く宝玉を取り返さねえとな
あいつがロクでもないことをしないうちにな」
アヤ
「ええ、そう思います」
バノッサさん、宝玉で何をする気だろう?

第14話 エルゴの呼び声

ガゼル
「誓約者、か
なんかどんどんお前が遠い存在になってくよなぁ・・・」
アヤ
「そんなことないです わたしにとっていつでもガゼルさんはガゼルさんなんですし
口が悪くて、短気で、がめつくて・・・
へそまがりのくせに優しくて・・・」
ガゼル
「ケッ、悪かったな!」
アヤ
「・・・・・・
傷つきました? でも・・・
つきあってくださいますか・・・ これから先も・・・」
ガゼル
「・・・・・・
わかりきったことを聞くんじゃねぇよ」
わたしはわたし それだけは本当・・・

第17話 守るべきもの(好感度・通常)

アヤ
「ありがとう」
ガゼル
「え・・・? なんだよ やぶからぼうに?」
アヤ
「思ったんです・・・
あなたがいなかったら私はこの世界で生きていけなかったのかもしれないって・・・
あ・・・あなただけじゃないんですよっ! リプレさんやエドスさんたちも!!
私、みんなの優しさに何度も助けてもらいました
だから、私はどうしても守りたいんです! 優しい人たちが暮らすこの世界を・・・
がんばって守りたいんです・・・」
ガゼル
「バーカ」
アヤ
「え・・・?」
ガゼル
「・・・・・・
お前は・・・ 俺が絶対に守り抜いてやる」
アヤ
「ガゼルさん・・・
はい・・・」

第17話 守るべきもの(好感度・大)

アヤ
「ねえ、ガゼルさん 出会いって、不思議ですね?」
ガゼル
「ん?ああ・・・
いきなり なんだよ・・・」
アヤ
「いろんな偶然が重ならなくちゃ みんなとも出会えなかったんだなって」
ガゼル
「バーカ 何言ってるんだよ!
俺は気付いてたぜ とっくによ」
アヤ
「ありがとう・・・」
ガゼル
「え・・・? なんだよ やぶからぼうに?」
アヤ
「ふふ・・・ガゼル 赤くなってる」
ガゼル
「ば、バカ言え!
さっきからからかってるのかよ!」
アヤ
「わたし、そんなに器用じゃないです・・・」
ガゼル
「え・・・おい・・・」
アヤ
「思うんです・・・
もしも ガゼルさんがいなかったら、わたし この世界で生きていけなかった・・・
ガゼルさんが側にいてくれたから、何気ない言葉でいつも支えてくれていたから・・・
今までがんばってこれたのかなって・・・そんな気がするんです」
ガゼル
「ああ・・・ 俺もさ・・・」
アヤ
「あ、もちろん ガゼルさんだけじゃなくて・・・
リプレさんもエドスさんもソルさんも!
わたし決めたんです もう逃げないって 魔王だとか、契約者の資格とか・・・
そんなの関係ない!
みんなが好き みんなを助けたい
この世界を・・・ みんなを 守りたいんです!」
ガゼル
「バーカ
なに、ひとりで背負い込んでるんだよ」
アヤ
「え・・・」
ガゼル
「俺がいるだろ・・・
おまえには俺がいる
安心して、背中は俺にまかせな
お前は・・・ 俺が絶対に守りぬいてやる」
アヤ
「ガゼル・・・」
ガゼル
「運命なんてふたりでねじ伏せてやろうぜ!」
アヤ
「はい・・・!」

エンディング(好感度・通常)

ガゼル
「お互い、なんとか約束を守れたみてぇだな これから先もよろしく頼むぜ」

エンディング(好感度・大)

ガゼル
「約束はまだ終わっちゃいないぜ? これからもずっと、お前は俺が守ってみせるさ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました