【夜会話】セシル(ハヤトVer.)

スポンサーリンク
不断様

第11話 炎情の剣

セシル
「感謝するわ ラムダ様を止めてくれて
私たちにはできなかったことを、貴方はやってくれたのよ」
ハヤト
「そ、そうでしょうか」
セシル
「あの人は・・・いつだって自分を犠牲にしてばかりいたわ
覚悟を決めて側にいる私たちでさえ守ろうとしてたの」
ハヤト
「・・・変われますよ」
セシル
「え?」
ハヤト
「あの人は自分の間違いに気づきました だから、きっと変わってくれるはずです
もう、心配しなくてもいいですよ」
セシル
「・・・そうね そうだと、いいわね」
セシルはずっとラムダを心配してたんだな

第12話 蒼の派閥

ハヤト
「セシルさんはどうしてアキュートに入ったんですか?」
セシル
「そうね・・・ 街のためとか人のためとか、そういう立派な理由じゃないわ
完全に治ってないのに無茶ばかりする患者を見張るためかしらね」
ハヤト
「それって・・・」
セシル
「ご想像にお任せするわ あと、他言無用よ?」
あの人のことなんだろうな やっぱり・・・

第14話 エルゴの呼び声

セシル
「召喚術は、この世界にとって劇薬だったのね
効能はあるけど使いすぎると害になってしまう」
ハヤト
「仕方がないよ 誰も知らなかったんだ」
セシル
「そうね・・・
けれど、今のままでは同じことの繰り返しになってしまう
召喚術を捨てない限り根本的な問題は解決しないんでしょうね」
同じことの繰り返し、か・・・

第17話 守るべきもの

セシル
「貴方には不思議な力があるって、ラムダ様が言っていたわ
私はね、それは貴方の優しさなんだと思うの」
ハヤト
「優しさ、ですか?」
セシル
「貴方はいつも、他の人の気持ちを考えている 誰かのために、全力をつくすことができる
そんな貴方だから、誰もが力を貸してくれるのじゃないかしら?」
ハヤト
「そうなのかな・・・」
セシル
「難しく考えなくても、ちゃんと貴方はわかっているはずよ
自信を持ちなさい? それがきっと、貴方をもっと強くしてくれるはずだから」
みんながいるから、俺は強くなれるんだ!

エンディング

セシル
「さあ、今はゆっくりとお休みなさい? それだけのことを貴方はやり遂げたのだから・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました