【夜会話】スウォン(トウヤVer.)

スポンサーリンク

第5話 追憶の荒野

スウォン
「すっかりお世話になっちゃいましたね」
トウヤ
「気にしなくていいさ」
スウォン
「あれから、ガゼルさんに怒られちゃいました」
トウヤ
「ガゼルに?」
スウォン
「不幸に酔うほど卑怯なことはない・・・って
ここにいる人たちはみんなそれぞれ、いろいろと辛い目にあってるのに
すごく前向きで、強く生きてますよね」
トウヤ
「・・・悩んでいても、何も解決しないからね」
スウォン
「父さんのこと、ガレフのこと・・・すぐには気持ちを整理できないですけど・・・
僕なりに考えて、前に進んでいくつもりです」
トウヤ
「うん、それでいいと僕は思うよ」
スウォン
「・・・はいっ」
スウォン、早く元気を出してほしいな

第6話 静かなる凶鬼

スウォン
「カノンさんも、ガレフと同じなんですよね
召喚師のせいで、運命を変えられてしまったんだから」
トウヤ
「スウォン・・・」
スウォン
「あの、トウヤさん?
人が生きていくのに、召喚術は本当に必要なものなんでしょうか?
災いを運ぶこともある召喚術が、素晴らしい力なんでしょうか?」
トウヤ
「・・・・・・」
スウォン
「ごめんなさい 生意気なこと言って」
トウヤ
「いや、いいんだよ」
召喚術が災いを運んでくる、か・・・

第7話 戦乱の紡ぎ手

スウォン
「僕はずっと、街で暮らす人たちは幸せなんだろうって思ってました
けど、違うんですね
外で暮らしている僕らが、自然の力と戦ってるように・・・
街の人たちは、人の力と戦ってるんですね」
トウヤ
「人の力・・・」
スウォン
「でも、自然とは違って 人と人とは話し合える
戦わなくても、方法はあるはずなんです
僕は、そう信じたい」
人と人とは話し合えるか・・・

第8話 異界の迷子

スウォン
「モナティたちみたいなはぐれもいるんですね」
トウヤ
「ああ、はぐれ召喚獣がみんな悪さをするわけじゃないってことだ」
スウォン
「ええ、わかってますよ
悪いのは召喚獣じゃなくて、それをはぐれにしてしまった召喚師だってことは
本当にかわいそうなのは彼らなんですよね」
はぐれにはなんの罪もないのかもしれない

第9話 メスクルの眠り

スウォン
「子供たちが助かって、何よりでしたね」
トウヤ
「ああ、みんなが力を貸してくれたおかげさ」
スウォン
「ここの人たちは素敵ですね・・・まるで、家族のようにそれぞれを大切にしてます」
トウヤ
「家族か・・・たしかにそうなのかも知れないな
もちろん、スウォンにとってもね」
スウォン
「・・・はい」
家族みたいか・・・ ちょっと照れるな

第10話 迷走列車

スウォン
「ラムダさんは、犠牲を出すことをいとわないっていってますけど
なんだか、それだけじゃない気がします」
トウヤ
「それだけじゃない?」
スウォン
「あの人は・・・ むしろ自分自身が犠牲になろうとしている気がするんです
僕のかんちがいなのかも知れないですけど」
ラムダは、自分を犠牲にする気なのか?

第11話 炎情の剣

トウヤ
「前にスウォンが言ったとおりだったね」
スウォン
「え?」
トウヤ
「人と人とは話し合えるはずだ、ってことだよ」
スウォン
「そうですね 本当に良かったです
だけど、それを実現させたのは貴方ですよ
貴方が思っているよりも、貴方は素晴らしい人だと僕は思います」
トウヤ
「ははは、そう言われると・・・照れるよ」
たいしたことしたわけじゃないんだがな

第12話 蒼の派閥

スウォン
「あの黒装束の召喚師たちはいつからこの街にいたんでしょうか
それに、今まで何もしていなかったんでしょうか?」
トウヤ
「まさか、スウォン 森にいたはぐれ召喚獣のことを・・・?」
スウォン
「証拠もなしに、疑うのは良くないとわかってるんです でも・・・
もしそうだとしたら、同じことを繰り返させたくないんです!
絶対に・・・」
黒装束たちはいつからこの街にいたんだ?

第14話 エルゴの呼び声

スウォン
「この世界は、滅んでしまうんでしょうか」
トウヤ
「スウォンはそのほうがいいのか?」
スウォン
「そ、そんなわけないでしょ!!」
トウヤ
「一人一人がそう願っていえれば、そう簡単には世界は滅びないよ
僕たちはそう願って、今まで何度も苦しい時を越えてきたんだから
あきらめないかぎり、大丈夫なはずさ」
スウォン
「トウヤさん・・・」
みんなが戸惑うのも無理はないな

第17話 守るべきもの

スウォン
「たとえ貴方の力が魔王のものだったとしても 貴方は魔王じゃない
僕はそう信じてます」
トウヤ
「スウォン・・・」
スウォン
「証明しましょう 僕たちの手で!
貴方がここにいることが、ちゃんとした意味を持っているって」
僕はここにいてもいいんだ・・・

エンディング

スウォン
「貴方がいてくれたから、僕は強くなれたんです 本当にありがとう・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました